チャド・スタエルスキ監督、キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』

第1作『ジョン・ウィック』がめちゃおもしろかったので、理屈抜きで2作目も見たいなと思っていた。とにかく格闘技がすごいし、撃ち合いがすごいし、カーチェイスもすごい。女も男もなく撃ち合い殴り合い殺しあうところがいい。伝説の殺し屋ジョン・ウィックに関わる人々は血にまみれて倒れる。死闘の背景に音楽や美術や装飾を美しく描き出していて、そこで人間がえげつなく殺される。
歌声が聞こえてオペラかと思ったら、DJも入ったバンドの演奏で、クラシックのような現代音楽のようなロックコンサートのようでいい感じだった。

キアヌ・リーブスは若い時から好きだったけど、歳をとっても清潔で正義感にあふれた役がよく似合う。
オトコマエが好き、清潔感あふれるオトコが好き、孤独そうなオトコが好き。なので理屈抜きで好きな映画だという。

洗濯日和

狭いベランダを工夫して洗濯物をいっぱい干してある。中途半端に乾いているのは部屋干しに移動して、とにかく洗って干した。いつもの着替えなどにプラス掛け布団カバー、ボックスシーツ。毛布は明日かあさってに今日の分を取り入れてから洗って干す。
タオル布巾もきちんとお日さんに当ててから収納した。普通のタオルも湯上りタオルも清潔になって引き出しの中で出番を待っている。

昨日クリーニング屋さんにコート類を持って行った。昔から自分とこで作業しているお店で、わたしがここに住み始めた頃は両親が経営していた。店の片隅で新しい洗濯のやり方の本を読んでいる息子さんがいたが、いまは彼が店主である。わたしはなんでも自分で洗う主義でお店にはたいして頼んでないけど、いつもニコニコと挨拶してくれる。
先日、相方に車椅子を押してもらって散歩の帰りに自転車で向こうから来る彼とすれ違った。お互いニコッと「こんちわ」をいっただけだったが、覚えていてくれて、昨日は「毎度ありがとうございます」と大声でいいながら店の奥から出てきた。車椅子と膝痛の説明と、整形外科の藤原先生が優しいという話をした。彼のほうはストレッチをやりすぎて膝痛になった話をしてくれた。

たけのこの若竹煮

昨日買ったタケノコを帰ってから糠を入れて大鍋で茹で、そのまま一晩おいたのを出汁で鳴門わかめと炊いた夕飯の一皿。タケノコが大きかったから鍋いっぱいになった。今夜2/3を食べて残りは明日食べる。タケノコは料理が面倒といいながらも毎年一度は食べている。わたしがやると慌てるからえぐかったりするが、相方の落ち着いた料理は見た目よしで味もよい。ほかに今日のおかずは先日のブリ大根の残りの大根、鯖の水煮を菜っ葉と炊いたんなど質素ながら量が多かった。

おとといシュリットに電話したら連休前で予約が詰まっているけど、今日の夕方5時15分からならOKというので行ってきた。7時になるとそろそろ眠くなる名犬シェル君は髪を洗ってても膝に乗ったままぐっすり。
コーヒーとお菓子が出てしゃべりも賑やか。近くのお菓子屋さん情報、カフェ、カレー屋情報が行き交う。
その上に、女性たちの悩みの肩こり腰痛の話題となり、先月、わたしの背が伸びた情報をみんなにしゃべって、テニスボールストレッチがお店の客たちに流行っている話。テニスボールを自分でつなげなくても、既製品があるそうで、みんなアマゾンプライムで買ったとか。買って親に送ったとか。

たらの芽の天ぷら

午後遅くから近所を相方と散歩。銀行や郵便局の用事をすませ、無農薬野菜の出店で基本の野菜の他に勧められるままにタケノコを買い、タラの芽を1パックもらった。
行きしはとろとろ歩きたくないと車椅子に乗せられてたったと。いろいろ買い物してからは荷物を車椅子にのせてわたしはその後ろを歩いたが、まだたったと歩けなくてのろのろ。
でも街歩きは楽しい。ライオンキッチンでひと休みしてバナナケーキとコーヒーで和んだ。この店に入ったのは初めてだったが、女子向きの可愛いおしゃれな店で、ケーキの盛りかたもおしゃれ。
ここは去年の終わり頃まで田舎から野菜を持ってきて店の前で売っていたが、いまは休止中で5月末から再開とのこと。いろんな採れたて野菜を町に住みながら食べられるのがありがたい。

眩しい西陽を受けながらまっすぐに歩いた。何十年も前のことだけど東から西へ得意先からの帰りしの西日のすごさを思い出して、「あれはすごかったなあ、でもいまも日差しはいっしょや」「月日はたてどもおひいさんはいっしょやな」。

途中の花屋bunbunFlowersの店先で見かけたドライフラワーが可愛いから買った。包んでもらっているとき目についたのがライラック。きれいな紫色に惹かれてひと枝買った。ガラス瓶に挿すとテーブルが華やいで、たらの芽の天ぷらがもう一味うまくなったよ。
たらの芽の天ぷらは、堀江Baseのあるじ琴美さんのお世話で手に入れた米の油と米の粉があったので使った。すごく洗練された味でうまかった。

デヴィッド・リーチ監督、シャーリーズ・セロン『アトミック・ブロンド』

シャーリーズ・セロンの名前はずっと前から知ってたが歌手だと思っていたほど無知だった。昨日はアメリカのロビイストをジェシカ・チャステインがやっているのを見たから、今日は理屈抜きでばったばったと投げ倒すような、撃ち殺すような映画が見たくて『アトミック・ブロンド』を選んだらアタリだった。

東西冷戦が終結してベルリンの壁が崩壊した時代の凄腕女性諜報員の話で、スパイ、二重スパイ、女性スパイ同士の同性愛もあって盛りだくさん。殴り合いがいっぱい、撃ち合いもいっぱい、刃物で殺し合い、階段を転げ落ち、カーチェイスあり、暴力につぐ暴力でお腹いっぱいになった。

女性と男性が殴りあい、撃ち合うシーンも多く、男性に負けない暴力をふるう主人公に肩入れして気分良く見ていた。
音楽も良くクラブシーンも楽しめた。

二度見て納得『女神の見えざる手』

ありがたいことにユーネクストでもう一回『女神の見えざる手』を無料で見られるということで、夕方早い時間から2回目を見た。2回見てようやくストーリーと物語の世界の全貌が理解できてよかった。
まず新聞の外国記事でしか知らなかったロビイストという職業のあらましがわかったことが大きい。新聞等でわかったつもりでもわからなかったロビイストという人間の仕事ぶりや私生活が出てきて納得がいく。
主人公のスローン(ジェシカ・チャステイン)が「肉を切らせて骨を切る」みたいな戦術さえ使って世の中を仕切っていくところがすごい。

最後は自分から仕掛けて逮捕され刑務所に入るのだが、数ヶ月後に弁護士が面会にきて、あと何ヶ月かで出られると教えてくれる。その間に常習していた薬から抜け出せたようでよかった。いくら美貌で頭が良くても薬で体をもたせ続けるのは無理だ。
しかし、ぴったりフィットした服と細いヒールの靴で闊歩していたけど疲れるだろうな。

ヴィク・ファン・クラブ会報作りで夜なべ中

月に一度はこのブログにヴィク・ファン・クラブの会報作りのことを書いている。
26年にわたって毎月発行しているのをなんとかやめずにもう少し続けていきたい。
家でiMacにむかって作業しているが、今月も大幅に遅れるが出せそうだ。まだ1/10くらいしかできてないが、全体の量を把握しているので大丈夫。晩ご飯の片付けを中途でほったらかしてやっている。
届いた原稿は連載の「モンゴル通信」と「コージー・コーナー」。そして自分の病気のこと、親の介護のこと、映画の感想などを綴ったメールがいろいろ。メールに添付されている花の写真をレイアウトに使わせてもらう。

会をやり始めた最初のころから会報を出そうと決めてやりはじめた。A4ファイルが棚にびっしりと並んでいる。戦後女性史の資料になりそうだけど、極私的なものだから趣味で読む以外の用途はなさそう。
ただV・I・ウォーショースキー(ヴィク)が好きな人の声がいっぱいつまっていて、好きな人にはおもしろいのはたしかである。

ジョン・マッデン監督『女神の見えざる手』

2016年にイギリス、アメリカで製作された2時間12分の映画。おもしろくて長時間を画面の前に座ったまま見続けた。タイトルからは連想できない内容に引きづられて最後までいった。

エリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)は大手のロビー会社で辣腕をふるう花形ロビイストで、男たちの間をさっそうと仕掛け人として働いている。新しい仕事は銃所持の規制を支持するほうの立場で、彼女はさまざまな銃規制派の人たちを支持する活動に積極的に取り組んでいく。

スローンの部下の女性エスメは、学校で銃を持った人間から逃れるためにロッカーに隠れたという過去があって、隠していたのだが、スローンに生放送のときに暴露され、それからは注目されるようになる。

華やかに活動するスローンだが、眠らないよう薬を飲んで毎日を過ごし、夜はホストクラブの男をベッドの相手に派遣させている。

いろいろと複雑な内容で、一回見ただけでは書ききれない。
聴聞会があり、自分の意思で有罪となり、刑務所に送られる。
最後のところをもう一度見ないと上院議員の犯罪がはっきりわからない。
今日はこれで寝る。すごい映画だった。

今夜から明日寒冷前線が通過する

【日本気象協会 近畿の予報】から
ー今夜からあす朝方にかけて雷が鳴り、雨が激しく降る所があるでしょう。明け方にかけて南よりの風が非常に強く吹く見込みです。予想される最大瞬間風速は北部と南部で25メートル、中部で30メートル。強い風に注意を。ー

わあっ、ちょうど寝る時間くらいかな。あるいは寝付いた頃に大荒れになりそうだ。このまま起きていて風がおさまるまでじっとしていたほうがいいかもしれない。寝付けないだろうし。読む本はたくさんあるし、コーヒーとチョコがあるし、パンとアボカドがある。

いまベランダの点検してきた。狭いし飛んでいきそうなものはなにもないけど、あいたハンガーがかかってたのを撤去(大げさ笑)した。こういう見逃しがあるから点検て必要だ。

つい半月くらい前に大風が吹いたことがあった。朝になってからのほうが強かった。たしか水曜日で午後出かけるのにどうしようと思っていたら、わたしが出かける3時ごろにはおさまってやれやれだった。
最近、地震が多い。どう気をつけたらええんやろ。

UKIUKI CHOCOLATE

美味しいチョコレート、原産国はグアテマラ共和国。原材料はカカオ豆と砂糖だけだって。
知り合いの無農薬野菜の店で出会った人から買ったチョコレートで、1袋に50グラムのCACAOが入っているそうだ。チョコは一枚ものとか丸いとかではなく、ごつごつした切れ端のようなものがアルミのような袋に入っていて1200円だった。かじってみると格別にうまい。粉が落ちないように気をつけて袋から出し、お皿の上で割って食べ、こぼれた粉はもったいないから指で拾って食べた。わたし専用チョコにしてときどき食べている。ほら、お酒を飲まない分をチョコでカバーするわけ(笑)。
販売者の名前や住所のカードが貼ってあるので、食べてしまったら注文できるけど、そこまでするかはわかりません。