すさまじいかみなり、夏の晩ご飯

暑い暑いといいながら毎日を過ごしている。一滴も雨が降らんねと嘆きながら。
あまりの暑さで昨日とおととい(19日20日)は日記お休みした。元気がないねん。今日は21日金曜日だけど、もう12時過ぎたから22日になってしもた。結局21日の日記はお休みです。阪神タイガースの藤浪投手頑張ったから21日の勝ちは書き残しておかねば。

午後の雷はすごかった。一発だけやったけど、その一発がでっかくて。音で飛び上がった。ついでえらい勢いで雨が降り出した。その前に洗濯物を入れといてよかった。

晩ご飯はそうめんだけどご馳走。エビとハモの天ぷらと椎茸の煮物つき。ハモを「これなに?うまいなあ」といって呆れられた笑。
食前か食後に果物が必ずついているのが最近の傾向。ささやかな贅沢。

猛々しく暑い

この10日間暑くてたまらん日々だったが、おととい、きのう、きょう、猛暑という表現を超えた暑さである。10日前は寝入る前に部屋を冷やしておいてエアコンを消していたが、いまやエアコンと扇風機をつけっぱなしで寝ている。その上で足の冷えを防ごうと太腿から下には毛布をかけている。膝にかけた毛布は有効だ。

天気予報で明日は今日よりもっと暑くなるといっていた。もうたまらんと梅雨明けしてからずっと叫んでいるが、熱中症にならずになんとか生きている。
明日も酷暑の中で生きていたら、なんと叫ぶかな。
ほんま、暑いわ。

完徹 村上春樹『1Q84』を読み出した

昨夜はその気はなかったのに朝まで一睡もせず、気分も悪くならず今日が始まった。夜中に村上春樹『1Q84』を読み出したら止まらず、ときどきとばしはしたが読み通した。
この本の初版を当時の友人が貸してくれた。東京から宅急便にしてくれたのを、たいして読まずに送り返してしまった。当時はそれくらい春樹さんが嫌いだった。初期の作品を出版当初に何作か買って読んだのだが、普通以上に嫌っていた。「なによ」って感じで笑

それ以来関心をもってなかったが、数年前に夫が読み出したのをいっちょかみして読んだらおもしろい、というか感動すらした。
いまは『ねじまき鳥クロニクル』が好きで3度も読んでいる。

今日も暑い日だったが、夕方になって日が陰ってきたら冷たい風が吹き始めた。今日は早寝する。

汗をふきふき豚汁を

熱い豚汁を昨日の夜に2回分つくって半分食べて、今日の昼に残りの半分を食べた。暑い暑いといいながら。温めたご飯と熱い汁と焼き立ての魚が暑さをあおっている。昨日の最後は熱い番茶と豆大福でしめた。
今日は豚汁の残りとサラダ、煮物などお皿3枚ずつ。そして最後に出てきたのが田舎饅頭によく似た優雅な名前の饅頭だった。

饅頭を食べながらお茶を飲みながら饅頭談義のお盆休み。
なぜか暑いと甘いものが食べたくなる。
墓参りも帰省も旅行も関係ない我が家だが、この夏はコロナと熱中症が怖い。なので昼寝優先。早寝ではないが遅起きで体を労っている。お風呂もよく入る。腰湯やら足湯やらも。

暑い日はスイカがいちばん

おやつに食べたスイカがうまかった。甘くて水分たっぷりで。桃よりうまいね、桃みたいにすましてないところがいいね。最近は赤いところだけでなく、皮のほうの白いところも食べてしまう。そこんところに栄養分が多いってなにかで読んだので。いままで捨ててたところをありがたがって食べている。コロナ対策でもある。効果があるらしい上に食べたらけっこううまい。いままでなんで嫌っていたのだろう。

朝食はバナナとヨーグルト。すぐに昼ごはんでパスタとサラダと紅茶。食後にマクワウリを食べた。夏はウリの類いがうまいねといいながら。
いちばんうまいのはスイカやで。めしがすんだら買いに行くと相方が買いに行った。毎年買っている小さな八百屋さんになくてスーパーオアシスで小ぶりなスイカを買ってきた。八百屋さんのほうは長雨のせいで採れなかったのかも。
捨てるところの少ないスイカ、経済的や〜我が家向き笑
それにしても、暑いなあ。風がとおるから助かってるけど。

ヒュー・グラント久しぶり『Re:LIFE~リライフ~』

日曜日の夜はヒュー・グラントの映画『Re:LIFE~リライフ~』(2014)を見て満足した。長いことヒュー・グラントという名前すら忘れていたので見られてよかった。トシとってもオトコマエで好感持てる。

主人公は有名な賞をとったこともある名の知れた脚本家だったが、いまになって仕事にあぶれ、田舎の大学で講師の職を得て赴任する。
そこで知り合った教師や女子学生や男子学生との交流や行き違いが描かれ、窓の向かうはいつも雨が降っているわびしい生活がリアルに迫ってくる。それでもさすがヒュー・グラントだ、オトコマエなんである。

最後は気持ちよく晴れて、心もはればれ、楽しい映画だった。懐かしき『フォー・ウェディング』を見たかったんだけど代わりに見たこっちもよかったんで気分が落ち着いた。

猛暑で洗濯ひんぱん

今日は35度近いというのにわが家は涼しかった。セミの声さえ涼しげに聞こえてた。
窓と戸を広く明けて風を通し、部屋の中は扇風機の風が行きわたるようにして食事やお茶をしてたらほんまに涼しげ。涼しげでなくてほんまに涼しかった。ベッドにごろんとひっくり返ったらTシャツのままだとお腹が冷えそう。

ラジオから室内ではこまめにクーラーをつけるようにと指示がある。うちではこまめに自然の風と扇風機の風を利用している。時にクーラーの風にもお世話になる。

ありがたいのは洗濯物がよく乾くこと。夕方干しても夜に乾いている。1枚のパジャマを洗って干して着て、また洗って干して着ている。お気に入りのパジャマが早くくたびれてしまうと慌てる笑。
今日はタオルケットを洗って干した。汗をかくから洗濯ひんぱん。すぐに乾くから問題ない。

はらはらドキドキ、わたしのMac

今朝起きてMacを立ち上げようとしたら画面は黒いまま。大慌てで夫に見てもらった。いろいろ手を尽くしても動かなくてどうなるかと思ったが、午後に買い物から帰って再挑戦したら静かに動き出した。ああ、よかった〜
機械ものに関しては困った〜とか、よかった〜としかいえないわたし。
その上に、ご飯はつくってもらってるし、出かけるときは送ってもらってるし、着るものも買ってきてもらってるし、日々感謝しています。

ということで、今日はMac復活の話だけしかありません。

とってもおいしい山梨の桃

5月の末に髪をカットしてもらったと記憶している。記憶があってないかもしれないが、遠からずだと思う。長雨のせいで2ヶ月間ほっといた白髪がぼさぼさで、ようやくカットに行こうと腰があがった。行けばわいわいとしゃべりまくり。
妹が送ってくれた山梨の桃が昨日届いたので持っていった。「秀」マークがついている桃はおいしい。毎年送ってもらって、毎年持っていっている。

実はこの桃は、わたしの従姉妹の桃農園で採れたもの。従姉妹といっても子供のとき一度会ったことがあるだけだけど。
わたしの妹が桃の従姉妹の親戚の男子と結婚したので、いまも縁がつながっている。わたしは毎年桃をもらって食べている。子供の頃はしっかり者の従姉妹とわからずやのわたしと大人の判断でいわれていたが、いまになってみると当たっているね笑。相変わらずぼやっとしてなにを考えているやらのわたしと、桃農園で働く従姉妹。お互いに歳をとった。10年くらいも来年は桃を送れるかどうかわからんよと妹はいわれているらしい。
来年も桃が届きますように。

新しい扇風機

数年前になぜか近隣のお店の扇風機が品不足で、何店かまわったところでは超高級品しかなかった。ほしかったけどね。でもうちの部屋には似合わん。近所のスーパーの片隅に安いのが積んであったのでとりあえず買ってきて、来年はいいのを買おうなんていっていた。安い扇風機でも風はくる。来年どころか数年間掃除しては使っていたが、去年の秋にはさすがにもう捨てようと決断して解体して捨てた。
今年は早くからどんなんにしようかと探していたが、ようやくアマゾンでよさげなのが見つかり慌てて注文して、おととい到着。

写真を見て気に入ったのだが、ほんまにすっきりしていいかたちだ。風も気持ち良い。また数年はお世話になる。いい扇風機を使うと風も気持ち良いのがわかった。クーラーと扇風機を使い回して快適な夏を過ごせそう。

今日は大阪西区は36度までいくと天気予報でいっていた。クーラーつけずに扇風機だけで昼食して暑いねと温度計を見たら36度。あわててクーラーと二本立てにした。その後は外の風を締め切ってごろんとベットに横になったら快適昼寝できた。