一日中雨降り

今日は雨がよう降った。昨日は雨の前触れでひざが痛かった。今日は雨が降っているからひざが痛い。ほかに話題がないんかいな。昨日は日記を書けなかった。話題が雨とひざしかないもんだから、日記を日和ることにした笑 今日も話題がないから「雨とひざ」について語ります。

昨日は午後から整形外科に行った。先週健康診断をしてもらった結果ができていて、特に悪いところがなくてほっとした。気にするほどではないが心臓がちょっと弱いらしい。
空いていたので雑談をちょっとして、ひざの水を抜いてヒアルロン酸の注射を両ひざに打ってもらった。水は以前より少し減っているようで、少しでもアロママッサージの効果が出ているのがうれしい。

ここで笑い話をいっこ。
友達にメールを書いていて、アロママッサージと書くところを「コロナマッサージ」と書いていて自分では気がつかず。「Kさんにメールを書いたよ」と相方に読ませたら「コロナマッサージってなんや」「ありゃ、間違えた。コロナとアロマよう似てるやん」「どこが似てるねん」「まんなかにロが入ってる」「アホか」

おうちで体操

外を歩き回れればいいがどうも足の具合がぱっとせず、それに新型コロナウィルスがこわくて家に引きこもり気味だ。家にいるならせめて体操しようと理学療法士のKさんに教えてもらった体操や健康雑誌で知ったストレッチをしている。それにプラスしてアロママッサージがわたしの健康維持方法である。一応内臓は丈夫だと思っている。

今日は手縫いのマットを敷いてごろんと寝て足腰の運動をして、テニスボールストレッチをして、本を見ながらジャンケン体操などした。業者さんがもうそろそろ来てくれるはずなのだが、玄関から部屋にかけて手すりをつけてもらう。そしたら手すりをにぎって体操しようと楽しみにしている。
ベッドに取り付けてもらった補助具はほんまに役に立つ。2本の横棒のどちらかを握ってヨイショと起き上がる。夜中のトイレと朝目が覚めたときと握って起き上がっている。なんか自分が年寄りになった気がするが、年寄りなんだから仕方ない(笑)。

健康診断書を書いてもらった

デイケアのお世話になろうと決めたのだが、明日からというわけにはいかない。必要書類がいると係りの人に用紙を手渡された。自分で書くものの他に健康診断書がいる。渡された用紙を持っていつもお世話になっている整形外科のF先生にお願いした。健康保険が効かないから現金払いだよといわれたが、滅多にないことだししゃあないなあ。

わたしは健康診断って長いこと受けたことがない。会社勤めのころは年に一度か二度受けていた。レントゲン写真を撮り、医師の診断を受け、目の検査をして、それからなにをしたのかな。半日仕事だった。全部が終わるとほっとしたものだった。20年も働くとサボることを覚えてその日は休むことにしたが、数日後に医院から電話があって追加で診てもらうことになったりして。

今日はちゃんと予約をして行った。待ち構えていたベテラン看護師さんにつかまってさっさとはじまったのは、心電図、レントゲン、血液検査、血圧、尿検査、身長、体重、咽喉検査、これだけだったかな。
料金を払って帰ったがなんだか疲れた。結果は1週間後に知らせてくれるそうだが、なにもひっかからないといいけど。
83歳までは健康優良児だったんだけどね。1年くらい前に血液検査だけしたときは先生が驚くほどいい結果だったんだが、いまはあのときの自信がない。結果が出るのを待つとしよう。

クシャミハナミズ花粉症

数日前に鼻水を垂らしていてティッシュを渡された。ブサイクなことだが、流れはじめの覚えがなくてなぜか鼻の下に鼻水が垂れていた。そのときはハナをかんですませたが、今日も同じく鼻水を垂らしていてティッシュを渡され、「花粉症や」と叫んだ。花粉症の季節だと1週間くらい前にニュースでいってたとき、この前の鼻垂らしがそうだったと悟った。

春浅くよく冷える。いつの間にやら奈良のお水取りが終わって、今日はお彼岸だ。今年はお水取りの日記を書かずに過ぎてしまった。あまり寒くない冬を通り越したからかな。最近はぐっと冷えて桜も縮こまったみたいね。
季節は春となったけど、いろいろとしんどいことが重なる。ひざは痛いし、腰は重いし、なにか用事をするときの動作がびびっている。
そこへコロナの心配がある。

花粉症が正面に出て、他の「しんどい」が後ろに引っ込んでくれたらいいのにと願う。それにしてもよくクシャミが出る。鼻水も出る。

薄日がさしてきた

なにがなんでも毎日の日記だけは書こうと思って何年経ったやろか。特にこの2年間は体調がすぐれず、足腰よろよろ、目と歯が弱って、口だけはしゃべるほうも食べるほうも達者・・・というありさまであった。
周りの人たちからはデイサービスに行けとか最近はデイケアというのがあるでと意見され、ようやく重い腰があがったところである。デイケアって知らなんだ。からだを動かすことを教えてくれるんや、これにしよと見学に行ったところである。
行こうと思うと心を決めたので、いま申し込み書を書くつもりのところ。けっこうめんどうくさい。

1年半かけて腰の痛みにストレッチで対処して脊柱管狭窄症を治したのはよかったが、次に控えてたのはひざ痛だった。いまアロママッサージと体操で治すのに懸命である。
プラス、今度はちゃんとデイケアの専門家に教えてもらおうと必死のかまえ。

今日は家にいて台所の片付けをしてネットニュースを見て、村上春樹の『アンダーグラウンド』を読んでいた。地下鉄サリン事件は阪神大震災のあとに起こった事件だったが、どちらも衝撃的だったなあと改めて思い出した。村上さんのおかげで。

今日は久しぶりに初めての方からメールをいただいた。そのあとに、もう30年近く付き合っているヴィク・ファン・クラブの会員さんから楽しいメールがとどいた。なんかうれしい。暗かった心に薄日がさしてきた。

デイケア二度目体験

朝から天気が良く暖かくて春のよう。見学に行った介護施設は今日は暖房を入れてないというのに暖かい。でも「足元が冷えるから膝掛けを持ってきたほうがよろしいよ」と先輩が教えてくれた。前に座る2人とも膝掛けで足をくるんでる。もしここでお世話になるなら、膝掛けは必須のようだ。

先週見学に行ったところは下町っぽくて共感するところがあり楽しかったが、今日はちょっと山手風というか品が良い感じ。どっちにするか考えるところだ。
廊下に出たら介護士さんが横に来て「スギヤさんのダンナさんは年下やろ」といった。「ふん、そうやけど」「いくつ下?」「さてね」「うちは3つ下」わたし「もっと下や」までいって止めておいた。いうたら施設や病院中に広がってしまう。広がってもかまわんけど笑。まあ、わたしを見て年下の夫がいると睨んだのはえらい笑。

昼食後一休み後に体操。グーチョキパーを利用しててきぱきとした体操に引きづられて熱心にやった。パソコン肩に効きそうだ。30分てけっこう疲れる。
その後は言葉遊びでけっこう頭を使った。脳の活性化に役立ちそう。
3時になり見学者はそこまでで、係員さんと運転手さんとともに出口へ出た。席を立ったら先輩たちが「待ってるよ」「月曜日にね」と声をかけてくれた。う〜ん、こっちに傾きかけている。
さて、どっちにしよう。2箇所ともに個性があって楽しい。

コロナどうしよう

毎日起きたらいちばんにYahooニュースの「新型コロナウイルス感染症まとめ」を読んで最新情報をもらっている。その他にもいろんな最新ニュースと注意情報を得ているが、もとがはっきりしないのだからしょうがない。でも、最新知識を持つことは最大の防御かもしれないなとせっせと情報収集に励んでいる。

流行のはじめのころに「新型コロナウイルスへの対処は簡単で、1 お日さんをよく浴びる、2 栄養をきっちり摂る、3 よく眠る、の3つを実践したらよいとのこと。」と解説記事なんかを読んで書いた。これは今も実践中だ。
それにしても、高齢者がかかりやすいというのはどうしようもない。高齢者ばりばりにつき(笑)。この2年間は足が悪いために外食がうんと少なくなったし、ライブなども行かなくなった。相方の足手まといになるから夜遊びには出ていない。いまの心配は清潔な生活をおくり過ぎてちょっと出たときに吸った空気が「悪さをしたらどないしょう」である。

栄養と甘いもの(これは余分だけど)はきっちり食べていて、きちんと快便。ベッドに入ったらバタンキューだし、毎日日当たりの良い窓辺でお日さん浴びて読書してる。まあ静かに暮らしていよう。

コーヒーもハーブティも

昼ごはんはサラダとパスタと茹で卵と紅茶だった。
2時にケアマネさんと業者の若者が来て、部屋に手すりをつけるために寸法を測ったり、つける壁の強度をみてくれたりした。
介護保険の「要支援1」でできることをしてもらうことにして申し込んだのが実現することになった。これでわたしは生活がしやすくなる。長いこと介護保険料を払ってきた甲斐があった。思いつくのがちょっと遅くなったが、まあいままで介護保険の助けなしでやってこられたのを良しとしよう。

来週もう一件デイケアの見学に行って、昨日行ったところとどちらかを選ぶ。デイサービスは多いがデイケアは少ないそうで、行きたいときに空きがあってよかった。来週にはお世話になるところを決めて週に一度通うことになる。

リハビリというと大きな病気をした人のすることかと思っていたが、高齢者もリハビリで元気だった自分に近づくようにがんばるものだと最近になってわかった。

買い物に行ってきた相方が甘いおやつを買ってきてコーヒーを淹れてくれた。一杯飲んで次は最近凝っているハーブティにした。どっちもうまかった。

デイケア初体験

この2年間は体調が思わしくないのでなにかせねばとは思ってはいた。でも腰が上がらずぐずぐずしていたら夫が区役所へ行って手続きの最初をしてきてくれた。年末に申し込んだのが調査員が来たのが1月末で、それからまた待っているうちに2月になり、それからはずんずんと話が進んだ。
デイケアとデイサービスとがあるということも、なにをするところかも知らずにことは始まったが、いまは人に解説するほどよく知っている(笑)。

今日はデイケアの体験コースに行ってきた。午前中にうちの前までバスが迎えにきてくれて施設まで直行。
着くとすぐにお風呂に入れてくれた。ほんまに入れてくれるのである。脱いでから体と髪を洗ってくれる、出たら拭く、髪を乾かす、下着と服を着る、靴下と靴を履くまですべてがたくさんのスタッフの手によりさっさと進んでいく。

広間のテーブルに席を決めてもらって、前と横の人に挨拶してお茶を飲む。スタッフがやってきて話しかけてくれるのに返事したり。
すぐに昼食。今日のメニューは、ごはんと山菜蕎麦、鶏肉と白菜の煮物、果物の甘煮。食べたら、スタッフが写真雑誌を持ってきてくれた。隣の人に写真誌の皇族方についてあれこれ話を聞いた。
そうそう、ご飯の前にみんなで体操をした。

休憩が終わって、また体操、そしてクイズとゲームと歌。スタッフの熱意に応える高齢者たちが爽やか。広い部屋の反対部分ではケアスタッフによる治療が行われている。ちょうど見えるところに座っていたのでじっと眺めていた。一人ずつ呼ばれて治療を受けるのだがいろんな病いの人がいる。ほんと勉強になりました。わたしも最後のほうで呼ばれてひざを診てもらったが触り方が気持ち良かった。

医院のテレビでコロナ情報を得た

今日は朝から腰湯してアロママッサージをしてから洗濯してご飯を食べた。片付けて医者へ行こうとなったのはもう3時過ぎ。高齢者生活を満喫している。
いままで何度も書いているけど、うちは新聞とってないしテレビがない。もっぱら情報はネットからもらっている。義兄が亡くなった12年前から毎週木曜日に姉の家に通っていたから、週に一度は新聞を読んでいい記事があると切り取ってもらい、しゃべりながらテレビを見ていた。古い連続警察ドラマなんぞの話ならお相手できるが、もうそろそろそれらもお蔵入りかな。

この2年間は整形外科の待合室でじっと大阪のテレビ局の放映を見ている。他の人が見たら「よっぽどテレビが好きなんやな」と思われるだろう(笑)。
今日は行くなり「コロナニュース」をやっており、大阪のライブハウスが映っていた。じっと真剣に見ていましたよ、わたし。ただ今日はいつもより待っている人が少なく、あんまり見られなかった。診療が終わってから調剤薬局へ行ったときに続きを見た。いかにも大阪という場の出来事を大阪っぽい報道ぶりでやっていた。

整形外科では今日はこちらから申し出てひざの水を抜いてもらった。この前、長時間車椅子で座っていたのがあかんかったようで、ひざが腫れて水がたくさん溜まってしまった。「これからは気をつけます。すみません、よろしく」とあたまを下げたら、こんなに溜まっとったと注射器を見せてくれた。アロママッサージの話をしたら「結果を報告してや」とのこと。面白がられてる。