ジョン・バーニンガム『ひみつだから!』

絵本づいている。今度は今年2月発行(2009年の作品)のジョン・バーニンガムの猫の絵本で、猫の集会をテーマにしている。

夜中に猫の集会あるいは会議があるのはよく知られている。わたしは近所の大きな公園で猫が集会を開いているところに2回出会った。毎朝ガーデンキャットたちにご飯を運んでいたときのことで、公園を夜中に通ったときに出くわした。いつも早朝にわたしの顔を見るとご飯を食べにとんでくる猫たちが、真面目な顔をして体を寄せ合っていた。黙っているのに会話が飛び交っている感じだった。時間もお金もかかった上に足を捻挫するというおまけまでついたが、素晴らしい体験をした3年間だった。

本書は猫のマルコムが出かけるときに、飼い主のマリー・エレンが同行する話だ。小さくなった少女はドアの猫の出入り口から飛び出し、それを見ていた近所のノーマンくんも連れていく。3人は犬に追いかけられたり、いろいろ冒険して最後は猫の女王さまに面会する。
帰るとソファで寝てしまった少女は「まるで、ネコといっしょに ひとばんじゅう そとにいたみたいだわね」と朝になってお母さんに言われる。「マルコムが、よるになると どこへいくのか、よくわかったわ。でも、おしえないよ。ひみつだから!」。
(福本友美子やく 岩崎書店 1600円+税)

ウォルター・デ・ラ・メア 再話 エロール・ル・カイン 絵『かしこいモリー』

午後の中央図書館に行って絵本のコーナーをうろうろしていたらエロール・ル・カインの絵が目に飛び込んできた。去年の10月に出た本。ここ数年新刊絵本から遠ざかっていたので初見である。イギリスの昔話を幻想小説で知られたウォルター・デ・ラ・メアが再話した物語に、エロール・ル・カインが絵を描いている。ル・カインの絵本は洋書でもけっこう持っていたが(いまは人にあげたりして数冊しかない)本書は知らなかった。

貧乏人の子だくさんの家の3人姉妹が父親に言いつけられて森へたきぎを集めに行く。だんだん森の奥へ入り込んで帰り道がわからなくなる。日が沈むころに一軒の家を見つけて戸を叩くと女のひとが出てくる。ここには泊められないというのを頼み込んで泊めてもらうが、ここは人食い大男の家だった。
モリーの機転で食べられずにすみ、彼女らはどんどん逃げる。すると王様の立派なお城があった。そこで人食い大男の話をすると、王様は賢いモリーに頼みがあると言う。結局3回の頼みを聞き、人食い大男から宝物をとってきて3姉妹はそれぞれ王子さまと結婚するという話。

わたし幻想的なル・カインの絵が大好きなのですごく楽しめた。ちょっとご無沙汰していた「キューピッドとプシケー」「おどる12人のおひめさま」を出してきてさっきからお茶を飲みながら楽しんでいる。これからまた絵本にはまるかも。
(中山千尋訳 ほるぷ出版 1300円+税)