いつまでも暑いなあ

昨日はヴィク・ファン・クラブの会報を送る封筒にゴム印を捺し宛先ラベルを貼って、出来上がった会報を三つ折りして封筒に入れ、切手を92円分貼って封をした。カンパの切手がたくさんあるので、金額を確かめつつ貼っていく。古い切手はわたしの切手帳に残っていたもの。金額が細かく半端なので計算しながら貼っている。まだ残っているのでもうしばらくはやらなきゃ。たまにびっくりするほどオシャレな切手があり使うのがもったいなくなる。いまごろは滅多に手紙を書かないし、置いとくよりも使うように心がけている。絵葉書がすごくたくさんあるのもなんとかせねば。便箋セットなんかもおいてあるけど使わんとあかんね。

昨日の夜はオムライスを作ってもらって和んだ。作ってもらうとうまい(笑)。
作るのを見ていて日記に書いたら独断と偏見に満ちていたようで訂正を求められた。どうやら自分で作ったときと混同していたみたいで、申し訳なく今日訂正した。

暑さと湿度が体にも頭にも影響しているみたいだ。暑さもだけど、わたしのからだには湿度のほうが影響力がある。
今日は晴れていたけど膝の痛みがきついから湿度が高かったのでしょう。
毎月の会報作りが今月も大幅に遅れたけどできたからええとせんかい。

ヴィク・ファン・クラブの会報

毎日うっとうしい天気が続いている。
午後からつるかめ整体院へ行ってきた。昨夜寝つきが悪かったせいか朝から不調だったが、治療してもらって体調があがってきた。夕方までコーヒー飲んだり本を読んだりしゃべったりしていたが、体調があがったら「会報せなあかん」気持ちになってきた。

ヴィク・ファン・クラブの会報8月号がまだできていない。モンゴルで活動している人の報告2ページは先日できあがっている。毎月連載の「Live on」を片付けようとやりだした。ご飯をはさんで2ページさっき出来上がり。予定は12ページなのであと8ページ、残りのほうが多いじゃん。
まあ、なんとかなるでしょ。いつもそういってなんとかやってきた。今月ができないはずはない。送るのは9月に入るけどなんとか8月号やっつける。

それでいま気になってちょいと調べてみた。最初の号は1992年1月である。ええっ、27年経ってる。延々やり続けて途中休みなしで27年、いかに体と心が丈夫かわかる(笑)。実は、いま体のほうがちょっと危ういんですけどね。

VFCの会報はアップルのパソコンとともに歩んできた。機械音痴のわたしがこうしてやっていけてるのは、アップルのおかげである。創刊号から会員のみなさんの手紙を文字打ちしてレイアウトして、という作業をアップルのパソコンだからできた。初期の頃、黙々と日曜日に仕事場で文字打ちしていたことを思い出す。いまはでっかいパソコン机に向かってえらそうにしているわたし。もうすぐ85歳になります。

さあストレッチしよ

北海道帯広で39度なんぼまでいったと昼のラジオニュースでいっていた。大阪も暑い! けど、うちは暑さの中をベランダから入った西風が部屋を通り抜けて東側の窓へ出ていくのが心地よくて、機嫌よくヴィク・ファン・クラブ会報の仕上げ(綴じと封筒入れ)をやっていた。
相方が出ていくのにケーキを置いてくれていたので、それとコーヒーとビスケットでおやつ。途中で『マンハッタン花物語』を読んで気分をロマンチックに入れ替えた。

相方が夕方帰ってきて、外は暑かったとレモンと氷をたくさん入れて焼酎の炭酸割りをつくったのでちょっともらった。買ってきたトリの唐揚げとサラダも少しづつ。なにか食べたと思ってたみたい。
これでお腹がおさまり、わたしは台所の片付けして、パソコンに向かっている。相方はぐーぐーと夕寝。起きたらサンドイッチをつくってくれるらしい。それが晩飯。
昼に起きてからヴィク・ファン・クラブに体も時間も使った一日だった。さあストレッチしよ。

今夜は大雨かな(5月20日月曜日)

東京の友人(ヴィク・ファン・クラブ会員)から月曜日に出張で大阪に行くので夕方食事しましょう、と数日前にメールがあった。天気がどうなるか心配だったが、堀江のアブサンに予約した。わたしは1年以上友達つきあいから遠ざかっているので、これで社交界復活なるか、というところ。

(月曜日)今夜は大雨らしい。はじめの予報では午後から降り出しそうだったが、午後になってみたら夕方から大雨予想に変わっている。ちょうど出かけるときならやっかいやなと思いつつタクシーで出かけたら、さいわい小降りだった。車椅子なし、杖なし、傘あり。お店の前で降ろしてもらった。
Nさんはすぐにやってきた。9年ぶりだそうだ。そういえば9年前にはシャーロック・ホームズで待ち合わせてギネスを飲んでから新町ギロチンに行ったっけ。

おいしい料理を食べながらいろんな話をして、明日仕事で早起きのNくんはホテルへ。われわれはコーヒーとケーキでちょっと和んでから帰った。

久しぶりの外食と会話で疲れた。この体調では当分は社交は無理だとわかった。相方にも無理させてしまったので、同伴を頼むのは慎まねばと悟った。背柱管狭窄症による体調不良はどこまでも続いている。ええ加減に元気になりたい。

※昨日20日は帰りが遅くなったのでブログはお休みしました。

ヴィク・ファン・クラブ会報4・5月合併号発行するよ

10連休が終わって、今日はみんな仕事や勉強や日常にもどったことでしょう。うちのへんは休み中は静かだったけど、今日はクルマが通るし建設工事の音は響くし、しゃべる声が響くしと騒音の日常に戻った。じっと静かよりもなんなと音がしているほうが落ち着く(笑)。

今月は毎月出しているヴィク・ファン・クラブの会報をさぼった。連休中は郵便配達が休みと知って、月末にでき上がってもどこかで詰まってしまうと思い、休み中はなんにもしないことにした。本を読んだり映画を見たりしよう。そりゃ作っておいて連休が終わると同時にポストに入れたら一番だが、せっかくの休みだから休んでしまおう。

そう思って毎日お昼まで寝て、甘いおやつを食べて、本を読んで、iMacで映画を見た。そして、しゃべって、ストレッチして、遅くお風呂に入って、ツイッターに熱中した。
そんなもんで、今日から会報制作中。30年近く会報をやっているが合併号は初めてである。きっと会員の皆様は待ちくたびれていることでしょう。

なんとか今週中に仕上げて送りたい。やり出したらけっこう頑張るからいけるかも。でも頑張る気力があっても体が追いつかないかもしれない。まあ、やってみよう。

外がやかましい

お昼前に起きたときは天気だったが午後から曇ってきてついに雨になった。春の寒雨かと思ったが、けっこうぬくかったので助かった。

晩ご飯後、外がやかましい。窓を開けたら消防車と救急車が北から南から足音高く走り抜けていった。そこへピカッと光って雷の音が響いた。さいわいにたいしたことなく静まったが一時はどうなることかと思った(オーバー)。

今日は午後からずっとヴィク・ファン・クラブの会報作りをしていた。まだ3月号をやっている。これから「あとがき」を書かなあかんけど明日中には片付くだろう。ぐだらぐだらやっていたらページどりを間違えて、2ページ分やり直した。プリントしたのを無駄にしないで直せてよかった。紙代とプリンタインキ代とが頭をよぎったが、できあがったところをうまく利用できてよかった。こういうところはなにもかも自分ひとりでやってるから腹が立たない。
今月も自己満足して来月へまわす。

今月はクリスマスまでに届けたい

毎月なんやかや書いているヴィク・ファン・クラブの会報の件、今月は月末にならないうちに、月が変わらないうちに、届けたい。表紙のイラストが猫ちゃんのサンタクロースだから、なんとしても24日までに会員の手元に届けたい。

表紙のイラストは長いことOちゃんに描いてもらってた。とっても長い間、猫を主体に季節にあった楽しいイラストで、マンネリ気味なところもあったが、このマンネリがええんやとわたしは援護してきた。わけあってOちゃんのイラストは今回で終わる。来月からはイラストなしで、表紙から文字びっしりとなるが、それもまたよし。どんどん原稿書いてもらって、読みどころいっぱいの会報にする。

ところで、いまのわたしにはあと数日で作って送れるか自信がない。まだ原稿を書くページがあって、原稿はあるけどレイアウトを考えねばならぬページがある。

まあ、なんとかなるでしょう。Oちゃんのイラストを見ながら頑張る。

今月もヴィク・ファン・クラブの会報出せた

ヴィク・ファン・クラブの会報作りをぼやきながらも仕上げて郵送するのを毎月続けている。創刊以来何年経ったか調べようと思いつつ、まあいいか出してるんやからと自分を慰めている。20年はとうに過ぎ、30年近く経っているはず。

今日できあがったのは2018年11月号である。先月も月が変わってからようやく出した。

来月号(実は今月号だ!)は表紙用にクリスマスのイラストが届いているので、25日には出したいと思っている。がんばるぜ。実は会報はわたしの生きがいでもあるのだ。

ヴィク・ファン・クラブの会報できたよ

このブログではヴィク・ファン・クラブの会報づくりの話題が月に一度は出るが、毎月一度出す会報が今月ほど負担なことはなかった。いままでなんやかやいいながらなんとかなってきた。今月もなんとかなるさという楽観的観測でいたが、日にちは経つばかり。

ほんまにやらねばと思ったときに姪から姉を入院させたと電話。からだが動けないぶん連絡係をすると引き受けた。兄二人と家族、妹一人と家族、亡き弟の娘R子、姉の亡夫の妹夫婦と電話とメールでかなめになって大忙し。
よそから来る人は、わたしか姪が病院に詰めてるとでも思っているのか、好きな時間にやってくる。こちらにも選ぶ権利がある。仲良しのR子とは新大阪見送りまで付き合った。

そして会報だ。月が変わってしまって、あわててやった。さっき「あとがき」を書き、プリントし終わった。明日封筒を作って夜に出しに行けるかしら。結局は楽しい会報ができあがってよかった。お待たせした会員さんたち、きっと楽しく読んでくれるだろう。ステキなVic Fan Club Newsを。

しゃきっとせなっ!

9月もあっという間に過ぎ去ってあと4日で10月だ。何日か前から十三夜とか十五夜とか十六夜の月とか数えているうちに全部通り過ぎて、今夜は雨が降っている。先週も何日か月を見損なって、ようやく十三夜を見られて喜んだのだが、今週は月に縁のない夜が多そう。

毎月ぼやいているヴィク・ファン・クラブの会報だけど、今月も手こずっている。目が悪くなって夜はパソコン仕事をしたくないが夜にずれこむのでなんぎである。ページを抜かしてしまったり、同じ原稿をだぶってレイアウトしていたり、二度手間も多い。長年やってる用事なのにきちっといかないのはなんでやろ。疲労のせいにしとこ。きちっとしていたところをどっかへ置き忘れたみたい。

買った本が溜まっていてしっかり読みたいのだがなかなか読めない。歳をとるってナンギなことだ。それで1年前までは買えばどんどん読んでたミステリを後回しにすることにした。ここしばらくはは折口信夫関連に集中する。しゃきっとせなっ!