レジナルド・ヒル『子供の悪戯』を買ったのは25年前

古い本の整理を続けている。読みたい本はほとんど買うから増えるばかりで置いておく場所は増えないから積み重なるばかりである。先日の大阪北部地震のときに本棚から本が溢れて、また本の始末をしなければと思った。阪神大震災のときは壁に沿った本棚からふとんの上に本が飛んできたので怖くなって、もう全集は買わないと決意した。買っても目が悪くなったし時間がないし読めないもんね。

今日はレジナルド・ヒルの本が並んでいる本箱を見ていたら『子供の悪戯』があった。なんと扉のタイトルの下にサインが入っている。オシャレな文字だ。あれっと思い出したのは、京都まで講演会に行って、そこで買った本にサインをもらったこと。握手もしてもらった。そして帰りの京阪電車で読み始めたっけ。
書店が主催したイギリスの3人の実力派作家を呼んだ講演会+サイン会だった。実はわたしは3人とも読んだことがなかった。わたしのミステリ好きは父親ゆずりの古い作家と自分が開拓したアメリカのハードボイルドに限られていたから、そのころはイギリスの警察物にはめちゃくちゃ弱かった。でもこれから手を出そうと思っていたのではるばる京都三条まで行ったのだ。
質問時間にパスコー警部の妻エリーが好きという女性の発言があり、エリーを知らないわたしは嫉妬でめらめら(笑)。帰りにロビーでサインをもらうときはなんでも知ってるファン顔してた、ははは。
『子供の悪戯』の三版は1993年に出ているから、講演会はこの年のことだったろう。25年も前だったんだ。

2012年1月にレジナルド・ヒルさんはお亡くなりになったが、大好きなダルジール警視、パスコー警部、ウィールド刑事が活躍する姿が本を開けば蘇る。(秋津知子訳 ハヤカワポケットミステリ 1300円)

猛烈に暑い

よく当たるので気に入っている天気予報「Yahoo! 天気・災害・パーソナル天気」の、今日の温度は午後3時で37度。明日15日日曜日は35度、月曜日は36度である。今日がいちばん暑かったのか。うちは夏向きの部屋で風通しがよいのであまり暑さは苦にならない。現に昨日までクーラーつけてなかった。いままでクーラーをつけても寝る時には消して窓とベランダへのドア全開にしておく。今夜もそのつもり。

今日クーラーの掃除をしてようやく動かした。涼しい。お疲れさんと買ってあったウイルキンソンのジンジャーエールを飲んだ。作業後の喉の渇きに合ってるが、部屋の温度からなら熱いものがよかったかも。
4時ごろ妹から届いた桃をシュリットさんとつるかめさんにおすそ分けしようと持って出たら、ビルの前の道は風が通り抜けて思ったほど暑くなかった。今年最高の暑さを堪能しようと思ったのに。
これからクーラー消す。お風呂で温まったからだが暑くて寝られないかも。大丈夫、うちにはうちわがあるでよ。

おいしいシナモンロール

昨日の堀江ベース 琴美さんのツイッターにカナダ人の友人が作ったシナモンロールが入荷と書いてあったのを楽しみにランチに行った。ジャークチキンと野菜の付け合わせいろいろを食べて、デザートには胃に重すぎるだろうと、シナモンロールはお持ち帰りにしてもらった。なんせ1個500円である。うまかろうがボリュームもあるだろう。

大阪の街は暑くてお陽さんが照っているところを通るとものすごく暑い。おっそろしい暑さである。途中でスーパーライフに立ち寄って買い物し、椅子のあるコーナーで一休みし、知り合いがいたのでおしゃべり。いつも老夫婦いっしょに出かけて仲良く歩いていて、声をかけると道路でも長話になる(笑)。

帰ってすぐに熱いコーヒーを淹れてシナモンロールを味わう。いままで食べてきたシナモンロールとちょっと違う。いわば日本の味ではない。欧米のパンの味だと思った。日本の値段の高いシナモンロールはケーキっぽい。いままでずいぶんあちこちのシナモンロールを食べて、それぞれうまかったけど、これは別で、おいしいパンであった。

今年の暑さを乗り切らねば

今日も暑かった。シーツやカバーの洗濯をして干していたら汗がどばっと出た。家で労働して汗をかいて水を飲むのが好きというか、なんかやった気分が好きというか。
昔はわたしがやっていた買い物と炊事を相方がするようになって慣れてきた。やりかたが丁寧すぎるけど。

最近、掃除機を買い換えることになってどんなのを買うか研究し店で見てネットで見て、最後はこれっと決めてネットで買った。かたちと価格で買うわたしと違って性能を調べてお店では持ってみてだから時間がかかった。古いのはわたしがすぐに捨ててしまったから、その間は小型ので間に合わせた。
新しい掃除機にわたしはまだ触ってない。相方専用機になって埃が気になった時に掃除をしている。わたしは炊事の次に掃除を手放してラクチンである。次は洗濯を手放したい。
炊事、掃除、洗濯をまかせて読書とパソコン三昧! ええなあ。

さて、お気に入りの「Yahoo! パーソナル天気」を見ると、7月15日(日)の大阪市西区は「晴れ」で「37度」になっている。この天気予報はよくあたるのでわたしは100%近く信用している。37度はどんな暑さだろう。
今年はどんどん暑くなりそう。どこまでいくかなと心配しながら、うちはまだクーラーつけてない。土曜日36度のときかな、初クーラーは。あさってや。

コルカノン

松井ゆみ子さんの『アイルランドのおいしい毎日』(東京書籍 1998)はすごく大切にしている本の1冊。読みやすい文章と綺麗な写真が楽しい。おいしそうな料理の写真を見ると作りたくなるが、材料や調理器具が手に入らなかったりで見る楽しみで満足していた。アイルランドのカフェやレストランやなにかの記念日の友人の家など、すっごく楽しそう。
ひとつひとつ料理を見ていくのだが、当時は手に入らない材料が多かった。ほんまに読むだけ見るだけの楽しみだった。

ポリッジというものを食べるシーンがミステリに出てきて、疑問だったそれがどんなものかをこの本で読めてありがたかった。ポリッジ イコール オートミールなのだが、そんな知識もこの本で得た。ポリッジは日常的によく食べている。

コルカノンもこの本で知った。音楽の言葉みたいな料理だと思ったが材料のケールが手に入らない。今年になって無農薬野菜を届けてくれる八百屋さん=農家さんから手に入るようになった。濃い緑の大きな葉っぱである。青汁の材料にすると聞いたけど、うちは本書に学んでいるから茹でてから細く刻んで、茹でたジャガイモと混ぜる。うまいです、コルカノン。

今日は昼夜外食

先週は雨で姉の家に行けなかったので、今日は相方も時間を都合して昼前に出かけた。豪華お弁当と果物を買って行って3人で食べ、おやつには甘いものを用意した。お互いに先が短くなっているので、楽しみをわけあおうという気持ちである。相方は庭の片付けをして、わたしは姉の背中を揉んで晩ご飯を用意して帰ってきた。我々のご飯は先日寄ったお蕎麦屋さんにまた寄ってすませた。今日はビールを飲み天そばを食べて、おかみさんとしゃべって仲良くなった。お互いにつるかめさんで体調を維持している話で盛り上がった。

それにしても病気以来、姉のところへ行くのが疲れる。膝と腰に問題が残っているので疲れやすい。疲れをいいことに運動をさぼると運動不足で夜眠れずに睡眠不足になる。悪循環である。テニスボールストレッチと青竹踏みと腕振り体操の3つを頑張ろうと思っているが、ツイッターを読むのに時間をとられてサボり気味だ。深い睡眠と濃い体操を目指さねば。

雨があがって、暑い

ようやく雨があがって今日から晴天が続きそうだ。ここらはなにも起こらなくて運が良かったとしかいいようがない。青空の下に洗濯物がひるがえっているのもええ感じ。白いタオルのふきんも消毒して陽に当てて干してある。
昨日かおとといか午後にひと揺れしたがたいしたことにならなくてよかった。震度1か2かな。

昔といってもたいした昔の話だが、西淀川区の小さな会社で働いていたときは、雨が大降りすると帰りの道路の水があふれた。マンホールのふたが流されているのを見たこともあった。濁流だからマンホールの位置がわからなくて、道の端っこを歩くようにした。たしかマンホールに落ちて溺れ死んだ人がいたそうだ。
バス通りから国道に出ると銀行の建物に茶色い筋がついている。わたしの頭のあたりである。台風の時にここまで水がきたという印だと銀行のロビーに立っているおっちゃんがいっていた。

当時は新婚の姉の家もまたよく床下浸水していた。いまは浸水の心配が不要になって、今回も大丈夫だった。姉はいざとなってもどこもいかんといっている。ベッドの上に座ってあたりを見ているそうである。近所のマンションや二階のある家に行かせてもらうという手も考えたが、まあ、気を使ったりややこしいから、ここで頑張るそうである。

アニー・デュプレーの本『黒いヴェール』

ツイッターでアニー・デュプレーという名前をちらりと目にしたとき、あれっと思った。この人のこと知ってるはず。フランスの女優らしいからきっとそうだと勝手に決めた。検索したらジャン・リュック・ゴダール監督の『彼女について私が知っている二、三の事柄』 (1966)、アラン・レネ監督の『薔薇のスタビスキー』 (1973)に出ている。どっちの監督の作品もよく見ているほうだが、この2本は見ていない。『女性たち』 (1969)なんかブリジッド・バルドーとモーリス・ロネだが日本未公開である。全然思い違いしていたと気がついた。

子供の頃に見たフランス映画を思い出してみようとしたが思い出せない。10歳年上の二番目の姉が映画好きでよく連れて行ってくれた。ボーイフレンドと行くための親への目くらましに使われたみたいだが、わたしひとりで映画館に入るには3年くらいの間があったから、ありがたかった。映画を見ること、映画雑誌を見ることを教えてもらって、その上に映画を見たらストーリーをしゃべることも教えてもらった。映画と同時に歌舞伎と文楽と新派と新劇を見におしゃれして出かけることも教わった。ただし姉がおしゃれするだけでわたしは相変わらずみじめったらしかったが。あんたも大人になったらわたしみたいにできるといわれました(笑)。ボーイフレンドには近所の子といってました(笑)。

さて、アニー・デュプレーは思っていた人と全然違った。アニーは間違いないと思うんだけど。『黒いヴェール』は美しい写真の入った本でずっしり重い。最近は本を捨てるのに専念しているから、地震対策にも重い本はいらない。でも重くても美しい写真がたくさん入っているから本棚に並べよう。
(北代美和子訳 リュシアン・ルグラ写真 文藝春秋 1996刊)

今夜も雨が降っている

まったくよく降る雨だ。昼も夜も雨でやむのを忘れてる。なんか久しぶりに「ナントに雨が降る」を思い出して口ずさんだ。大好きなバルバラの歌。
そういえば数年前の梅雨時に反原発の学習会のようなものに行ったとき、フランスから帰国中の女性がいてちょっと言葉を交わした。ナントで暮らしているというので、「ナントに雨が降る」といったら知りはれへんかった。バルバラという素晴らしい歌手の歌といったら、たしか駅前に銅像があったんじゃないかなという返事。ほんまかいな(笑)。
その日は朝からずっと雨で行きも帰りも傘をさしてた。心斎橋筋をサンダルの足元びしょびしょにして歩きながらさすが梅雨と思った。

いまはけっこう激しい雨が降っている。予報によれば夜中から明日の朝までそこそこ降って明日日曜は朝から曇りとなる。月曜日は曇り時々晴れである。ただし気温が月曜から金曜日まで33度、土曜日は34度と恐ろしいような日々になる。地震が起きませんように。

マイク・デイヴィス『スラムの惑星』の扉に圧倒された。外は歴史的大雨

ラジオのニュースをかけて食事している。今夜は歴史的大雨のニュースが中心だ。各地に想像を絶するような雨が降ると野村アナウンサーが告げている。今夜はときどきラジオをかけつつネットニュースにも気配りしようといいながら晩ご飯を食べた。片付けも早めにちゃっちゃっとやった。

先日からアマゾンで何冊か本を買って読むつもりでいるが、雨に圧倒されて集中できそうにない。在庫本を開いてお気に入りのところを読んでいる。まあ、これも楽しいのだが。

今日届いたマイク・デイヴィス『スラムの惑星』(明石書店)は数年前に図書館で借りて読んだことがあるが、今回「酒井隆史 監訳」というところに思い入れがあり買うことにした。開いて驚いた。いきなり扉に1行「都市は発展して、スラム、半スラム、超スラムになってしまった」(パトリック・ゲデス)とある。圧倒された1行。