車椅子で地下鉄乗車初体験

去年の秋ごろから体調が悪くなり、寒さが増したらどんどん悪くなり、ついに精神力で持ちこたえていた足腰にきて歩けなくなった。なぜか病気とは思えず健康雑誌を調べたりしていたのが、義弟の年賀状で病名は解決した。脊柱管狭窄症になった義弟はストレッチ半年で復帰したという。これだっ!とさっそく本を買って毎日ストレッチに励んでいるが(励むというほどできてないのがほんまのところ)なかなか回復しない。つるかめさんに聞いたら筋力があるから男性のほうが治りが早いそうだ。
短い距離は歩き、ちょっとあるところは車椅子を相方に押してもらう。ちょっと距離のあるところはタクシーを利用している。

今日は姉の病院に行くのに、タクシーに乗らずに車椅子を相方に押してもらって出かけた。去年の秋から出かけるのはほとんどタクシーである。タクシー代がかさんでどうしようもないわが家計。ここで1年数ヶ月ぶりに地下鉄に復活しようとなって、今日の午後のお出かけとなった。

電車が空いている時間にと出かけて鶴見緑地線→御堂筋線に乗るのに、ホームからエレベーター、またエレベーターと乗り換え、車椅子マークのついた電車の乗り口から乗って降りて、またエレベーターで上下して外に出た。乗ってる方もああしんど。押すほうはものすごくしんどかったでしょう。それを往復だから。
道路を15分くらい歩いて病院到着。姉と話していたら姪が到着。今日来ているはずの次兄は早く来て次へまわったそうで会えなかった。

帰りは通勤客がそろそろ乗ってくる時間で、けっこう人の多い出入り口を大声で「すみません」と叫んで通してもらった。
駅を出てホッ。スーパーで食べ物を買って帰ってきた。

姉が入院

先週の金曜日に姉の家に服の入れ替えに行ったときはしんどかった。とにかくいくらでも服が出てくる。テキトーなわたしはテキトーに服を出してテキトーに積み上げていった。姉は丁寧にたたんで引き出しに入れていく。わたしの作業を待っている間はずっと立っていたので、しんどいやろと聞いたのだが、「しんどいわ」といいながら引き戸の前に立っていた。意地と几帳面とが入り混じっていた。
姪はそのうち暇なときに一人でさっさとやってしまうつもりだったとのこと。「そんなに気を入れてやるようなこととちゃう」そうである。姉の勤勉には遠慮とかケチとかいろんな感情が潜んでいるようだ。

そんなことで疲れて土日月と日常生活がしんどかったらしい。火曜日に来たヘルパーさんが鍵が開いてないと姪に電話してきた。姪がかけつけたらトイレに倒れていて、二人では起こせないので近くのデイサービスに応援を頼みシャワーして着替えさせ、近所の医者に往診を頼んだ。それから入院させるべく大きな病院で診断を受けたら内臓に悪いところなく入院はなし。
結局、近くの高齢者を預かってくれる病院を教えてもらって入院した。姪は近所の医師、看護師、ヘルパーさん、デイサービスの介護士さんに助けられて姉を入院させた。さすが姑舅を見送った経験を持つえらいやつ。

今日わたしらが行ったときは片付いたベッドに姉がゆったり座り、そばに姪がついて落ち着いたところだった。ボケるのが心配だった姉は、ピンクのパジャマでほとんど通常モードだった。当分この病院でお世話になる。姪と待合室で今後のことなど相談して帰ってきた。

毎日ストレッチを

去年の暮れに足腰のどこともなく痛みが出て歩けなくなり困った。義弟の年賀状に脊柱管狭窄症から半年のストレッチで脱したとあったのを読み、これだ!と電話して、脱した方法を聞いて本を教えてもらった。酒井慎太郎『脊柱管狭窄症は99%完治する』(幻冬社)という本で、読んで納得したのでさっそくやりはじめた。

毎日やっているけど半年以上経ってもなかなかである。同病の経験者が家族にいる知り合いは1年かかるよという。
どっちにしても、わたしのはまだ治っていない。ただ便秘をしなくなり、肩こりが減り、背筋が伸びた実感がある。
今週前半は用事が発生して体操どころではなかった。今日は本を読んでいてサボり、おおいに反省しているところだ。これをアップしたらたっぷりとストレッチしよう。

ようやく涼しくなった

昨夜は少し寒かったので、寝るときに用心して薄手の五本指ソックスをはいた。先日遅くまで素足で起きていて寝てから冷えを感じてソックスを探したのを思い出したから。膝と腰とがよくないのだから気をつけなきゃあかんのに、若いときと同じことをしてしもた。
今年は長いこと秋らしくならなかった。台風一過の秋空はあったし、月はきれいに見えたけど、いつまでも半袖の服を手放せなかった。半袖の服ってTシャツのこどだけど笑。

午後遅く整形外科に行って診察とリハビリしてきた。先生と会話の息があってきて笑いながら診療終わり。それはそれでいいのだが、歩くのがさっさといかなくて困る。これも冷えが原因と理屈のほうは納得しているが、真剣に冷え対策考えなくっちゃ。
これから半身浴。

台風疲れとようやくサヨナラ

来なかった台風にこないに疲れてどないする、というのがわたしの今回の台風についての感想。おとといと昨日は台風24号で疲れ果てていたといま実感。4日の21号がすごかったから、今度はもっとでかそうだとできるだけの対処をした。ベランダの掃除もした。体力を使い緊張して過ごしたからどっと疲れが出た。三日間のおでんはうまかったけどくたびれ気分のほうが強かった(笑)。その上、めったにない胃疲れを感じて昨夜は久しぶりに安中散を飲んで寝た。
だいぶ遅い朝だけど、今朝は気分良く目が覚めて、洗濯をいっぱい片付けた。体調さえよければ元気だ(笑)。

気分がよくなったので夕方から整形外科へリハビリに行った。ふじわらさんはちょうどよい距離にある。スタッフの方々と顔見知りになったし、ありがたく通わせてもらっている。

いろいろ体操再開

暑いのを口実にサボっていたが、膝の回復は遅いし腰はだるいし歩くと疲れるしで、なにかしないとあかんと身にしみて感じている今日この頃。

テニスボールストレッチは長続きしている。まだはっきり効果はあらわれてないけど、体調はよくなっている。続ければそのうち治るだろう。
1個100円のテニスボールを8個もつぶしてしまった。今日アマゾンで「ツインボール ストレッチボール ピーナッツ型 テニスボールサイズ ソフト ミディアム ハード」というのを注文した。これからは気持ちよく長持ちするだろう。

ずっと昔に知り合いに教えてもらった腕振り体操はいいのはわかってるが、単調だからすぐに面倒臭くなって長続きしたことがない。今回は絶対やるつもり。ほんまやって(笑)。
そして青竹踏みもぼちぼちがんばる。

次はだいぶ前につるかめさんに教えてもらったのにいつのまにかやめていたのを思い出して再開する。こういうときこそとお気に入りの赤いチェックの大判ハンカチを二つに切った。椅子に座って一枚ずつを左右の足の親指とあと4本指の間に挟んで行う。

秋の気配と冷え

お盆過ぎたら朝晩涼しくなるというけれど、今年の猛暑のあとだから、この涼しさには呆気にとられてしまう。昨夜の寝しなの涼しかったことったら! タオルケットの上に夏布団をのせて寝たらちょうどよかった。暑さ満開のときはパジャマに汗びっしょりかいてタオルケットも汗に濡れていた。

その対策にクーラーつけたのがあかんかった。つけたときは気持ちよかったが、気がつかないうちに部屋が冷え、膝から下のほうに冷たい風が這うよに流れていた。
慌てていつも履いている5本指ソックスの上に普通のソックスを重ねばきしたけど、もう遅かった。それにソックスより上のふくらはぎが冷たい。慌ててネット広告で見たふくらはぎサポーターを購入。これは優れもの。
一足だけ買ったので、毎日寝る前に洗濯しているが、いまみたいにさっさと乾かない季節になったらどないしょと、今日あと二足サービス価格とあったので注文した。わたしの衣服費としては大きいが冷え対策なら仕方ない。

ふくらはぎ用サポーター

猛暑につき「ためらわずにクーラーをつけましょう」というラジオの声に励まされて笑、夜寝るときも数日クーラーをつけていた。快眠はできるがどうやら冷えたらしい。それにクーラーを1日中つけていると部屋の下のほうが冷える。ずっとパソコンに向かって座っていると足の裏から足首くらいが冷たいのでソックスをはいている。これは夏冬変わらず。今年の夏はソックスを履いた足首の上、ふくらはぎが冷たく感じる。

これはなんとかせねばと思っているときに、ツイッターでふくらはぎの保護をしている人の写真を見た。ゲートル風に布を巻いていて調子が良さそう。真似をしようと思ったが、兄が戦争中に中学へ通うのに毎朝ゲートルを巻くのに苦労していたのを思い出して断念。わっこ状になったのがあるかもとネットを探した。
ありました〜 レミントン製のふくらはぎ用サポーターワンダーパワーGというのがありました。ちょっと高いけど、目をつぶって買った。ネット注文してすぐに到着。

さっそく履いてみたら快適で、月曜日からずっと履いている。寝る前に歯を磨いたあとさっと洗って干しておいたら明日の朝には乾いている。もう一足欲しいところだがちょっと高いもんね。当分は毎日洗濯でいく。

熱中症に気をつけよう

うちはラジオでニュースを聞いているが、毎度毎度ニュースの度に「熱中症に気をつけましょう」の声が聞こえて、「気をつけなあかんな」とか「またいうてる」とか、こころの中でつぶやいている。自分では熱中症になるとは思わないが、だれもなると思ってなるわけやないのになるのやもんね。気をつけなくっちゃ。といってなにをどう気をつけるんかしらね。「ためらわずにクーラーをつけましょう」には「はいはい」と声を出して答える。どっちかというとためらうほうである。電気代がいちばん、次が自分の健康、冷やしたらあかん。そやけど健康を気にしてクーラーを消して熱中症になったらアホやな。やっぱりためらわずにクーラー使うか、足に夏布団かけて。

今日はお昼頃までぐっすり寝て起きたがどうも体調が悪い。朝昼ご飯が個食予定だったからシリアルと豆乳とバナナですませた。そのあと水を飲みたくてどんどん飲んだ。朝方汗をかいていてタオルケットが汗びっしょりだった。そのせいで水分不足なんやと合点。
晩ご飯まで本を読んでいたが、いま熱中しているのは折口信夫関係の本である。すごく引き込まれて目を皿のようにして読むから芯まで疲れる。こんな暑いときに読む本と違うと思いながら、折口の愛弟子への愛に引き込まれて離せない。
相方がコーヒーを淹れてくれるそうなので、飲みながらもうちょっと読書を続けて今日はおしまい。

熱中症に用心、冷えにも注意

わたしはあんまり冷房が好きでない。扇風機の風でもいやなくらいだ。薄着でうちわをばたばたと使う。でも、いざというときに困るのはいやだからクーラーはある。例年クーラーをつけるときは「つけよか」と一声かけるとか相談していた。今年はそんな逡巡はひとかけらもない。家にいるときはクーラーが入っている。

いままでとんでもなかった寝るときのクーラー、今年はつけてる日あり、風の吹き具合でつけない日ありである。
つけないときはタオルケットをかけ、つけてるときは夏布団をかけて眠る。どちらにせよ寝つきはよくないが、寝付けば熟睡している。

いまクーラーを消したので暑いが風さえあればオーケー。ベランダに出れば限られた宇宙だが星と月が見える。
8時過ぎに轟音を雷と間違えて洗濯物を取り入れた。すませてからわかった。今夜は淀川花火の日だ。毎年ある花火だが音はすれども姿は見えず。
さあ、そろそろクーラーのスイッチを切って風を通そうかな。
実はクーラーのおかげで部屋全体の足元に冷たい空気がよどんでいる、と思う。おかげで足首が冷えて、ふくらはぎも冷たい。これはうっかりだったということで、ふくらはぎ健康に役立つ脚絆のようなものを注文した。年には勝てんが対策は考えなくちゃね。