水仙咲く

長いこと一人暮らしを頑張った姉(長女)が介護付き施設で暮らすことに決めて、12月に新しく建った有料老人ホームに入居して新生活をはじめた。二番目の姉の娘たち(このブログによく出てくる姪とその姉のふたり)が、姉の相続人として一軒の家の最後を見送ることになった。わたしらは二人のお手伝い&励まし係。

まずは戦中から借りていた借家を3月中に家主さんに返すことに決めて連絡した。ついで家具や寝具などの不用品を整理した。わたしには欲しい本を持っていってとのことで、本箱から能関連や古典で欲しいのを十何冊くらいもらってきた。
電気製品や着物類は知り合いに分けたり、気苦労の多いことを二人でよくやってのけた。

70年前に姉が嫁いだO家は戦前から神道で葬式も神道だったと義兄がいっていたが、義兄自身が無神論だったから具体的にはなにもわからず、神棚だけは姉の手でいつも榊と水があげてあった。その後に姉と義兄が相談して両親のための小さな仏壇を置いたから、この家は神仏両方の信者なのであった。

その姉が長いこと気にしていた神棚は年末に夫が掃除して整理してあったのを、近くの神社へ電話でお願いして今日運んだ。写真を見せてもらったら古い格式高い神社だった。

仏壇は月曜日に姪たちがお坊さんに来ていただいて魂を抜くお経をあげてもらい、仏壇は家具として整理してよろしいとなったそうだ。
姉が気にしていた神様と仏様への挨拶がすんだのでほっとした。
夫が帰りに姉の庭を見たら、夫が毎年面倒を見ている水仙がたくさん咲いていてきれいだったとのこと。

気が付いたときに買っておく

昨日つけたときはオーケーだったサポーターだが、今日1日つけていたらどうも薄ら寒い。クーラーからの冷え対策用に買ったものだから、厳冬には向いてないと気づいた。また在庫を引っ張り出して細い毛糸で編んだのと交換した。おかげで暖かく快適である。同じものが2枚あると洗濯が便利にできるのでよかった。けっこうな値段がしたのに買っておいてよかった。お金に余裕があるときはぱっぱとものを買うけど、たいていないからなあ(笑)。

こういう便利なものは気がついたときに買っておくこと。去年買ったクーラー冷え対策サポーターは絶対にすぐれものである。わたしとしては思い切って2枚追加し計3枚買ったので来年の梅雨時と初秋は快適に過ごせるはず。

今日は伸ばし伸ばしになっていたヴィク・ファン・クラブの会報の封筒入れして切手を貼ってポストに入れるところまでやった。明日送れるのでほっとした。お茶を淹れよう。甘いものはないけど。

冷え対策にサポーター

今年の冬は特別に寒いような気がする。足元から冷えてからだ全体が冷えているのを感じる。
午後につるかめ整体院でいつものように治療してもらった。今日は先生の腕の力がいつもより強く感じられた。

施療中はいつものように軽い会話だったが、終わってから冷え対策のことでいろいろと教えてもらった。わたしの膝に水がたまるのは冷えからきているそうだ。西洋医学の治療は水を抜いて薬を注射する。わたしも去年からたまにやってもらっているが、水を抜いた時はいいが、すぐにまた溜まるのがナンギである。なんとかここから脱出したいと思っているが、なかなか思うようにいかない。

今日は膝の水について教えてもらった。以下わたしの解釈したところ。足から冷えがのぼって膝に水がたまる。その水が膝より上にあがって解消してしまえばいいのだが、冷えがあると膝に溜まったままの状態。いまのわたしの膝はこの状態なので膝が痛むし歩きづらい。

先生の話を聞いて足首をいたわらなきゃと思い、帰ってからふくらはぎ用サポーターを出して履いた。去年の夏にクーラーの冷え対策に買ったサポーターだ。その上にタイツを履いたら、おお、いい塩梅だ。この冬はこれでいこう。

その他、膝痛の期間が長い分、サポーター類のたくさんあること。買ったものの使わずにしまいこんでたのもあって多彩(笑)。ぼちぼち用途を見極めて使うことにしよう。

砂糖でごまかす

今夜は久しぶりに「飲むか」「飲む飲む」となって、焼酎湯割りを少し飲んだ。最近は相方が飲んでもわたしは飲まないことが多い。お酒を欲しないだけ身体が衰えているのかもしれない。
ほんの少し飲んだだけでほろ酔い気分になり「週刊現代」を読みだしてテーブルを片付けるのが遅くなった。

今日のおかずは、サツマイモとネギの味噌汁、イワシの煮付け、豚肉と大根の炊いたん、漬物、海苔だった。イワシはニンニクと生姜と梅干しを入れ、醤油と味醂と砂糖を多めにつかって炊いたそうだ。濃くてうまいとわたしがいったら、この間の炒り卵も濃くしたでと相方がいう。風邪をひいているからクスリだと思って砂糖たっぷりの炒り卵にしたったそうだ。どおりでうまいと思った(笑)。
そういえば、今夜はイワシが醤油と砂糖と味醂で茶色い。いつものうちのイワシの煮付けは銀色にひかってるもんなあ。たまには砂糖入りもいいとしよう。

よなべ(夜鍋)

〜母さんが夜なべをして手袋編んでくれた〜という歌から、当ブログ1月9日に「夜なべ(わたしの戦争体験記 37)」を書いた。友人のK子さんが「わたしもこの歌好き」といってくれて、そのあとの冗談。息子さんが仕事から帰って晩ご飯はなに?と聞き、K子さんのご飯支度を見て「今夜もよなべか〜」というって(笑)。それ以来、我が家でも夜に鍋物するときは「夜鍋」というようになった。

今日の夜鍋は、鶏肉、油揚げ、がんもどき、豆腐、きのこ、ねぎ、春菊、うどん、お餅の入った簡素なお鍋。飲み物は久しぶりの缶ビール。
使う食器が少ないから片付けがラクなのもよい。鍋がぐつぐついい出して、煮えたのから食べ出すとお腹のへんから暖かくなってくる。やがてからだ全体が暖かく汗をかくくらいになる。
ええわあ、夜鍋。

めっちゃ寒いね

ケータイが軽く「大阪西区に雨雲接近」と知らせてくれた。もうちょっとしたら「雪雲接近」となるかもね。
おお寒い、めっちゃ寒い。
30年くらい前にはこのベランダで洗濯物を干したら凍っていたことがあった。凍るといっても下着やタオルなどがパリッとなっていたくらいだが「洗濯物が凍っている!」と騒いだものだ。猫の花ちゃんが足元に来てもすぐに部屋に戻っていった。

仕事から帰って食事が先か洗濯が先か。朝が弱いから洗濯はほとんど夜。洗濯機をかけておいて晩ご飯をつくって食べて、すんでから洗濯物を干したんだっけ。とにかく布が凍るくらいに冷えてたということ。いま考えると洗濯機のしぼり機能がゆるかったんかな。水分が多くて凍ったのかも。
いまは夜中に干しても凍るということがない。それだけ水を振り切っているのだろう。

通勤しなくなり、一日中外へ出ることがなくなって、外気にあたるのはベランダに出たときくらいだ。郵便をとりにいったりゴミ捨てに行くのは、外に出ることが多い相方がやるのでわたしはラクである。
空気の入れ替えに窓を開けて「おお寒う」と叫んで締める。

これをつましい食事というんやなあ

今日はむちゃくちゃ寒かった。これからもっと寒くなるらしい。今夜は湯たんぽ抱いて寝よ。
毎日買い物に行く相方が「今日はやめとく。在庫品で晩ご飯するわ」と在宅で仕事やら読書やらしている。わたしは無論のこと在宅で読書とヴィク・ファン・クラブの会報づくりをやっている。二人とも黙々と本やパソコン画面を相手にしているから高齢者世帯は静かである。夕方座り疲れたのでストレッチをした。

晩ご飯はお酒を飲まないそうで、ご飯、大根と菜っ葉の味噌汁、豚肉と菜っ葉の炒めたの、鯖水煮缶のトマト煮、漬物、海苔が出た。わたしがテーブルを眺めながら感極まったように「これをつましい食事というんやなあ」といったら、あまりにも適切な表現に二人で大笑い。

晩ご飯後のいっぷく

晩ご飯後のいっぷくに飲み物とお菓子をセットのようにして食べている。番茶には豆のせんべいやかりんとう、コーヒーにはチョコレートやナッツをちょこっと。
晩ご飯がお米のご飯のときは番茶、洋食のときはコーヒー、そしてそれぞれ合うお菓子。白いご飯のときに最中や羊羹があれば最高だが、姉が施設に入ってからそういうもらいものがなくなった。体重が減っているのもそのせいかもしれない。うまいものを食って幸せになるか、体重が減ったことで満足するか、どっちがいいかなあ(笑)。

今日は整形外科、明日は整体院とからだのメンテナンスで忙しい。膝痛と肩こりと目の疲れをなんとかして読書に励みたい。
今日は注射したのでお風呂を休んで湯たんぽ入れて寝る。寝る前にストレッチを忘れずに。昨日忘れたから今日は必ずやらなあかん。

暖房と睡眠と栄養

おとといの深夜の不摂生で体を冷やした。横になってから何度もトイレへ行くことになりまずいなあと思っているうちに寝てしまったが、からだが奥まで眠ってなかったようだ。
翌朝、つまり昨日の朝というかお昼、目が覚めたら天井がぐるぐるまわっている。うわっ!きた、めまいがきたと慌てた。

めまいは若いころ知らなかったわけではないが、40代から更年期くらいのときによくおこった。夜更かしして遊び歩いたり、友達の家で飲んだりして睡眠不足の翌朝におきる。眠ったら治るのだが苦しいものだった。
起きてもまっすぐに歩けない。ベッドから這い出て這ってトイレにいったことだってある。さいわい持病といっても翌日はけろっとしているからまあいいかだったけど。

最近はめまいとはおさらばできていると思っていたが、こんなことでなるんやなあ。気をつけなくては。部屋を暖かくして、きちんと寝て、しっかり食べるを肝に銘じて生活せねば。うまい具合にこの歳まで生きてきてるんやから、もうちょっと頑張ろう。

めまいで休業

昨夜寝る前お風呂に入ってから、パジャマのままでしゃべっていたんだけど、口がすべってつまらんことまでくっちゃべり・・・「もう寝よ」と横になったときはすっかり体が冷えていた。
それから明け方にかけて何度かトイレに駆け込むはめになり、まずいなあと思っていたら、またぐっすり寝てしまい目が覚めたら日曜日お昼になっていた。

目を開けたら天井がまわっている。久しぶりのめまい。しかたなしに目をつぶって耐えていたらまた眠ってしまい、夕方に目が覚めた。今日はしゃあないなともう一眠りして夜になってから起きて晩ご飯。今日初めてのご飯がうまかったよ。和洋入り混じりのご飯がおいしかった。

今日やるつもりの用事はそんなわけで明日以降にまわして、今日はこれからコーヒー飲んで寝る。
メールをくださった御一名さま、返信は明日になります。