網野善彦『異形の王権』

『週刊現代』4月8日号、佐藤優さんの連載「ビジネスパーソンの教養講座 名著再び」に網野善彦『異形の王権』が紹介されていた。〈後醍醐天皇の力の源「異形の輩」とはーー日本の暗部を突く論考〉とある。ちょっとあおられた感じで、読んでみたいと思った。網野善彦さんの本をいままで読んだことがないし、どういう傾向の人だとかも知らなかった。そもそも日本歴史を知らない。時代小説もほとんど読んでない。翻訳ミステリをただひたすら読んできただけというお粗末な人である。思い切って買ってみた。
読み出したら図版が多くて文章がわかりやすい。ただ、いくらやさしく書いてあっても基本がないからどうしようもない。絵と写真を見てふーんといっているだけだ。
わかったようなわからんような感じで最後まで読んだ。そこで見つけたのが、鶴見俊輔による解説「身ぶりの記憶」だった。鶴見さんによると、敗戦までの70年くらいに小学校に入った世代の日本人にあてはまることがある。日本史には三つの劇的な場面があって、その一つは天孫降臨、もうひとつは、南北朝対立のさいの南朝方の苦難。もうひとつは江戸時代の末に幕府をたおして新政府をつくる明治維新の偉業である。三つの劇的場面の中心に天照大御神、後醍醐天皇、明治天皇がいた。網野善彦の日本史はこれを切り崩すものとして対している。しかし後醍醐天皇を重要視するということにおいては、一致している。その位置づけかた、えがきかた、意味のとらえかたが違う。後醍醐天皇は、異形の人びとをよびあつめて新しい力をよびさました異色の天皇であり・・・
ここまで読んでようやく鶴見さんのいわんとすることがわかり、網野さんが書こうとしたことが見えてきた。こうやって文字を打つという行為も学びのひとつだなあ。自己満足(笑)。
(平凡社 951円+税)

あったかい

春ですなあ。お昼ごろ、今日は5月の気温であると天気予報の声が聞こえた。おおっ!
昨日の夕方洗濯して干してあった衣類が午後にはしっかりと乾いていた。さわやかでええ気持ち。また次の洗濯をして干した。この調子でいくと雨の日の汚れ物がすぐに一掃されるだろう。
クリーニングに出すものも来週早々に片付けて夏に備え、次の冬に備える。ふとんの整理もしなくちゃね。ちょっと気がはやいかな。

横浜在住の妹から自閉症の人たちが焼いたずっしりとしたバウンドケーキが届いた。毎年春になるとその施設で作る桜がテーマのおいしいケーキだ。毎年、送ってくれるのをありがたくいただいている。クッキー類もうまい。ケーキ屋さんのケーキ類に比べても負けない。うまいものには目がないわたくし。

カツオのカルパッチョと定番ポテトサラダと豆スープ

木曜日に姉の家に行くことが多い。姉のカレンダーは日曜はマッサージ、月・水はデイサービス、火・金はヘルパーさんが家事を1時間しにやってくる。老人といえどもけっこう忙しいのである。そして土曜日は姪がくる。木・金が空くのでそのどっちか雨の降らない日にわたしが行くことになっている。
今日も行っていっしょにお弁当とおやつを食べてしゃべってテレビの犯罪ドラマを見て夕方帰ってきた。
義兄の死から7年以上経ったから、みんなそれぞれ年をとった。わたしだって最初は地下鉄を降りてからしっかり歩いていたけど、最近は梅田からタクシーである。経費が出るからいいけど、7年前と同じことはできんわ。

お昼は阪神百貨店で買った豆藤のお弁当を庭で食べるはずだったが、今日も寒いねとコタツで食事となった。旭川・札幌は雪だそうだから贅沢いわないけど、桜が咲いているのにこの寒さはナンギなことである。疲れるわ〜
地下鉄とタクシーを併用して帰ったら晩ご飯ができていた。たたき用のカツオを買ってきてつくったカルパッチョ。レモンがよく効いてうまかった。先日iさんにいただいた豆でつくったスープもうまかった。定番のポテトサラダもうまかった。
あとはネットと読書で今日も終わる。

今日は良い天気だった

久しぶりの良い天気。お日さんがいっぱい当たって気持ち良い。洗濯をたくさんしてベランダいっぱいに干した。これで部屋干しから解放されるかな。ついでにふきんや雑巾も洗って干した。
昼ごはんがすんで洗い物をしようと立ち上がったら、相方が台所の換気扇の掃除をすると言い出した。新しくしてからまだ何度も掃除してないことを思い出したが、言い出した者がやればいいやとほっといた。でもまあそうもいかんなと途中から参加。高いところはまかせて外したカバーを拭いた。すごい油がついているのを古いタオルで拭いたら気持ち良い。

終わってからつるかめ整体院に行って治療してもらい体操を教えてもらった。もどってからはシーツやカバーを取り替えて明日の洗濯にまわす。昨日までの1週間に比べてなんと生産的な日なんだ(笑)。

『キャロル』の縁で

去年の2月に映画『キャロル』を見て、小説のほうも前後して読んだ。映画を何十回見たという人がたくさんいるの知った。そうこうしている間にツイッターでたくさんのキャロルファンとツイートのやりとりで知り合いフォロワーさんがけっこうできた。わたしとしては30年近く前にV・I・ウォーショースキー(ヴィク)のファンが集まったとき以来の出来事である。こういう感情を持つことはもうないと思っていたからうれしいようなまぶしいような。キャロラーたちの集まりはもうすでにあって、わたしの目にも触れていた。でもって弥次馬魂が炸裂し厚かましくもメッセージのやりとりをするようになった。

今日は気持ち良く飲み会とあとのカフェに誘ってもらったのでついて行った。
ヴィク・ファン・クラブで経験してたけど、好きの中心があると話が早い。にっこりするとわかりあえる。子か孫かと言われそうだが若い女性たちと笑いながらしゃべれて幸福だと思った。まあ、それなりに気を使いはしたが、彼女らのほうがもっと気を使ってくれて段差に気をつけてくれたりね(笑)。

バムアーのメンズキャップとバッグのはなし

相方に封筒が届いた。注文したバムアーのメンズキャップが入っていた。野球帽型で、さっそくかぶって出かけてご機嫌さんである。バムアーは先日はじめて知ったメーカーなんだけど、写真を見たときからお気に入りだった。
実はその前に古いバッグが入れてある戸棚から、これっというのが見つかった。20年も前にわたしがアメリカ村の輸入品の店で買った肩掛けバッグで、店の人が狩猟のときに銃弾を入れておくためのものだと説明してくれた。開け口が狭いのもそれで納得してうれしそうに肩に掛けていたが、わたしが着るものが普通なので釣り合わず、結局あまり持たないで古いもの入れ行きとなっていた。バッグについているタグが帽子のと一致しているのを見つけて大喜び。帽子は黒でバッグはベージュだが、さすが同じメーカーの品、よく合う。そして両方とも丈夫そう。

春の愁ひ

暖かくなった。肉体的には足がだるく目がかすんだりなんとなくしんどい。したがって気持ちもだるくて重い。これがわたしの春の愁いやなと思ったら大伴家持の歌が浮かび上がってきた。
家持の絶唱三首と言われている短歌
春の野に 霞たなびき うら悲し この夕影に うぐひす鳴くも
わが宿の いささ群竹 吹く風の 音のかそけき この夕かも
うらうらに 照れる春日に ひばり上がり 心悲しも ひとりし思へば

からだが元気で心だけ愁ひているのならええけど、からだも心も愁ひ状態なのでつまらない。「愁ひ」の先人がいることに慰められて、風呂入って寝よ。

菜種梅雨とか春霖とか

暖かくなって喜んでいたら寒のもどりとかで寒さがもどり、雨降り続きのいまは「春霖」だからといって耐える。菜種が咲いているのは近年見ないけど、最近の雨の日々は菜種梅雨である。
あまり降られたらいやになるけど、久しぶりに降る雨はありがたい。窓から街路樹を見ると枝が濡れてうれしそう。

雨降りのせいで外に出ないから桜に降る雨を今年は見ていない。土佐稲荷神社くらい行こうかと思うけどおっくう。せめて身近な近所の公園と教会の庭の桜を見に行こうかなと思う。明日はスーパーに行くつもりなので帰りに回り道しよう。この辺りは小さな公園がたくさんあって桜の木をチェックしてある。明日天気が良ければ桜めぐりをしてもいいな。椿の花も見たいな。乙女椿がある公園とマンションを見ながら歩こうか。

しゃべって笑って食べて・・・凝り解消の予定

昔のことだが、朝目が覚めると天井がぐるぐる回っていたことがあった。じっと目をつぶってやりすごしたが実にいやなものだ。前夜に見た映画『2001年宇宙の旅』のいろんなシーンが浮かび上がってきて眠れない。起きたらからだがふらふらしてなにかにつかまらないと倒れそう。結局、横になって眠ることでやり過ごしたがいやな経験だった。その後も「めまいがするから横になるわと寝てしまうことがたまにあった。
その現象が過去のことでなく先日にも起こった。起き上がってからつるかめ整体院に電話したら、今日は営業しているとのことで予約して午後行って診てもらった。ずいぶんと凝っていると感心(?)されました(笑)。圧してほぐしてもらってええ塩梅にしてもらった、ほっ!
来週は女友だちと梅田で飲み会の予定。ネットでできた友人たちで初対面の人ばかりだが、テーマがしっかりしているのでしゃべって笑って食べてストレス&凝り解消できるでしょう。

晩ご飯はイカのトマトソースが主菜

朝から買い物して姉の家に行った。庭続きの隣家の古木の桜が満開なのを愛でさせてもらい、散る花びらの下で花見弁当を食べる予定だったが、風が通って寒いと姉がいいだし、いつものコタツの上に広げることになった。わたしとしては高級弁当で、デザートにショートケーキも買ったので、豪華やな贅沢やなとはやしながらの老女二人の花見の食事になった。

夕方になる前に雨が降り出したので早めに片付けて梅田へ出て百貨店でいろいろ見た。見ただけで買ったのは靴下だけだけど。百貨店の各階をゆっくり見たのは久しぶりだ。いつも食品売り場をばたばたするだけなので、今日はゆっくり小物など好きなもので気分を変えた。それでも足に疲れがたまっている感じ。

帰ってお風呂に入って出てきたら晩ご飯ができていた。
イカをトマトで煮たのと、根菜たっぷりのラタトゥイユ、芽キャベツの炒めたの、ピクルスなどたっぷり山盛り一人あたり4皿、それとバケットと紅茶。