今夜はスリランカ風カレー

午後から歩きの訓練を兼ねて買い物につきあい近場をうろうろ。田舎から持ってきた無農薬野菜をいっぱい、ついでコーヒー豆と紅茶を1週間分、それからスーパーでの買い物は、わたしは外で座って待っていた。二人分の買い物なのにすっごくたくさん。大食漢が二人〜

疲れた足を労りながら前から気になっていたカフェへ。コーヒーとスコーンを頼んでまったりした。
こんなんで午後が終わって時間がもったいないけど、足の運動と買い物と「まったり」の3つを同時にするためだから当分はこんな日が多くなるだろう。

帰ってから相方は予定の晩ご飯のスリランカカレーにかかった。いままで食べたことがないが、大皿にいろんな種類を盛る華やかなカレーなんだって。ココナッツをいっぱい使うそうだ。
わたしはヴィク・ファン・クラブの会報原稿の整理にかかったが、途中でさぼって『剣客商売』を持ったら止まらないヤメられない。ナンギなことである。未読があと4冊。

さて、スリランカ風カレーができて夕飯。
前菜:ほうれん草のおひたし、豚肉と野菜の炒めもの、スリランカ風:鯖のカレー、レンコンのカレー。
うまかった。いつもの鯖と違うエキゾチックな味だった。レンコンめちゃうま。

イワシの唐揚げ

最近なにかで読んだんだけど目の健康に青魚とほうれん草が効くという。うちはほうれん草だけでなくブロッコリーやキャベツや緑色の野菜を毎食食べているけど、それ以来意識してほうれん草を食べている。そして、青魚!魚を食べるときは青魚ばっかりである。そういえば、わたしの育った家は、ご飯、味噌汁、鯖の煮付け、ほうれん草のおひたし、漬物が毎日のメニューだった。鯖の代わりに秋刀魚やアジやイワシ、ちょっと上がって鮭だったかな。いいトシしてなんとか『剣客商売』を特急で読めてるのはそのおかげかも。

最近は相方がスーパーに遅めに行って値段の下がっている青魚をたくさん買ってくる。帰って下処理をして翌日に料理して食べる。和風だけでなくトマト煮など洋風に食べてるほうが多い。オリーブオイルや亜麻仁油の消費量が半端ないけど、材料を安く手に入れているからまあまあなのだろう。

昨日はイワシを買ってきたのだが、トマト煮はちょっと飽きたので、から揚げにするといって、小ぶりのイワシをそのまま頭も内臓もついたまま米粉をまぶして揚げた。ついでに生椎茸を揚げて、キャベツの千切りを山ほどつけた。家に食事係がいるのがありがたいと、食べる係が書いております。

今年最初のゴーヤチャンプルー

遅い昼ご飯はハムとキュウリのサンドイッチとコーヒー、納豆と刻みキュウリを混ぜた一皿がついていた。簡単ながらうまくてオーケー。納豆は醤油よりオリーブオイルで混ぜたのが好き。
おやつは芋けんぴと黒糖かりんとに番茶つき。
外はすごい雨が降っているが我が家はどこにも出かけない静かな休日であった。メールとSNSで外の人たちとつながっている。

晩ご飯は見た目がご馳走ぽい。といっても実は簡素なもので、日本酒一合をおしゃれな盃で。釜揚げしらすにレタスとトマトがついた一皿、ほうれん草のおひたしに鰹節たっぷり、そしてゴーヤチャンプルー、玄米ご飯、味噌汁だった。
今年最初のゴーヤがうまかった。これからしょっちゅう食べることになるゴーヤチャンプルー、毎日食べても飽きない味。

昼ごはんはおじや

お医者さんで血液検査をしたとき、気にするほどでないと断りつつ、ちょっとタンパク質が不足気味だが全体に良好だと結果を知らせてくれた。我が家は菜食主義生活をしたくらいだからいまも野菜を主にした食生活である。
もうちょっとタンパク質かあ。最近はわりと肉や魚を食べてるけどまだ少ないのかな。お医者さんは豆腐や納豆を食べなさいというてはったけど、それらはうちの主食みたいなものなのだ。それからは食事係が気にして肉と魚のおかずが増えている。両方とも少しずつ使った多品種メニューである。イワシのトマト煮、鯖と菜っ葉の炊いたん、オイルサージンとマッシュルーム、イワシのパスタ、など。豚の三枚肉の塊を切って塩漬けしたのは常備してあって野菜炒めなどに使っている。

今日の昼は残りご飯でおじやだった。雑誌のレシピでは鯛とワカメになっていたが、うちは鶏肉の胸肉を使用。キノコとワカメをたっぷりいれた。いいダシが出てうまかった。どんぶりに入れて細かく切った青ネギをかけたら香りの良い上品な一品になった。
おかずには豚肉の塊を薄く切って炒めたのと野菜炒めとプチトマトを少しずつ。さっぱりとしていい感じの昼食だった。

今日も近場をうろうろ

お昼まで寝てそれぞれ個食して洗濯して、ネットで遊んだあとは読書で夕方まで。ちょっとは歩こうと出かけた。南堀江まで車椅子に乗せてもらってラクチンだったが、風が冷たくて寒い。大判スカーフ巻いていったけど追いつかない寒さだった。コート着ている人が多い。

南堀江まで行ったのは7年ぶりくらいかな。反原発デモのとき難波発で南堀江を通過してアメリカ村というコースで何度も歩いた。それ以来だが、ますますおしゃれになったような気がする。なにか食べるか飲むかしようとお店をのぞいたけど、おしゃれな人種で混んでいるんで敬遠した。

勝手知ったる北堀江にもどって、昔からあるイタ飯屋さんに入った。経営者が変わっていて、料理もイマドキ風な感じ。
まずビール。オリーブとドライトマトのオリーブオイル漬け、アンチョビキャベツ、納豆とオクラのアフィージョ、肉のせバターライスなど家庭料理風なメニューでおなか満足。お店のお兄さんがすごく気を使ってくれてほどほどのおしゃべりも満足。

今日は純和食プラス

なんか最近のご飯は洋食が多い。それも作る時間がなかったり面倒なときはサンドイッチになる。サンドイッチは手間がかからずおいしいから1日2食それでもいいくらいだ。それだけではなくスープやサラダがつくけどね。それにおいしいコーヒーか紅茶があれば満足する。

わりとそういう食事状況のこの連休だが、今日の夕食は純和食がでた。おっと純ではなかったな、まず赤ワイン、酒の肴に鶏の砂ずりを漬けたのと緑の葉を炒めたのが出たっけ。この砂ずり料理は最近やりはじめたものですごくうまい。手間がかかるが味がよく歯ざわりがよい。そのあとは、玄米ご飯、豆腐とネギの味噌汁、目刺し、厚揚げとシメジと小松菜の炊いたん、梅干し、番茶。懐かしい味だった。お茶を飲むときは最近駄菓子に凝っていて、今日はかりんとう。生姜せんべいと代わりばんこに出すことにしている。洋食だとビスケットやチョコレートになる。

初夏の味 豆ご飯

たらの芽、タケノコと春の味が続いたせいか、今度は豆ご飯を食べたくなった。春から初夏の味とタイトルのような言葉を思いつき、たくさん炊いて二度に食べた。味噌汁と魚と野菜がついてご飯の味が生きる。毎日一度食べるポーチドエッグの白が映える。

以前(だいぶ前)は仕事場が別だったから最初はお弁当をつくって持っていってた。せっかく高い家賃を払っているのだから有意義に使おうと、炊飯器を買ってお昼は炊きたてのご飯を食べることにした。おかずは朝ごはんの片付けをしながら、昨夜と朝のおかずの残りを弁当箱に詰めた。
そういう日々に豆ご飯を食べたいとどちらからともなく言い出して、豆をむいてもっていき、豆ご飯を炊いた。炊きたての豆ご飯がうまかった〜
そのころから公私が混同していたわたしら(笑)。
いまは職住いっしょの慎ましい暮らしである。
豆ご飯を食べながら感慨ひとしお。

堀江ベースでジャークチキンとヴィーガンケーキ

今年の冬は寒かった。体調が悪いままで外出する気にならず、キタへもミナミにも行く気がせずにほとんど家で過ごした。見舞いの言葉をいただいた友だちにも顔を合わさないままになっている。

2月ごろ相方がフェースブックに「かみさんのこと」と題して70年代のわたしのことを書き、写真とともに載せたら、たくさんの「いいね」をいただいた。10年くらい前にはクラブとか反原発デモとか顔を出していたから、わりと新しい知り合いもいるのだ。本だ、映画だといってもなによりもイキイキできるのは生きている人間の言葉だ。その上で本と映画があれば、そしてケーキとコーヒーがあればいうことなし。

まずベースへ行こうといいつつ日が過ぎたので、今日は車椅子でベースの琴美さんの顔を見に行こうと決めて出発。思ってた通り賑やかに迎えてもらってうれしい。
おいしいジャマイカ料理とヴィーガンケーキを食べて、たくさんしゃべってきた。なによりもおしゃべりが一番のクスリである。ピンポンみたいにすぐに跳ね返ってくる会話の妙に目が覚めたような気になった。なんといっても女どうしのおしゃべりが一番だ。買ってきたケーキを食べながらおしゃべりの続きは相方と。

たけのこの若竹煮

昨日買ったタケノコを帰ってから糠を入れて大鍋で茹で、そのまま一晩おいたのを出汁で鳴門わかめと炊いた夕飯の一皿。タケノコが大きかったから鍋いっぱいになった。今夜2/3を食べて残りは明日食べる。タケノコは料理が面倒といいながらも毎年一度は食べている。わたしがやると慌てるからえぐかったりするが、相方の落ち着いた料理は見た目よしで味もよい。ほかに今日のおかずは先日のブリ大根の残りの大根、鯖の水煮を菜っ葉と炊いたんなど質素ながら量が多かった。

おとといシュリットに電話したら連休前で予約が詰まっているけど、今日の夕方5時15分からならOKというので行ってきた。7時になるとそろそろ眠くなる名犬シェル君は髪を洗ってても膝に乗ったままぐっすり。
コーヒーとお菓子が出てしゃべりも賑やか。近くのお菓子屋さん情報、カフェ、カレー屋情報が行き交う。
その上に、女性たちの悩みの肩こり腰痛の話題となり、先月、わたしの背が伸びた情報をみんなにしゃべって、テニスボールストレッチがお店の客たちに流行っている話。テニスボールを自分でつなげなくても、既製品があるそうで、みんなアマゾンプライムで買ったとか。買って親に送ったとか。

たらの芽の天ぷら

午後遅くから近所を相方と散歩。銀行や郵便局の用事をすませ、無農薬野菜の出店で基本の野菜の他に勧められるままにタケノコを買い、タラの芽を1パックもらった。
行きしはとろとろ歩きたくないと車椅子に乗せられてたったと。いろいろ買い物してからは荷物を車椅子にのせてわたしはその後ろを歩いたが、まだたったと歩けなくてのろのろ。
でも街歩きは楽しい。ライオンキッチンでひと休みしてバナナケーキとコーヒーで和んだ。この店に入ったのは初めてだったが、女子向きの可愛いおしゃれな店で、ケーキの盛りかたもおしゃれ。
ここは去年の終わり頃まで田舎から野菜を持ってきて店の前で売っていたが、いまは休止中で5月末から再開とのこと。いろんな採れたて野菜を町に住みながら食べられるのがありがたい。

眩しい西陽を受けながらまっすぐに歩いた。何十年も前のことだけど東から西へ得意先からの帰りしの西日のすごさを思い出して、「あれはすごかったなあ、でもいまも日差しはいっしょや」「月日はたてどもおひいさんはいっしょやな」。

途中の花屋bunbunFlowersの店先で見かけたドライフラワーが可愛いから買った。包んでもらっているとき目についたのがライラック。きれいな紫色に惹かれてひと枝買った。ガラス瓶に挿すとテーブルが華やいで、たらの芽の天ぷらがもう一味うまくなったよ。
たらの芽の天ぷらは、堀江Baseのあるじ琴美さんのお世話で手に入れた米の油と米の粉があったので使った。すごく洗練された味でうまかった。