U – NEXT配信の映画2本『ボヘミアン・ラプソディ』『クイーン ヒストリー2 1980ー1991』

評判の映画『ボヘミアン・ラプソディ』(監督:ブライアン・シンガー、主演:ラミ・マレック)をネット配信で見ることができた。その上に『クイーン ヒストリー2 1980ー1991』がついていたので直ぐに見た。すごく勉強になった。これで友達との会話についていける(笑)。2本連続で見て体は疲れたけど、気持ちは満足した。

わたしはこどものときからジャズを聞いてきて、最初は父親のスウィングジャズにつきあい10代になってクラシックに傾いた。50年代の終わり頃からモダンジャズにいった。ロックなんか知らんかった。70年代はフリージャズに夢中になっていた。レコードだけでなくジャズ喫茶のライブや海外のミュージシャンの演奏に一人で行っていたが、同行者ができてからは2人で行くようになった。彼もフリージャズを聞く人で、ジャズ喫茶の常連になりミュージシャンたちと仲良くなった。

そんなもんで、ビートルズは知っているが、ローリング・ストーンズはFMラジオでしか聞いたことがなかった。クイーンというバンド名は知っているが演奏は聞いたことがない。
そんなわたしたちが70年代の終わり頃にパンクロックに目覚めてコンサートに行くようになった。78年ごろに『ロックマガジン』の阿木さんを知ってロックマガジン社に出入りするようになり、これやこれやとニューウェーヴに開眼。79年末のロックマガジン社のイベント開催を手伝った。

昨夜、フレディ・マーキュリーの歌をはじめて聞いた。オペラのアリアのような歌いぶりに惹かれた。『クイーン ヒストリー2 1980ー1991』はクイーンについての教科書のようだ。ここには「1985年7月13日に行われた、20世紀最大のチャリティーコンサート、ライヴエイド」でのフレディがたくさんある。
映画はもちろん良かったのだが、もひとついいことがあった。わたしらは1985年に「ライヴエイド」のテレビ放映を見ていたのだ。
85年は6月に夫が胃潰瘍で吐血して倒れ入院中だった。7月になって外出許可が出たので、その日を申告して家でテレビを見たのだ。久しぶりの自宅ご飯を食べて、猫と3者並んでテレビの前に座ったが、もちろんフレディのことは知らなかった。

晴れたり曇ったり降ったり

起きたときは天気が良かったので慌てて洗濯して干した。午後になって整体院へ行く時間になったら曇ってきて運が悪ければ降られそうな塩梅だ。結局は運良く帰り道も降られずすんでよかった。車椅子で外出するとき用のビニールのレインコートを買っておかねば。いつも逃れているからといって次は大降りになるかもしれないし。災害用のリュックに入れておこうといいつつ忘れていた。もう一度点検しよう。

家でお茶しているとケータイが西区に雨雲接近と知らせている。外を見るとぼちぼち降ってきた様子。洗濯物を取り入れて室内干しにした。
30分ほどして急に明るくなった窓を開けたら、太陽が降りていくときの最後の輝きをはなっていた。へんな天気だ。雨はたいしたことなくやんだようだ。

天気予報を見たら夕方6時くらいを中心に降って夜になったらあがるらしい。そのまま明日は一日中晴れ。朝起きたらシーツと掛け布団のカバーを外して洗うこと。枕カバーも忘れずに。
今夜は天気を気にしないで映画を見る。

スーパーがいっぱい

いつのまにか近所にスーパー「阪急オアシス」が開店していた。期日前投票に行ったとき行きしにちらっと見て「オアシス開店してるんちゃう?」「帰りに通ってみるか」と言いながら帰りに通ったら、ずっと前からやってるみたいな感じで営業していた。「うちから近いんちゃう?」「ふだんはこっち方向へけえへんからな」といいながらその日は通り道の八百屋で野菜をたくさん買ったので寄らずに帰った。翌日に相方が行って買い物し、カードをつくったりして得意先になって帰った。

近所の人との間につきあいがないからご近所情報に疎い。とんとんとんからりの隣組があったら、なにかできるよ段階から、もう直ぐ開店や、明日開店やと段階までいろいろあるだろうが、わたしの場合は美容院と整体院、整形外科と薬局しか日常的に話をせえへんもんなあ。テレビないから見ないし、新聞とってないからチラシがないし。

最近の西区は新築マンションが多く人口が増えているようで活気がある。子供も多い。そんなもんでスーパーが増えているんかな。つい20年前には西と東に1軒ずつで、どっちも結構遠かった。いまは東にも西にも北にも南にもあって、客層も高齢者が多いところや、高級品を揃えているところといろいろあって、うちの場合は相方が楽しんでいる。

血圧と体重 続き

血圧の数値を「高血圧手帳」に記入するようになってかなり真面目につけていた。朝と夜の2回測って2回の数値と平均値を記入する。1ヶ月ほど経つといろんなことがわかってきた。血圧は興奮したら上がる。わたしの場合は映画を見て興奮すると上がる。寒くても暑くても上がる。毎日測っているうちに、ちょうど穏やかな気分のときに測ると低いことが多いのに気がついた。だから記入する数値がかなり下がってきた。先生に、たまに高い日があるねといわれると、「あのときはアクション映画を見たあとですわ」とそつなく答える(笑)。
いまは午前中だけ測ればよいといわれているが、最近よくサボっているので、ちょっと気分を上げないとね。

毎日血圧を測って自分のからだを管理するっていいことだと思うようになった。
体重も管理しなくちゃと記録しだしたんだけど、こっちの管理は大変だ。食べたら太るもんね。ずっと長いこと45キロくらいあったから痩せたくてしかたなかった。いま41キロ台になったからうれしい。その代わりに膝が痛いわ、腰がだるいわである。歩かないから足が衰えている。ストレッチと体操とお風呂でばしゃばしゃもやっているけど追っつかない。

わたしの場合は、血圧が130台で体重が40キロが理想とするところで、かなり近くにいる。もうちょっと、ではなく、もうだいぶん、頑張らなくては。ここ数日甘いもの食べすぎだし、ジェラシック・パークに熱中しすぎたし。

血圧と体重

今日は相方が午後からお出かけなので晩ご飯は個食で、おやつは飲み物(紅茶、コーヒー、白湯、ココア)とビスケットとチョコレートだった。甘いものばかり飲んだり食べたりじゃあかんのだが、今朝の体重が低かったからよいとしよう。こういう日もあっていいでしょう。

整形外科に去年の春はじめて行ったとき、受付で脈拍と血圧を測ってもらった。実はわたしは血圧を測ったことがなかった。だいたい医者にいかないし。膝治療は整骨院か整体院だし。
で、血圧を測ったら異常に高い。時間をおいて何度か測ってもらったらようやく落ち着いた数字が出た。白衣高血圧ですねと笑われたが、それにしても高いということでいちばん軽い降圧剤を出してくれた。こんなことになろうとは・・・びっくりとがっかりとで情けなくなったが、薬は半年以上真面目に飲んだし、血圧は毎日家で測って「高血圧手帳」に記入している。先生が行くたびに「手帳は?」といって点検しご自分のパソコンに数値を入れている。血圧は上が少々高くても下が安定して低いからいいそうだ。血液検査の結果が上々で「あなたは長生きするよ」といわれた。そうでもないような気がしているが。

そんなことで血圧だけでなく体重も測って手帳に記入している。体重は週に2〜3回測っている。今朝測ったとき41,2キロだった。自分の記憶違いで「増えた〜 40キロを超えてしもた、どうしよう」と叫んだが、実は大間違いでいままでで最低だった。それで、今日は甘いものを堂々と食べている(笑)。

軍歌でせっせっせー(わたしの戦争体験記 54)

こどものころは家で姉たちと「せっせっせー」と歌いながらやったものだ。「せっせっせーのよいよいよい」についで「夏も近づく八十八夜ホイホイ」と続けて歌って手を叩くのが定番、ホイホイは口拍子&手拍子。学校の休憩時間や手持ち無沙汰のときなど「せっせっせやろ」と始めたものだ。ほかの歌でもやったか覚えてない。もっぱら「夏も近づく」であった。せっせっせーは大阪も山梨も同じだった。

ところが、4年生くらいから「とどろーくつつおーと とびちーるだんがん」と歌うようになった。「あらなーみあーろうデッキのうえに」振りは同じだが大振り。両手をぱんぱんと打ち合ったり交差させたりしたように覚えている。
せっせっせは綾とりと同じく女子の遊びで、教室でも遠足の電車の中でも二人が向き合ってやっていた。家ではもっぱら二番目の姉とわたしとの遊びだった。

先日「とんとんとからりと隣組」の歌のことを書いてからとみに戦中の歌が口から出てくる。「勝ってくるぞと勇ましく、誓って国を出たからにゃ、手柄立てずに帰らりょか」なんて洗濯物干しながら歌っている。おっと、これは元気なほう。だいたいに哀愁溢れる曲が多い。「真っ先かけて突進し・・・友は野末の石の下・・・思えば遠き満州の・・・」なんて切れ切れに覚えている。

イタリアの菜花

毎週木曜日に近郊からうちの近所に野菜を運んでくる八百屋さんにイタリアの菜花「チーマ・デ・ラパ」を勧められた。生産者は「伊賀・名張の里」の有機農産物生産者さんである。菜花の入った袋には「イタリアンには欠かせない野菜、特にパスタと相性がよい」と書いてあった。

さっそく翌日の今日の朝昼兼用ご飯に食べることにした。濃いグリーンの葉の間から黄色いつぼみのついた茎が伸びている。今日は切り取って花瓶に入れない。もったいないからしっかり全部お腹にいただきます。

今日のメニューは、イワシのトマトソース煮(ニンニク、オリーブオイル、いろんなハーブ入り)、野菜いろいろスープ、そして、菜花のパスタ。
うまかった〜 菜花(チーマ・デ・ラパ)の色が濃いせいか味も濃かった。

昨日と今日はブログお休み

昨日はブログ休みました。引き続き今日もお休みします。
なにがあったかというと、アマゾンプライムで映画を見ていたからです。さぼりです(笑)。

昨日9日の夜は『ジェラシックワールド/炎の王国』を見た。第1作の『ジェラシックパーク』を思い出して混み合った映画館で見たことや、出ている俳優のことなど話し合って盛り上がった。せっかく1本見たのだから全4作見てしまおう、ネットで見られそうだ。

順番を整理すると、『ジュラシック・パーク』(1993 映画館で見た)『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997 未見)『ジュラシック・パークIII』(2003 未見)『ジェラシックワールド/炎の王国』(2015 昨日見た)となる。見ていない2作をネットで見られるのだからこの際見ておこうとなった。ということでいつもはブログを書いている時間を映画鑑賞に当てます。
これから晩ご飯食べて片付けたら見る。

阿弥陀池和光寺の花祭り(わたしの戦争体験記 53)

今日4月8日はお釈迦様の誕生日で花祭りの日だと気がついた。
西六国民学校の3年か4年のときに下の姉に近所の阿弥陀池和光寺へ連れていってもらったことがある。我が家は父が仕事に行き、母は家で内職が忙しかったから、小さな子の世話はきょうだいがすることになっていた。路地から長堀通へ出て白髪橋を渡って阿弥陀池筋を南へ行くと左側に和光寺があった。いまもある。当時はその近くに姉が通っていた精華女学校があった。校庭には楠がのびのびと植わっていたのを覚えている。

寺に入ると池があって人がいっぱい。なにかなと覗き込むと亀がたくさんおり、亀を見ながら子供たちが指差したり叫んだりしながら遊んでいる。
池の水がお日さんに当たってぴかぴか光っている。でっかい亀が甲羅を干していたり、うるさい子供たちの声から逃れるためか首をひっこめてごろんと寝てたり。春の日差しが暖かく気持ちのよい午後だった。

亀に飽きたこどもたちには甘茶が振舞われていた。順番を待って甘茶をいただき、お釈迦様像に手を合わせた。
出店があって飴を売っていたのを姉が一袋買ってくれたので、持って帰って母にお土産として渡した。

最近、折口信夫先生がこのお寺、阿弥陀池和光寺に来られたときのことを書いておられるのを読んで、あそこへきはったんやと感慨ひとしおだった。

ヨルゴス・ランティモス監督、コリン・ファレル主演『ロブスター』

ツイッターで知人が感想を書いていたのを読んだら興味がわきアマゾンプライムで見た。ちょっとSFでちょっと変わった作品と書いてあったとおり、タイトルがヘンだしどんな映画かなと気になった。

ヨルゴス・ランティモス監督(ギリシャ出身)の作品を見るのははじめてで、ちょっととっつきにくかった。冗談のようでもありSFのようでもあり、おもしろく見られる場面とあほらしくなる場面とがあって途中で少し飽きるところもあった。
ここで描かれる近未来社会は、子孫を残すことを強制的に義務付けられた社会である。そのうち日本もこうなるのかなと思わせるが、日本はきっとこのような即物的な形にいくまでにまず精神的に追い詰められていくんだろうなと想像してしまった。重く怖いSF映画だった。
それでも画面はいかにもアイルランドという感じの森の木々が懐かしいような気持ちを起こさせ息抜きになった。

コリン・ファレルの映画を見たのは3本目だけど、せっかく好きになっていたのに、お腹に贅肉がついちゃって・・・役に合わせて撮影前にしっかり体重を増やしたんだろうな。
レイチェル・ワイズ 、レア・セドゥはともに美してよくやっていた。

『ロブスター』はちょっとわかりにくい映画だったが、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(2017、コリン・ファレル、ニコール・キッドマン主演)と『女王陛下のお気に入り』(2018、オリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ主演)を見たらヨルゴス・ランティモス監督のことを理解できるのではないかしら。