アントワーン・フークア監督『マグニフィセント・セブン』をBlu-rayで見た

『マグニフィセント・セブン』にはいまいちばんのお気に入りイーサン・ホークが出ているからどうしても自分で持っていたい。Blu-rayが出たらすぐに買うと決めていた。恥ずかしながらうちではいままでBlu-rayを見たことがなくて、買ったのは『キャロル』がはじめてだった。届いた包みを開くとDVDと両方入っていたので、Blu-rayを買えばDVDも入っているものと思い込んでしまった。とりあえず一回目はDVDで見よう、その後ゆっくりとBlu-rayで。これが間違いだった(恥)。
アマゾンで今日発売のが昨日届いたのだが、そんなわけで昨日見られなかった。見るのに必要なものを相方が調べて手に入れ今夜見ることができた。無事に見られるかしらとどきどきした(笑)。

『マグニフィセント・セブン』は素晴らしい映画だった。もともと西部劇ファンである。思い出せば『駅馬車』『赤い河』『明日に向って撃て!』『OK牧場の決斗』と大好きな映画のタイトルが思い浮かぶ。その中に入るけれどそれらとは比較できない新しさがある。いやあ、すごく楽しんだ。
今夜は遅くなったのでまた書くけど、いい映画だった。

○アントワーン・フークア監督について検索してわかったこと。
2001年の映画『トレーニング デイ』でデンゼル・ワシントンがアカデミー賞を受けた。そしてイーサン・ホークが共演している。

ジョー・ライト監督『つぐない』がよかった

イギリスの作家イアン・マキューアンの小説『贖罪』(新潮文庫)の映画化(2007年)だがすごく好み。『高慢と偏見』や『秘密の花園』などのイギリスの古城ものを思い出す舞台装置を頭がよく神経過敏な少女が歩きまわり、タイプライターを使って実体験をもとに想像力を働かせ小説を書いている。
主人公の少女が終盤に年老いた作家としてインタビューに応じるところはヴァネッサ・レッドグレイヴが演じている。貫禄があるのはもちろんだが、そこを悔恨の表情がよぎってでもあくまでも誇り高く素晴らしい演技。「書く」ことについて考えさせられる。でも姉のキーラ・ナイトレイ演じるセシーリアと恋人は妹によって愛を破壊されるが、短い人生ながら深く生きた。生きることと書くことについて考えさせらる作品だ。

最初の場面から屋敷と庭が素晴らしい。検索したらロケ地のお屋敷の写真がでてきた。100室以上の部屋がありそう。
お屋敷つながりでイーヴリン・ウォー『ブライズヘッドふたたび』を思い出した。こちらはテレビドラマがあるようで、若きジェレミー・ アイアンズが見られる。時代は同じく第二次大戦時の話である。

ヴィク・ファン・クラブの会報は25年を超えた

おおっ、快挙だ! われながらすごい! いままで調べたことがなかったけど、数えてみたらすごいわ。

昨夜は疲れていたけど結局は1時過ぎに横になって、そのまま熟睡。なんとまあ10時間も寝てた!! 途中で目が覚めた記憶があるようなないような。ヴィク・ファン・クラブの会報はプリントを昨夜全部済ませて積んである。7枚×人数分あるのをテーブルに広げて綴じて出来上がり。封筒にゴム印を捺し宛名シールを貼って1部ずつ入れていく。会員の入会年を調べて5月の人には振込み用紙をつける。140円の切手を貼って、夕方ポストに入れに行ってほっとした。これで今月は終わり。これを1992年1月からやっている。おおっ、今年で25年、四半世紀ですやん。最初の数年は毎月ではなかったが、毎月に決めてからは1回も欠かしたことがない。
病気もせずによくやってきた。転んで怪我をしても出し続けた。
何度かしんどいからやめようかと呟いたときに、やり続けるように励ましてくれた夫に感謝。

この夏にヴィクをこの世に送り出した人サラ・パレツキーさんに手紙を手渡してもらう機会ができた。サラさんには毎号を送っているので、日本でヴィクファンが集まってなにかしゃべっているのはよくご存知である。
いままで挨拶程度のことしか(なんせ英語ができないので)してなかったが、今回は少しだけ日本という国で生きていることについて話そうと思っている。

起きてしんどい、寝てても疲れる

昨日は「今日の暑さ 大阪は29度、明日は30度だって」と題して書いた。
暑くてかなわん嫌な季節になったが、それでも昼間はなんやかんやと風通しのよいところに座ってコーヒー飲んでローチョコをちびちびと食べて、本を読まないまでも図版の多いのを広げて楽しんだり。ツイッター読んでリツイートしたりイイネをつけたりしていた。
いつものことだが、ふらふらしているから家事がばしっといかない。お風呂に入るのが遅くなる。髪を洗うと乾くまで待つから寝るのが遅くなる。それでも寒いときだと体が温まった状態で布団に入り温かく眠れる。

昨夜は夕方シャワーで髪を洗って、寝る前はゆっくりと湯につかった。それで気持ち良く寝たところまでよいが、4時に汗びっしょりで目が覚めた。普通目が覚める時間は5時である。5時か〜とトイレに行きまたすぐに熟睡してしまう。4時にぱかっと目が開くとは異常事態発生ということでしかたなく起きて、汗の寝間着を着替え白湯を飲んだ。鼻水が出る。暑いので布団をはぎ、そしたら寒くて鼻水が出る。単純な話。

今夜は掛け布団を薄手のと交換することにした。
寒暖の調節するのが難しい季節なのね。これをアップしたらお風呂に入って、本を読むとかして体温をいくらか下げて寝ることにする。4時を通り越して熟睡したい。
明日も高温と天気予報がいってた。

今日の暑さ 大阪は29度、明日は30度だって

うちは窓や戸を開け放しておきさえすれば風が通って涼しい。でもそれは午前中と深夜のことで、いちばん仕事している午後から夜はカンカン照りの西日のせいでめちゃくちゃ暑い。クーラーの冷えがあまり好きでないので、ある程度暑くなるまでつけないから、うちわをばたばたさせて「暑い、暑い」とぼやいている。

そしてトシをとったせいで寒がりになった。だから冬は重ね着してガスヒーターの熱をあげて足元は靴下の重ねばきしてる。お水取りがくるまではと辛抱して春を待ち、桜が咲くと花冷えやと風流を気取りつつも膝に毛布をかける。いつまで経っても冬パジャマが出ている。寒さに敏感すぎ(笑)。

そんな我が家についに夏が来た〜
まずはビールがうまい。
ゴーヤチャンプルー、ズッキーニでラタトゥイユ、トマト中心にサラダなど夏野菜がうまい。

おやつはヴィーガンケーキとローチョコレート

昨日の夕方堀江へ行って手に入れたおからが素材のヴィーガンケーキと高級ローチョコレート。ケーキを半分ずつ晩ご飯のデザートに食べ、ローチョコは本を読みながら夜中に食べた。どっちも少しずつなのでええやろという気持ちだけど、昼間に食べてそのあと歩くとかしないと体重が増えるばかりだろうな。例のごとく明日から気をつけようと誓って眠りについた。

朝まで快眠して気持ち良く目が覚めた。今日はいよいよ切羽詰まってきたヴィク・ファン・クラブの会報をやってしまわねば。レイアウトしながら原稿書いて写真を入れて、ページに収まらなければ削除してとええ加減だけど老練な感覚を駆使して(笑)、1ページずつ仕上げていく。プリントして読んでみて、まあええかなと決める。あとは「あとがき」を書いて全体のチェックをする。間違っているところは手で訂正入れたり、臨機応変。だって少しの間違いでやり直してたらインキ代がもたない。今月も文字びっしりで14ページ。

晩ご飯は、ビール、ゴーヤチャンプルー、トマトと葉っぱのサラダ、玄米ご飯、揚げと豆腐の味噌汁、納豆、漬物、ほうじ番茶。
おやつ:ヴィーガンケーキとコーヒー、晩のデザート:ローチョコレートとコーヒー。

堀江に寄り道

姉の家に行って家事雑用をこなした。単身者世帯なのに用事が多い家である。主な掃除はヘルパーさんがするけど、それでも我が家ならほおっておくようなこまごまとした用事がある。用事中にいろいろとおしゃべりがあり、同じことばかりいうので返事で疲れる。最後に植木に水やりして帰った。

どこか帰り道でお茶しようと思っていたのだが、そうだ、堀江に行こうと思いついた。シカゴへのおみやげを買いたい。東京の猫ともだちに小物を送ると約束したんだった。何日か前の相方の誕生日のプレゼントになにかあれば。
その通りには3軒の知り合いの店がある。その道近くまで行ったらちょうど店の外にいた「Base Island kitchen & 焼き菓子工房 ジャマイカ食堂」のKさんがすぐに呼びかけてくれた。久しぶりなのでいくらでも話題がある。店の営業は終わっていたのでビーガンケーキを買った。
次に数軒おいた「セレクトショップ ジョローナ」へ。おしゃれなアクセサリーと猫小物を買って、ここでもおしゃべり。衣類やアクセサリーだけでなくローチョコレートも扱っているので7個あったのを誕生祝いに買った。高価なチョコなので味わって食べねば。
その次はとなりにある店名をまだ聞いてなかった陽気なおにいさんがやっている珈琲店へ。最初の日からよくしゃべったが今日は3回目。自慢のグアテラマコーヒーを飲んで、話題はアメリカ村今昔とかで盛り上がった。

おしゃべりで疲れがとれ、帰ってお風呂に入ってすっきりしたまではオーケー。そのあとで晩ご飯にワインを飲んだらすっかり酔いがまわってナンギ。でもそのちょっとあとでビーガンケーキと紅茶がうまかった。

僻んでたかも

昨日の豆剥きで思い出したことを考えた。わたし僻んでいたのかも。
うちはきょうだい7人、上が女2人で、次に男が2人、そのつぎにわたしがいて、その下に弟と妹がいた。姉たちだって母親の手伝いはしたはずだ。そのあとの男2人もけっこう力仕事を手伝っていた。お使いとか行ってたし、妹と弟を連れて紙芝居を見に行ったり川遊びにも行ったり。
それがもうちょっと年が経っていくと学校が遅くなったり、姉たちは映画や芝居に夢中になったり、ボーイフレンドができたり。上の4人が帰ってくるころ、わたしは豆を剥いたり台所でなにか手伝っていた。お使いにもよくいった。台所にいると遊びに行くために着替えた姉が「あんたシンデレラみたいやな」といったのをいまだに覚えている(このお姉さんにいま毎晩電話している笑)。

その時代になるまで、つまり姉たちにお手伝い時代があったことを考えてなかった。ただ、男2人が間にいることで、わたしのお手伝い時代が長かったのはたしかだ。
おかげでいまは幸せに暮らしています。なんじゃらほい。

豆をむくのは子供の仕事だった

子供のときは晩ご飯の支度をしている母親からよく豆をむくようにいわれていやいややっていた。豆はだいたいえんどう豆だったと思う。豆ご飯をよく食べた。ソラマメはかさがあるからむいた莢を見るとおおいに働いた気になったものだ。なんせ両親と子供7人の大家族だったから食事の量がすごかった。冷凍ものとかなかった時代だ。

今日は食事係りがむきながらこれは今朝採れたんやでと一言。子供のときようむかされたわとわたし。
おっと、思い出した。「ソラマメの煮えるまで」という児童劇をやったことがある。小六の学芸会で主役のお姫様をわたしがやった。投票で役を決めたのだから、勉強はできなかったけど人気はあったのだ。終わってから生意気にも先生に演出をやりたかったと言ったっけ(笑)。

今日の晩ご飯はトマトとアボカドと玉ねぎのサラダ。トビウオの干物、えんどう豆の卵とじ。牛肉とジャガイモを小さめに切って炒めたの。それぞれが小ぶりの皿に盛ってあって食べやすい。けっこうお腹が大きくなって、お米のご飯を食べるのは中止でトーストを1枚ずつ食べた。

毎日電話でお疲れさま

義兄が亡くなってからおととし7回忌をやったから今年の年末になれば9年になる。姉の一人暮らし歴もこうして考えると長い。週に2回デイサービスに行き、2回は掃除をしにヘルパーさんが来る。定期的に内科と整形外科に行き、その他の医院、マッサージなどにも出かけ、けっこう忙しい日々である。

その他にわたしと姪が別々に週に一度訪問して一日家事を手伝い一食をいっしょに食べる。
長くやっているから慣れているとはいえ、週に一度の訪問はけっこうしんどい。からだもだけど精神的に身がもたんと帰りに本屋や百貨店やカフェに寄っている。帰ったらすぐにお風呂で長湯する。

そして、タイトルにしたけど、毎日夜8時半頃になると20分ほど電話する。電話しないのは行った日と、わたしがどこかへ行く留守の日だけ。そんなに留守にしないからほとんど毎日かけている。ずっと「もしもし、元気?」で始まっていたが、最近は「もしもし」のあとは「あ〜しんど」である。電話に出てくると「あ〜しんど」では、こっちも意気が下がるけど、まあなんとか陽気に振舞って近所のことやデイでの話を聞いている。

あたい疲れちまっただよ(笑)。
なんかぱあっとお金を使いたいな。そうだ!『お嬢さん』のBlu-rayを欲しいと思ってたんだ。amazonで買ってしまおう〜 はーい、7月4日着。