アフターヌーン・ティー

さっき食器棚の奥のほうにある小皿をとろうとしたらもう一列といっしょにひっくり返っていた。地震の日は表面しか見なかったからだろう。他にもなにか転がったものが出てくるかも。
地震は月曜日の朝で今日は金曜日。地震の後に慌てながらも手抜きなく本棚を修復した疲れがまだとれていない。北堀江に行っただけで疲れた。しかも行きしは車椅子を押してもらったのに。なんでこんなにしんどいかと考えたら地震当日の異常な頑張りからきているようだ。

朝のうちに北堀江ベースの琴美さんがツイッターに載せたプラムとミントのヴィーガンケーキの写真を見て、アフターヌーン・ティーをしようと相方と出かけた。
ちょうどお店には田舎から送ってきたプラムを提供してくれた女性がいてお話しできてよかった。お母さまとお祖母さまが丹精したプラムの実をぎっしりとのせたケーキが上品でうまかった。

地震以来の疲れかしらねといいながら歩いていたがほんまに疲れが出て、相方もしんどいのに途中からまた車椅子利用。昨日の姉の相手の疲れもあると納得したが、もうちょっとタフでないとなあ。帰ってからは乾いた洗濯物の整理と新たな洗濯をした。まあまあタフだ(笑)。

大阪市北部で平屋住まい

大阪北部というと高槻とか茨木とか大阪府の北部のことで、姉のところは大阪市の北部である。地震のときはよく揺れたようで、今日行ったら神棚の大切なものが小さな台に置いてあり、その前には榊が供えてあった。ころがり落ちたのを背が届かないのでまだ戻してないのだ。姉もわたしも背が低いから踏み台にのって落ちたらいかんので背の高い人がくるまでこれでいくそうだ。あとは押入れにしまってある古い物が前に倒れていたくらいですんでいる。本棚の上の花瓶が転がり落ちたのはもう整理してあった。姉は一人暮らしやから怖かったけどしゃあないと淡々としていた。平屋のせいか本棚はどれも動いてなかった。植木鉢も健在だった。

当日午後に電話が繋がったときは近所の人が来ているからと早々に切られてしまった。近所の人や民生委員さんが気にしてのぞいてくれるからありがたい。すぐに往診してくれるお医者さん、薬を持ってきてくれる薬剤師さん、ヘルパーさんが週に2日掃除に来てくれるし、週に2回デイサービスに行っている。週に一度は姪が行き、わたしはいまのところ2週間に一度行っている。

地震のおかげで落ち着かない日々

昨日の午後は整形外科に行った。なによりも歩くのが一番と先生は「万歩計を買いなさい、励みになるよ」とのこと。わたしには万歩計を買わなくても iPhoneがある。さっそく活用といいたいが、目下の足状態では距離を伸ばすのはなかなかで画面を眺めてため息。おもちゃを持ったこどもです(笑)。

今日の午後は整体院に行ってきた。はは、ほんまに高齢者ですやん。ここの週に一度の治療でわたしの体力はもっているのである。おかげでようやく一人前に生きていると自覚しております。

明日は姉のところに行く。さっき電話で背中がしんどいといってたからちょっと揉みほぐしてやろう。姉は週に一度マッサージに通っているのだが、あんたのほうが効くといっている。やりすぎないようにがんばろう。

一週間くらいのうちに余震があるかもしれないと思うとどうも落ち着かない。
おとといは洗濯日和だったのに、地震のせいで洗濯を休んでしまった。おかげでどっさりと残っているのを昨日は室内干しした。明日は天気が回復するようだからさっき洗って干した。姉のところに行ってる間に乾いてくれるだろう。

ハンバーガーの食べ方がわかった

遅い朝昼ご飯がすんで片付けがすみ、今日はうつぼ公園に行こうと決めて魔法瓶に熱い紅茶をいれた。途中でパンを買うことにして出発したがもう3時過ぎている。歩き兼車椅子プラス地下鉄で四つ橋線本町へ到着、また歩いてうつぼ公園へ。園内は人でいっぱい。広場にはテントを広げている家族が多い。子供たちは水遊びが楽しそう。水着の子も下着の子もおおいに濡れて遊んでいる。おしゃれな親がついていて20年くらい前にわたしらがよく来ていたころと大違いの風景だ。大阪西区がいまトレンディな場所になっていると聞くが、ほんまにこういう親子を見るとうなづける。

シートを草地に敷いてダンナは寝っ転がり、わたしは車椅子に座っておやつ。夕方近く空の一部に虹が見えたのは寝っ転がっている人が気づいた。
歩行訓練といいながらバラ園を一回りしただけで疲れちゃったよ。

帰りにカフェに寄りたいねといってたら、相方が以前DJパーティに来たことがあるとなにわ筋に面した明るいガラスドアの店を思い出した。そのお店がアタリで、うまいハンバーガーとビールとコーヒーにありつけた。
実はメニューのハンバーガーの絵を見てどうして食べるのかとびびったわたし。いままでハンバーガーを食べたことがマクドで3回くらいしかない。いちばん小さなやつだからかぶりついて食べた。この高いのはどないしたらええんやろ。
運ばれてきたのは10数センチはあるでっかいやつ。「この紙袋ではさんでおあがりください」とのこと。ほっ!! そうか〜
肉系統と野菜がたっぷりはさんであってソースがうまい。ビールに合う。途中でコーヒーをもらったらコーヒーにも合う。お店のお兄さんに「またくるね」といって帰ってきた。ときどき晩ご飯にハンバーガーを食べにこよう。

帰り道は日暮れどきを過ぎ西の空に月が現れた。わたしは昨日の夜に月と金星が近寄っているのを見損なって、遅くなってから金星のみ見たのだが、相方は心斎橋のビルの屋上で見ていたそうだ怒。今夜は「ほらほら、月が見えたよ!」とお愛想しながら車椅子を押していた。

すこーし寒い

もう初夏だしとTシャツを着ていたら上腕の後ろ側(贅肉がついているところ)が冷たい。寒さがこたえるのはトシのせいでもあるかな。それで鼻水が出るんやなと気がついて下着を着て、上に長袖カーディガンを羽織った。これじゃばーさんだ。まあばーさんやからしゃーないがな。
ここ数日こんな日が多い。気が早いから冬物と夏物を入れ替えるのが早くて、こういうときにナンギするのである。
さすがにカーディガンを着ると暖かいを通り越して暑い。もっといまの季節にあう服を買っておかねば。

そういえば最近は服屋さんに行ってない。1月からずっと百貨店にも衣料スーパーにも行ってない。梅田や心斎橋を通ればちょこっとお店に寄るのにね。そしてその楽しみが好きなのに。目下は目的のところに行って帰ってくるだけである。着るもののネット買いを検討しなくちゃ。

夕方から相方が出かけたのでさっきスーパーに行ったんだけど、自分の晩ご飯とチーズだけ買って帰ってきた。遊びがないなあ。

片付けてコーヒー飲んでお風呂に入ろう。
今夜のお楽しみは、アマゾンに昨日夜中に頼んで今日届いた『釈迢空歌集 富岡多恵子編 岩波文庫』

カレーのはずが味噌煮に

今夜は鯖のカレーにすると相方が鯖を半身買ってきて、これから三枚におろすと出刃包丁を出した。大きな鯖でカレー用に小口に切ったのだが、切ったのを見るとたくさんある。カレー2回分のつもりだったけど、大鍋で味噌煮にすると計画変更。

今日の晩ご飯は酒解禁でまず赤ワイン。ワインのあてにレバーと野菜の炒めたの、紫キャベツと玉ねぎを刻んだのに大豆とえごま油などと混ぜたの、それにご飯のおかずに鯖の味噌煮と豆腐とねぎの味噌汁だった。

半分以上も鯖が残ったので、あとはタッパーに入れて保存。あと2回は食べられる。それにしても鯖の味噌煮のうまさかな。
あとの焙じ番茶とカリントウもうまかったよ。

ご近所

午後遅くにシュリットへ行って髪を染めてカットしてもらった。夕方遅く帰ってもご飯ができててええなあ、年下で男前でご飯を作るご主人でええなあと冷やかされた笑。まあ内情はなかなかしんどいものがありまするが笑。
ご近所情報をいろいろしゃべって、名犬シェル君と遊んでゆったりとした時間を過ごせた。コーヒーとお菓子が出て、置いてある『婦人画報』をあちこち読んだ。最近は老眼鏡を揃えてあって、「いちばんきついの」と貸してくれる。

「昨日はつるかめさんに行ってなあ」「あ、長いこといってないわ、元気やった?」「ふん『剣客商売』で盛り上がっててん」「えっ、あの子、本を読むのん?」てな具合で、大の男子だって男の子扱いのあたしら笑。
お医者さんの評判も食べ物屋さんの評価も褒め言葉ばかりで、このあたりは住みやすいのかしらね。
髪を濃いブラウンに染めてもらっておかっぱにカットしてもらってご機嫌よく帰宅。我が家は和食の用意ができていた。

アロマで防虫 菊香せんこう

今年もまた蚊のシーズンがやってきた。6月になると今年最初の蚊が毎年同じ夜10時ごろにパソコンのまわりをブーンと飛ぶ。蚊が出たのを忘れて横になると寝付いた頃合いに腕や足が痒くなって目がさめる。毎年同じことなのに蚊取り線香をつけ忘れている。慌てて起きて痒いところを掻きながら蚊取り線香に火をつける。

今年はちゃんと覚えていて寝る前に線香の箱とマッチと容器を出しておいた。この容器というのがジマンのもので、元々はホーローの鍋なのだ。近所の雑貨屋さんがオランダの雑貨市で仕入れて来たもので、全体がグレイで白のオランダぽい連続模様が入っている。料理によく使ったのだが、底に傷がついたので水分が漏れるのを危惧しで鍋として使うのは諦めた。こうして線香立てに転身したが、深鍋だから線香が倒れても大丈夫。

線香は去年の夏に買ったのがまだ残っていたからさっそく火をつけた。煙が立ちのぼると蚊はいなくなって安眠できる。まだ一晩中でなく30分くらいついていて十分である。
うちは蚊遣りは菊花線香一筋で、そういう人がいるから東急ハンズでも置いてあるのだろう。

番茶と駄菓子

晩ご飯が和食だと最後は焙じ番茶で〆ることにしているが、最近はそのとき駄菓子を一口、二口、いや五口くらい食べるくせがついた。近所の高級スーパーで売っている袋に入ったお菓子で昔ながらの色とかたちである。かりんとう、生姜せんべい、野菜カステラ、ミレーのビスケットなど袋入りを買ってきたのをそれぞれ缶に入れてある。こういうときは名前のとおった店のケーキやチョコではあかん。一袋いくらの駄菓子がいい。
ちゃんとしたお饅頭があれば煎茶を淹れるが、駄菓子だと番茶が似合うしうまい。

今日も番茶を淹れてかりんとうを食べた。おやつにはコーヒーを淹れてビスケットを食べた。

鯖でスリランカカレー

スリランカカレーのようなものを作って食べるのは2回目。今回はスーパーで鯖を三枚におろしてもらったのを小切して使った。昨日作ってすぐに食べ、半分残しておいたのを今日食べた。色合いがカレー色でなく黄色くて、思わず白いカレーやなといった。白っぽいのはココナツミルクのせい。スリランカカレーの特徴はココナツオイルとココナツミルクをたくさん使うことだって。料理本のレシピを読んで、手に入る調味料を使っての自己流である。鯖と野菜たくさんとココナツオイルとココナツミルク。最後に切ったトマトをのせて出来上がり。
それにプラス、三枚肉を細かく切ったのと小松菜の炒め、しらすとほうれん草のおひたしで酒なし。
お茶の後片付けしてこれからコーヒー。今日初めてのコーヒーなので楽しみ〜