今度は台風、そしてヴィク・ファン・クラブ会報の件

今年はしんどい年だ。地震があって、大雨が降って、そして酷暑の毎日と厳しい気候が続いている。そこへ今度は台風がくる。明日の夜はどのように過ごしているだろう。どんな規模の台風がやってくるのだろう。

台風がくる前にポストに行きたいと、ぎりぎりになってヴィク・ファン・クラブの会報づくりに追われている。10日過ぎから気になっていたのに、とりかかったのは15日過ぎで、それからはしんどくてなかなかやる気が起きない。暑さのせいにしとこ。

おとといになってようやく9割がた形になった。昨日は「あとがき」を書きプリントした。まだ綴じ仕事が残っている。封筒作りをしたら、宛名シールを貼る糊が切れていて買いに行った。ぶうぶう。
これから綴じて封筒入れして切手貼って送るのを予定としては今日中にやる。または明日起きたらすぐにポストに入れに行く。

快適のあと痒い

今日は午後から美容院シュリットで髪のカットをして茶色に染めて、頭と首筋のマッサージをしてもらった。お腹に名犬シェル君をのせて横たわって髪をいじってもらう気持ち良さは格別で月に一度の贅沢。この半年は着るものを全然買ってないからその分を贅沢したってこと。まあ、この程度の贅沢ならなにか節約して続けられるだろう。
涼しい店内で楽しくしゃべって世間の勉強もして、コーヒーとお菓子がついて女性誌が読めてありがたいことだ。

気分良く帰ってパソコンに向かったら、しばらくすると背中が痒くなった。晩ご飯まで背中を掻いては用事をし、また背中を掻いた。鏡を見ると掻いたところに赤い筋が浮かんでいる。ほんまにもうもうである。持病だからしかたないが、この蕁麻疹なんとかならんかなあ。

オカヒジキうまっ!

夕方はとおに過ぎて9時近い。ようやく晩ご飯ができてテーブルにいろいろ並んだ。お得意のゴーヤーチャンプルー、生椎茸を炒めたん、小ぶりな皿にはグリーンの葉っぱが盛ってある。この緑色はなに?と聞いたら「オカヒジキ」と答えが返った。わたしが見た通りをいった一言は「きれいな海藻やな」。違ってました笑。オカヒジキは草だそうだ。おいしい草でした。
暑いのによう作るわといいながら手際よく並べたお皿を眺めていた。

お酒は焼酎のロック。今年の夏は相方の体と財布の都合でビールをやめている。先日うつぼ公園の帰りに寄ったサウス・スウェルで飲んだシカゴ・グースアイランドのクラフトビール以来ビールを飲んでいない。あのビールは高いけどうまかった。また飲みに行きたいが暑いからまだだが、ビールをやめていてもあのビールならまあええやろ、である。

焼酎ロックのあとはカレーライス。肉と野菜とココナッツ入りスリランカカレーがうまかった。

今日も暑かった

今年は暑い。今日も暑かった。明日も暑いって。こんなに暑いのは生まれて初めてだ。夏は暑いものだけどこんなに暑い夏は初めてだ。
毎日ラジオのニュースから恐ろしい言葉が流れる。「きょうも命に関わる危険な暑さの見込み、熱中症に厳重警戒を」そして「ためらわずにクーラーをつけましょう」。そういわれてもなあ、電気代のことを考えるとためらいますけど。命に関わるからつけているものの、うちの赤字家計からするとためらう。

なんて嘆きつつも野次馬のわたし、「ものすごい暑さ」とはどんなものか外出してみる。外へ出るとその日によって風が吹きぬけているときがある。思ったより涼しいと歩き出すと影のところはよいが、日差しが照りつけている道路の暑さは半端ない。
西へ向いて歩いている時が最悪で西日が照りつけて顔をあげていられない。じりじりと日焼けしているのがわかる。

暑いからカレー

昨日も「暑いからそーめん食べよう」とこの夏5回目になるそーめんを食べた。朝帰りの炊事係は午後遅く起き出して買い物に行き、コロッケとローストした鶏肉と高野豆腐の炊いたんその他を買ってきた。そーめんのつゆは昨日のを半分残してあった。酒なしでたまにこんなんもうまいといいながらたくさん食べた。ここのスーパーの出来合いのおかずはうまい。

今日は午後から出かけて帰りにスーパーで食材を買ってカレーを作った。カレーの前に焼酎のロックで、厚揚げの焼いたんにおいしいつゆをかけたんと生野菜のサラダ。焼酎のロックが飲みやすくてうまかったので少々飲み過ぎた。
カレーはうちとしては珍しく肉がたくさん入っていてうまかったが、もったいないから半分残して明日もカレーライスにしようとなった。
夏はカレーだ。

そーめん、うまい

初そーめんをこのあいだ喜んでから今日はもう4回目のそーめん晩ご飯になった。毎回つけ汁を工夫してちょっと変わったそーめんやったりクラシックなそーめんやったり。
当日記をちょっとさかのぼったら最初のそーめんは17日である。ありゃー、毎晩そーめん食ってるのかーとびっくりしたが、そうでない1回はパスタだった。同じようなもんやな笑。

つけ汁に料理人の工夫があってなかなかうまい。毎日でもかまわんから食わしてやといっている。そーめんの前に出る工夫を感じるおかずで一献。今日は厚揚げを焼いて、タレをかけてあった。タレはネギ、大葉、ミョウガ、生姜を刻み込んで濃い味に煮てあった。

これから某所へ遊びに行くそうで、明日は内食なら出来合いのおかずでいくというので、コロッケを買ってきて今日のタレをかけ、焼酎水割りを飲もうと提案した。

毎日暑いなあ

我が家は10年くらい前にテレビの受信機を捨ててからテレビを見ていない。だが姉の家に行くといつでもテレビがついているので、つい見てしまう。姉だってつけてあるだけで、画面を無視してこっち向いてしゃべっている。でもついてないと寂しいみたいだ。みんなこんなもんかなあ。朝日新聞を何十年もとって「天声人語」を毎日読む暮らしを飽きずに送っているんやもんなあ。さすがに連載小説を読むのはやめたそうだ。

たいていはお昼のNHKのニュースから昼メシの話やらそのままつけてあるが、途中で上沼恵美子さんの料理番組にいき、そのあとは2時間ものの刑事ドラマの古いやつを見る。こちらは姉の背中を揉む時間帯になるので、座椅子に座った姉のうしろのベッドの縁に座ってテレビと向き合う姿勢になる。昼間っから人殺しのシーンが多い。刃物による殺人が多いのは赤い血が流れて画面映えするからかなあ。坂道を転げ落ちるのも多い。
事件が解決すると飲み屋のシーンになり、行きつけの店の女将さんとしゃべっているのは、主演の刑事さんやら弁護士さん。

毎日暑いなあといいながら肩を揉みつ揉まれつ、人殺しのテレビドラマを見ている。なんという平和な生活。この平和な生活がいつまで続くか老姉妹。ドラマのあとには毎度青汁のコマーシャルがある。これ効くのかなといいつつ飲んだことのないわたしら。

セミが鳴いている

ずっと昔にうちの近所のクラブで知り合ったYさんがいま京都に住んでいらして、SNSに愛猫の写真を中心に楽しい写真や記事を載せておられる。毎日のように「イイネ」をつけるのがわたしの楽しみ。彼女の愛猫とわたしが昔飼っていた猫がよく似ているということもあって毎日が楽しい。

昨日、今年初めてYさんがセミの鳴き声のことを書いていた。朝少しだけセミが鳴いたけどすぐに暑くなるからひとときだった、そうだ。
わたしはすぐに「今年はまだセミの声を聞いていません。懐かしい〜」とコメントした。
それがね、今朝早めに家を出て姉のところへ持って行く食品を買いにスーパービッグビーンズへ寄ろうと急いでいると、なにわ筋に面した公園からセミの大合唱が聞こえた。その横にある超高層マンションのそばの並木からも聞こえる。
ありゃあ・・・今年のセミの初鳴きだわと急ぎながらも聞き惚れていた。

買い物したでっかい荷物とともにタクシーで姉の家へ一直線。買って行ったお弁当で昼ごはんとおやつ。そのあとは不用品の片付けを手伝い、植木鉢に水をやり、いっしょにテレビを見て背中を揉んで、夕方にタクシーで帰ってきた。
タクシーの運転手さんがいうには「毎日毎日の暑さが積み重なって重くなってますね」。ほんまや〜

猛暑にて、蚊がお休み中

今日も暑かった。いつもお世話になっている「Yahoo! 天気・災害・パーソナル天気」によると、今日の15時は36度だが、明日の15時は38度となっている。この夏最高やな。この2度の差は大きい。しっかり感じよう。

明日は姉の家に行くので気をつけなきゃ。「手伝いに行くんやなくて遊びに行くんやと思ってきてね」と姉が遠慮していってたが、遊びに行くんでも暑いで。根性入れていかなくては。
今日は午後につるかめ整体院へ行った。涼しいところで体の手入れをしてもらっていい気分。明日はその分で姉のお手伝いをする。
熱中症で倒れたらどないしょ。まずは水を持って出かけるのを忘れないようにしよう。水とタオルと扇子。

先日から温度も湿度も高いのに蚊が出てこない。そういえば去年も暑いときは出てこなかった。どっかで体を休めていたみたいで、少し涼しくなったらプーンと出てきたっけ。蚊だけは助かっている。

この夏最初のそーめん

自分が料理しないものだから今日はなにが食べたいとかあまり考えない。出てきたものをうまいなあといって食べている。お気楽なものである。
この夏まだそーめんを食べてなかったし、食べたいと思いつきもしなかった。夕方「今日はそーめんにするわ」というので、「そーめん、全然頭になかったわ。食べたい!」と叫んだ。
今夜書くブログのタイトルは「そーめん」ネタでいくと決まった笑。

ご飯の前の一献は焼酎の水割り、酒のさかなになり、そーめんの相方になるのがナスと唐辛子とカボチャとイワシの素揚げ山盛りである。つけ汁には椎茸がたくさん入っている。
わたしなら、卵焼きの細切りと椎茸を炊いたんとネギ・ミョウガなど薬味をたくさんつけるなあ。それよりも手間がたくさんかかっている今日のそーめん。うまかったけど、次はクラシックな大阪風が食べたい。