昨夜は明け方までアップルのイベント

映画『スティーブ・ジョブズ』が終わって一息ついて日記を書いてアップしたらアップルのイベントがはじまった。ちょうど午後に雑誌『ワイヤード』のネット版を見ていて、アップル本社とスティーブ・ジョブズ・シアターの紹介記事を読んだところだったので、あそこからの中継やでとコーヒーを煎れて座り直した。2時だったが最後まで見ることに。
アップルのイベントを見るのは久しぶりだ。昔は解説つきをよく見たものだ。日本語の解説があると助かるがうっとおしくもある。あとでゆっくり読めばいいので中継をそのまま見るほうが好き。といっても、最近は見ていなかったけど。

それから2時間、ティム・クックCEOの挨拶からはじまったのを最後まで見ていた。言葉はわからないけど服装の勉強になるし(笑)。シャツ、ジーンズ、シューズはどんなんでどんな着こなしか飽きずに見てた。終わってからお風呂に入って足を温め、ベッドに入ったのは5時近かったな。
今日は午後から整体院へ行く日、予感通り施術中に気分良く寝込んでしまった。

映画『スティーブ・ジョブズ』を見てブルーのiMacの時代を思い出した

今夜は夜中の2時から、Apple Special Event. September 12, 2017. The first evernt at the Steve Jobs Theater を見ようと夜更かしの構えである。
先日から映画『スティーブ・ジョブズ』(監督ダニー・ボイル。脚本アーロン・ソーキン、原作ウォルター・アイザックソン、2015年製作)をもう一度見たいと思っていたので、ちょうどよかった。マイケル・ファスベンダーのジョブズがとてもよくて、 ケイト・ウィンスレットのマーケティング担当ジョアンナが素晴らしい演技。ジョブズとジョアンナのやりとりが真剣勝負なところに引き込まれた。

iMacが最初に発売されたのが1998年、美しいブルーの姿に魅せられたが、お金がなくて買えなかった。1987年にマックプラスを買ったのが最初でぼちぼちと趣味から仕事に使うようになっていった。無理をして歴代のマックと周辺機器を買って仕事してきたが、楽しそうなiMacには手が出なかった。
そのうちにいろんな色のが出揃ったときは、「わたしはイチゴ色を買う!」と息巻いていた。そんなとき、兄がiMacを買うからいっしょに行ってくれという。当時相方は仕事が忙しく買い物に付き合っている時間がないので、わたしがやる以外なかった。
はじめてマックを買う人のための本を調べて、兄といっしょに昼過ぎの空いた時間に難波のソフマップに行った。これとあれをなんてノートを片手に売り場で商品を出してもらった。付け焼き刃の勉強でやっつけたけど、店員さんはうら若い(?)女性のわたしがあれこれいうのでびっくりしてた。設置とか接続とかは相方がのちに日曜日に行ってやった。

そこまではいいんだけど、その後は質問の電話の嵐がやってきて、当時わたしは主婦していたのだが、毎日毎日質問電話攻めに悩まされた。兄はパソコンで謡の会の案内状を作ろうと必死だった。

コーヒーをもう一杯

今日は蒸し暑かったがそれでも夕方からは空気がひんやりして心地よくなった。晩ご飯は野菜たっぷりに炒めた肉が少しついていた。それに豆入り野菜スープとピクルスにトースト。ビールとおしゃべりもついた。
ご飯がすむと9時に近く姉に電話する時間だ。ずっと「ああ、しんどー」が最初の言葉だったが反省したのか飽きたのか最近は「こんばんわー、しんどいねえ」」になっている。今日のデイサービスでの出来事、お昼ご飯の内容など聞いて「おいしいご飯でよかったね、爪も切ってもろてよかったやん」と調子よく返事して、今日の電話訪問は終わり。「また明日ねー」。

トーストを半分食べたところで紅茶を淹れた。それから一息ついたからコーヒーだ。相方がお気に入りの豆を挽いて淹れた。わたしはナッツの入った瓶を取り出してコーヒーのお相手。ああ、うまい。片づいたらコーヒーをもう一杯。

魚の骨が喉に引っかかったら

今夜のご飯は珍しく晩酌なしだというので、わたしだけ食前にウィスキーの水割りをグラス一杯飲んだ。ビールより美味い気がしたのは真夏と違うからかな。あんまり飲めないわたしはいつもビールをコップ一杯だが、今日はどうしたんかな。

ご飯と味噌汁(豆腐とネギ)、鯖の塩焼きと獅子唐と生椎茸の焼いたん、卵焼き、漬物、塩昆布の質素な晩ご飯だった。ほんまに久しぶりのことだが、喉に鯖の小骨が引っかかった。久しぶりの大事件。むかし、おばあちゃんが教えてくれたとおりに、ご飯を一口飲み込んだらいっしょに喉を通っていった。ご飯でダメなら生卵を飲めというのがうちの流儀だったがいまはどうかなあ?
今夜はおおごとにいたらずとれてよかった。サイトを読んだらご飯を飲み込むというのは書いてあるが、生卵なんて全然出てこないし実はご飯もあかんらしい。

まずは慌てずに「うがい」をするのが一番のようだ。骨は流水と一緒に流れ出る。それがダメなら・・・以下引用は「のらりくらりサイト」から。
《うがい等で少し様子をみて、しばらくした後喉仏をつまみ、左右に動かしてみる・唾を飲み込んだ時にやはり痛みを感じる、というようであれば素直に病院へ行った方が良いでしょう。》

さっきはご飯でうまい具合にいったからよかったが、骨がとれなかったら大変だ。耳鼻咽喉科はどこにあるのか調べておかなくちゃ。

今年の秋は

夕方から少したったころ岐阜県の友人からのメールに大きな月が出ているとあった。ベランダに出たがうちからは見えない。真上から北と西の方角へまわってもらわないと。いま夜中の1時だが見えない。もう上がって西の彼方に落ちてしまったのかも。

毎年のことだけど今頃になると夏の疲れがどっと出てきてしんどい。それが今年の夏は格別に暑かったけど格別にしんどくはなかった。すごくよく眠れて、寝る時間が遅くても起きるのが遅いから毎晩7〜8時間は眠っている。姉の家に行く日に早く起きてもその夜は早く眠くなってよく眠る。睡眠薬というものを飲んだことないし、お世話になろうと思ったこともないのがありがたい。

考えると毎年夏の終わりになると疲れが出て回復するまで時間がかかっていた。今年は?と考えるとわりと元気である。その一つは相方のおかげで野菜と果物をよく食べていること、もひとつが整体院のお世話になっているからだと気がついた。2年以上毎週休まずに通っているからだと思う。
先日友人と堀江のアブサンで食事したときに話題になったのだが、クミコさんは元気だって。トシのわりにですけど(笑)。
なんか毎日、秋と体調ばかりを話題にしているようで、もちょっと発展的な日記を書きたいものです。

秋の風

昨日の雨とうってかわって気持ちよい天気の日だった。買い物して姉の家に行き、近所の仲良しさんの家へおやつを少々届けた。一人暮らしだが子供さんたちがあちこちに住んでおられて、しょっちゅうその土地の野菜などを送ってくるのを姉に分けてださる。こちらは買った甘いものを分けるだけだけど、自分は買わないからと喜んでくれる。

先日手を入れた庭は風が吹くと萩の枝がゆらゆら。植木鉢のシャクナゲがもうちょっとでアウトのところ植え直したのが元気。水やりのホースが元気すぎて土をほじくってしまったみたいで、気がついてよかった。
もうじき、金木犀が甘い匂いを放ちながら咲き、水引草が赤い茎を伸ばし、ホトトギスが風に揺れる。うっとおしいヘクソカズラは退治してやった。花は可愛いんだけど、匂いがね。それに蔓が伸びすぎる。

今日は14時24分に熊本で震度4、22時23分に秋田県で震度5強の地震があった。

久しぶりの強雨

木曜日は雨さえ降らなければ姉の家に行くと決めている。今朝は8時に起きたら雨が降りそうなので電話して休むと伝えた。話しているうちに代わりに明日行くことになって電話を切ろうとしたら、これから寝ようかなというので、それがいい、わたしも二度寝するわ、お休みなさいと返事。わたしのほうはすぐに二度寝してお昼までぐっすり。その間に猛烈な雨が降ったらしい。相方がベランダや窓の具合を見ているなあと感じながら熟睡してしもた。起きて強雨を感じたかったなあと後で思った(笑)。

姉のほうは一度起きるときちんと着替えてテレビの前に座る。座高の低い椅子に長いこと座ると腰が痛いといいながら横にはならない。病気でないのに昼間に横になるなんてとんでもない、という道徳観があるのがなんぎなところ。今朝もわたしへの愛想で寝ようかなといったが起きていたらしい。
つい3年くらい前まではわたしのことをだらしないと思ってたし、いってたこともあったが最近はいわなくなった。
明日は天気らしいので今日の代わりに行ってくる。

トウキビ、イチジクのうまさかな

先週から堀江のジャマイカ料理の店ベースに、週に一度届けられる野菜を分けてもらいにいくようになった。前回はグリーントマト、グリーンパパイヤ、青いバナナなど初めて口にするものも多く、ゴーヤ、ゴボウなど和野菜もおいしかった。

今日は少し熟れた青いバナナをそのまま最初に食べたらこれがまずうまかった。ビールに先週のパパイヤを漬けたピクルスがうまい。北海道産トウキビを茹でたらこれまたうまい。昼のゴーヤチャンプルーの余ったのに野菜とベーコンを足して炒めたのがうまい。最後はトースト1枚を2人で分けてチーズとメープルシロップと紅茶。そして泉州イチジクがデザート。
ほとんど野菜で満腹した。特にトウキビのうまさは格別。
とはいえ、野菜腹はお腹が空く。いま11時か〜なんか食べたいなあ。いやいや、じっとガマンの子だ〜

涼しいといくらでも寝る

最近ありがたいと思うのは家が仕事場なこと。長いこと会社へ通勤、独立してからは仕事場へ通っていたから、朝起きたら即職場(?)の現在はほんまに夢(?)のよう。この生活も長くなって当たり前のように暮らしている。阪神大震災のときはまだ仕事場に通っていてその後だから20年くらいかな。まだわずかながら営業していて細々と暮らしている。

結果、夜は遅くまで起きていて朝は遅くまで寝ている生活になってしまった。しかも昼寝付き。夜は寝付いたら8時間寝てしまう。毎日8時間というわけにはいかないから、その不足分は昼寝で補っている。ごろっと横になると2時間寝てしまう。
今日も午後の2時間をぐっすり寝てた。われながら苦労がないんかいなと思う(笑)。「寝る子は育つ」というけど、寝る高齢者は医者いらずである。歯医者は除く。

明日は整体院の予約をしてある。ゴクラクである。あさっては姉にところに行ってしゃべりながらテレビを見ながら肩と背中のあんまをしてやってゴクラクとサイナラ。帰りはどこかへお金を遣いに行こう。姉から誕生祝いのお金をもらっている。

『オン・ザ・ロード』をもう一度見た

「製作総指揮がフランシス・フォード・コッポラ、監督が『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス、2012年の作品。」と7月にレンタルDVDで見て書いた。そのときは思い込みが先に立っていて映画が終わった時はちょっとがっかりしたんだった。今日もう一度見たら前回よりもずっと登場人物にも理解がとどき「ああよかった、もう一度見てよかったね」という言葉が素直に出てきた。

いまここにビート詩人8人の写真の切り抜きがあるのだが、ジャック・ケルアックのシャープな顔に映画のシーンがダブって「うーむ」とうなずいた。写真のほうがずっといいけど。昔なにかで読んで憧れていたニール・キャサディもこの写真のほうがずっとインテリだ。などとモンクを言いながらも、長い映画の二度目を楽しんだ。
前回は理解が行き届かなかったウィリアム・バロゥズとアレン・ギンズバーグも、ああこの人やねって感じで見られてよかった。

映画としては良かったとはいえないけど、ビート・ジェネレーションの時代の人たち、街や道(ロード)の風景を見て感じるところもあってよかった。