たまに休みます

毎日書くことを公言してきた当ブログですが、年末に崩した体調がまだ100%もどってなくて、昨日は休みました。書いているのが当たり前と思って読みにきてくださる人もおられるようですが、これからはしんどいときは無理せずに休みます。書いてなかったら、「今日はなしか」とつぶやいてよそへいくとか、kumikoファンの方は古いのを再読するとかして過ごしてくださいませ。翌日復帰を目指します。

イカスミのパスタがうますぎ

 

IMG_7758

晩ご飯はイカスミのパスタと聞いて、へえっと口を空けたままちょっと間があった。亭主のあくなき料理熱に呆れて。イカスミのパスタってだいぶ前にアメリカ村のイタ飯屋で食べて、口のまわりが真っ黒けになったっけ。ふーん、あれっ?
主夫たる相方に毎日日替わりでうまいものを食べさせてもらっている。ほんまに、うまい。そしてますます出てくるものはうまく舌は肥える。でも、これを自分で作るとなるとナンギだ。いつもオススメ料理ではあかんやん、たまに個食のご飯を考えなくちゃ。なんていってるが、全然やる気なし。味噌汁にお餅を入れて食べて平気なんで(笑)。

昨日はスルメイカのパスタだった。フライパンでオリーブオイルとニンニクを炒め、野菜を炒め、イカを投入して少し炒める。そのあとイカスミを入れて炒めて、茹でたパスタを入れて真っ黒になるまで混ぜる。というような料理だが、イカスミがうまくて口を真っ黒にして食べた。

冬瓜スープがうまい

冬瓜って昔からあまり好きではなかった。うちの母親がつくる煮物で寒くなりはじめのころに食べたような気がする。薄いだし汁で煮て「あんかけ」になっていることが多かったように覚えている。わたしが所帯を持ってから冬瓜を食べたことがない。八百屋さんでちらりと大きな冬瓜を見て横を向くというのが毎度のことだった。
最近はいろんなサイトや料理の本に紹介されているけど、料理するのはわたしの手を離れている。作らないのに食べるのは熱心なわたし笑。そうこうしているうちにうまい冬瓜スープが目の前に現れたというわけ。

数日前においしい冬瓜のスープが出た。いろんな冬野菜を細かく切って鶏肉といっしょに炒めたのが美味しそうにスープ皿にあった。たっぷり食べてタッパーに残りをしまっておいて、一人ご飯のときに温めて食べた。これもうまかった。
今日は野菜の種類が違ったが冬野菜を細かく切ったのとベーコンが入っていた。
これで冬瓜スープのおおよそがわかった感じ。肉一種類といっしょに他の野菜とともに炒める。最後に緑の葉っぱをたくさん入れる。

すわり心地満点の車いす、買ったよ〜

IMG_7721

車椅子を買うという話を何度か書いたけど、ついに買った。かわいいんで写真をお見せします。椅子とクッションが別売になっていて、昨日先にクッションが届いた。事務椅子にのせたらすごく座り心地がよい。いままで使っていたクッションを捨てることにして、事務用にあと2個注文した。わが事務所はぼちぼちと成長中。

今日は初乗りの日。午後3時、わたしが座って相方が押して我が家を出発。美容院シュリットがすぐあるので、立ち寄って、シマさんとわんちゃんにこんにちわ。色合いがええなあとか、かわいいとか言ってもらった。ついでつるかめ整体院へ。こちらは先週いろいろ話したので、実物を見せて自慢。車椅子だけならちょっと心配だけど、歩けるのだから安心しているそうです。
治療が終わる頃に相方が迎えに来てくれたので押してもらって帰った。道ゆく人を下から見上げるかたちになるけど、いつもの道なので違和感なし。

夜はトマトとイカの鍋。すっごくうまかった。最近食べ過ぎ気味だったけど、今日は食欲控えめで気持ち良い晩ご飯だった。体重落とさなくちゃ。

そうそう、書き忘れてた。
昨夜の晩ご飯は、わたしの体調ももどってきたことだし、年末にSさんが送ってくれたシャンパンを開けた。金粉入りでポンと音がしてあいたんだよ。
今日は普通の白ワインだったけど、昨日からはずっと仕舞ってあったシャンパングラスとワイングラスを使うことにしたんで豪華なご飯であった。

電話はかけないでください(kumiko日記について)

毎日わたし自身が思うこと、あなたに伝えたいことをこの日記を書くようにしている。たまに休むときがあるがほとんど毎日書いている。わたしのことが気になったら、この日記を読んでほしい。現にいま読んでくれている人は、それで納得してください。

たまにブログを読んだから電話したと電話がある。まるっきり善意の電話だが、いまのわたしにはそういう善意は不要だ。
つい先日、妹からの電話を「これからはわたしに電話しないで」と断った。妹は善意の人である。

このブログが、あなたからの善意の電話をお断りする通知であることに気がついてほしい。

死んでませんよ、寝てるだけ

今日は月曜日で成人の日。ずっと昔に成人してるから関係ないけど、なんとなく休日感あり。昼ごはんをご馳走してもらって「一寝入りするわね」とベッドへ。それが一寝入りのはずが例によって一寝入りには違いないが長い眠りで、相方は「死んでるんちゃうか?」と顔を見にきたそうだ。

夜になって古い友人たちから年賀状をもらっているのに返信。わたしの絵葉書コレクションから相手に合っているのを引っ張り出して書いた。絵葉書はすごくたくさんあって選ぶのが大変。いままでに行った美術展とか、猫ハガキとか、よく買い集めたものだ。
旧友が去年は足立美術館に行けてよかったと年賀状に書いてあったので、東京都足立区のことかと思ったら、島根県地元安来出身の実業家、足立全康氏によって開館した美術館であった。足立区に住む友人に話して恥をかくところだった。

最近とみに足がだるく長時間歩くのがつらい。タクシー利用で経費がかかるが姉の介護にも通ってきた。そこでついに年末に膝にきた。くるところまできたって感じだ。

相方がネットで調べて車椅子を購入。
人に話すと介護保険がどうとか知識を披露してくれ、こちらの無知を知らしめてくれる。それに医者に行くように、診断してもらうようにとせっつかれる。いまのところは医者に行ってないしジムにも行ってないから返事のしようがないが、自分の足のことなので気にはなっている。走っていて右足がぎくっとなってから足の痛い歴は長い。名医と評判の下新庄の整骨院まで治療に出かけた日々も長い。この整骨院を教えてもらってからだって10年くらい経っている。
いま気に入っているのはつるかめ整体院で、いいところが近くで見つかって幸運だと思っている。
もうすぐ車椅子が到着する予定。ダンナに押してもらって大阪市内を散歩するのが楽しみ。堀江のバーにも行くのが楽しみ。
まずはベースの琴美さんとこへ行って驚かせてから。

今日もうだうだ

今日もお昼過ぎまで寝て昼ごはんを食べさせてもらい、用事もせずにまた眠った。よっぽど疲れているなと自分でも思う。「週刊現代」をあちこち拾い読みしてまた眠った。
ぼちぼちメールが届いていて返信せなあかんのやけど、文章を書く気力が湧かず。もうちょっと失礼させていただきます。そのうちしっかりと書く気力が湧いてくるだろうから、もうちょっと待ってちょうだい!!
今夜観た映画はテレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』

おやつはハッピーナッツ

昼過ぎに起きてシャンプーとシャワーを済ませて着替え。よろよろと足元が危ないので相方が外出には付いて行くという。暮れの買い物等足元が危なかったようで、ずいぶんと疲れていたと我ながら思う。今日の外出はすぐそばのつるかめ整体院なので心配不要(笑)。全身をほぐしてもらっていい心地。両腕を途中まで男性二人に支えてもらって帰宅。コーヒーをいれて、つるかめさんの正月土産の「ハッピーナッツ」を食べた。当分このナッツがおやつになるね。ご機嫌〜

横浜の妹から電話があり、これからは姉の介護に行かなくてもいいよ、みたいな話。この妹は指図をするのが好きである。姉も指図大好きなので話があうみたいだが、ここで二人の好きにさせたらあかんと一言二言三言モンクを垂れて決裂。わたしがすることを、姉と妹が相談、指図してどないなるちゅうねん!
正月早々、うっとおしいことでござった。

起きては寝、目が覚めてはまた寝

今日も1日寝て過ごした。起きては寝、目が覚めてはまた寝、ゴクラクだったとかいいようがない1日。
大晦日の夜、ああ疲れたとベッドに横になったとき発した声がガオーと大いびきだったように覚えている。翌日も、翌々日も(笑)。寝たら治ると言いながら、年末に溜まったと思われる疲れがなかなかほぐれなかった。今日は4日。明日はつるかめ整体院へ行ってほぐしてもらいゴクラク気分にしてもらおう。
いまのところのわたしの快楽はつるかめ整体院で施療してもらい、ああゴクラクと大声出すこと(笑)。

仕切り直し

今日は大晦日。
「27日夜からブログの更新がないけど大丈夫?」とメールをいただいているが、実は大丈夫ではなかった。「風邪ひきストップ」というタイトルは願望だったようで、ストップどころか「よーいドン」だった。わりと早めに寝たのだが、足が冷えてしょうがない。夜中にトイレに起きることがあまりないのに、数回起きたのがおかしい。28日午後から姉の家に行った。買い物いっぱいして年末行事の手伝いをした。帰りにタクシー待ちするのが辛くてやばいなあと思いつつ帰宅。

28日夜、家に戻ってベッドに横になったはいいが起きるのに手間取り、ベッド横に立ったはいいが、すとんと腰が落ちる。相方が持ち上げようと腰をつかまえるも重くて動かない。ようやく立ち上がってトイレに行った。
なにを錯乱したのか「姉さんに電話の時間や」と夜中の2時に姉に電話した。姉はたまたまトイレに起きたところで電話に出たが、こっちの声がガラガラなので「?」であった。相方が出て説明し緊迫感が伝わった。「これで姉さんあちこちに電話しまくるぜ」とかなんとか。

29日の朝は起き上がり小法師さん状態から自力で起き上がれるようになった。寝ること食うことに集中して、掃除洗濯もやってもらった。洗濯はわたしの領域だったので干し方、取り入れ方を作業を見ながら指図。湯たんぽ入れてもらったり、靴下を履かせてもらったり。
いろいろ気のつく介護人だ。

姪Aから電話があり、もう一人の姪Sが介護の専門家なので相談するようにとのこと。お正月が終わったら、食わず嫌いの医者にも行くことにしよう。

30日は睡眠と栄養一筋の1日。夜になってパソコンの電源を入れた。問い合わせのあった友人へ返信し、数人の読者がいるミクシィのコメント欄にちょこっと書いた。

そしていま、はーい、12月31日です。大晦日です。
ゆっくり起きてうまい昼食。コーヒーもうまい。食欲全開。
でも、治ったのでなく悪くなったときの状況にもどったってこと。

!!仕切り直し!!
来年もよろしくお願いします。