連子鯛のスープで風邪退散するか

朝から姉の家に行って雑用とおしゃべり。午後に20分ほど地区のケアマネさんの訪問があった。たいていの高齢女性がそうだと思うが、お役人が相手だとかしこまってしまう。普通の自分より高めに設定した自分になって受け答えするので、横から訂正を入れたりした。妹(わたし)と姪が週一に訪問している話をして、「れんらく帳」も見せた。わたしもけっこう高めの設定。でもさすがケアマネさん、すべてわかっている感じ(笑)。

帰りは蒸し暑いししんどいので、タクシーに乗ったら顔見知りの運転手さんだった。
8年前は行きも帰りも駅から歩いていたのが、5年目くらいから途中までタクシーをつかうようになり、去年からは行きしも帰りしもタクシーを使うようになってしまった。「以前は新大阪までよう乗せましたで」と運転手さん。「8年経ったら体も古びますわ、わたしはこのあたりをよく流してますねん、また会いましょう」だって。奥さんの病気の話で帰りの時間はまたたく間に過ぎた。
早めにタクシーを降り土佐稲荷に寄った。年の半ばの行事、茅の輪をくぐろうと思ったのだが、もう外してあった。残念なり。散歩して帰った。

家では料理が出来上がりつつあったので風呂に入って着替えした。相方がおととい映画を見るときにクーラーで体を冷やしたらしい。昨日から鼻水が出てなんぎしている。今日は頑張って買い物に行き、風邪退散メニューを作った。野菜サラダ、ジャガイモが入った連子鯛のスープたっぷり、トースト、漬物、リンゴ、もらってきたゴーフルと紅茶。食後に一眠りしてたけど風邪は退散するか。

パク・チャヌク監督『イノセント・ガーデン』

だいぶ前のことだが雑誌に出ていたミア・ワシコウスカの写真に惹かれ映画を見たいと思って見たのが『ジェーン・エア』だった。たしか本人の希望で撮った作品だったと思う。女の子だったらだれでも好きなジェーン・エアを素直に演じていた。でもちょっとエキセントリックな役柄のを見たいなと思ってだいぶ経つ。

おととい『お嬢さん』の配達日時を調べていたらそのページの広告にあったのが本作。1000円でお釣りがくるじゃんとすぐに購入したら今日届いた。
わたしの好みだと『お嬢さん』より合いそうな感じだなとさっそく今夜見た。早寝しないとあかんのやけど、今夜も夜更かし。最後まで蚊に食われているのも気がつかずはらはらだった。パク・チャヌク監督、2013年の作品。製作にリドリー・スコットとトニー・スコットが入っている。

娘役のミア・ワシコウスカがとてもよかったが、それにも増して年増の色気が上品だけどむんむんする母親役のニコール・キッドマンもよかった。昨日も大金持ちの家で贅沢な暮らしだったけど、今日もアメリカの田舎(?)の邸宅が出てきて、母親の部屋のインテリアなんか素敵すぎる。父親の葬式に突然現れる叔父さんが男前で、母にも娘にもにこやかに手をだすところが不気味。娘と叔父のピアノ連弾はすごくエロティックで惹きこまれた。なんとかならなあかんやんって思いつつ見ていたら、なんとかなった結末が怖い。

パク・チャヌク製作・監督・脚本『お嬢さん』

原作サラ・ウォーターズの『荊の城 上下』(創元推理文庫)は何度も読んだお気に入りの小説。ディケンズを思い起こさせるロンドン貧民の暮らしがこれでもかと描かれ、主人公の少女スッキの強さと柔らかさに魅せられる。それが詐欺師の一味としてお城にやってきて、お嬢さま(キム・ミニ)にからむ。お城にいたお嬢さまは実はなかなかのやり手なのであった。
素晴らしい映像。イギリスのお城の代わりに日本建築のお屋敷だが、広い庭園の中をくるまが走る。門を過ぎたところで降りる支度をするスッキ(キム・テリ)に運転手がまだまだだから起きなくてもよいと声をかける。『レベッカ』の邸宅に到着するまでのうねうねした道を思い出した。

まだ韓国が日本統治下にあった時代のお話で、セリフはほとんど日本語である。
そのお屋敷で生まれ育った秀子お嬢さんと召使いに雇われた娘スッキの間にかもされる不思議な愛の交歓が妖しく美しく圧倒された。2016年の作品。
パク・チャヌク監督の映画は初めて見たんだけど、しかも原作のサラ・ウォルターズからの縁なんだけど、もっと見たいと思ったら、明日届く『イノセント・ガーデン』もパク・チャヌク監督で、不思議な縁に喜んでいる。よかったです〜

台風第03号どうなんやろ

今日は暑かった。午前中は格別暑いと思わず、洗濯してこの様子なら夕方乾くなと気分良く乾した。うちはまだ暑いねと会話があってからクーラーをつけている。今朝もふつうにクーラーなしで相方はご飯づくり、わたしは洗濯と片付けをしていた。昼食はナスとトマトのパスタ、サラダ、豆乳、肉と野菜炒め、トースト、紅茶でしゃべりながらゆっくり。ふつうに暑いという感じだった。テーブルを片付けていたら猛烈に眠くなって、ちょっと失敬とベッドで横になった。こんなことはめったにない。気がついたら相方も寝ている。それを見てこちらもまた寝てしまった。まあ昨日は遅くまで映画を見てそのあとブログ書いたり調べたりしてたからなと、弁解の気持ちになったが、朝もゆっくり寝てたんやからそれはないはず。

4時になって目が覚めて片付けをしお茶にした。
ようやく気が付いたがすごい汗をかいている。そうや、昼のニュースで大阪33度というてへんかったかな。暑いといっても梅雨、真夏になってないのだから33度はくそ暑い。経験してない暑さ。
ここで気がつきクーラーをかけ、冷たい水を飲んだ。ラジオでいってるように高齢者がうっかり水分をとり忘れて熱中症になったというやつ。そうなるところやったなと一息ついた。すごい汗が出てまた着替え。
もう12時近い。足元から冷えてきたのでクーラーを消した。晩ご飯が遅かったので洗い物はこれから。

明日は明け方から雨の予報である。大阪の雨量は120ミリ、時間帯は夕方から朝にかけて。

アントワン・フークア監督『サウスポー』

『マグニフィセント・セブン』『トレーニングデイ』『クロッシング』といまいちばん気に入っている監督の作品を探したら出てきた。ボクシングの映画は大好きだからさっそく見ることにした。
主役がジェイク・ギレンホールということで調べたら『ブロークバック・マウンテン』に出ていた人だ。「あれよかったね、また見たいね」といいながら画面を見はじめるとすぐにボクシングの試合場面へ。ライトヘビー級のボクサー、ビリーは美しい妻と娘と豪華な邸宅で暮らしていた。夫婦とも施設で育って苦労したがいまは幸せな家庭である。施設のパーティで挨拶するビリーにライバル選手が挑発し流れ弾があたって妻が死亡。その後の試合をビリーは負け続け自殺しようとする。プロモーターからも謹慎を命じられ、娘は施設に連れて行かれる。

金なし、家なし、娘も連れて行かれて、どん底に落ちて再起を誓ったビリーは対戦相手のトレーナー(フォレスト・ウィテカー)のところに行く。まず便所掃除からといわれて反発するが、考え直して翌日から働きボクシングの基礎からやり直す。
まあ、ボクシング映画の定石なんだけど、丁寧に作ってあって試合のところは興奮し、父性愛にはほろりとし、いい映画だった。

洗濯婆さん大忙し

土曜日の夜が更けてきた。開けた窓からベランダへ涼しい風が通り抜ける。昼間は32度までいっても夕方は涼しくて本格的な夏の暑さではない。
今年の梅雨はどうなるんだろう。ここ数日雨のつもりでいるといい天気になる日が多い。先日から天気予報が雨となっていても信じられなくなった。昨日も今日も降る予想だったがいい天気だ。朝から午前中に降るようだと天気予報を見て洗濯物は室内に取り込んで、ぐっすり眠って目が覚めたら日が照っている。おおっと慌てて室内から外へ移動して干し直し、次の洗濯物を洗濯機に放り込む。

狭いベランダでお日さんにできるだけ当てようと工夫して干すが、日はあたっても空気が湿ってるみたいでもひとつぱりっと乾かない。今朝は昨夜洗って部屋干ししたのを外に出して日に当たるように干したが、夕方取り入れたらどことなくじとっとしている。また室内干しにもどして、次の洗濯物を洗濯機に入れた。夏はTシャツ着替えるものね。
洗濯婆さん梅雨時も大忙し。

ミステリ読書会のおかげで出てきた本

次回の大阪翻訳ミステリ読書会は7月14日に開かれる。課題本チャールズ・ウィルフォードの『拾った女』(扶桑社ミステリー)を「知らんなあ、まあ買うて読むか」とアマゾンに注文した。届いた本は去年の7月発行なので、まだ新しい本なのだ。けっこう古い人だと思いこんでいたのでなんだかよくわからん。表紙カバーの絵はおしゃれで新しい感覚だと思える。眺めていたらカバーを曲げたところに著作紹介があって、『マイアミ・バイス』とある。あれまあ、『マイアミ・バイス』とは、あの部長刑事さんだ!とすぐにわかった。そして「この本もってるやん、探したら出てくるで」とつぶやいた。

天気が良くなったのをさいわいに、物入れを開けて本の段ボール箱を引っ張り出す。大きいと重くて持てないので小さめの箱に詰めてある。持てる精一杯の量が詰まっているのを、おっちらと引っ張り出して探した。もっと時間があったらえらいこっちゃになるところを、探すだけで次々と元に戻す。
あったあった、3冊いっしょに出てきた。『マイアミ・ポリス』「あぶない部長刑事』『部長刑事奮闘す』。よーし、読書会に持って行こう。
だけど本命の課題本『拾った女』をまだ読んでない。

初スイカ

最近読んだネットの記事に若者が果物を食べなくなったというのがあった。若者どころかうちらも食べてへんがな。野菜はものすごく食べているのに果物は食べてなかった。柿は別としてリンゴもミカンもあんまり食べてない。
こりゃあかんがなと最近は積極的に果物も食べようとなった。まずはバナナ、それからアンズ、ビワ・・・
振り返れば去年なんかスイカを一回も食べてなかったんじゃないかな。昔は夏のおやつにスイカだった。大掃除を終わったらスイカ、プールから帰るとスイカ、友だちが遊びにきたらスイカ。そんなことをしゃべった昨日の夜。

今日姉のところから堀江をまわって帰ったらスイカが買ってあった。とり肉とソーセージと野菜が入った焼き飯とサラダと野菜スープの晩ご飯のあと、紅茶を飲んで片付けをしてその後にスイカ。
甘くてうまいっ! 明日のぶんもあるそうな。快楽はまだ続く。ブッシュミルをショットグラスで一杯!

家ごはん、家飲み

近所のスーパーで旨そうなでっかいヤリイカが大安売り、2匹580円で売っていたと相方がうれしそうに買ってきた。新鮮なヤリイカだとまずお刺身かと思うが、今日はトマトと炒めるという。イカの足と内臓を抜いたのを捨てずにそのまま全部使ってトマトとオリーブオイルで炒めた一品。アボカドとトマトのサラダをつけて赤ワイン。パンは最近凝っている近所のパン屋の焼きたてトースト。

先日から映画を見てはお酒をうまそうに飲むシーンで「うまいウィスキーが飲みたいなあ」とつぶやいていた。飲み助みたいなセリフだが、わたしはほんのおちょこ一杯で赤くなるくちだ。1瓶あれば忘れるほどある。ヴィクにちなんでいつも黒ラベルをおいているが、今日はもちょっと高いのを飲んでみたい。ということで買い物のついでに酒屋さんに寄って買ってきてもらった。アイリッシュウィスキーのブッシュミルとおなじみのバーボンワイルドターキー。高かったけど、飲む人がどこか外で一回飲むお金で買える。そしていつまででもある。
今夜はチーズとナッツでちょこっと一杯。

アントワーン・フークア監督『クロッシング』

イーサン・ホークの映画を探したらニューヨーク、ブルックリンの警察官群像を描いたアントワーン・フークア監督『クロッシング』(2009)があった。サル(イーサン・ホーク)は麻薬捜査課の一員だが、小さい子どもがいる上に妻は双子を妊娠している。剥がれた壁のカビがひどくて医師から引っ越さないと母子ともに死ぬぞといわれている。今の状況では大金を手にいれないと引っ越しができない。最初のほうでヤクの売人のような男を殺して金を奪う。ところが家に帰ってみるとたいした額でないことがわかる。捜査中に大金を見て男を追いかけるがそいつは持っていなくて落胆。ほんまにどうするんかと思いやってやるせなくなった。だんだんいき詰まり借金の言い訳電話もほったらかし。結局は本拠に単身乗り込んで撃ちまくって現金を手に入れるが背後から撃たれてあっけなく死ぬ。
タンゴ(ドン・チードル)は出世のために潜入捜査官となりギャングの仲間に入るが、気の合うギャングのボス、キャズ(ウェズリー・スナイプス)を罠にハメることになる。出世と裏切りの間で悩むが結局は射殺される。

なんとリチャード・ギアが定年退職間際のやる気のない警官をやっている。あと何日かで退職するのだが、妻とは離婚して一人暮らし、黒人娼婦のもとへ通う日々。バッジを返した日、偶然行方不明の女性を見つけて彼女を救う。憮然とした表情とかよかったが、ちょっとさびしくなった。

女性の上司(エレン・バーキン)が好演。翻訳ミステリーを読んでいると、主人公の刑事が嫌っている女性上司にこのタイプが多い。
最初から最後まで隙のない緊張した場面が続く。フークア監督と出演者たちすごい。