夜中から明け方は激しい雨になる

今日中に乾くようにと願って午前中に洗濯してベランダに干した。天気が良ければ夕方乾いてるけどそううまくいくまい。うん、やっぱり午後は曇ってきて干した洗濯物がだらりとしている。風がないから湿気がそのままなので夕方取り入れて部屋干しにした。鬱陶しいけどしょうがない。最近は家事に目がゆくようになった相方は黙って受け入れ。以前はよく部屋が狭くなるとか貧乏くさいとかモンクをいったものだが。モンクをいっても受け入れられないもんね。それと自分でも雨の日の洗濯物は部屋干し以外にないとわかったせい。そのうち洗濯機の操作を覚えて洗濯してくれるだろう。そして部屋干し(笑)。

天気予報によると今は弱雨だけど夜中の0時には強雨になって明け方まで。明日は雨があがって曇りのときと弱雨のときとある。なんとまあ、その「曇り時々雨」状態が月曜日から金曜日まで続く。7月1日土曜日の曇りの日までずーっと続くみたいです。地震がなければいいが。そして1週間部屋干し。

お風呂に入って寝よう

今日は姉の家にわたしは午後から相方は早めの夕方から行き、家を夏向きにするのを手伝った。この手伝いをやりはじめてから10年にもなるから手馴れたもの。玄関の衝立をすだれみたいなのに付け替え、裏のガラス戸の外にすだれを吊る。それから萩が伸びてきたからまとめてくくった。だいぶ前によそからもらった君子蘭の鉢がいっぱいになって茎や葉が苦しそうなので、植え替えした。

労働終わってお風呂に入って晩ご飯。梅田のデパ地下で買って行ったお弁当その他。天ぷらの大根おろし用に大根買ったら重かった。だが大根おろしは大好評だった。
食後の和菓子も美味しかった。さくらんぼも新鮮な味わい。なにより姿が可愛い。

疲れ切ってしゃべるのもしんどいのでタクシーで帰った。晩ご飯を食べ過ぎたのでコーヒーいれたけどもひとつ。
これを書いたらお風呂にしよう。モンゴル塩をひとつかみ入れたお風呂でさっぱりしよう。チロルの石鹸で顔と髪を洗う。

心斎橋でお買い物

明日新しいiMacがとどく。
今日は姉のところへ行く日なので、朝一にメールチェックしてSNSに目を通してから出発。留守中にこのマックの中身をチェックしてもらった。
いま書いている日記でMac miniを使うのはおしまい。この二年ほどiMacの新製品が出ないか待っていたのでほんとにうれしい。わたしはノートパソコンよりデスクトップが使いよいのでずっと待っていた。

最近MacBook Proを買って使っている相方はすごく気持ち良さそうなのでちょっとひがんでいた。さて、明日からはわたしが気持ちよう使ってみせる。パソコンとしてもちろん使うが27インチの高画質画面で映画を見るのが楽しみ。こつこつとためてきた個人貯金で払えるのもうれしい。

帰り道にハンズで買い物(家庭用品ばかり)したんだけど、タクシーに乗ったら運転手さんに「心斎橋でお買い物ですか」と聞かれた。「それやったらええけど」とつい姉の話(グチ)をしてしもた。「そうやねん」と楽しげにいうたらよかったと後から思った(笑)。
「心斎橋でお買い物」良い響きやなあ。今度聞かれたら「そうですねん」と答えよう。もうちょっとええもん買いたい。

コーヒー淹れてチーズとチョコを

昨日は姉のところへ行くのに阪神百貨店でいろんな頼まれ買い物したので行きしからしんどかった。老人は牛肉を食べるようにとテレビでいってたそうで、「肉めし弁当」を買うてきてやといわれる。最近はお昼ご飯をつくる気が起きないそうで、昼ごはんはカップラーメンだそうだ。わたしと姪が行ったときは上等なお弁当になるのでありがたいという。翌日の分も買っていくから毎日カップラーメンではないはず。デイサービスに週2回行ってるし。

姉の話し相手はええかげんな返事をしないように気をつける。居眠りしたり聞いていないようでこちらがええかげんなことをいうと後でさっきこんなこというてなあとモンクをつけるから。だいたいの会話が同じことの繰り返しやねんけど。ええ加減な返事にはすごく敏感(笑)。

いろいろ片付けて夕方タクシーで堀江にもどってきてほっとした。iMac見にアップルストアに行けたし(なかったけど)(笑)。
今日は我が家の夏支度(ストーブ片付けたり、毛布洗ったり)で忙しかった。晩ご飯を食べてから姉の電話の相手を25分した。11時過ぎて相方がクラブ活動に出かけたので、これからコーヒー淹れてカマンベルチーズとチョコレートをほんの少しだけ食べる。

座り心地がよくて気持ちよい

長いこと使っていた事務椅子を新しくてちょっといいのに取り替えた。食べるものと本とパソコン関連にはわりとお金を惜しまないほうだけど、こういうものには惜しむ。今回も長いこと変えなければといっていた。いいだしてから半年くらい経ってようやく買った。
パソコン机の前にでんと置かれた椅子に腰をかけると仕事ができる人になったみたい。
そこへコーヒーのカップを置くと豊かな感じになった。読みかけの本を数冊もってきて横のプリンターがのった台において、1冊手にとる。今日はばたばたして雑誌を見ていただけだったから、これから更けてゆく夜は読書に励もう。

さて、この椅子で見ているパソコンは同じものなのに、新しく買ったみたいに新鮮な感じがする、というのはオーバーだが、椅子がちょっと高くなってパソコンと机の上の見た目が気分良くなった。背が高い人の視線を手にいれただけなのかも(笑)。

母と娘、姉と妹

さっき実の母親の介護をしつつ娘を育てている友人からメールがあった。いろいろ具体的なグチが書いてあって、ほんまに大変やなと思う。だけど彼女はわたしのことを、「姉への週に一度の訪問、毎日の電話」がすごく大変なことをしていると褒めてくれた。まあお互いに大変やなあということね。
でも、「母と娘」に対して「姉と妹」ではちょっっと重みが違うように思う。母と娘ってのっぴきならない間柄だよね。それにわたしの場合は、姉には姪がいてわたしより彼女のほうが距離が近い。

まあ、今日も朝から買い物して姉の家に行った。姉の出かける範囲は、医者とデイサービスの他は、郵便局、ローソン、美容院、散髪屋(顔そり)くらいだ。そこでは売っていないものを買っていくのがわたしの仕事。
しゃべりながらご飯とおやつをいっしょに食べ、背中のマッサージをした。帰る前に洗濯物を片付け植木に水やりする。それがすんだら最寄り駅までタクシーで行き地下鉄で帰る。
今日はタクシーで梅田まで出て先日見ておいた軽いコートを買った。これで介護労働の疲れが飛んでいった(笑)。

僻んでたかも

昨日の豆剥きで思い出したことを考えた。わたし僻んでいたのかも。
うちはきょうだい7人、上が女2人で、次に男が2人、そのつぎにわたしがいて、その下に弟と妹がいた。姉たちだって母親の手伝いはしたはずだ。そのあとの男2人もけっこう力仕事を手伝っていた。お使いとか行ってたし、妹と弟を連れて紙芝居を見に行ったり川遊びにも行ったり。
それがもうちょっと年が経っていくと学校が遅くなったり、姉たちは映画や芝居に夢中になったり、ボーイフレンドができたり。上の4人が帰ってくるころ、わたしは豆を剥いたり台所でなにか手伝っていた。お使いにもよくいった。台所にいると遊びに行くために着替えた姉が「あんたシンデレラみたいやな」といったのをいまだに覚えている(このお姉さんにいま毎晩電話している笑)。

その時代になるまで、つまり姉たちにお手伝い時代があったことを考えてなかった。ただ、男2人が間にいることで、わたしのお手伝い時代が長かったのはたしかだ。
おかげでいまは幸せに暮らしています。なんじゃらほい。

毎日電話でお疲れさま

義兄が亡くなってからおととし7回忌をやったから今年の年末になれば9年になる。姉の一人暮らし歴もこうして考えると長い。週に2回デイサービスに行き、2回は掃除をしにヘルパーさんが来る。定期的に内科と整形外科に行き、その他の医院、マッサージなどにも出かけ、けっこう忙しい日々である。

その他にわたしと姪が別々に週に一度訪問して一日家事を手伝い一食をいっしょに食べる。
長くやっているから慣れているとはいえ、週に一度の訪問はけっこうしんどい。からだもだけど精神的に身がもたんと帰りに本屋や百貨店やカフェに寄っている。帰ったらすぐにお風呂で長湯する。

そして、タイトルにしたけど、毎日夜8時半頃になると20分ほど電話する。電話しないのは行った日と、わたしがどこかへ行く留守の日だけ。そんなに留守にしないからほとんど毎日かけている。ずっと「もしもし、元気?」で始まっていたが、最近は「もしもし」のあとは「あ〜しんど」である。電話に出てくると「あ〜しんど」では、こっちも意気が下がるけど、まあなんとか陽気に振舞って近所のことやデイでの話を聞いている。

あたい疲れちまっただよ(笑)。
なんかぱあっとお金を使いたいな。そうだ!『お嬢さん』のBlu-rayを欲しいと思ってたんだ。amazonで買ってしまおう〜 はーい、7月4日着。

老夫婦、スタバで待ち合わせ

今日はお昼前に買い物をして姉の家に行った。ゆずめし弁当とおやつの草もちがおいしかった。デザートのさくらんぼは姉のいちばんの好みの果物だが、お金ほどの味かなあと思う。柿のほうがよっぽどうまいぜと比べようがないのにいっている(笑)。

帰りに梅田丸ビルのスタバで相方と待ち合わせ。5時半という早い時間だったので店は空いていた。久しぶりのスタバでブラックコーヒーを頼んだら、おれもいっしょやと相方。実は流行りものなどよくわからんので(笑)。
スタバという名前が知れわたる前に御堂筋本町の大きなビルの1階のお店によく行ってたが、最近はとんとご無沙汰してる。
同じビルの2階にL・L・ビーンのお店がある。前から目をつけていたがっしりしたトートバッグとこれからの季節のTシャツなどを数枚買った。この夏は最低これで大丈夫。
その後は決まりのシャーロック・ホームズでギネスとフィッシュ&チップスなど。うまかった〜ほろ酔い、満腹で地下鉄で帰宅。地下から外へ出たら東の空に満月が光ってた。

いま(11時半)上空と西の空を見たら月はまだ巡ってきてなくて木星と思しき星が一つ輝いていた。

昨日のタクシーの運転手さん

季節の変わり目のせいか昼間は暑く朝夕は冷える。そのせいかどうも疲れやすい。どんなときもぐっすり眠れるたちなのに、おとといは寝つきが悪く仕方なしにぐずぐずと本を読んでいた。運動不足のせいかも。朝はアラームをかけておいて早起き。一応の用事をして出発した。昔はこんなことで疲れなかったけど、いまやデパ地下を動きまわると疲れる。

朝ごはんを抜いているから空腹きわまりなし。正午に姉の家で昼ご飯を食べて、家事を少々手伝ってコンビニについて行って、庭の木々に水やりして、姉の背中のマッサージをした。マッサージは今日はプロにやってもうたからいらんやろといったら、プロには腰と足だけ頼んでいるそうで、背中はやってもうてないというので、肩から背中を揉んだ。あんたにやってもらうのがいちばん効くとのたまうのである。そんなこんなでけっこう疲れた。テレビでプロ野球を見て阪神のお立ち台まで見たので、6時近くなった。

連休最後の日だからタクシーがくるか心配したらやっぱり通らず、十字路で15分くらい立っていたかなあ。止まってくれた車に乗って行き先(我が家)をいうのを間違って「えー、ちがうわ、ちょっと待ってー」と一休止。そんなもんで運転手さんはきっとボケ老人と思ったに違いない。黄昏の十字路にいたからって、まさか妖精とは思わなかっただろうが(笑)。まあちゃんと告げてからは、映画やテレビの時代劇の話を声色付きで絶え間なくしゃべって笑わせてくれた。着いたら「車を降りる時にこける人がようおるからね、気をつけて足を出してね」と見守ってくれた。世の中にはいい人がいるもんだ。