イワシのグラナダ風なんちゃって

きれいなイワシが安かったそうで、大きい焼いたイワシが大皿に姿のままのっていた。グラナダ風だって。とってもきれいなイワシで内臓も残さずに食べた。残したのは頭と骨。付け合わせはサイコロに切って固めに炒めたジャガイモ。サラダは蒸し野菜と生野菜盛り合わせ、シラスとわかめを炒めた一皿、そして大きく切ったチーズ。白ワインをよく冷やして。トーストパンつき。

午後遅く整形外科に行ったら帰りは雨だった。予報は夜からだったからちょっと早まったみたい。ちゃんとバッグに折りたたみを入れてたから大丈夫。
教会の垣根の紫陽花が雨に濡れて元気に咲いている。行きしに見たときは水不足みたいでしおれてたが、雨で蘇ったようですごくきれい。

帰って洗濯物を室内干しに切り替え。ふきんはおてんとさんが出てくるまで洗濯箱で待機である。部屋にぶら下がっているジーパンはいつ乾くのかしら。

ビオトープのある公園

大阪西区は公園が多いと思うが、どこの区でもこのくらいはあるのかな。今日の散歩は阿波座南公園にした。西区で仕事をはじめたときから納品などでよく通っていて、好きな公園だ。ブランコの下のあたりに四つ葉のクローバーがよく見つかった。通っていてふと下を見たら四つ葉だったことがあって、それ以来探す癖がついた。何本か見つけたっけ。いつのまにか工事で固い土だけになってしまって、四つ葉のクローバーの秘密の花園は終わった。

市民の協力による2003年からの工事で公園の西の一画にビオトープが作られた。15年経っていまは落ち着いた池になっている。
池の周りには柵がめぐらされているので、柵によりかかって中を見ることになる。わたしは背が低いから見るのに苦労するが、いろんな草が生い茂っていい感じ。その周りにはドングリとか実のなる大きな木がたくさんあり、秋から冬になると実が拾える。
東側は桜、楠、欅など大きな木が聳えており、藤棚がある。

今日のお楽しみ、なにわ筋へ出て少し東へ行ったところのカフェへ。コーヒーと自家製のケーキは少し高かったが上品な味でオーケーだった。

6月最初の日曜日

いつもと同じように特になにもない日曜日。
相方は南港で開かれたバー アブサン主催のパーティにいそいそと出かけた。前回5月に行ってすごく楽しかったから今回もとのこと。天気は良いしめちゃ暑いこともないし。草っ原で踊ってビールを楽しみたいんだって。

わたしはお留守番。こどもの時から留守番って嫌いではなかった。みんなが出かけてしーんとした台所で七輪に火を起こしてホットケーキ焼いたりするのってけっこう好きだった。
いまはガスをつけてフライパンかけるのもめんどくさい。おやつは買ってあるビスケットとコーヒー。コーヒーはインスタントではないです笑。
晩ご飯はスーパーで焼きそばとコロッケを買ってきて食べ、でっかい無農薬トマトをかじった笑。

洗濯して干して取り入れた。白いタオルのふきんをたくさん日光消毒した。
あとはこれからカマンベールチーズとウィスキーで本を読む。池波正太郎を卒業したので、折口信夫(釈迢空)についてお勉強。

毎日納豆を食べる

納豆を醤油と辛子で普通に食べるのは嫌いではないが、すごく好きではない。いろいろアレンジしたのが出てくるほうがうれしい。簡単な納豆汁もいいが、キノコや根菜や豚肉などの汁に納豆とキムチを入れたのが好き。熱々の汁がうまい。
今日はアボカドを小さく切って納豆と混ぜ合わせてあった。大皿をプレート風にアボカド納豆を一盛り、豚肉と野菜炒めを一盛り、プチトマトと茹でブロッコリーにマヨネースをつけた一盛り、なかなか豪華版だった。

という具合に毎日一度は納豆を食べている。いま「納豆」で検索したら、●買ってすぐ食べないで賞味期限ぎりぎりで食べる。●冷蔵庫から出して20分後に食べる。●朝は粒納豆、夜はひきわり納豆と食べ分けする。●常温で繁殖するナットウキナーゼは過度な熱には弱い。などとあった。
わたしの好きな熱々の汁はあかんのか。美味しいという点を重視してたまに食べるとしよう。

1個人番号カードを取得 2遅い夕食を片付けて

いまごろになってようやく個人番号カードの手続きをして取得した。カードに反対でもなかったが、わたしはあまり使うことがないからなくてもかまわんという気持ちだった。でもいまからはいつ必要になるかもわからんなあと思って申し込んだ。わたしは運転免許証もパスポートも持っていない。証明など健康保険証だけをたよりにやってきた。これからはマイナンバーカードを持ってますといったらいいのやな。

区役所はけっこう混んでいたがあまり待たされずにすんだ。係の男性が申込書を見て、番号をパソコン入力してあげましょうとやってくれた。こういうとき年寄りはトク。わたしは「あんたより古くからパソコンに触っている」といったりしません笑。いやほんま、老眼だからメガネを出さなあかんし。終わってからちらっと机の上を見たら老眼鏡が3段階分置いてあった。

その後、昼寝したりコーヒータイムだったりして時間がずれた。相方が買い物に行き、帰ってから夕食の支度をして、だべりながらワインを飲んでご飯が終わったら11時過ぎていた。
いつもなら12時前にブログを書き終わるが、片付けしているうちに12時を過ぎてしまった。遊びに行ったわけでもないのにこの時間。

丑三つ時に見た昨夜の月

昨日はなんやかんやの夜更かしでいつものことながら横になるのが夜中の2時を過ぎていた。寝る前に空を見るのが毎日の習慣になっている。昨夜はいざよい(十六夜)の月がきれいに見えていた。直前までは雨が降っていたのに、見たときは雲が途切れていた。幸福感でいっぱいになった。安上がり(笑)。

そのちょっと前、満月の前々夜だったと思うが月と木星が綺麗に見えて大喜びした。季節によっては(いつのことやら忘れているが)月と金星を毎夜見られたときが続いたのを思い出した。わたしは天文大好き少女であるが、科学的な部分が抜けているので、見たときに「見えた、見えた」といって喜ぶだけである。写真を撮る気もなく、ツイッターでフォローさせてもらっている天文写真家さんの写真を見て「これやこれや」といって喜んでいる。

今夜ももう少しして丑三つ時を過ぎたら外を眺めよう。いつか幽霊が出るかもの草木も眠る丑三つ時の快楽、月と星眺め。

ああしんどぉ

梅雨のような気候で体調はどことなくしんどい。食欲は満点で洗濯やら片付けやらしているが、なにかやると途中でしんどくなる。時間が来るとちゃんとお腹が減るのはなんでやねん。用事をするのはトシには勝てんといっておいて、お腹が減るほうは年齢に関係ない笑

ヴィク・ファン・クラブの会報のことを今月は何回ぼやいたかなあ。ようやく昨日綴じたのを今日は封筒入れして、古い切手の金額を確かめながら貼った。途中でいやになって該当金額の切手を貼ったがこの調子ではいつまで経っても古切手がなくならへん。ずっと昔、切手蒐集しているときは楽しかったけど。

午後につるかめ整体院に行って体調を整えてもらった。池波先生のおかげで、あちこち疲れている。読むのをあせらなければ目も腰もこんなに疲れなかったはず。触ってもらっているうちにぐっすり寝込んでしまって自分のいびきで目が覚めた。かっこわるぅ。

姉の家のお手伝いを毎週なら明日だが隔週にしたので、明日は家で読書できる。
最近サボり気味のストレッチに気合を入れなきゃ。

疲労と回復、楽しいVFC会報

夕方から雨がぼちぼち降り出した。湿度のせいかあちこちしんどい。とかいっても、疲労の最大原因は『剣客商売』読書。眼精疲労もあって肩が凝っている。それくらい面白いんだからしゃあない。罪は本でなくわれにあり。

午後遅くふじさわ整形外科で診療してもらい注射とリハビリ。先生にだいぶ慣れて冗談を言い合い楽しい治療(笑)。
夕方、肩こりのほうはサロンパスを貼って、目は使わないことだとベッドに横になった。ちょっとと思ってたけど、横になったら眠り込んでやっぱり1時間を超えた。でも目も肩もすっきりまではいかないが、かなり上向いた。

昨日でヴィク・ファン・クラブの会報が出来上がって今日は綴じて送る作業の予定だったけど、綴じたところまでで一休み。晩ご飯を食べたらしようと思っていたが時計を見たら11時である。こりゃいけません。5月号だから5月中に着いたらいいかと思ってたが、5月中にわたしの手を離れたらいいか。楽しい会報、我ながらようやっている。

北堀江ベースでジャークチキン

大きな水道工事で今日一日中断水とのことで、お風呂に水を張って、大鍋とやかんにも水をいっぱいにしてある。とはいえお昼ご飯を作ったり洗ったりするのが面倒だから、こんなときこそジャマイカ料理のベース(Base Island kitchen & 焼き菓子 工房)で食べようと出かけた。琴美さんは相変わらず元気で、キッチンの仕事ぶりの鮮やかな手並みを感心して見ていた。
一人で来ている女性ばかりで静かな店内でご飯がうまい。隣に座った女性は料理がくると写真を撮っている。SNSにアップするのかな。
相方は昼間っからビールを飲んで呑気な父さんである。料理の量が多いからわたしのおなかは腹一杯。その上にケーキも一個ずつ頼んで食べた。お腹がきつい。

このところ、家から歩いて行けるか車椅子で押してもらって行ける範囲の外食が多い。1月から2月、3月、4月とほとんど家にいたから、近くであっても出かけたい気持ちになるのかな。そのうちもっと遠出をしたくなるかもね。目下のところは姉の家にタクシー乗り付けしか出かけてないけど。もうちょっと元気が出たら梅田へ出るかな。

日焼けとシミ

全然爽やかでない5月、買い物に出てもすごい日差しで日傘を持ってないと日焼けする。わたしは日焼け止めクリームを塗ったことがないから顔はシミだらけだけど、まあいいや。フランス在住のデザイナーさんの写真がお洒落雑誌の表紙になっていたが、わたしとどっちかというシミの多いお顔だった。いまはシミを自分の特徴として堂々と見せる時代だとわたしは思ってる。

真っ黒に日焼けして火災保険の営業マンが来た。精悍な感じがするビジネスマンである。もう30年くらいお世話になっているので少ない保険料だけど、なにもなく5年経ったので延長の手続きをした。わずかながら何十年も火災・地震保険を払っている。火事や地震で被害を受けてもMacと周辺機器がすぐに用意できるように。

昔は雑談しに来てたような営業マンだけど、前回からはそんなヒマはなさげに早く腰をあげはる。ビジネスの世界も早く早くになってるのだろう。昔は仕事の材料屋さんなんかくると、長いことしゃべってったもんだけど、いまはネットで注文やし。わたしの雑談力を活かす相手が減った(笑)。