鼻水とお風呂

鼻水と蕁麻疹のことを書いたのは今月はじめだった。半月以上経ったいまは両方とももっと盛んになっている。若いときからアレルギー症でナンギしてるが、だからこそ早いうちに冷えを防止しようという気になるから便利(?)ともいえる。温めないとやばいと思うからこそ、冷えからくる大きな病いの防止になっている、のではないかしら。温まってから痒いのを掻くのもしんどいけどね。でもそれだけの我慢だから。

ここ数日はめっぽう鼻水が垂れる日々で、ポケットのティッシュを引っ張り出してはハナをかんでいる。勝手に垂れている場合は見つけたダンナがそれっとティッシュの箱を投げてくる。それだけですんで喘息にならないのがラッキーと思うのである。これだけハナミズが出るにはどっか傷んでいるのだろうが、寝る前にお風呂でゆっくりしているうちに止まるので助かる。お風呂はガス代と水道代がかかるが医者代ほどもいかないだろうし。

今日はヴィク・ファン・クラブの会報作りのプリントまでを片付けた。今月は原稿が多くてページ数が多くなった。なんとA4で9枚18ページぎっしり文字で埋まった。
綴じるのが一仕事で、封筒入れも一仕事だけど、明日やろう。

女はみんなしんどかった9月

今日久しぶりに美容院へ行った。ほとんど月に一度行ってるけど今月は2週間くらい遅れていて、頭の真ん中の白髪が目立つ。後ろが映る鏡で見るとほんまにええっーという感じ。知らん顔して出掛けているけど、友だちと会うのにこれではいかん。ということで友だちにも会ってない。姉には我慢してもらった。「あんた、後ろから見たら不細工やな」と言われながら。

美男犬シェルくんに迎えられて店内に入ると「9月はしんどかったんとちゃう?」と第一声。「なんでわかるん?」「客がみんなしんどかったというてる。わたしも腕が重くて頭痛がしてかなわんかった」そうである。
そう言われると確かに9月はしんどかった。しんどいのバロメーターのVFC会報作りがいつもの倍も日にちがかかった。作業が遅いのではなくて、やる気が起こらないからやらなかったのだ。仕事は無理してやるが、こういう作業はやる気が起こらないとね。

話は続いて、しんどかったのは女子ばかりで男性客に聞いたら、全然しんどかった人はおらなんだそうだ。「くみこさん、やっぱり女やん」ということは、もしかしてしんどくなかったと答えるかもと思ってたのかも。

茶色い髪にハイライトも入れて笑顔で写真撮ってもらった。
明日台風が去ったらパリッと元気になっているかも。

鼻水と蕁麻疹、くしゃみはまだ

まだまだクソ暑い日々だがすこしだけ秋の気配がする。秋だなあと思うより先に体が反応している。腕や首筋が痒い。蚊に刺されたわけではない。体内から痒い痒いが発生している。
熱いもの(今夜は鍋うどん)を食べたら鼻水が出る。鼻水が垂れてくるからティッシュの箱をそばに置いてご飯を食べている。痒いのはひたすら掻く。

ふと思いついてウィキペディアで「アレルギー」を探した。 I 型からV型アレルギーまで5つにわけられている。
どうやらわたしのは I 型アレルギーらしい。
【代表的な疾患としては、蕁麻疹、PIE症候群、食物アレルギー、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショックがあげられる。】とある。こうして普通に生活していて掻いたり鼻水を拭いたりしているだけだから、疾患ともいえないようなものだが、そういうものかと納得。

これからくしゃみの季節になる。お気に入りの猫ハンカチをポケットに入れておけばくしゃみも楽し。

蒸し暑くてやりきれない

2日ほど天気が良くて洗濯物がよく乾いた。部屋干しの器具がないとお部屋すっきりで気分が良い。喜ぶのも束の間で今夜からまた雨とのこと。それも1週間ほど降ったり止んだりで降る確率のほうが高いようだ。
今日は気温が32度まで上がっていた。明日からは30度は越えないが暑そうだ。でもまあ30度を越えなければまあまあだ。今日はほんとに蒸し暑くてやりきれなかった。秋になったと思うからよけいにやりきれない。今週は我慢するから来週は涼しくなるようたのむわ。

午後から歯科医院の3カ月検診に行った。歯性はよくないが手入れがいいから良いほうに入るって。昔の歯医者さんと違って口の中全体を診てくれるから安心できる。歯間ブラシを忘れないようにとのこと。先生には言わなかったけど、甘いものを控えて糖質制限しているのが歯にもいいんだと思う。

映画の見過ぎか本の読み過ぎか目は疲れてるし、雨が近いせいか膝が痛いし。歯科から帰ってからマッサージ機を1時間借りて座ってきた。上等なマシンなので気持ちが良くうとうとして体力回復まではいかないが気分はすっきりした。蒸し暑いのがいかんのだ(笑)。

蕁麻疹(じんましん)

ハタチくらいのときだったと思うが仕事中に両足のスネが猛烈に痒くなって職場の近くの医者に行った。先生は見るなり「じんましんやね、いまの季節やから寒冷じんましんやな、これからずっと出るよ」と言った。これが初めてのじんましん体験で、自分が掻いているのが寒冷じんましんというのだと知った。いまよりもうちょっと秋だったかな。でもスカートなのに靴下代を節約してストッキングをはいていなかった。当時はナイロンストッキングが高価やったし、若くて元気やったから。

それ以来ずっとじんましんに悩まされてきた。
なんか時期があってある年は背中を掻いて掻きまくってた。掻いているといい気持ちになるけど、毎日のことだからたまらない。血が出るし、傷だらけ。

一度だけ首筋がすごく腫れて痒かったときに病院に行ったらステロイド入りの塗り薬を出してくれた。塗ったらすごい効き目で首筋のは引っ込んだが、背中に引っ越してきて、痒いわ、掻くと血が出るわ黄色い膿が出るわで困りはてた。ブラジャーの紐とか下着の背中が黄色くなった。
いろんな人に聞いてみたら毎日プールに水中歩行に行っていたのが原因というのが大抵の人の意見だった。プールの水があかんのやて。

そのときに薬はやめて自分で治そうと思った。一日二食、菜食(2年ほどで糖質制限食に切り替え)、そして半身浴。それでも痒い病は完治せず、いまもときどき痒い。

先日ネットで役に立つ記事を見つけた。
じんましんが出る人は「副交感神経優位体質」なんだって。だから「冷え症で運動嫌いで甘いもの好き」、これってわたしのことじゃん。じんましんが出るほど免疫がたくさんあるそうだから、まず冷え性の改善をして運動して甘いものに手を出さない。

しんどかった一日

どうにもこうにもしんどかった一日。午後から雨になると天気予報にあったがずっと薄日が差していた。しんどいのは湿度のせいかも。夕方になっても雨は降らず、いまごろようやく降り出した。ちょっとほっとした。へんにぐずぐず曇っているより降りきってさっとあがるほうがよい。
家にずっといるよりどこかへ散歩でもしたらよかったかなと下手なあと知恵をいまごろつぶやいている。姉にバースデイプレゼントにもらったウォーキングシューズ履いて歩いたらよかった。

ヴィク・ファン・クラブの会報の原稿締切日が過ぎた。この調子では今月も遅れそう。ずっと原稿が多くて遅れ気味だったのだが、今月は原稿は少ないが体調不良で遅れるかも。

いまコーヒーが出てきたのでひとくち飲んだら少し元気を取り戻した。甘いものをちょこっと食べたらもっと元気が出るかもね。と書いたが甘いものはなにもないのでしょうがない。あるのはナッツ類のみ。ピーナツとカシューナッツとクルミかあ。2・3個つまんだら少し元気になったような気がしてきた。ここにちょっとチョコがあればいいのになあ。ああ、あかん、体重第一笑

涼しくて生きかえる

今日は姉の家に行く約束をしているので早起きした。夏の朝はたいてい汗をかいて目をさますが、今朝は穏やかな目覚め。シャワーして身支度している間に曇り空がだんだん雨模様になってきた。これはあかんわと姉に電話して行くのは明日に延期した。
姉は雨なら整形外科に行くつもりを明日に延期して寝るわというので、「わたしも寝るわな、ほなあした!」。ほなもなにも横になったら、遠くで雷鳴がする。雨脚も強くなってきた。聞きながら寝付いて、ひと眠りどころかふた眠りして起きたら昼。雨は上がっていた。昨夜はばたばたして遅かったもんなと自分に弁解して(笑)。昨夜寝る前のお風呂マッサージが効いたのか今日は「こむら返り」もなし。

厚手のTシャツがちょうど乾いていたので着たら、昼寝中もちょうどよかったみたいで汗をかかずに過ごした。夕方には長袖出したがちょっと早かった(笑)。それほどまでに涼しい夜のいま、今夜もよく寝付けて明日は気持ちよい朝になるだろう。

午後はこむら返りでおどろき、夜は女ともだちと歓談

午後からつるかめ整体院に行った。気持ち良くのびて肩を触ってもらっていたら、なんと左足がこむら返りを起こした。足首の左側がつっている。右足もちょっとつっている。足首を動かしたら治ったけど、なんだったんだろう。あわてるがなー。先生が冷たいお茶を出してくれたので飲んだら落ち着いて、続いて肩の治療中じっとしていたらいつもの自分にもどっていた。
こむら返りはたまになるが、たいてい朝の目覚めのときである。今日はクーラーで冷えたのかも。

帰ってからネットをあちこち読んだら予防方法があった。
1食生活の改善、2睡眠不足の解消、3適度な運動、4ストレッチやマッサージ
1と2は大丈夫、3と4はわかっているけどさぼり気味なんでこれからは気を入れる。

夕方、ヴィク・ファン・クラブ会員のi さんとシャーロック・ホームズでご飯を食べた。今日はギネスをやめてお店お勧めのウェールズのビールにした。ちょっと変わった味のおいしいビールを飲んでおいしい料理を食べて、長時間のおしゃべり。わたしにとってはおしゃべりは食べる寝るの次に効くクスリだ。

猛暑疲れ

はじめて経験する暑さだった今年の夏。あんまりクーラーが好きでない我が家すら毎日お昼にはつけていた。西日が入る午後はカーテンをきっちり閉めてじっとしていた。そうすると暑くないから困る? そして用事で外に出ると殺人的暑さにおどろき、帰ってから氷水をごくごく飲んでいた。
ここ数日はどことなくしんどくて毎日昼寝している。夜よく眠っているのに昼間にまた眠くなる。ぼーっと眠くなって2時間寝ると元気を取り戻す。猛暑疲れやな。それと台風10号は大阪にはこなかったけど、その影響の気圧かなんかのせいで大気がおかしくなって人体にも影響があったんとちゃうやろか。

姉への毎日の電話では毎日いうことが決まっていて、今年はクーラーの点検修理したおかげでよく冷え、あんまり暑さを感じへんかったとのこと。私と違ってクーラーに弱くないから一日中つけていても平気なのだ。わたしは姉のところに行くときはソックス持参でダブル履きする。畳の部屋のクーラー冷えがこたえるのだが、姉は平然としている。不思議なもんやなあ。
姉は9月に入ってからはしんどいと言って、医者に往診を頼んで点滴してもらった。夏の疲れが出たからでしょうとのこと。点滴後はぐっすり眠ってしまうらしい。やっぱり夏の疲れは睡眠で補うことかな。

お彼岸まで気が抜けん

昨日は一日中雨が降ってときどき大雨になり、気温が上がらなかったから部屋にいれば涼しくて過ごしやすかった。明け方少し開けた窓から風が入って寒かったので寝ぼけながらも閉めた。寝ぼけてはいたが外がすごく明るくて昨日と大違い。また寝入ってしまったが目が覚めてすぐに洗濯して干した。
昼ごはんを食べてパソコンに向かっていたらすごく眠い。ゆうべもよく寝たのにまだ寝足りないみたい。横になったら爆睡2時間、寝る子は育つ? いやいや年寄りには現状維持のための昼寝が必要ですがな。笑
おいしい晩ご飯を作ってもらって食べたら、また眠い。これでまた寝て目を覚ましたら今度は夜中に眠れなくなると思ってコーヒーを淹れた。

今日は一日中家にいたが涼しかった。大阪の温度を見たら最高が29度だった。過ごしやすいはずだ。明日の予想は31度か、まあまあやな。しかし、あさって9月1日は35度である。9月の半ばまで、いやいやお彼岸まで気が抜けんなあ。