夏から秋へ

夏から秋へ季節が巡っていく。
昨夜はまいった。お風呂からあがってパジャマのままお茶したり本を読んだりしていたんだけど、足元が冷えているのに全然気がつかなかった。横になったら足が冷たい。あわててふくらはぎサポータとソックスをはいた。それで徐々に温まってきたが、その前に冷えてしまったらしい。トイレに何回か起きる羽目になってしまった。冷えた足元から全身に冷えがまわったようだ。朝方はぐっすり眠ったが、もうちょっと寝ていたかったなあ。しっかし、トシだ。無理が効かない。

今日は姉の家に行く日。早めに起きて最近凝っている野菜(ケール、バナナ、トマトなど)とヨーグルトのスムージーを飲んで、洗濯物を干して出発。
姉の家に行くのにたくさん買い物をして見送りの相方が荷物をタクシーに運んでくれてやれやれ。

姉の家でもしゃべっている最中に居眠りしてぎくっと目が覚めたり。結局、二人で座ったまま昼寝してた(笑)。
帰りのタクシーで運転手さんと馬鹿話しておおいに笑って回復した。
夏から秋へ季節が巡っていくのを感じた日だった。

おやつは英国風サンドイッチ

ご飯におやつにと最近よく食べているのがサンドイッチ。ちょっと中南米風のオープンサンドのときとふつうのサンドイッチのときがある。どっちもうまくて我が家の定番。昼食またはおやつに食べる。つくるのはわたしではないけど(笑)。

オープンサンドはアボカドとレモンの薄切りをのせてマヨネーズを少々つけてトースターで軽く焼く(おっと、香辛料を忘れてはいけない)。うまいのでしょっちゅう食べている。アボカドはいろんな料理で食べているけど、結局これが一番うまい。

ハムとキュウリのオーソドックスなサンドイッチは格別だ。イギリスの小説を読むとよく出てくるけど、印象に残っているのは、P・D・ジェイムズのダルグリッシュ警視長もので、部下のケイト・ミスキン警部の部屋で事件があってケイトの母が亡くなる。その葬儀の日にケイトはハムとキュウリのサンドイッチを早くからたくさん作って冷蔵庫に入れておく。英国ではそういうものなのかと感心して読んだ。

秋の長雨

このしつこい雨は好かんわといっても雨は聞いてくれないし勝手に降っている。昨日の好天気のことはすっかり忘れて今日の雨の苦情をいっているわたし。昨日の夜にたくさん洗濯物を取り入れたのに、その感謝をいわずに今日洗濯できないモンクをいっている。

昨夜の天気予報を見て今日の姉の家行きはアウトだとわかった。姉に約束していた買い物ができないよと電話してから長電話、去年まで毎日かけてた姉への電話を週一くらいにしてもらっているが、一度かけると引っ張られて長いながーい。うまく引っ張るのでつい長電話してしまう。

相方がツイッターにおもろいこと書いたというので読んだら、「これから晩ご飯作り。腹が減った、と言いながら、待っていたら食えた頃が懐かしい・・・ サバの煮付けに日野菜の塩揉みとか、作る。」と書いている。ごはんはそれだけでなく、一人あたりおかず4皿とご飯と味噌汁だった。

終わりのスイカと始まりの柿

最近は果物をよく食べている。そのときの旬の果物のうまさは格別で、唇を濡らしながらほうばる快楽におぼれる。旬の果物を食べるとうまさとは別に血の巡りがよくなったり、胃腸の働きが活発になるような気がする。

今日は今年最後のスイカだといいながら小ぶりのスイカを買ってきたのを半分夕食後に食べた。甘いあまーい今年最後のスイカ、四つ切りしてかじったら甘い汁が口元からこぼれた。至福のとき。残りは明日の昼ごはんのときに食べよう。

まだあるぜと買い物袋を開いたら柿の包みがあった。今年はじめての柿。明日の夜かあさっての昼の食前にいただくことにしよう。
夏の終わりのスイカを食べたら、次は秋の初まりの柿を食べる。

お彼岸に彼岸花咲く

整形外科のリハビリに行くのに公園の横を通ったら、植え込みの隅っこに真っ赤な彼岸花がひとかたまり咲いていた。そうだ!お彼岸だ!と思ったが、今日は何日でお彼岸はいつだっけというのがわたしのアタマの中。帰って検索したらお彼岸は9月20日から26日までで中日が秋分の日の23日だそうだ。季節は順当にまわり、お彼岸には彼岸花が咲く。なにごとの不思議なけれど、ですね。

そういえば、毎年1本だけ彼岸花が咲くところがあるのを思い出した。四角く区切った地面に街路樹が1本だけあって、その周りの土部分に雑草がひょろひょろ生えているんだけど、なぜか毎年1本だけ曼珠沙華が咲く。いつも見てはその健気さに感心するんだけど、今年も健気に咲いてほしいな。あの樹は台風に耐えたかしら。明日見に行こう。

昨日(18日)の追記
昨日の日記「お彼岸に彼岸花咲く」の追記です。
さっきつるかめ整体院の帰りに通ったら数本の茎が伸びていて、半分くらい花が咲いていたのでびっくりした。実は街路樹は去年からなくて雑草の園になっている。その中で健気に咲いていた。
昨日はふじわら整形外科、今日はつるかめ整体院とからだのケアで忙しい。目の酷使と座りすぎで腰にきてるのと、悪くなることばかり。さて、ぼやいてばかりいないで体操しよう。

おいなりさんが食べたい

長かった夏の疲れか、恐ろしかった台風の疲れか、その後の長雨の疲れか、それともトシのせいか、しんどくてしょうがない。
ぶらぶらしているもので、しんどいといえども夜の寝つきが悪い。寝てしまえば一直線なのに寝付けなくて転々としている。昨夜はほんとに寝つきが悪かった。時計と明るくなる外を見ながら、夜がしらじらと明けてくるってこのことやなと納得した。

その後はぐっすり眠って、アマゾンの本の配達に起こされた。買った本は安藤礼二の『折口信夫』(講談社)。分厚い本で3996円だった。姉が誕生日になにか買うようにとくれたお金が間に合った。もう1冊は今日注文して明後日配達の安藤礼二編集『折口信夫天皇論集 』(講談社文芸文庫) である。最近安藤さんの本をたくさん読んでいるけど感想書いてないので、ぼつぼつ書かないとね。

晩飯なににしようかと相談あり。いろいろ作るのが大変だ、お互いに疲れてるもんね。ということで、「おいなりさんが食べたい」とわたしが発言。それだけでは頼りないとカツオのたたきとタコのお刺身、高野豆腐、プチトマトのピクルス、そしておいなりさんと玄米茶。
今夜はあとお風呂に入って寝るが、寝る前に安藤さんの本を撫でたりさすったりしてから少し読む。

美味しいワインでバースディをもう一度

知り合いにいままで知らなかったワインをいただいた。長野県塩尻にある城戸ワイナリーのもの。塩尻というと昔は山梨県へ行くのに名古屋から乗っていた中央線の最後の駅で、ここで山梨方面に行く汽車に乗り換えるのだった。登山しているときは八ヶ岳へ登るのに塩尻で乗り換えていた記憶がある。
村名は忘れたけど子供のとき、母の妹が嫁いだ家に塩尻からバスで行った記憶がある。まあなんとなく親しみをもっている場所だ。赤ん坊のときから塩尻で汽車を降りた回数はすごく多いはず。

昨日は外食だったので今日は家でうまい魚を食べようと買ってきたカツオのタタキがあるところへ白ワインをいただいたもので大喜び。カツオはカルパッチョにして、サラダを2皿、このワインうまいねとにこにこ。
バースディパーティ2回目やなとワインのコップを傾けてハッピーバースディ。
そのあとはご飯と味噌汁とサバの塩焼きと漬物でお腹いっぱい。

昼夜外食

台風後の姉の家に行かなきゃと思いつつまだ行ってなかった。台風で塀の一部が倒れたそうだし、大きく伸びていた萩が荒れているというので、相方と食料をたくさん買いこんで出かけた。いい塩梅に雨は止んだが街には台風の爪痕がまだ残っている。

姉の家の塀は工務店に頼んでいるが、屋根の修理をたくさん頼まれているので、後回しになるそうだ。家のほうをしっかり戸締りすることで手が空くのを待ってるしかない。今日は萩が折れ曲がっているのを片付けて、紫陽花の花が終わったのを整理した。小さな庭だけど荒れかたに台風の威力を感じた。近くのマンションの壁が剥がれ落ちて道の隅に積んであった。姉の家に着くまでずいぶんと台風の爪痕があって運転手さんが説明してくれた。堀江公園の大きな木が倒れたんでっせというてはった。

お昼ご飯はビッグビーンズの焼肉弁当とサラダなど。おやつはサツマイモの甘納豆と大福と煎茶。夕方まだ明るいうちに帰ってきて近所の蕎麦屋へ寄った。麦焼酎のソーダ割り(最近ビールをやめてこればっかり)と天ぷら盛り合わせと出汁巻卵、そして鍋やきうどん。うちらが昼夜外食って珍しい。あとは風呂入って寝る!!

イチジクも好き

毎年書いているけど、好きな果物はと聞かれたらわたしは「柿」と答える。他を引き離して好き。もう1ヶ月したら出てくるだろうと思うとうれしい。おお、今年も生きていて柿が食べられる。今年いっぱい柿・柿・柿といいながら食べて暮らすのが楽しみ。そのあとには干し柿がある。

今日はイチジクを食べて、柿の次に好きかなあと自問していた。ちょっとマイナーな感じがするけど、大阪・羽曳野産のイチジクはうまい。朝採りがスーパーに並ぶ大衆的なところもよい。今年はイチジクのジャムに目が覚めた。手作りのジャムはちょっと高いけどうまい。堂々とたくさんパンに盛って食べるのが好き。太るねえ困るねえといいながら食べている。

子供のとき持ってた絵本にイチジクを食べた人の鼻が伸びるというのがあった。国中の人間の鼻がぐいぐいっと伸びている。歩くと鼻が道をなでるように伸びている。元にもどすためにまたイチジクを食べていたと思うがどうだったかな。

バースディプレゼントはメイク

昨日は午後遅くに予約がとれて美容院シュリットへ行った。名犬シェルくんが迎えてくれて甘えまくり。シュリットさんの思うままにカットして染めてもらい仕上げをしてもらった。
わたしの月に一度の贅沢である。この日だけはよそいきのあたまになって「カワイイ」と褒めてもらう。

昨日はそこへもってきて誕生日やから「メイク」をプレゼントするわだって。「えっ、なに?」「プロのメイクをしてあげる」。まず顔のシミあちこちの上になにやら塗りだした。わたしのシミは自慢じゃないがたくさんある。塗りつぶすという感じではなく、さっさと塗るとシミは目立たなくなった。「へえっ」とうなってあとはまかせっきり。口紅さして白粉はたいて、それだけでうんと垢抜けた。アイシャドウとかなし。ほほ紅もなし。眉毛は毎月カットのときに整えてもらっている。眉がしっかりしてシミがないと美人に見える。
わたし「生まれてはじめてメイクした」シュリット「結婚式はどないしたん」わたし「結婚式をせえへんかった」シュリット「初メイクの感想は?」「元がいいからメイクが映えるね」自分で自分を褒めて笑われた。

シュリットさんはこのトシの人がこんなに可愛いのはあんまりないと褒めて前と後の写真を撮ってくれた。わたしの新しいiPhoneでも撮ってくれてアイコンに使ったらいいよっていってたけど、さてどうしましょ。