3台目のiPad

今日500円玉貯金が溜ったので3台目のiPadを買った。瓶に溜まった硬貨を見ると楽しくて余分のお金のような気がするが、実際は家計からしか出どころがないのである。
アップルから最初のiPadが出たとき、サラ・パレツキーさんがご夫婦で奈良に来られた。最初の夜はヴィク・ファン・クラブのパーティがあり、翌日は奈良でI日遊んで翌々日に東京へもどられた。新幹線の京都へお見送りするべく翻訳家の飯干さんとわたしは奈良ホテルに迎えに行った。ホテルから近鉄奈良駅へ出て駅構内の喫茶店でお茶したんだけど、そこでサラさんが出したのが発売されたばかりのiPadだった。いろんな写真を見せてもらっておしゃべりし、あわや特急に乗り遅れるところだった。通路が工事中だなんて知らなかったから慌てた。

その後、半年ばかりして我が家にもiPadがきた。それが相方専用になってしまったので、わたし用にiPad miniを買った(なんでも自分用を欲しがる笑)。買ったときは張り切ったが実はあんまり使ってない。無料の電子書籍を読むばかりだ。これからの季節に寝床で読むのに使えるけど。そうだ、秋だから漱石読もう。

いま相方がMacBook ProとiPad2台とiPhoneを机に並べてなんかしている。至福の時間だ。生きているうちにMacの喜びをたくさん味わってほんとに幸せな人である。

昨夜は明け方までアップルのイベント

映画『スティーブ・ジョブズ』が終わって一息ついて日記を書いてアップしたらアップルのイベントがはじまった。ちょうど午後に雑誌『ワイヤード』のネット版を見ていて、アップル本社とスティーブ・ジョブズ・シアターの紹介記事を読んだところだったので、あそこからの中継やでとコーヒーを煎れて座り直した。2時だったが最後まで見ることに。
アップルのイベントを見るのは久しぶりだ。昔は解説つきをよく見たものだ。日本語の解説があると助かるがうっとおしくもある。あとでゆっくり読めばいいので中継をそのまま見るほうが好き。といっても、最近は見ていなかったけど。

それから2時間、ティム・クックCEOの挨拶からはじまったのを最後まで見ていた。言葉はわからないけど服装の勉強になるし(笑)。シャツ、ジーンズ、シューズはどんなんでどんな着こなしか飽きずに見てた。終わってからお風呂に入って足を温め、ベッドに入ったのは5時近かったな。
今日は午後から整体院へ行く日、予感通り施術中に気分良く寝込んでしまった。

映画『スティーブ・ジョブズ』を見てブルーのiMacの時代を思い出した

今夜は夜中の2時から、Apple Special Event. September 12, 2017. The first evernt at the Steve Jobs Theater を見ようと夜更かしの構えである。
先日から映画『スティーブ・ジョブズ』(監督ダニー・ボイル。脚本アーロン・ソーキン、原作ウォルター・アイザックソン、2015年製作)をもう一度見たいと思っていたので、ちょうどよかった。マイケル・ファスベンダーのジョブズがとてもよくて、 ケイト・ウィンスレットのマーケティング担当ジョアンナが素晴らしい演技。ジョブズとジョアンナのやりとりが真剣勝負なところに引き込まれた。

iMacが最初に発売されたのが1998年、美しいブルーの姿に魅せられたが、お金がなくて買えなかった。1987年にマックプラスを買ったのが最初でぼちぼちと趣味から仕事に使うようになっていった。無理をして歴代のマックと周辺機器を買って仕事してきたが、楽しそうなiMacには手が出なかった。
そのうちにいろんな色のが出揃ったときは、「わたしはイチゴ色を買う!」と息巻いていた。そんなとき、兄がiMacを買うからいっしょに行ってくれという。当時相方は仕事が忙しく買い物に付き合っている時間がないので、わたしがやる以外なかった。
はじめてマックを買う人のための本を調べて、兄といっしょに昼過ぎの空いた時間に難波のソフマップに行った。これとあれをなんてノートを片手に売り場で商品を出してもらった。付け焼き刃の勉強でやっつけたけど、店員さんはうら若い(?)女性のわたしがあれこれいうのでびっくりしてた。設置とか接続とかは相方がのちに日曜日に行ってやった。

そこまではいいんだけど、その後は質問の電話の嵐がやってきて、当時わたしは主婦していたのだが、毎日毎日質問電話攻めに悩まされた。兄はパソコンで謡の会の案内状を作ろうと必死だった。

ツイッターでなくてリツイーター

わたしはツイッターでなくてリツイーターだと、ツイッターで会話した若い人が使っていた言葉をそのまま使う。わたしはツイートするよりも数倍のリツイートをしている。「通知」を読むと、RTをRTされていることが多く、RTを「いいね」されているのはもっと多い。

ツイッターを開くと時間を忘れて読みふける。読書よりもこっちに時間を使っている。だっておもしろいんだもん。政治的発言もあるけれど、わたしのフォロワーさんは文化(映画)系が多いかな。若い人もみんなうまいことおしゃれなことを書いている。自分の撮った写真はもちろん、いろんなところからの引用の写真やイラストも載っていて楽しい。ふーんと感心して「いいね」をよくつけるけど、「RT」することも多い。おもに和洋の猫話が主であるが、日本の妖怪とか西洋の魔女のようなものもけっこうある。自分が楽しいから分けてあげる気持ち(笑)。いっしょけんめいに考えてツイートしてるひとには悪いと思うが、いやいや、ちょっとでも広まったほうが、書いた人だって満足するだろうなんて思うのである。

新しいiMacは使い心地がよい

長いこと使ったMac miniをやめてiMacが発売されたらすぐに買おうと前々からいっていた。今回買ったのは「27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル」。後からマウスの代わりというか手助けというか、「マジックトラックパッド」というのを買った。一本指、二本指に慣れるといい感じで使える。すべて相方の指導なんでアタマがあがらないが、最初にMacにしようといったのはわたしなので、今回もふふふ。
キーボードは英文にした。ちょっと不安だったタイピングだが、長年の経験でブラインドタッチが間違いなく早くできる。

最初のMacを買ったのが1987年だからこの秋で30年になる。それ以来、ふたりで何台買ったかわからないくらい買っている。
30年前のある日、日本橋の電気店でずらりと並んだパソコンを眺めていたとき、隅っこに「Macプラス」が1台置かれていた。それを見て「これや!これ買おう!」とわたしが叫んだのが我が家のMac生活の始まり。
それから30年、発売されるMacを買い続けてきた。うちの収入はMacの支払いで消えていったがひるまず進んできた。

相方の仕事はMacとともに進んできていまにいたる。最初の頃は私も文字打ちなど手伝い、自分の仕事の経理などもやってきた。
仕事だけでなく、同じ頃にはじめたヴィク・ファン・クラブのためにも役立てた。会報作りには最初はpagemakerを必死で覚え、wordを経て、いまはPagesをすいすい使っている。

毎朝起きるとiMacを立ち上げ、メールを読んでからSafariでニュースを読み、天気予報を調べ、ツイッターとミクシィに目を通す。
夜はもっぱらBlu-rayとDVDで映画を見る。5Kディスプレイ快適です。

iMacが到着。夜は『マグニフィセント・セブン』を楽しんだ

iMacがお昼前に届いた。昼ご飯後にさっそく開封。設置は相方におまかせなので「よろしくお願いします」と頭を下げて私は美容院へ。シュリットのシマさんとマックやSNSの話や彼氏の話などしてアッシュに染めハイライトも入れて短めに切ってもらった。すっかり夏モード。
戻ったらほとんど設定は終わっていたがだいぶ苦労したようだし、まだ終わってないところもあるので、晩ご飯はわたしが出来合いを買いに行くことにした。たまには健康路線を脱線するのもよしと枝豆と鰹のタタキと酢豚とコロッケと巻き寿司とおいなりさん、それでビール。

はじめての27インチは画面が大きくて色が美しくて細部までしっかりしている。心ゆくまで新しい西部劇を楽しんだ。お目当のイーサン・ホークはニヒルなところがかっこよく、悩んで戦いの場を去ったものの戻ってきて戦いの中で死ぬところに思い入れした。
デンゼル・ワシントンのハードボイルドな表情や立ち居振る舞いにも魅せられた。ほんまに7人ともそれぞれ良かったし、夫を殺されて立ち上がったエマ(ヘイリー・ベネット)の清々しさも良かった。

ジョン・スタージェス監督『荒野の七人』

iMacが今週中にこの部屋にくる。今日はそれに備えて机周りの掃除と整理をした。部屋のどこも本だらけなので、保存する本と不要の本をわけて箱詰めした。iMacが机の上に落ち着いたら、元の本置き部屋に戻るだろうけど、今日のところはすっきりした。
まず最初に『マグニフィセント・セブン』を見る予定。

ということで、今日は『荒野の七人』を見て西部劇のお勉強。
1960年のアメリカ映画だが第4作(1972)まであるとは知らなかった。もともとが黒澤明監督の『七人の侍』のリメイクなんだけど、『七人の侍』も含めてはるか彼方なのである。今夜なぜ見たかというと『マグニフィセント・セブン』がおもしろかったから、そのルーツを知りたくて。
映画館で見た覚えはないから多分のちのちテレビで見たのだと思う。ユル・ブリンナーがあんまり好きでなかったから行かなかったのだろう。ずっと スティーブ・マックイーンが好きだけど、ほかにいい映画がたくさんあるから強いて見なかった。

そんなことで西部劇育ちなんだけどいま見た『荒野の七人』はもひとつだった。新しいiMacで『マグニフィセント・セブン』が見たい。

堀江で一服×二回

長らく待っていたiMacの新製品を今夜注文した。
アップルストアに行って品物をみてから注文しようと、夕方堀江で待ち合わせ。リブラでピッツアを食べてジョローナで一息ついた。リブラの外をベースさんが自転車で駆け抜けていった。次はベースでジャマイカチキンを食べねば(笑)。

買うつもりのマシンは、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル。アップルストアで見て、これがうちに来るのねと確認したかったけど(我が家のイベント)、まだ店には置いてなかった。その上にわたしはカードで支払うつもりだったのに持っていくのを忘れてた。しかたなく帰ってネット注文するかと引き上げたのであった(笑)。なにしてることやら。

このまま帰るにはもったいない穏やかな夜。帰り道にあるアブサンで白ワインとイワシとサーモンを一皿ずつ頼んだ。珍しくクラシックっぽいライブをやってていい雰囲気。久しぶりだったので、また来るねと約束して帰った。iMacはネット注文した。やれやれ。

新緑の五月

5月に入ってゴールデンウィークとやらに入ったがどうってこともなし。本を読みながら静かに暮している。相方は5月の声を聞くなり念願のMacBook Proを購入。「はるかに軽く。はるかに先へ。」というコピーがぴったりな喜びにひたっている。いままでノートパソコンだけはウィンドウズを使っていたのでまたとない喜び。わたしはデスクトップが欲しいので次のiMacが出るまで待つ。早く新製品が出て欲しいです。

今日はつるかめ整体院へ行って治療してもらった。最近よく眠れるかと聞かれて、毎晩横になったらすぐに4時間眠って一度目が覚め、また4時間眠り合計8時間睡眠と答えたら、ちょっと呆れてそれは体が強いからだと言ってくれた。弱い体だとよく眠れないんだって。わたしはどうやら内臓が丈夫みたいだ。
内臓は強いかもしれないが、足があきませんと答えて、足の鍛え方をいろいろと教えてもらった。要するに自分でせいいっぱいやらなあかんということ。
パソコンとテーブルに向かって座っているのが一番あかん。そのあかんことが大好きなのだからナンギのひとことだ。

新緑の五月をタクシーでなにわ筋や御堂筋を走ってるときに味わっている都会の子(笑)。

あせった、なおった

ヴィク・ファン・クラブの会報作りが滞ったままで気になっていたけど、やる気が起こらないのだからしょうがない。原稿が少ないし、なんて思いつつさぼっていたら、背中を押してくれる原稿と手紙が届いてようやくやる気が起こってきた。ところへ・・・

2ページ分をすっすとやってプリントしたらいい感じ。ええやん、うまくいったと喜んでとりあえずは枚数をプリントしようとしたら、プリンタからインク切れの告知が出て、また出て、なにやらおかしい。プリンタがぎーぎーぼやいておる。なんやねんな。

インクを取り替え、最初の設定にもどして動かしたらなおった!!
やれやれ〜 疲れた〜
今日はこれにて終了。明日と明後日、頑張る。