舌平目のムニエル

スーパーでめちゃくちゃ安かったと相方が買い物から帰ってきた。すぐに丸元淑生さんの料理本を引っ張り出して「これや、これや」とうれしそう。まな板には大きな舌平目が一匹横たわっている。「舌平目はムニエル」と口に出したわたし。「ええっ、長いこと食べてへんやん。どないするんやったっけ」「そやから調べてるんや」「たしか、バターと小麦粉やった」なんやかんやいってたが結局は丸元さんに従った様子。晩ご飯はビールと大皿に野菜(じゃがいも、ピーマン、きのこ)を従えた舌平目のムニエルとサラダ、味噌汁、海苔。舌平目が大きくて厚いので酒の肴に十分だった。

いやー、久しぶりに食べたなあ。サガンの登場人物が食べてたような気がするなあ。ミステリでもあったで、イギリスの警部さんがソウルムニエルを注文するねん。ドーバームニエルな、などなど、うんちくらしきものを垂れ流すのがわたし。

いやー、久しぶりの舌平目のムニエル、おいしかったよ。大阪湾産とのことだが、どのへんを泳いでいたのかな。

苦あれば楽あり

今日の最高気温は37度あったそうだ。出かけるとき蝉の鳴き声がすごかった。大阪市内の街路樹でこれほど鳴くかと驚いた。タクシーに乗ると運転手さんが先日生まれて初めて熱中症にかかった話をしてくれた。おそろしや〜

暑さを避けイカリスーパーで買い物を手早くすませて姉の家に行った。ここも蝉の声がうるさい。猫じゃらしの勢いのよい伸びようにたじろぐ。
エアコンつけているとわたしには真正面に風があたる(ちょっとオーバー)ので寒い。困ったことである。冷風を避けて家事したり、マッサージしたり。おやつ食べたり。
3時過ぎに庭の植木に水撒きしたらヤブ蚊が腕いっぱいに(ちょっとオーバー)たかって血を吸っている。あわててムヒつけた。植木も蚊もすごい生命力。

マッサージしながら姉のとりとめない話に相槌を打ってなんとか5時まで過ごした。同じことばかりいうので、同じことばかり返事している。毎日の電話もそうだけど、テレビばかり見て会話が足りないせいだろう。まあ同じ返事でも返事がないよりましか。

5時に引き上げてタクシーで堀江まで。なじみになった運転手さんに電話するとすぐに来てくれるのでありがたい。
ベースで冷えた飲み物とおしゃべりで和みヴィーガンケーキをお土産に買った。それからジョローナでいろいろ買い物。夏の集まりの姪親子へのプレゼント、いつもお世話になっている友人へのプレゼントを買った。自分にも。買ったのはインドの民芸品のバッグや布。

そのあと隣りのリブラで熱く濃いコーヒーを頼んで雑談。堀江3店で疲れがとれて元気になって帰宅。
今夜のご飯はサラダと魚介類と野菜のパスタでした。うまかった〜 これからベースのヴィーガンケーキでデザート。

この夏最初のソーメン

凝りやが昨日寝る前にソーメンを食いたいと言い出して、夜ご飯のために今朝から椎茸を煮て、昼からつけ汁をつくって冷やしてあった。
今日は暑かった。梅雨明けしたとラジオのニュースがいってた。暑さの中を買い物係は八百屋やスーパーを巡って重い野菜や果物を運んできた。

前菜のようにスイカが出た。皮が薄くてきりきりまで赤くて甘く見事なスイカ。つぎのビールには、サバのカレー煮、ナスのオリーブオイル炒めがついた。さあ、ソーメン。冷やしたソーメンとつけ汁。卵焼きの薄切り、刻んだ椎茸とシシトウの炊いたん、刻みネギ、梅干しを汁に入れて混ぜ、ソーメンをつけてつるつる。あらあらミョウガとショウガと大葉を忘れてた。次に食べるときは忘んように。

梅干しを汁に入れるとソーメンが生きる。これにアナゴの細切りを入れたら完璧やけど、完璧過ぎると面白みがないから、アナゴが手に入ったときの楽しみにしよう。なーに、夏の暑い日にソーメンと汁だけでもじゅうぶんうまい。

昨日は法事でした

昨日は姪Sの夫の七回忌に行ってきた。うちとしては早起き。でもまあ朝ごはんは〈ぐらぐら白湯〉だけなので、シャワーして着替えして戸締りして早めに出かけた。四十九日と三回忌のときは一人で行ったのだが、昔わたしが住んでいた場所に近いので、センチメンタルジャーニーという感じでその近所を歩いてみた。せっかく早く出たのにうろうろに時間をとられてギリギリに迎えにきてもらったんだった。今回は感傷抜きでうちの前からタクシーで直行。淀川を越えるときには淀川花火の話をたっぷり聞かせてもらった。

早すぎかと思ったら、みなさんもうお揃いでやっぱり最後、かと思ったらもう2人来られたからよかった。読経とお話で1時間、にこやかにお坊さんがお帰りになって、あとは姪の娘、新婚のT夫妻を囲んで話したり、姪Aの夫が定年退職とのことでいろいろと話したり。七回忌の主人公のお兄さん夫妻のサッカー話が賑やかで四国のサッカーの話をいろいろ聞けた。岡田武史さんの名前を久しぶりに聞いた。

座を移して昼食に。行きしに森友学園のそばを通った。「あれがあの・・・」と姪Sが説明。目立つ赤い建物であった。写真で見るのとはインパクトが違う。
フルコースの和食でお腹がいっぱいになり、姪の娘Tが記念写真を撮った。気がついたら、兄と姉が欠席なので、わたしが長老なのであった(笑)。
帰ってから昼寝をして目が覚めたら暗くなっていた。
それから昨日書いたけど、映画( アルフォンソ・キュアロン監督『大いなる遺産』)を見て寝た。

ツイッターでなくてリツイーター

わたしはツイッターでなくてリツイーターだと、ツイッターで会話した若い人が使っていた言葉をそのまま使う。わたしはツイートするよりも数倍のリツイートをしている。「通知」を読むと、RTをRTされていることが多く、RTを「いいね」されているのはもっと多い。

ツイッターを開くと時間を忘れて読みふける。読書よりもこっちに時間を使っている。だっておもしろいんだもん。政治的発言もあるけれど、わたしのフォロワーさんは文化(映画)系が多いかな。若い人もみんなうまいことおしゃれなことを書いている。自分の撮った写真はもちろん、いろんなところからの引用の写真やイラストも載っていて楽しい。ふーんと感心して「いいね」をよくつけるけど、「RT」することも多い。おもに和洋の猫話が主であるが、日本の妖怪とか西洋の魔女のようなものもけっこうある。自分が楽しいから分けてあげる気持ち(笑)。いっしょけんめいに考えてツイートしてるひとには悪いと思うが、いやいや、ちょっとでも広まったほうが、書いた人だって満足するだろうなんて思うのである。

そろそろ梅雨明けか、クマゼミが鳴いている

13日の木曜日に姉の家の近くのお寺からクマゼミの鳴き声が聞こえてきた。うるさくないのは、今年初めてだし1匹だけだったからかもしれない。
翌日の14日金曜日には昼ごはんどきにうちのそばの街路樹からひそやかに聞こえてきた。クマゼミが鳴いて梅雨明けかなあと言いながら昼ごはんを食べていた。
これから2ヶ月ほどやかましい声というより音に悩まされる予定(笑)。

しかし、今年の暑さはすごい。36度なんて初体験の暑さの日が当たり前になったりして。それにつけてもエアコンが難しい。うちは家ではエアコンつけないでTシャツで過ごす。他所に行ったときにはどこも冷やしてあるから、ソックスとか膝掛けとか上着とか用意している。タクシーの運転手さんは親切にもっと下げましょうかという人が多い。たまによくわかっている人がいて「温度少し上げましょう、これくらいがいいかな」と調節してくれる。

うちは二人ともエアコンに弱い。ええ塩梅にというべきか、この間はつけて一人が風邪引いた。片方がつけようといわないからかなりつけないでいく。いまはうちわと扇風機のお世話になっている。窓はみんな開けっ放しだから雨が降ったら降り込んでくるのがなんぎ。いつか開けっ放しで出かけて友だちとしゃべっている間に夕立が来て帰ったら猫が怒ってた。開けた窓から降り込んで床がびしゃびしゃ。以来、出かけるときはきちんと閉める。本とパソコンが濡れたらどないするねん。

梅雨入り・梅雨明け予想Navi【2017年版】より
これらのデータから判断すると、2017年の関西・近畿地方の梅雨明けは7月16日頃から7月26日頃の間くらいとなりそうです。

海の幸と野菜のパスタ

海の幸(えび、いか、あさり)と野菜(タマネギ、アスパラ、キュウリ、トマト、オカヒジキ)が入ったスパゲッティは我が家の最近のヒット料理である。買い物に行く面倒はあるが、出来上りは見栄えがいいしすごくうまい。野菜たっぷりのサラダをつけてビールでもワインでもオーケーのオシャレな一皿。
今日で3回目になるけどだんだん海鮮類の買い物が上手になったし、できた料理も堂々たるものになってきた。
皿の上を見て野菜がたくさん入っているなと思う。実際にどれだけの野菜が入っているかわかってないやろといわれる。はー、すいません。

最近の我が家のヒット野菜の中にはオカヒジキというのがあって、生でサラダに入れたり茹でて食べるときもある。ほんまに見た目が「草」という感じ。検索したらスベリヒユの仲間とあった。スベリヒユは子供のとき山梨の母の実家で教えてもらった。どんなところでもいくらでも生える草だって。

美容院は月に一度

エアコン入れたら風邪をひいた人がいるので、今日もエアコンなしで汗をかいている。暑い、暑い。でも夕方になったら風がいくらか涼しいのでまだ大丈夫(って、なにが大丈夫なのさ)。

午後から美容院へ行った。たいてい月に一度いくことにしているが、予約を忘れて10日も間が空くことがあり白髪が目立つでといわれる。外出の予定ができると髪結いさんに行ってなかったと慌てるか、行っといてよかったと喜ぶか、そんな感じ。
愛犬シェルくんが迎えてくれてカットや染めのとき、髪を洗うときも膝の上に乗って、ややこしくも、かわゆいやつだ。2時間ほどのあいだよくしゃべり、コーヒーとお菓子をよばれてよいご機嫌で帰ってきた。

帰ってから買い物に行った相方も帰ったので、いっしょにすぐ近くのクリーニング店へ羽毛布団を受け取りに行った。昔はこのくらい一人で持ったんやけどいまは荷物持ちつき。この店は研究熱心と評判良く繁盛している。女性店員さんたちもきびきびしてて感じが良い。
指定日の間にいくとキャッシュバックがあるので、雨が降らないように気にしていたが、今日は天気が良くてよかった。これで冬物は終わりかと思ったら、なんとまだカーテンの洗濯があったよ。これは自分でする。

梅雨明けはいつ?

夜になると冷たい風が入ってきていくらか涼しいが昼間は蒸し暑くてたまらない。梅雨明けはまだかなあ。天神祭の日まで雨の降っていた年があったのをよく覚えている。25日にまだ雨が降っていた。今年はどんなんかな。
昨夜はツイッターで満月の写真を見せてもらったが、うちの空は雲が厚くて月が見えなかった。さっき空を眺めてみたが見えないところにおられるようだ。雲は切れているのに残念である。もうちょっとしたらまた眺めよう。真上にきているかもしれん。

映画『お嬢さん』を見た夜はエアコンを入れていて夜が更けてきたたときちょっと寒かった。それでわたし以外の一人がハナ風邪をひいて数日ハナ水に悩まされた。それ以来エアコンをつけてない。つけないのに慣れているので他所へ行くと寒いので困る。タクシーに乗っても寒いのでスカーフを持参している。
姉の家に行くと1日中つけてあるから足元が冷えて困る。畳の部屋だから5本指のシルクソックスの上に普通のソックスを履いている。それでも冷えるんやなあ。

なんやかやとモンクをいいながらも、今年も梅雨明けして真夏になって、お盆が来て日が短くなり、夏が終わる。

新しいiMacは使い心地がよい

長いこと使ったMac miniをやめてiMacが発売されたらすぐに買おうと前々からいっていた。今回買ったのは「27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル」。後からマウスの代わりというか手助けというか、「マジックトラックパッド」というのを買った。一本指、二本指に慣れるといい感じで使える。すべて相方の指導なんでアタマがあがらないが、最初にMacにしようといったのはわたしなので、今回もふふふ。
キーボードは英文にした。ちょっと不安だったタイピングだが、長年の経験でブラインドタッチが間違いなく早くできる。

最初のMacを買ったのが1987年だからこの秋で30年になる。それ以来、ふたりで何台買ったかわからないくらい買っている。
30年前のある日、日本橋の電気店でずらりと並んだパソコンを眺めていたとき、隅っこに「Macプラス」が1台置かれていた。それを見て「これや!これ買おう!」とわたしが叫んだのが我が家のMac生活の始まり。
それから30年、発売されるMacを買い続けてきた。うちの収入はMacの支払いで消えていったがひるまず進んできた。

相方の仕事はMacとともに進んできていまにいたる。最初の頃は私も文字打ちなど手伝い、自分の仕事の経理などもやってきた。
仕事だけでなく、同じ頃にはじめたヴィク・ファン・クラブのためにも役立てた。会報作りには最初はpagemakerを必死で覚え、wordを経て、いまはPagesをすいすい使っている。

毎朝起きるとiMacを立ち上げ、メールを読んでからSafariでニュースを読み、天気予報を調べ、ツイッターとミクシィに目を通す。
夜はもっぱらBlu-rayとDVDで映画を見る。5Kディスプレイ快適です。