夏の終わりのラタトゥイユ

ラタトゥイユというおしゃれなフランス語を知ったのはかなり昔のことだ。新聞の家庭欄で紹介されていてフランス男性が母親の料理と言っていた。さっそくレシピのとおりに作ったが、百貨店の野菜売り場でズッキーニを探したんだっけ。小さいのが1本280円だったことをなぜか覚えている。それからうん10年、毎年おいしく食べている。

今日は姉の家に手伝いに行って買い物と家事労働とあんまで疲れて帰ってきた。通勤しているわけでもなく週に一度の労働なのに十分疲れる。すぐにお風呂で体をほぐして出てくると晩ご飯ができていた。今日はビールのおかずが鶏肉を炒めたのだったけどすごくスパイスが効いて辛くてうまかった。それと野菜サラダはグリーンと赤で美しい彩り。

そのあとにラタトゥイユのパスタとバケットが出た。夏の終わりのラタトゥイユはニンニクもタマネギもナスもズッキーニもピーマンもトマトもオリーブオイルが香っておいしかった。
ラタトゥイユは大鍋でつくったのであと2回食べられる。そのままでも、オムレツにしてもうまい。ダンナのやったことだけど、うまかったので記念に記しておく(笑)。

毎日ゴーヤ食べてます

先日タクシーに乗ったら道路がひどく渋滞してナンギだった。最初からよくしゃべる運転手さんだったが、時間がかかったぶんよくしゃべってはった。おもに健康の話で健康診断で血圧と血糖値が高かったこと、ラーメンが好きでしゃあないこと。お客さんは元気そうだと言われたので、毎日ゴーヤを食べてますからと答えたら、あれを食べるくらいなら血圧の薬を飲む方がマシだとのこと。「ゴーヤーチャンプルーおいしいですやん」とわたしが言って二人で大笑い。笑ったぶん、寿命が延びたかも。

ゴーヤはビタミンCに恵まれていて、ゴーヤ1本あたりのビタミンC含有量はトマト1個の約5倍、レモン1個分の果汁よりも多いそうだ。制癌作用があるとツイッターに書いている人がいた。うまくて体にいい食べ物が安く手にはいるって最高。

我が家の料理人は新鮮なゴーヤが手に入ったら薄切りしてグリーンサラダに入れる。ゴーヤーチャンプルーをするときは豆腐、豚肉を細心の注意を払って料理するのであっさりとおいしい。

楽しい会話

我が家はわたしが長い間のご飯炊きから解放されて上げ膳据え膳生活を送っている。買い物を含めてなのでわたしはほんとにラクになった。片付けもしてくれたら言うことないんやけど、まあそれは私が受け持っている。
出かけるときは時間の具合で個食になることがあって、それぞれ好きな時間に自分で作って食べる。

先日午後から用事があるときに晩飯は帰って作るからと言い置いて出かけた。そこの人に晩ご飯を作らなあかんから帰ると言ったら「今日は外食か出来合いにしなはれ」と言われたそうな。それでちょっとゆっくりしてそこを出てから「出来合いを買って帰るから待っているように」と電話があった。
外食か出来合いにしなはれと言った彼もご飯作りをやっているそうだから、男の会話も変わっていくね。

ツバスのカルパッチョ

毎日が昨日より暑いというなんともすごい今年の夏である。
「大阪市の天気」で検索したら、「大阪市 8月19日(金)曇り 38℃[+2] 28℃[+1] 注意報:雷 熱中症指数:危険」となっている。明日の予想は37℃で、今日より1℃低いだけだから暑いのは同じくね。それにしても37℃、38℃っていままで経験してない暑さだと思うけど。

夕方に雷が鳴り、雨が降り出した。でもすぐにやんだ。外の空気がやわらぐどころかよけいに暑くなった。降り切ってくれたら涼しくなるのに。

今日の晩ご飯はまずビール、ついで白ワイン、ツバスのお刺身が安かったのでと野菜たっぷりと合わせたカルパッチョが出た。次にトリの砂肝の炒めたの。どっちもうまかった。そのあとはグリーンアスパラその他のパスタ、パンはカンパーニュ。チーズと紅茶。そのあとコーヒー。

うまいものを食って暑さを乗り切ろう作戦(笑)。野菜とたんぱく質をよく摂ること。

暑くても熱いものを、コーヒーも

毎日最低2回は熱いコーヒーを淹れて飲んでいる。ペーパードリップっていうやつね。わたしはお店で豆を挽いてもらったので淹れる。相方は焙煎された豆を買ってきて自分で挽いてから淹れる。同じ量だけ買ってきているが、わたしが2人分淹れることが多いので、ときどき挽いた豆だけ買う。
いくら暑くてもレイコは飲まない。氷水や冷水は飲むけど水以外は熱いのを飲む。

お盆の集まりで、姪がデパート2箇所で並んで買ったというチーズケーキ2種類が出た。そこへいままでみたいにコーヒーメーカーで淹れるのがめんどくそなってこれ買うてきたとコーヒーのペットボトルの大瓶が登場した。これはブラックやから牛乳をいれて飲むねんとちょっと高価な牛乳が次に出た。
せっかくのチーズケーキがもったいないと思ったが和を尊んで(笑)、ペットボトルのをブラックでいただいた。まあ、しゃべったり笑ったりでコーヒーの味がどうの、冷たいからどうのという余裕もなく、出てきたものを全部いただいた。

残ったチーズケーキをもらって帰って冷凍しておき昨日と今日とで食べた。熱いコーヒーでうまかった!!

熟れたトマトをまるかじり

お盆休みに入って留守の家が増えたせいか近所の野菜をおいている店の在庫が多いそうで、相方が持てるだけ買ってくる。翌日も行くとまだあったと買ってくる。よく熟れてうまい野菜がたくさん味わえてラッキー。
先日マクワウリを食べたのがうまかったのでまた買ってきた。これから食べるけどいい香りが漂っている。検索したら、これは「黄金まくわ」というものだ。甘いプリンスメロンに負けて生産が激減したんだって。でも【お盆のお供えとしての需要と、昔ながらの懐かしく素朴な風味を楽しむ人々に愛され、県内各地の家庭菜園で栽培され続けている。】そうである。続けて【2006年12月22日、奈良県から大和の伝統野菜として 「大和野菜」 に認定された。】とあった。
うちの近くには何店か伝統野菜を扱っている店があるから、これからも食べられそう。そのうち百貨店の果物売り場に「大和野菜」のマクワウリが出てくるかも。

さて、今日は真っ赤っかに熟した大きなトマトをおやつに食べた。白いお皿にのせたらすごく美しくて眺めていたけど、まるごとかじって食べました。

お盆パーティ、その後の夕立

今日はお盆の飲み会だった。お正月があるから年に2回の姪一家との飲み会、今年も姉の家に7人が元気に集まった。10年以上続けているけど、元気とはいえ酒量は減ってるしご馳走も残る。ケーキだって包んで帰って明日のおやつにするくらいに食べる量が減っている。買うときについ買いすぎてしまうので気をつけようと思うのだが、やっぱり買いすぎる。いろんな残り物がうちの冷蔵庫に収まった。2・3日のおかず代の節約になるはず。

姪の夫の好物〈どんこ椎茸の炊いたん〉を姉が昨日炊いて冷蔵庫に入れてあった。今日出し忘れて彼らが帰った後に気がついた。「認知症が進んできた」と姉は嘆いたが、わたしも姉が炊いていたのを知りつつころっと忘れていた。姉妹そろって認知症やがな。姪の夫も毎度毎度自分のために用意してくれる椎茸を今年はないのかとなんで聞かなかったのかな。
姉がいらないと言うのでわたしがもらって帰って濃い味付けで炊き直し、遅い晩ご飯のソーメンで食べた。

全員が帰るといっぺんに淋しくなるので、姪一家が先に帰ったあとわたしらは1時間後に帰ることにしている。今日はちょうど1時間経った頃に雷が鳴り猛烈な雨が降ってきた。おう、永井荷風じゃ『濹東綺譚』じゃと喜んで庭を眺めていた。植木たちが大雨を喜んでいる。今年になってこんな猛烈な夕立は初めてだ。

ソーメン チャチャチャ

昨日と今日と晩ご飯はソーメンだった。去年から持ち越しのソーメンが2回分あったので、昨日干し椎茸をたっぷり煮て、つけ汁も2回分つくっておいた。(※ダンナが)

ソーメンの前のビールのおかずがシンプルだけど凝っていてうまかった。
昨日は、サラダ、野菜いろいろと豚肉炒め、卵焼き。
今日は、サラダ、ゴーヤチャンプル、目玉焼きとしらすのドライアヒージョ(今日買ってきた〈「ELLE o table」から生まれたレシピ集〉より)
白いお皿に盛られたカラフルな野菜が目からもご馳走。つくってもらうとうまい。
ビールがすすむ。たいして飲めないからすぐに酔う。陽気になる。

途中退席してソーメンを茹でたのが出てきた。梅干しと刻みネギで食べるソーメンがうまくて、明日の体重は今日は考えないことにした。

チリコンカンもサブジもうまかった

夏になると、いや夏だけでなく春にも秋にもつくって食べていたチリコンカンを最近忘れてた。もともとわたしの自慢料理なので、かまどを相方に譲りわたしたからしかたがない。出てくる料理をおいしいおいしいと食べている毎日である。

昨日、ふと思い出して「チリコンカン長いこと忘れてたわ、食べたいなあ」と言ったら、自分で作れとのことで、今日の晩ご飯はチリコンカンに決まった。にんにく、玉ねぎ、ミンチ肉、パブリカ、ピーマン、トマト、乾燥金時豆(もどして)使用。
それにアボカドとトマトと玉ねぎのサラダをつけた。
それに相方がカボチャとオクラのサブジを加えた。これは雑誌の料理ページの切り抜きを貼ったノートを見てつくったもの。インドの野菜料理なんだって。野菜をスパイスたっぷりで蒸し煮または炒め煮したもの。

3品ともビールと相性があってうまかった。
今日はご飯を食べる順番だったが冷やご飯が在庫切れで代わりにトースト。チリコンカンはご飯にかけるとうまい。半分残してあるので明日はご飯炊いて食べよう。

出入橋のきんつば屋

阪神百貨店の和菓子売り場をぶらぶらしていたら「出入橋のきんつば屋」の売り場が目についた。京都の豆餅といっしょに小さいコーナーである。わーい!という感じで一包み買った。阪神沿線で働いていたころ、みんな出入橋のきんつばはうまいと言っていた。福島は電車で通るし、野田阪神は銀行があってよく行ったが出入橋まで行ったことがなく、食べたことがなかった。

反原発デモに行っていたときに西梅田公園集合と解散のときがあり、地図を持って探しながら行くと入ったところと反対側の出口の向こうに「出入橋のきんつば屋」の看板が見えて、ようやくここが出入橋だとわかった。ちょっと行ったらきんつばが買えるんやなとわかったが、なかなか行けないものだ。
今度からは阪神百貨店に出かけたときにここを通ればいいのだ。

今日は姉の家に行くので、おみやげにちょうどよいときんつばを買って行った。姉は働いているとき勤務先で来客にお土産にもらったりしてよく食べたそうだ。
今日の姉の第一印象は「ちいそなった」。
たしかにふつうのきんつばより小さい。これは昔の3/4やなとのこと。味は同じやということである。皮が薄くあっさりとした甘さで3個くらいはいけそう。
ふふ、今日は2個食べたよ。