青空文庫でシャーロック・ホームズ

昨日はドラマを見るのを休んで気を入れて日記を書き、発達障害の本をあちこち読んだりしていたが、夜中に飲んだコーヒーが効きすぎて寝つきが悪くなった。トイレに何度も起きて今日は睡眠不足ぎみ。ぐずぐずしながらシャーロック・ホームズを青空文庫で探して読んでみようと思いついた。検索したら『緋色の研究』がちゃんとあった。図書カードは「緋のエチュード」となっている。

シャーロック・ホームズの物語を初めて読んだのは小学校6年生のときだ。父が古本屋で買ってきた本を兄弟姉妹が取り合うようにして読んだ。その後はそれぞれが買ったり借りたりして読んだと思う。それぞれミステリファンになったから。わたしは大人になってからは読んでいない。今日がはじめてだ。青空文庫を探したら挿絵付きのがあった。ラッキー。暖かい部屋でお茶しながらパソコンを見つめておおいに楽しんだ。

ローリー・R・キングの『シャーロック・ホームズの愛弟子』シリーズ(集英社文庫)が気に入っていたときが長くあって、コナン・ドイルでなく、ローリー・R・キングのホームズファンだった時期が長かった。ホームズが結婚したのには驚いたっけ。ホームズ54歳、メアリ・ラッセルは15歳!

『シャーロック』と発達障害

ついこの間だけど、夫が買ってきた香山リカの『「発達障害」と言いたがる人たち』(SB選書)をさきに読ませてもらっていたら、香山さんが岩波明の『発達障害』(文芸春秋)を勧めていたのですぐに買ってきてもらった。わたしは「発達障害」という言葉は常々気になっているが、「発達障害と言いたがる人たち」ではない。甥の一人が自閉症ということもあってずっと気になっている言葉ではある。

香山さんの本を読むのを途中でやめて岩波さんの本に移り「はじめに なぜあの人は「空気が読めない」のか?」を読み出した。なんとまあ、章の最初の言葉がシャーロックなのである。ベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロック。
我が家はずっと前から映画から遠ざかっている。ここで『シャーロック』を見ないでポカンと解説されているだけでいいのか。実は、ベネディクト・カンバーバッチが素敵なことはネットの記事でじゅうぶん知っている。写真だけ見ていても素敵だ。夫に「この映画を見ないで発達障害について語ったらあかんのとちゃう? Amazonプライムで探そう」といった。すぐに見つかったので、月曜日に『シーズン1-1緋色の研究 “A Study in Scarlet” 火曜日(昨日)にシーズン1-2 死を呼ぶ暗号 The Blind Bankerと、シーズン1-3 大いなるゲーム The Great Game の2本を見た。
シーズン1は2010年の作品である。10年前の作品とは思えない新しさと速さ。

携帯電話とノートパソコンが出てくるところでびっくりしたが、会話の中でもシャーロックのサイトとかいうし。ワトソンはブログを書いてるし。製作年はいまから10年前なのだからその当時の最先端がまだ通用している時に見られて幸せだった。

そして、全体のスピードに驚かされた。はやい、はやい、すごく展開がはやい。結着も早い。「わたしら遅れてるぅ」と思わず叫んでしまった。
今日は発達障害の本をもう一冊買ってきてくれた。本田秀夫『発達障害』(SB選書)。

痒いところに手をとどかす

昨日の夜中にトイレに起きてちょっとしゃべってから寝たんだけど、横になったら背中が痒くてかゆくてもうたまらんっ、右上を掻いて左上を掻いて、左下から右下に移動して掻いて、そしたら足首が痒くなってもうたまらんわって叫びたくなった。でもちょっと掻くのを止めて考えた。いままでもあったじゃん。痒いときは痛くないとき。
掻いてる時は痛くない。これっていまのひざ痛に効くかしらん。考えているうちに寝入ってしまった。朝起きたら痒いのは止まっていて、ひざはやっぱり痛い。そうやろな、このひざが簡単に治るわけない。

でも夜中に掻いているときは痛くなかった。鎮痛剤を飲むのをやめてから痛みがきついが、痛みを感じているのを感じているわたしがいる。痒いときは必死で掻いて痛みを忘れるのだからおもしろい。
痒いところに手が届くっていう言葉があるけど、痒いところってふつう手が届かないからいうんかな。いやいや、痒いところってどこかわからん場合が多いのかも。あっちこっちと探しまわって掻いてまわる笑。

真冬だから寒い

今日も真冬の寒さだ。部屋からちょっと出ただけでも寒い。風邪をひいたら大変だからひかないようにおおいに気をつけている。出かけて帰ったら消毒薬をプシュッとし、手首まで手洗いし、つけていたマスクを捨ててうがいをする。

昨日の夜というか今日の明け方はほんまに寒かった。ベランダに面したガラス戸と張り替えたばかりの障子を閉めてカーテンを引いているのに寒い。トイレにいって横になったが「おーさむぅ」という感じでしばし目が覚めていた。
障子を張り替えてからつけていなかったオイルヒーターをつけたら、しばらくして納得のいく暖かさになりやれやれと熟睡。

じゅうぶん寝てお昼頃に起きたがやっぱり寒い。ストレッチするマットの下の床が冷えている。真冬だから寒いはずやと納得するしかない笑。
洗濯したけど干すのが寒いなと思ってる間に相方が外出着に着替えて干しはじめた。たまには手伝おうと思ったのだが、向こうは自分の仕事にしているから手早い。
今年は暖冬かと思っていたが、やっぱり真冬は寒い。

腰湯でマッサージ

去年の暮れ、お風呂から出られなくなった翌々日に浴槽専用の椅子を買ってきてもらった。わたしが入浴する時は浴槽内に置くようにしている。座ると上半身が寒いので、しょっちゅう肩に湯をかけるが温かいのはそのときだけ。タオルをかけてお湯をかけてもすぐに冷める。これには困った。

ふと思いついて「腰湯」と「半身浴」を検索してみた。
[半身浴が「ぬるいお湯にみぞおちまで浸かる」のに対し、腰湯は「熱いお湯(45℃前後)にへそまで浸かる」部分浴です。]とあったので、これだこれだと喜んだ。

やり方や理論が書いてあるが、以下は読んだ上でのわたしの自己流です。
45度のお湯は熱い湯が好きなのでオーケー。湯の中に椅子を置いて腰掛ける。もちろん上半身は寒いがちょっとしんぼう。
健康雑誌『わかさ』を読んでメモした絵「足底、アキレス腱、ふくらはぎ、太もも、大胸筋をはがす」を見ながら、各所を剥がすようにマッサージ。
15分くらいすぐに過ぎる。途中で湯から上がり体を洗い、また入って同じことを繰り返す。

これで腰湯終了。最後はシャワーでいっちょあがり。乾いたタオルが気持ち良い。最初は寒かったがどんどん温もってきて出る時にはいい気分になっている。

真冬の寒さに紅色のセーター

先日ラジオの天気予報で「明日は真冬の寒さになります」といっていた。いまは真冬だ。真冬の寒さで当たり前じゃとぶつくさとモンクをいっている。
ここ数日寒い日が続いている。その前はあんまり寒くなかったが雨が多くて低気圧な日々でまいった。寒くても湿度が高くなければ過ごしやすい。

数日前から鎮痛剤を飲むのをやめたのでひざが痛む。どうも基本の体調がパリッとしなかったのが鎮痛剤をやめたらマシになった。でも、ひざは痛む。痛みを抑えるのではなくて、ストレッチや体操で痛みの因をとりたいというのが今の考え。

今日は厚手のカーディガンを出して着ている。おととし堀江で一目惚れして買った紅色のカーディガンだが、あまりにも強烈に甘い色でひとさまの前では着にくい。今シーズンは家で着たおしてお払い箱にしよう。
わたしのセーターはほとんどが黒か紺かグレーだ。たまにピンクやブルーなど明るい色を買ったのが何度も着ないで残っている。低気圧な日の普段着にしよう。

カンパチと大根の味噌汁

赤ワインにあうトマトとキノコとチーズのサラダの後に出てきたのは、カンパチのあらと大根がたくさん入った大鍋の味噌汁。刻みネギが香り高い。たくさんあるので汁椀でなく丼で食べた。カンパチは骨までかぶりついてしゃぶった笑。大根がこんなにうまいなんて! おまけに安い! 

先日って去年の12月26日のことだけど、「カンパチの粕汁」がうまかったと書いている。今日は二番煎じになってしまったが、味噌汁にして、これもうまかった。

新型肺炎

さっきネットニュースでいってたが、新型コロナウイルスへの対処は簡単で、1 お日さんをよく浴びる、2 栄養をきっちり摂る、3 よく眠る、の3つを実践したらよいとのこと。コロナウィルス対策だけでなく生活の基本だよね。
そしてマスク。在庫を調べたらあまりないのがわかり、ちょっとまとめて買ってきた。これで一安心。そして、外出から帰ると手洗いを忘れないこと。

昔、小学校にあがる前にジフテリアで入院した。わが家から次兄、わたし、弟の3人が隔離病棟へ運ばれ入院した。1ヶ月後に兄とわたしが助かって退院し、弟は死んだ。白衣に囲まれて病室に運ばれたこと、隣のベッドの同じ年齢の少女が苦しくて暴れ、ベッドに紐で固定されたことを思い出す。彼女はその夜に暴れた末に死んだ。

退院のときは持っていった本やおもちゃなどすべてを没収された。返してもらったものも消毒薬で真っ白で、結局病院に置いて帰った。
伝染病や隔離病棟のニュースを聞くと、就学前にジフテリアで長期入院したことを思い出す。

今週も低気圧、ふくらはぎマッサージ

昨日についで今日も体調がぱっとしない。気温は高いが風が強くて暖かいとはいえない。ラジオの天気予報でも低気圧のせいでというてた。洗濯ものを干せないので洗い物の在庫が山になっている。今夜から明朝はまだ降るらしいが、そのあとは天気のようだ。明日朝は洗濯機をかけて第一回分を干そう。

昼前に腰湯をして「ふくらはぎ はがし」と名付けられたマッサージを健康雑誌の記事からやってみた。これ続ければよさそう。とにかくひざを治さねば。

今日の午後は近所の知り合いにマッサージマシンを1時間使わせてもらった。このマシンはバリエーションがあって6通りのマッサージをしてくれる。やっている間はおおかた寝ていた。大いに休まって帰り、おやつはチョコレートパンとコーヒー。
晩ご飯は赤ワインとオムライスとサラダ。相方のつくった大皿からはみ出るほどの大きなオムライスにまんぞく、まんぞく。

ソフトギミニックで太ももを鍛える

今日は雨が降って風も強くて気分も低気圧な日だった。明日もからっとしないようだ。洗濯物は溜まるし。
おととい姪が送ってくれたプラスティックのボール「ソフトギミニック」で毎昼毎晩体操をはじめた。不器用なので図解のとおりに体が動かない。

まだ2日目だ。毎日きちんとやればそのうちうまくできるようになるだろう。
その前には普通に丸いボールを買ってきて使っていた。ソフトギミニックはひと味ちがっていて、やっているとこれは効く!という感じだ。でも運動神経がゼロに近いわたしには製作者の意図のとおりにやっているのか不安になる。まあやっているうちにコツを会得できるだろう。
ひざの間にはさんで力を入れる運動で太ももの強化ができるそうだ。太ももが強くなるとひざもよくなるそうなので黙々とやっている。

以前はひざの水を抜いたときは調子があがったのだが、今回は水がたまり過ぎていたのか調子が悪い。まあ調子が悪いと体操にせいを出すのでかえってよかったかもしれない。ひざとふくらはぎの体操を続けよう。「ふくらはぎ」という言葉が好き。