ロバート・クレイス「天使の護衛」(2)

パイクはラーキンを連れて私立探偵コールのところに行く。お腹が減っているとラーキンは言って風呂に入った。コールはサンドイッチを作る。ズッキーニとペポ南瓜と日本茄子を縦に切ってオリーブオイルと塩をふりグリルパンにのせて火を通す。奴らは5回ラーキンを殺そうとした、とパイク。居場所がだれから漏れているのか調べてみるとコールはいう。全粒小麦パンに野菜を重ね、ひよこ豆のペーストを塗ると、サンドイッチをグリルパンに戻しパンをぱりっと焼き上げた。風呂から出たラーキンは、わたしがベジタリアンだとどうしてわかったの? コールはパイクのためにつくったんだよと答えた。彼もベジタリアンなんだ。◎ここんとこ好き。(90〜97ページ)

パイクとラーキンがサンドイッチを持って新たな隠れ家に去ったあと「もしあの連中がおれの素性を知ったら、おまえさんを通じておれを見つけだそうとするかもしれない」とパイクがいった言葉を思い出す。コールは心のなかでつぶやいた。くるならこい——こっちもあんたの背後を援護してやるぜ、兄弟。◎まるで「昭和残侠伝」だ。(97ページ)

パイクはリビングの暗闇の中で機械的に腕立て伏せを繰り返しながら夜が過ぎていくのを待った。ハイのままでいるんだ〈ステイ・グルーヴィー〉。(110ページ)◎ハイのままでいる!ステイ・グルーヴィー! カッコいい!

ラーキンについてパイクがいう「きみは見られていないと感じている。誰にも見えなければ、きみは存在しない。だからきみは見られる方法を探すんだ」「わたしは11歳のときから心理セラピーを受けているのよ。あなたは3日間しかわたしのことを知らない。驚いたわね。わたしってそんなに見えみえ?」(327ページ)◎その後のお互いの父親に対する観察になるほどと思った。これじゃ恋に落ちて当たり前。
(村上和久訳 武田 ランダムハウスジャパン 950円+税)

夏目漱石「虞美人草」が好き

貸し出し中だった「虞美人草」がもどってきたので、開いたらもう藤尾の世界に入り込んでいた。結局、積んである本には待っていてもらうことにして、はじめから読み直した。
甲野さんと宗近さんが京都で遊ぶところ、嵐山や保津川や三条の旅館など明治の京都をたっぷりと楽しんだ。そして東京へ帰るのに寝台車に乗って食堂車で朝食。わたしが若かったころ、大阪駅から夜の8時ごろに北海道へ行く寝台特急「日本海」に乗って、目が覚めて食堂車に行った。なんてことを思い出していた。

藤尾が気に入っている小野君は東大卒で博士になるために勉強中。彼は貧しく生まれて先生の世話になり現在にいたった。先生は小野君を娘の小夜子の婿にしたいと思い、住み慣れた京都から他に頼れる人がいない東京へもどってきた。
甲野家は父が外国で亡くなって甲野さんが当主になった。継母と娘の藤尾は頼りない身になったが、甲野さんをさしおいて藤尾が小野君を婿にするという計画を立てる。甲野さんが自分から出て行くように仕向ける巧妙な手だてである。
宗近さんは藤尾と幼なじみ。宗近さんの妹の糸子は実務的な性格だが甲野さんを尊敬している。

お金に困らない人たちがきちんと生きていた時代。お金に困って脇道にそれかけた小野君は宗近さんに人の道を諄々と説かれて小夜子さんとの結婚を決める。
甲野さんは家を出るための行動をはじめ、糸子が手助けしているとき、藤尾に悲劇が起こる。

藤尾のことは誰も好きにならないように書かれている。甲野さんだって彼女のことをひどく言うが、わたしは藤尾が好き。いくらいい着物を着て英語を秀才に習っていても、この家の財産は長男にしかいかないのだから分が悪すぎる。美貌で頭の回転が速くて、紫の着物が似合うひと。最後のシーンのために彼女は存在していたのかも。

山下耕作監督『昭和残侠伝 人斬り唐獅子』

「昭和残侠伝」シリーズの5作目をTSUTAYAが貸し出し中だったので、ひとつとばして6作目「昭和残侠伝 人斬り唐獅子」(1969)を借りて見た。4作目の「昭和残侠伝 血染めの唐獅子」がちょっと不完全燃焼だったのをふっとばしてくれた。

玉ノ井遊郭(永井荷風の「濹東綺譚」の舞台になった)をショバとして古風なしきたりを守る組に、自分のショバを拡大しようとする組が暴力で敵対してくる。花田秀次郎(高倉健)は刑務所から出てきたところ。秀次郎と義兄弟の風間重吉(池部良)は親分の最近のやり方に苦慮している。その上にいるきちんと筋を通す大親分に片岡千恵蔵。でも、そういうやり方は古くなったとされ、もっと上の親分から武器の提供までされるという時代である。知恵蔵ふんする大親分は古風に「喧嘩状」を墨書して届ける。悪い奴らは「喧嘩状」を無視して、これから出かける準備をした知恵蔵をでっかい銃で撃ち殺す。
みんながいっしょに行くというのを、これからの組のことを考えろと押さえて、ひとり斬り込みに行く秀次郎の前に現れる重吉。まだ悪いやつの組に居るのだろうと兄弟杯を割ろうとする秀次郎に、おれは親分に破門された、お前といっしょに行くという重吉。ふたりは並んで雪の降る道を歩む。バックに「義理と人情をはかりにかけりゃ・・・」と健さんの歌がかぶる。
抑えに抑えたところまでいった怒りが一挙に吹き出す。ふたりのこれしかない刀の力が爆発する。背中の唐獅子牡丹が吠える。
戦い終わって、手負いのふたりは雪の道をよろけながら歩いていく。山下耕作監督、よっしゃ。

ロバート・クレイス『天使の護衛』(1)

2006年に私立探偵エルヴィス・コール シリーズを4冊読んだ。もう一度読み直したいのに、4冊まとめて行方不明。押し入れの奥かもしれないが読む時間もないしまだ探してない。
エルヴィス・コール シリーズを読むと、強力な相棒ジョー・パイクとともに荒っぽく事件を解決するのが魅力になっている。今回はいつもと反対にジョー・パイクの仕事をエルヴィス・コールが援護する。

大金持ちの一人娘ラーキンは明け方の前の闇の時間に愛車アストン・マーティンをとばすのが好きだ。ある朝、目の前に銀色のメルセデス・セダンが現れ衝突する。車の中には前の席に男と女がいて後部座席に男が一人いた。ラーキンが救急車を呼ぼうと携帯電話をとりに車にもどると、メルセデスが発車し、男が一人走り去っていった。ラーキンは車のナンバーを記憶し救急車を呼ぶ。それから48時間後に彼女は司法省と連邦地区検事局の捜査官に面会することになる。それから6日後に彼女の殺害が企てられる。11日後にラーキンはジョー・パイクに会うことになる。この夜からすべてが変わった。

仕事を依頼するのはラーキンの父親コナー・バークリーだが、パイクを推薦したのは昔警察でパイクの上司だったバッド・フリンである。パイクとフリンが初めて職場で出会ってからの1章があって、読者はパイクの過去を知ることになる。パイクは暴力をふるう父親のもとで育った。海兵隊を経験し、警察を辞めてから傭兵として世界中で仕事をした。その腕を買われての仕事である。

当然、ラーキンはパイクに反発する。しかし誰も知らないはずの隠れ家を襲われ、パイクが依頼主にも秘密の行動をとるうちに、お互いにお互いの度胸を認めるようになる。調査の仕事などにエルヴィス・コールが加わる。
パイクは逃げるのではなくこちらから攻撃するのが解決方法だと作戦を立てる。その緊張感ある毎日の中で、コールがサンドイッチをつくるとラーキンはわたしは菜食主義者だと喜ぶが、コールはパイクのためにつくったんだよというシーンに和む。
パイクはこの娘のためにあらゆる手を使って闘う。だんだんふたりはいい相棒になり、凄惨な死体を見つけても度胸のあるラーキンになっていく。
(村上和久訳 武田 ランダムハウスジャパン 950円+税)

SUBの西山さん追悼

最後に聴いた8月17日の西山 満 QUARTETのとき、MCで久しぶりに1961年のアート・ブレーキーとジャズメッセンジャーズのことを口にされた。いつものようにではなく、リー・モーガンとウェイン・ショーターがかっこ良く吹きまくったことだった。わたしもよく覚えているけど、若武者ふたりの演奏ぶりはすごかったのよ。
西山さんにわたしが最初に話しかけたときと、最後に聞いたMCがアート・ブレーキーとジャズメッセンジャーズだったことに、なにか因縁めいたものを感じている。まあいつも言うてはったけど、リー・モーガンとウェイン・ショーターのことを聞いたのははじめてだった。むしろ、アート・ブレーキーとジャズメッセンジャーズのことを言い出されたときに、わたしが尻馬に乗って若武者たちのことをカッコいいと言っていたのだった。

毎月真ん中の水曜日が、西山 満 QUARTET[西山 満(cell) 歳森 彰(P) 財 盛紘(B) 弦牧 潔(D) ]の日だった。西山さんなくして西山 満 QUARTETはないからもう聴けなくなってしまった。残念だけど、3年通ったんだから上等だと思うことにしよう。なんでもいつかは終わる。歳森さんのピアノを聴きに京都の無音ストリートへ行くことにしよう。

SUBの西山満さんが亡くなられた

8月31日午前6時16分、ジャズベーシスト西山満さんが心筋梗塞で亡くなられた。
夕方お別れに行ってきた。すでに多くの方が来られていたが、夕方からはとてもたくさんの方がお別れに来られたようだ。明朝11時まではSUBに安置され、お通夜、告別式はご親族でされる。

最後に聴いた西山 満 QUARTET[西山 満(cell) 歳森 彰(P) 財 盛紘(B) 弦牧 潔(D) ]が良かったので気持ちよい思い出を持っていられる 。毎月一度の彼らの演奏を欠かさずに行って31回目だった。そして毎週金曜日のギターの竹田一彦さんとのデュオにも毎月1回は行っていた。15年間続いたのが終わったんだ。竹田さんの気持ちを思いやるとせつない。

わたしが最初にSUBへ行ったのが2005年6月エディ・ヘンダーソンのときで、まだわたしは長い空白期間からジャズ復活をしていなかった。
それから間が空いたが2007年11月同じくエディ・ヘンダーソンを聴きにいった。そのときに西山さんがアート・ブレーキーを聴きにいった話をされていたので、わたしもそこ(1961年1月10日フェスティバルホール)にいましたと言ったのが始まりでSUBの仲間入りをさせてもらった。そして2008年1月からはずっと月に一回から三回は行っている。最初のころはうるさいくらいに、この彼女はアート・ブレーキーに行っとんたんやでと人に言いまくってくださった。そして、わたしはジャズに戻った。

わたしが西山さんにとってはとんでもないフリージャズやらなにやらを聴いていることで、ご機嫌を損ねたことはあったけれど、くみちゃんは妹(不肖の妹です)やとも言ってくださった。
あんたの文章は読みやすいと言ってブログとツイッターを愛読してくださっていた。

竹田さんがソロの日に聴きたい曲をリクエストされたとき、わたしは「グリーン・スリーブス」をお願いしたことがあった。単純な曲だけど文学的に好きなのである。その話を聞かれて西山QUARTETで何度も演奏してくれ、最後に聴いたのがよかった。それをもっと素晴らしいものにするとおっしゃっていたので楽しみにしたいたのに・・・

西山さんと竹田さんとわたしとが、1961年1月10日にそれぞれフェスティバルホールにいた。それをお互いに知ったのは47年後のことだった。なんかすごい。

西山満さんのご冥福をお祈りします。

マキノ雅弘監督『昭和残侠伝 血染めの唐獅子』

シリーズ中でこの一作「昭和残侠伝 血染めの唐獅子」(1967)だけが高倉健の役がかたぎである。
浅草の鳶職・火消しの鳶政(加藤嘉)の組は上野公園で行われる博覧会の仕事ができると喜んでいる。ところが仕事は建設業にも手を広げた阿久津組が役人を丸め込み一手にしようとしている。阿久津組の代貸し風間重吉(池部良)は異議をとなえるが押さえ込まれる。重吉の妹文代(藤純子)は花田秀次郎(高倉健)の恋人で戦役から秀次郎が帰るのを待っている。
秀次郎が帰ってきたら親方が亡くなっており、秀次郎はみんなに推されて鳶政の親方になる。芸者の染次は借金のために阿久津の妻になるところを音吉(山城新伍)が、まといを質に入れた金で助けようとする。まといを返してもらいに行った音吉は無惨に阿久津組に殺され、嫌がらせは増えるばかり。染次はは川に身を投げて死ぬ。
そこで立ち上がる秀次郎と重吉。前の3作と監督が代わって暗さがとれてわかりやすくなったが、つまらなくもなったという印象。藤純子はきれい過ぎて下町娘らしくない。

これでシリーズ9作のうち4作を見た。クーラーつけないで汗を拭きながら見ていたが、ふと気がつくと7月8日公開なのであった。あの頃は映画館も暑かったような気がするがどうだったろう。
「エンコ生まれの浅草育ち」という歌詞をいつも、エンコってどこのことやろと思っていたが、広くは浅草公園(公園を逆読みしてエンコ)、特に浅草六区界隈のみをエンコと呼ぶ説があるとか。

徳田秋声『あらくれ』と漱石の言葉

ふと徳田秋声の「あらくれ」をなんの関連もなく思い出した。関連があるとすればヤクザ映画とボディガードの荒っぽい小説のせいで、心があらくれてるんやないかと思ったから。
「あらくれ」は若いころに読んでついていけなかったことだけ覚えている。女主人公のあまりの男好きにおたおたした。いま検索したらいいページ(日本大百科全書)があった。おおよその筋書きがあって、〈みごとに客観化され、自然主義系の傑作となったが〉とあり、その次に、〈夏目漱石は「フィロソフィがない」と批判した。〉と結んでいる。秋声と漱石のことはかじっているだけだけど、この言葉どおりだと思った。そしてわたしは漱石寄り。
検索してよかった。夏目漱石の言葉を突然読めるとは思いもよらなんだ。

今夜はこれで気持ちが落ち着いたけど、昨夜なんか映画を見てカタルシスを得られなかったせいか、頭も体もどんよりしていた。お風呂に入ったら和むかと思ったら、よけいに原発事故のことを思ったり、今後の仕事や生活の不安がおそってきた。それでもすぐに熟睡したけど(笑)。

リドリー・スコット監督『ワールド・オブ・ライズ』

「デュエリスト/決闘者」 (1977) 、「エイリアン」 (1979)、「ブレードランナー」 (1982)、「レジェンド/光と闇の伝説」 (1985)、「誰かに見られてる」(1987)、「ブラック・レイン」(1989)、「テルマ&ルイーズ」 (1991)、「1492 コロンブス」(1992)。
リドリー・スコットの映画を検索したら、最初の8作をすべて見ていた。ほとんど映画館で見てあとでレーザーディスク(LD)を買って何度も見ている。「1492 コロンブス」でがっかりして以来、テレビで「グラディエーター」見ただけである。ほんまにがっかりしたのと、ほとんど映画を見なくなった時期が重なったんだけど。
「エイリアン」や「ブレードランナー」は優れた映画だと思うし好きだけど、いちばんのお気に入りは「誰かに見られてる」である。刑事のトム・ペレンジャーが大金持ちの令嬢ミミ・ロジャースの護衛をする。そうそう令嬢はヴェジタリアンだった。これと「テルマ&ルイーズ」はLDで何度も見ている。

前置きばかりだが、久しぶりのリドリー・スコット監督作品「ワールド・オブ・ライズ」(2008)は、はらはらしながら楽しめた。そういえば、ラッセル・クロウが体重を20キロ増やしてほしいと言われたという話が評判になっていたっけ。
CIAの敏腕工作員フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は中東で活躍しているが、いつもアメリカからの上司ホフマン(ラッセル・クロウ)の指示を受けている。ホフマンはオフィスで仕事をしつつ、家庭で子どもの相手をしつつ指示を出し続ける。中東で仕事していてもワシントンから上司に衛星偵察システムで監視されているわけだ。太ったラッセル・クロウが不気味。
仕事中に犬に足を噛まれたフェリスは狂犬病の手当に行って看護士の女性と親しくなる。遊びではなくつきあいはじめるディカプリオ。彼女が誘拐されて救出に乗り出し捕まって拷問される。

楽しき雑談

「楽しき雑談」は中野重治の本のタイトルで、内容は忘れたがタイトルだけは覚えていて、この日記でもすでに使わせてもらっていると思う。このタイトル大好き。
今夜はヴィク・ファン・クラブの例会日だったが、大阪市観測史上最大の雨量だったくらいだから、だれも出てこないと思ったものの、そこは生真面目君のわたしのこと、ちゃんと6時にはシャーロック・ホームズに座っていた。
いつもギネスとなにかなのだが、今日はお腹を減らしておいてタイカレーとサラダとウーロン茶という食事メニュー。食べているさなかに京都からYさんが来た。京都は雨ではなかったそうだ。彼女はギネスとサンドイッチで遠出が楽しそう。わたしは食後にアップルサイダーをたのんでおしゃべりが止まらない。
先日ははずまない会話に、残り少ない人生の時間がもったいないと思っていらいらしたが、今日は雑談ほど楽しいものはないわと思いつつ笑い転げていた。
グループの男女がダーツを教えてもらって楽しそうにやっているのに、Yさんが「がんばって」と声をかける。次回は挑戦するかもね。そういえばOさんが去年来たときはダーツを楽しんだっけと思い出した。Oさんは12月に大阪でライブをやるのでまた会える。ダーツする時間あるかな。
最後はアイリッシュコーヒーで〆て機嫌良く帰ってきた。