コーヒー道楽(笑)

埼玉に住む友だち(書店ガール)からのメールに、
《近頃は、珈琲のサードウェーブとか言って、スタバやタリーズなどのエスプレッソマシーンを使ったコーヒーから一杯一杯ドリップしたり豆を厳選したり焙煎にこだわったり、一手間かけた珈琲が流行っています。
東京と言っても真ん中ではなくて、清澄白河にBluebottleCoffeeが日本初上陸したとニュースでも話題になってました。》
とあって、わたしがこのブログに書いているコーヒーの話を楽しいと言ってくれた。《最先端をいく「カフェ・杉谷」》だって。大褒めで照れますやん(笑)。

わたしでなくて相方がだが「カフェ・杉谷」はどんどん進化していっている。ふだん通らないところにコーヒー豆の問屋さんがあったのを思い出してうまい豆を買ってきた。すごく古いお店でまだあるかなと行ってみたらやっていた。ほんまにすごくうまい。豆で買ったのは相方が挽いて淹れる。わたしは挽いたのを買ってきて淹れることになった。面倒くさいことをする人としない人。凝ってる人と凝らない人(笑)。

いま買うつもりのものは湯沸かしである。と書いてアマゾンで検索したらカタチが気に入ったポットがあった。「フィーノ レトロコーヒードリップポット 1.2L グリーン」 というやつ。これにしようとすぐに注文。いま使っているポットは三年番茶の煮出し用に使うことにして、コーヒーは新しいポットで淹れることになった。

「きょういく」と「きょうよう」

明日からずっと雨降りらしいので、天気の良い今日姉の家に行くことにした。4月の長雨ということで菜種梅雨という言葉が浮かんできたが、天気予報では梅雨時の気温になるとか言ってたから2カ月先取りなのかも。
買い物して姉の家に行って猫の相手をしてお弁当を食べてといつもと同じだが、今日は近所の公園に花見に行った。飲み物も持たずに行ってベンチに座って花を見ながらしゃべっていただけだが、知り合いにたくさん会ったしお花見気分満喫した。みんな明日から雨で見にこられないから今日出てきたと言っていた。

帰ったら横浜の妹からケーキが届いていた。自閉症者の施設で作っているケーキやクッキーだが、バウンドケーキは桜の花がのっている季節物。
姉がディサービスに行きだして元気になったことなど話していたら、妹の周りでは「きょういく」と「きょうよう」という言葉が流通しているんだって。
・きょういく=今日行く=今日行くところがあるから元気
・きょうよう=今日用=今日用事があるから元気
歳をとると外へ出ることで元気になるし、用事があることは元気の素だって。
ネットも入ると思うがあいにく妹の周りはネットをやっている人がいないそうだ。
はーい、カレンダーに予定の書き込みしておこう。月曜日は歯医者の日だけではあかんな。

新聞紙とツイッター

新聞をとるのをやめてからかなり経っている。その後にテレビをやめた。ラジオニュースは用事をしながら聞くようにしているが、うちの主な情報源はネットである。お金を払っている情報もあり無料のニュースもあり。ツイッターはすごく役に立っている。

ふだんそれで暮らしていて何の支障もないけど困っていることが一つある。新聞紙だ!
葉物野菜を買ってきたら新聞紙にくるんでカゴに立てておくのだが、毎日のことだから足りなくなって使い回ししてたりして(笑)。
姉のところへ行ったら帰りに「新聞紙をちょっとちょうだい」ともらってくる。興味のあることがあったときはコンビニで新聞を買ってくる。

ツイッターはすごく役にたっている。
昨日、口臭がするぞと相方に注意されたんだけど、なんでかなと思っていたら、今日偶然ツイッターで知り合いがぴったりの記事を紹介していた。1年くらい前の雑誌の〈相手の顔ひきつってない?恋愛や出世を阻む「口臭」の原因7つ〉という記事。
それを読んだら、いまのわたしの口臭は先日の転倒でやられた治療中の歯のあたりの歯磨きがずさんだからとわかった。対策は、しょっちゅうイソジンや塩水でうがいして、水をたくさん飲んで、ご飯後には歯間ブラシで清掃する、ことのようだ。

米朝さんのレコード『池田の猪買い』

えらい昔の話です。
むかし、むかし・・・思い出を掘り起こせば、1970年より前かもしれん、69年ごろだったろうか。わたしらができたてのカップルだったころ。
大阪駅前第一ビルにたしか「タイム」という小さなジャズ喫茶があった。いましょっちゅう行っているシャーロック・ホームズがある地下一階のもひとつ下の階の反対側にあった。
店ができたころから行っていて店の人と顔見知りになっていた。そのころは休みの日に奈良公園に遊びに行って帰りにタイムに寄ってジャズを聞くのが習慣になっていた。
ある夜、遅い時間に行ったら店はもう終わっていたが、一緒にどうですかとインスタントラーメンを作ってくれた。そのときにかかっていたのが米朝さんの「池田の猪買い(いけだのししかい)」のレコードだった。それから夜遅くタイムに何度も通って何度も聞いた。

わたしの家は戦争前に東京から大阪に引っ越してきたので、両親は東京弁で文化も東京志向だった。落語は江戸落語でレコードと落語本がたくさんあった。「もう半分」だって東京弁で聞いていた。大阪より東京のほうが上みたいな意識を親から自然に植え付けられていた。そんなもんでミステリーとジャズと落語、古本と古レコードを我が家の文化として育った。

そんなわたしへの一撃は米朝さんの「池田の猪買い」だった。
十三と三国の渡しが噺に出てくるのも、新町を焼け出されて阪急沿線に逃れ住んだ我が家を思い出してなつかしかった。

それからうん十年も経ってから田辺寄席に行くようになって、2005年に桂春之輔師匠の「もう半分」を聞き、「もう半分」は上方が元だと知った。その上に物語の舞台が現在のわたしの生活圏なのである。

桂米朝師匠のご冥福をお祈りします。

御堂筋でこけた

暖かくて気分の良いお彼岸の中日。ちょっと散歩と買い物に心斎橋に出て御堂筋を歩いていてこけた。歩道にちょっと空いているところがあって、そこでつまづき、つつつと前のめりになってばたんとこけた。派手だから道行く人たちがみんな見ている。目の前にいた男子2人が「大丈夫ですか」と声をかけてくれ、唇に血がついてますよとティッシュをくれた。ありがたく頂戴し、ついでに手を引っ張ってもらって立ち上がったら、街路樹の横の石のところへ連れてって座らせてくれた。厚くお礼を言ったがほんまに優しい子たちだったな。前歯がちょっと欠けてそこが唇にあたって血がにじみ出ている。
立ち上がって買い物だけはすまそうとハンズに行って買い物して帰った。鏡を見たら唇が腫れていて、前歯の歯肉が少々痛いが我慢ができないということはないのでほっとした。明日の朝になったらどうかな。

膝が悪いから歩くときに足があまり上がっていない。それでちょっとしたところでけつまずく。妹に電話したら彼女はいつのまにか膝が曲がりにくくなっていたことがあり、整形の医師の話では歳をとると足首が弱って足が上がらないからと足首を強くする運動を薦められたという。もっともな話なのでやり方を聞いた。

久しぶりにこけたなあ。6年前にアップルストアの階段の最後のところですってんころりと転んで以来だ。
まあ足や腕の骨がなんともなくてよかった。
それにしても気をつけなくては。

ツイッターにちょこっと書いたらすぐにフォロワーさん計1人からお見舞いツイートとDMがあった。ミクシィで2人。ありがたし。

コート丈がちょうどよい奇跡

この冬はなんとコートを3着買ってしもた。なぜ買ったかというとL・L・ビーンにコート丈がちょうどわたしに合うのがあったから。
最初に買ったのは秋口で、薄く綿っぽいものが入っているシックな新製品のコートだった。わたしの膝上まであっていい感じ。次は今年になってから超バーゲンで買ったダウンコートで膝下まであって暖かい。両方とも黒色。
なんとまた最近梅田へ出たついでにバーゲンをのぞいたら紺のトレンチコートがぴったり。なんでやねんと言いながら買った。ちょうど合うといっても、腕は長いので折り返して着るしかないが、それもワイルドで(笑)。
よく考えると3枚とも普通の人が着ると膝上から太ももの途中までの丈なんだろう。ポケットに手を突っ込むとちょっと下になるのがご愛嬌(笑)。

わたしはずっとサバを読んで公称身長150センチと言ってきたが、最近はちょい縮んでると思うので146センチくらいなんだと思う。
「ドラゴンタトゥーの女」のリスベットは身長150センチであの迫力である。日本でも150センチは小さいのに大女が普通のスウェーデンで150センチはほんまに小さいやろな。ふむふむわしもリスベットのように堂々としていようじゃないの。
さっき「週刊現代」をぱらぱら見ていたら、ヤワラちゃんこと谷亮子さんの記事があって身長146センチと書いてあった。
トレンチコートを買ったことだし堂々と着こなして歩いていこう。ドンドンドンガラガッチャ🎵

Evernoteを設定してもらった

iPad miniを買って3日目、夏目漱石の「吾輩は猫である」と「草枕」をすいすいと読んだ。読みやすい上におしゃれで持っているのがうれしい。わたしのやりたいことってこんなもんだ(笑)。

さて、Mac miniとiPad miniとiPhoneが揃ったところで、evernoteを設定してやるわと相方が言う。その3つでevernoteの情報が共有できるんだって。いままではMac miniだけの世界でいろいろしていたが、それぞれのデバイスでMac miniにある情報を読むことができるし、加えたり変更したりできる。
ノートをとるように情報を蓄積するといっても、まだわたしにはよくわからんが便利なもののようだ。
とりあえず、ノートにタイトルをつけて作ってもらった。読書ノートとかね。いままでのメモ帳からこちらに移したら実際に使えるような気がしてきた。
なんとか使っているうちにうまく使えるようになるだろうと希望を抱いて今夜は寝る(笑)。

iPad miniがほしい

さっきツイッターを読んでいたら「アップル、大型iPadの量産開始延期を請負業者に指示」という記事の見出しが目についた。下半期に遅らせるようだ。すぐに大型iPadが欲しいと言っている相方に教えてやった。
いま相方が持っているiPadは2011年5月に買ったもので、わたしが買ったにもかかわらず相方のものになっている。なのでわたしの読書用に2014年にKindleを買った。Kindleではほとんど青空文庫の漱石など古典を読んでいたが、いま長い冬休み中である。やっぱり持ってみたらアップルがおしゃれやなというのが実感。iPad miniがほしい。
で、いまアップルのサイトで寸法とか値段とかを調べている。高いけど買えない値段ではない。なにか節約して買うてまえと心の叫び。来週買おうと決意した。

iPad miniを買った

こどものように欲しい欲しい来週買おうかななんて言っていたら、iPadを使っている相方が「気晴らしにアップルに行ってきたら」とのたまわったので、その声が終わらぬうちに出かけてiPad miniを買ってきた。
買うものが決まっていてお店の対応がテキパキしているから往復1時間ちょっとだったな。午後のいちばん空いている時間のようで、店に入るなりなにがいるか聞かれ「iPad miniが欲しい」というと係りの人を呼んでくれた。すぐに現物を出してくれ、カバーも買うというと、各色の見本をさらりと見せてくれたので、本体は白、カバーは赤に決めた。合計税込33,048円。iPadのいろんな種類の中でいちばん安い。
久しぶりにアップルストアのビニール袋を下げて気持ち良く帰宅。
相方に設定を手伝ってもらって夕方には本が読める状態になった。大きさと重さがちょうどわたしの手に良いと思う。
これから日本文学をまた読んでいくつもりなので、1冊目は「我輩は猫である」にした。久しぶりに読んだら楽しかったしKindleで読むより操作性が良くて読みやすい。お金は3倍以上かかったが。Mac、iPad、iPhoneと三拍子揃っていい気分。
布袋に入れたままでずっと触ってなかったKindleくんがかわいそうだが、Kindleの中に買った本が入っているのでそのうち充電しよう。

しっとりとバレンタインデー

バレンタインデーというとちょっと斜めに構えて、聖バレンタインデーの虐殺を思い出していたのだが、最近はさっぱりアル・カポネの名前が記憶から抜けている。カポネの話をはじめたら止まらなかった父親の影響から抜けたのかしらね。
チョコをもらう日というほうが優先してる。あげるのではなくもうらうっていうのが身勝手だけど(笑)。
いま、いただいたチョコを食べながらマイルス・デイヴィスの「マイ・ファニー・バレンタイン」を聞いている。しあわせだなあと思うひととき。ほんまに今年もこうやって静かに暖かく冬を過ごせて、ほんまにしあわせとしかいいようがない。生きてるし。

先日、1月28日に音楽評論家の中山康樹さんが62歳で悪性リンパ腫で亡くなられた。一度だけ難波のジャズスポット845でトークを聞いたことがある。黒の長袖Tシャツがとても似合ったシャープなひとだった。うちには「マイルスを聴け」ほかたくさん中山さんの本がある。相方のものでわたしは1冊しか読んでないが。

今日はシーナ&ロケッツのシーナさんが61歳で亡くなられた。わたしは1978年くらいに御堂会館でライブを見た。エルビス・コステロの前座だったけど、デビューしたときだったのね。わたしにはパンク初体験だった。それから37年!!

お二人のご冥福を祈ります。