花より団子

二、三日前から春らしくなったが、今日の昼間は暑いくらいだった。待っていたように桜が咲き出し、ほとんど満開。
昨日の夜に姉と明日は公園でお花見しようと約束したので、おしゃれなお花見弁当を買って行った。折箱を3×6=18と分けたところにいろんな食べ物が入っている。ご飯も海苔巻き、豆ご飯、タケノコご飯等いろいろ、おかずもいろいろで、隅っこにはピンクのういろうが入っていた。
これを持って公園に行くつもりが、姉は朝起きたら風邪気味で医者に行っていてお昼頃帰ってきて、いま帰ったところやからこれから出るのはしんどいと言う。
逆らわないで、じゃ庭でお花見したらええねと予定変更。庭からは塀越しに隣家の桜が見える。古木が3本あって豪華に咲いている。散り出したらこちらは毎日庭掃除やとぼやく姉だが、今日は風流やなと縁側に座った。花はほどほどに見えて、弁当がうまい。「見た目もええしおいしいし」と花より団子のわれら。
3時にはイチゴのショートケーキを食べた。
今日もダイエットはお休みだ。

ダイエット中休み

毎年恒例の春のケーキが妹から届いた。送ってくるのはわかっていたが折角の自慢のケーキを断るのは悪いのでいただいておいた。賞味期限の間にちょっとずつ食べたらいいかと食後のコーヒーの友にしている。
体重は46キロに近い45台で落ち着いている。もうちょっと気をつけて45キロに近くなりたい。あわよくば45キロを切りたい今日この頃(笑)。

そんな折に昨日はなんと大失敗をやらかした。
家では糖質制限ダイエットだからとごはんの量を減らしている。パンが美味しいのでつい食べすぎるのだが、まあまあってところ。
昨日は出かける前の10時にパンを少々とアボカドと玉ねぎとチーズのレモン汁かけを食べて出かけた。朝ご飯抜きで昼ご飯のつもりだから量はたっぷり。そのまま京都のカライモブックスに行って会が終わるまで水も飲まず。われながらすごいなあと思ったのだが・・・。
帰りに寄った喫茶店でカレーを注文したら大皿たっぷりのカレーが出てきた。これで閉店らしく店の人が外の看板を外している。どうやらご飯もカレーも残ったのをたっぷり盛ったらしい。お腹が減っているからなにも考えずに食べた。コーヒーもサーバーに残ったのを全部入れてくれたからたっぷり。

そこを出てパーキングまで歩いているうちにだんだん満腹感が増して、車に乗っても、なんかお腹いっぱいやねと言い合っていた。そしたら突然、Yさんにご飯をそんなに食べていいんですかと言われて、そうやダイエット中やった! まあ今日は不問に付すってことにしてと笑ってしめた。

家に帰るとそれで終わらず、相方がビールのおかずを作ったのでいっしょに箸をつけた。豆腐の水を切っておいて炒めたの、トリのレバーと青菜の炒めたの、根菜のラタトゥイユ。久しぶりの京都で疲れたからビールがうまい。
またもやお腹がいっぱい。結局夜更かし。

追記:忘れてた、まだあった。Yさんに京都みやげにもらった笹屋伊織のもなか、たっぷりと餡がつまって重いのを一つずつ食べた。玉露とよくあって美味だった。

アボカド大好き

うちでは長いことアボカドの料理といえばワカモーレだった。アボカドと玉ねぎとトマトを刻んで混ぜ合わせてレモンをたっぷりかけたのがおいしくて、といってもそんなにしょっ中食べてるわけでなかった。そしてアボカドは生で食べるものと思っていた。
最近は料理係がいろんな料理本からの影響で火を通したのも食べるようになって、楽しみが広がった。さっと炒めたアボカドとトマトのパスタはもう定番になっている。
今夜は昨日買った『k u : n e l』の料理ページで習ったセビチェというのをした。お刺身用の白身魚を片身とアボカドと玉ねぎと香菜、それにおろしニンニクとレモン汁と塩とタバスコを混ぜたのをかけて出来上がり。カンタンでおいしくご馳走という感じがする一皿。

明日はお昼前に早めのランチを食べて出かけるつもりなので、玉ねぎとアボカドとカマンベールチーズを混ぜてそのままレモン汁で食べようか、ちょっと炒めようかと考え中。
食べたら必ずつぎに食べるために一個買ってきて冷蔵庫に入れておく。

満月!!プラス木星

毎月やってるヴィク・ファン・クラブの会報づくりが夜までかかってようよう仕上がり、ポストに入れに行ったのが23時だった。明日の朝一の集配に間に合うようにとの心遣い。なんちゃって、発行日が遅れているから最後に慌ててるだけ。
今月も楽しくためになる会報が出来上がって、まんぞく、まんぞく。

ちょっとMacのメンテナンスしてやるわというので相方におまかせした。そしたらこれは時間がかかるぞとのことで、わたしはゆっくりと風呂に入った。出てきても終わらないので本を読んで待っていたら3時過ぎてしまったよ。

でも早起きは三文の得ならぬ夜更かしの得。空気の入れ替えに窓を開けたら、ぴかぴかの月とその横に控える木星が見えた。夜ふかしの甲斐があったというもの。(ほんとの満月は23日)

一日中パソコンと仲良し、あいだに読書

昨日本屋に行きたいと書いたが朝遅かったし行くヒマがなかった。
今日は明るい日が差して良い天気だったが寒かった。お水取りが終わってお彼岸がすんでもまだ寒い日があるね。桜が咲いたって花冷えするし。もうちょっとの辛抱だ。そのうちに暑くてたまらん夏がくる。
冬中ガス代の心配してたのに、あと少しという気があるせいかガスファンヒーターの温度を上げ気味(笑)。やっぱり春だから暖かくておこうという気持ちかな。

医師の山田真さんから便りがあった。山田さんとは10年以上の付き合いである。ミステリーという共通の話題があっていろいろと情報を提供していただいている。大阪に来られたときに3回お会いしているが楽しい方だ。
次の日曜日に京都のカライモブックスという古書店でおはなしをされるそうだ。知らせてくださったので行こうと思う。

さて、京都へは何年ぶりかしら。路上や地下鉄駅のコーナーで弾く歳森さんのピアノを聞きに二回三条まで行ったことがある。もう5年くらい経つかな。一度は春で二度目が大晦日だった。そのあとは駅ビルの美術展に行ったくらいだ。どちらもわかりやすいし行ったことがある場所なのですっと行けたが、今度は迷いそう。西陣なんてまるでわからん。
地図をプリントしたし、予約電話したときバスの番号を教えてもらった。これでまっすぐに行けるかしら。まずバス乗り場を探さなあかん。方向オンチはつらいよ。

春がきた

おとといまで寒かったから日差しが明るくてもぼやっと部屋でよどんでいた。今日は明るく暖かくなって、ようよう春がきたみたい。
相方が今日は行けるというので姉の家の植木の面倒を見に行った。暖冬だったのに超寒い日が何日かあって、葉が枯れてしまった鉢植えがいくつかある。
枯れた葉っぱを取り払ったら根元から芽が出たり、新しい葉っぱが出始めていたり、植物ってたいしたものだ。

先日から寝る前にiPadで少しずつ読んでいる『秘密の花園』で、主人公の少女メアリーが春が来る前に咲かせたい花のために茂った雑草を整理してやるところがあった。あれや、あれやと、えらく規模が小さいけど、確かにあれだと思った。

枯れたと思っていたボケの枝に葉っぱが生き生きと出てきて蕾がついている。ピンクの小さな椿が咲き出した。
小さな庭にも春がきた。

これはうまい! しらすのパスタ

先日郵便受けにアメリカ村のピザ屋のチラシが入っていた。なにげなく見たら「しらすのパスタ」の文字と写真があった。パスタの上に緑の葉っぱとしらすが盛り上がっていて美味しそう。これいけそうやでと相方に見せたら「うまそうやな、明日やってみよう」ということに。さっそく翌日しらすを買ってきた。サラダ菜としらすと彩りもよくとてもうまくてワインに合う。我が家の食卓に新しいレシピが加わった。

今日はシンコを買ってきた。見るからにうまそう。
フライパンにオリーブオイルと白ワインを少々、そこにシンコを入れて強火でさっと炒める。茹でたパスタにイタリアンパセリをのせ、その上にシンコを盛って出来上がり。
今日は先に野菜と肉の皿が出て、途中で一休み(わたしだけ)している間にパスタが出来上がって出てきた。

今日の晩ご飯:赤ワイン、葉っぱのサラダ、じゃがいもとにんじんと玉ねぎ炒め卵とじ、マトンのミニステーキ、キャベツのピクルス、シンコのパスタ、バケット+クリームチーズ、紅茶。

かますご食べて春がきた

晩ご飯に「かますご」が出た。春がきた。
「かますご」というのは関西の言葉で、ちりめんじゃこのサイズは「かなぎちりめん」、もう一回り大きくて釘煮にするのは「いかなご」、かなり大きくなって7センチくらいのが「かますご」という。毎年なんていうんやったかなと混乱して検索している(笑)。
かますごは買ったときには茹でてあるので、さっと焼いて二杯酢で食べる。春になると酒の肴の一品として度々登場する。安くて簡単な上に季節感があるので便利である。安いので売り場を見てまわっているとつい買ってしまう。いまはダンナが買ってきて丁寧に焼いている。

阪神大震災のときボランティアで仮設住宅を訪ねていると、この季節、行った先々で「いかなご」の釘煮を煮ている醤油の匂いがただよってきた。郷愁の念がその匂いにこめられているようだった。いまもこの季節になると思い出す。

うちは3年ほど菜食していたのでその間は魚も肉も食べていなかった。今年は菜食プラスタンパク質ということにしたので、肉と魚をぼちぼち食べている。すんごく新鮮、そしてうまい。台所がちょっと油っぽくなったけど。

今日の晩ご飯;焼酎湯割り、葉っぱのサラダ、かますごの二杯酢、イワシの蒲焼+大根の漬物、厚揚げと大根の炊いたん、ご飯、大根とわかめの味噌汁、納豆、海苔、番茶。

やっぱりお水取りが過ぎないと

昨日までの4日間は20度で今日は10度というおどろくべき気温の変化だ。ついていけないといえどもそうなんだからしかたない。やっぱりお水取りが過ぎんと春にならんわと毎年同じ会話をしている。その次は「寒さも暑さも彼岸まで」のお彼岸待ち。それから近所の街路樹の木蓮と辛夷の白い花が咲き、そして月末には桜が咲く。もうすぐだ〜

今日は気温が低い上に雨が降って寒い冷たい日だった。わたしはといえば、ぬくぬくの整体院で凝りを和らげてもらって幸せな時間を過ごしてきた。
明日は姉のところに行って雑用&おしゃべり相手で過ごす。ほぐした凝りがまた凝る(笑)。

確定申告をまだしてないのだが、基礎の計算はしてあるので今週中に申告するつもり。その他用事がたくさんあるのだが、明日はヴィク・ファン・クラブの会報原稿締切り日である。また10日間ほど肩を凝らすけどこれは楽しい仕事。

歯医者の帰りに『VOGUE』を買って帰った

昨夜は映画を見ていて遅くなってしまい、お風呂に入る時間もなく横になった。ずっと同じ姿勢で座っていたせいか、暖かかったのに足先が冷えて眠れない。毛布に足を包むようにしたらいつのまにかぐっすり眠っていた。映画の余韻にひたりながら足は冷たかったが気分は良かった。

今日は午後から予約してあった歯医者に行って3カ月に一度の検査と掃除をしてもらった。丁寧に歯磨きしていると褒めてくれたけど、最近コーヒーをよく飲んでますねだって。歯の裏側が少しコーヒー色になっているって。以前はなかったと言われて最近飲み過ぎているかなと気になったが、それほどのことでないから大丈夫だそうだ。ブラックですねと追加あり(笑)。

帰りにスーパー2階の雑誌売り場で『VOGUE』を買った。なんとなくファッション誌を読みたい気分で。こういう雑誌は生活とかけ離れているところがいいので、少しくらい実用的よりもいいのだ(笑)。