さては花粉か、暑いのに鼻水

今年の春はなかなか暖かくならなくて、桜の花は咲いたものの散るのが遅かった。その後も朝夕寒い日が多かったが先週の終わり頃からようよう暑くなってきた。今日は夏並みに暑いと予報でいってたが、うちは昔から冬が寒くて夏はマシなのでそう暑いとは感じなかった。家の中の板敷きの部屋にいる限りは。

今日は午後の3時ごろに洗濯して干したんだけど、ベランダに直射日光がきびしくあたってクラクラした。暑さと明るさで倒れそうといってもウソでない。あわてて壁に手をついた。なんせ、腰と膝に弱点を抱えているのでね。
そんなこんなでしっかりせにゃと思う初夏。

暑くても鼻水が出るというのはなぜだろう。さっきからテッシュペーパーのお世話になっている。だいたいアレルギー症で鼻水が出やすい体質なんだけど、もしかしたら花粉症が遅ればせにやってきたのかも。早くから くしゃみ鼻水でなんぎしたが、みんなが騒いでいるころはころっと忘れていた。いまのは風邪ひきっぽくないから、わたしに合った花粉が飛んでいるのかも。なんじゃもんじゃとか(笑)。

なんじゃもんじゃの花

先日木津川まで散歩したとき、通りかかった道になんじゃもんじゃの花が咲きかけていた。そのときは「この花変わった名前やったね」といって名前を思い出せなかった。「だいぶ前やけど、プールに行ってる時に札がついててわかったんやね」と語りあったが名前が思い出せず。「変わった信じられへん名前やったな」といいながら帰った。

それがですね、いまなぜか突然思い出したんですよ。「なんじゃもんじゃやった〜」って。検索したら木と花の写真が出てきて「これや、これや!」とうなづいた。どこから出てきたんやろ。

以下、コピペさせてもらった。
「一葉たご(ひとつばたご)というのが正式の名前。木犀(もくせい)科。開花時期は、 4/20 ~ 5/10頃。」

おやつにホットドッグ

なぜか炊事係がときどきおやつにホットドッグをつくるので、一人前をありがたくいただいている。でも一個ずつお皿にのっていると、からだの大きさと労働力の多さを考えざるを得なくて、ときどきは半分だけいただくわと遠慮する。そしてソンした気分を味わう(笑)。

映画のシーンを思い出して、チリをもう少し、いえ、もっとたくさんつけて、そうそう、もう少し、なんていってみたりして楽しむのも好き。

甘いものが好きだからケーキや菓子パンのおやつのほうがいいと思うが、コーヒーいれたらホットドッグのほうがいいかな。どちらにしても遠慮なく食う。たまに、ご飯の代わりにホットドッグで、デザートがケーキってのがええな。炊事係がせえへんけど。

キャベツのミートソースかけ、カンタンうまい

最近我が家の昼ご飯にも晩ご飯にもよく登場するキャベツ料理。ミートソースをかけた若いキャベツがうまい。ミートソースを多めにつくり、キャベツで半分食べて、残りは次回パスタにかけて食べる。一度つくれば二度おいしい。

キャベツを縦半分に切って大鍋で熱湯に塩を入れて茹でる。別にフライパンでオリーブオイル、ニンニク、ひき肉の順番に入れて炒める。肉の色がかわってきたらトマトの水煮缶を汁ごと入れて10分ほど煮込み、塩、胡椒する。
キャベツの熱いうちに4等分の櫛形に切り、皿に盛ってミートソースをかける。

以上、豪華で簡単でおいしいイタリア料理。
最近、しょっちゅうテーブルに出てくるので、作り方を聞いて一度ブログでジマンしようと思ってね(笑)。
『おうちでイタリアン』(講談社 1500円+税)

白髪にもどすことにした

わたしの家系は白髪になるのが早くて男女ともに40歳をすぎると白髪が目立つ。姉とわたしは早くから染めていたが、妹は染めない自然派でずっと白髪でとおしてきた。知らぬ人からはわたしが妹に見える。姉が80歳頃から染めるのをやめ白髪にパーマをかけウェーブをつけるようになって、染める派はわたし一人になった。

1980年代はわたしは40代で白髪になり始め、右前髪が白い束になって目立つようになっていた。それでも気にせずに遊びまわっていたが、ある日、四ツ橋筋にあったパームス(1階カフェ、2階バー、地下ディスコ)のディスコで遊んでいたとき『ロックマガジン』の阿木譲さんに声をかけられた。「照明で白髪が光っているよ」「あっ、ほんまに〜 苦労が多くて白髪が増えてます」あとは笑いでごまかしてホッ!
その後、気になって行きつけのアメ村の美容院で染めてもらうことにした。それ以来美容院は変わったが髪は欠かさずに染めている。
最近はハイライトを入れてもらってより美容師さんの技術が光っている。だからずっと染めているつもりだったのだが、そろそろ80代も後半に入ろうとしているのに、ハイライト入り茶髪で、後ろから見たら10代(?)では、あまりにもでないかい(笑)。

先月、美容師さんが入院することになった。「退院を待ってるからね」というていたのだが、髪は勝手に伸びてきて、白髪が目立つようになった。ここで半年くらい見苦しいのを我慢して白髪にするか。
いま根元から1センチくらい伸びている。めちゃくちゃ不細工だ。でもこれを乗り越えたら白髪のレディになれる。
さいわいお気に入りの夏帽子がある。暑い間はこの帽子をかぶって乗り切ろう。涼しくなったら似合う帽子を探そう。

散歩日和の休日

いつものように朝寝坊して朝昼兼用ご飯を食べたら午後も遅い時間で、昨夜は明日どっかいこうかといってたんだけど、どっかへ行くには遅い。散歩して帰りに阪急オアシスで買い物してあそこの一休みコーナーでお茶しようと話は決まった。木津川に沿った遊歩道は去年一度歩いたが、とてもおしゃれな道で、犬を連れた人の散歩にもってこいだし、足の悪い人の健康散歩にもちょうどよい。

今日はまず大迫橋まで行った。橋を渡らずに左折すると木津川沿いの遊歩道である。左側は新しいマンションがいろいろ建っていて、建物前の芝生には犬連れの女性がたくさん集まっておしゃべり中。
道に沿って草花が植えてあって野いちごの実がなっていた。川の水もきれいでのびのびとした感じ。大阪市内でええとこが近くにあってええなあと口に出したが、去年もそういったのにその後は一度も行ってない。今年はどうなるかしら。

松島橋まで出て渡らずに我が家方向へ。新なにわ筋へ出る前に3月開店した阪急オアシスがある。わたしは初めて入ったが広くて高級感あるスーパーで、今夜の食料買い出しはワインに合う出来合いのおかず。上手な並べ方に誘われて柏餅も買った。

天気が良いから

連休前半は雨の日が多くて湿っぽかったが、後半になったら良い天気に恵まれている。家事日和だ。どこにも行かないし、誰もこないし、電話もないし、好きなようにおやつ食べたり片付けしたりネット三昧したりで楽しい日々。同居人は出かける楽しさを満喫しているが、わたしは在宅の楽しさ満喫(笑)。

洗濯がいくらでもできるのがありがたい。空気が乾燥しているところへお日さんがよく照るのでよく乾く。狭いベランダだから乾いたら取り入れ、また次ぎを干す。
冬に使ったものをなんでも洗っておく。ひざ掛け毛布や肩掛けもみんな清潔になった。椅子においてあった座布団は捨てて新しく買ってきてある。薄いスカーフは梅雨になったら使うからこれからが出番だ。

読みかけ本を読み上げてしまおうと思うが、これが何冊もあってややこしい。感想を書こうと思うと最初から読み直さないといけないので、早くもめげそうになっている。

つくしだれの子

今日ちょっと驚いたこと。
40歳過ぎの男性なんだけど、ひと月ほど前にしゃべったときのこと。家の近所につくしがいっぱい生えているのを見つけたそうだ。そのつくしと思われるものの説明を聞いてわたしはそれはきっと「つくし」やで、近所につくしが生えてる場所があるっていいねと答えた。ついでにつくしの食べ方も。

今日はその「つくし」がなくなって、つくしがあったところに緑の筋のようなものが生えているという。おかしくなって「それスギナや、ツクシがスギナになるねん」と答えて、「つくしだれの子 すぎなの子 土手の土そっとあげて つくしの坊やが顔出した いうねんで」といった。これ歌かな? 一年生の教科書の本文にのっていたのかな。

つくしをおひたしにして食べたいな。あまりうまくはないけど、春の香りがするよね。

乙女椿

わたしは春の花では椿が好きで、なかでも乙女椿が大好きなので、道を歩いていてよそのおうちの玄関の前にある鉢に乙女椿が植えてあると大喜びする。この近所の道で見かける乙女椿を把握していて毎年花を見るのを楽しみにしていた。

今年はあまり出歩いていないのでちょっとさびしい。しかも椿を忘れていて、先日見かけたときは「忘れててゴメン」と口の中でいって、ゆっくり鑑賞させてもらった。毎年植木鉢に椿を咲かさせてくださってありがとう。

姉の家には藪椿が3本と侘助椿が1本あって、12月に入るとワビスケが咲き始めて1月いっぱい咲いていた。藪椿は早春から4月にかけて咲いていたっけ。植えている場所が庭の片隅の物入れの横なので他の好みの木より差別されてるみたいだった。椿の木は夏には虫がついてナンギだった。わたしは虫を殺すのはゴメンこうむったから姉は仕方なしに帽子をかぶりマスクをしてクスリを枝に撒いていた。
椿の落花を拾うのはいやな仕事だった。姉も最後の年は「見んとこ」といって障子を閉めて椿の木を部屋から見ないことにしていた。

3月末で借家だった家を返したので、植木たちはどうなっていることやら。床下にはイタチが住んでいたがどうしているやら。

春はコゴミ

1ヶ月ほど前のこと。近郊野菜を持ってくる八百屋さんの荷にコゴミがあった。買って帰ったのを一目見て「あっ、コゴミ!」と叫んだら「なんや知ってるのか」って。食べたことはなくて図鑑で知っていただけだけど(笑)。

料理の本を見たら和洋の料理で食べられる。これうまそうとオリーブオイルでさっと炒めてレモンをふって洋皿に並べたら見た目も良くワインのおかずにうまかった。カタチがユーモラスなので、カタチのままお皿にのせると楽しい。マヨネーズをちょっとつけたり。

だけどいちばんうまいのは厚揚げと炊いたやつと今日も食べて確認した。やっぱり昔から代々伝わった食べ方があっている。出汁をちゃんととるのがコツというか基本だ。この1ヶ月はコゴミで春を感じていた。