家事を交代

最近は二度のご飯づくりと買い物を相方がやるので、わたしはうんとラクになった。
40年くらいいっしょに暮らしているが、家事はほとんどわたしがやってきた。なんだか最初から家事はわたしがすると決まってた。遊びはいっしょにしてたのに、家事はこっちだった。母性愛というか、わたしが面倒見てあげるみたいな(笑)。
お互いに会社勤めのときも、朝ごはんを作り弁当も作って、帰りに買い物して帰ってから晩ご飯を作ってた。独立して二人で事務所をもったときは朝ご飯を食べて、わたしは片付けしてからお弁当を作り出勤して、先に買い物して帰って晩ご飯を作った。寝る前に洗濯して干していた。ずっと洗濯は夜だった。
土曜日も仕事だったから日曜日に掃除をする。まる一日休めるのは祝日だけだった。
野菜や食品の宅配を利用し出してだいぶラクになったが、魚類は毎日百貨店やスーパーへ買いに行っていた。
家に職場を移してからは家事の面ではだいぶラクになったが、膝を悪くして整骨院へ通っていても帰りは買い物してた。うちは外食を滅多にしないし、エンゲル係数が高くて買い物が多いのだ。

相方の食への関心が高くなったこともあって宅配を断った。まずは昼食を担当し、買い物も行くようになった。近隣野菜を置いている店も見つけたし、輸入食品店も何店か見つけてきた。
今年の正月にマイコプラズマ肺炎に罹ったときから晩ご飯もするようになった。
わたしはラクができてひたすらありがたい。

熱中症になったかと思った

昨夜は涼しいくらいの風が吹いていて気分よく眠りについた。
ベランダの戸を開けっ放しだから夜中も車の音がうるさいが、盆休みに入ったせいか車の数も少なくて静かだったんだろう。
今日はうっかり昼寝しなかったせいか、晩ご飯を食べおえたところでぼーっとしてきた。それでもいつものクセで本(何回読めば気が済むのか、レジナルド・ヒルの「ベウラの頂」)を開いたら、相方に熱中症かもしれないのにそんな細かい文字を読むなと小言をもらった。ほんまにアホやな。
ベッドに寝転がったらいつの間にか寝ていて、汗びっしょりで目が覚めた。これは塩分不足してるわとモンゴル岩塩をなめて冷やした水をたっぷりと飲んだ。それからお風呂に入ってようやく回復。

ネットニュースを読んでいたら高齢のご夫婦が熱中症で亡くなられたとあった。息子さんが毎朝電話していて、今朝は電話に出なかったから住まいに行って倒れているのを発見したそうだ。
独居の姉に毎日電話してやと言われているのについサボってしまう。今日も電話してなかった。明日からちゃんとかけるようにしよう。
そして、自分の熱中症にも注意せなあかん。

読書熱中症

シャルロッテ・リンク「姉妹の家 上下」を猛スピードで読み終えた。飛ばしたところもあるので再読しなければいけない。おもしろかった〜

午後3時頃のこのあたりの気温は35度。
最近行ってなかった自然食品のSマーケットへ冷や奴をしようと豆腐を買いに行った。ここの豆腐はおいしい。昔ながらのしょっぱい梅干し、おから、ヤーコン茶も買おうと思ったのに、シャッターが下りていて「閉店しました」の張り紙が・・・。6月後半から来てなかったのを悔やむ。

すごく暑い。日傘をさして往復30分くらい歩いただけでくらくらした。帰って冷たい水をごくごく飲んだ。そのときはなんともなかったが、晩ご飯を食べていたら、いつもほど食べられない。食後のお茶と羊羹はちゃんと食べたけど(笑)。
食後3時間のいま、むしょうにお腹が減ってきた。熱中症とはちゃうなと一安心。

でも、なんとなくしんどい。本を読む気がしない。なんでやーと考えて。
ああ、これやん、と納得。読書スピード上げすぎて読書熱中症やん。
今夜はお風呂に入って静かに横になるとしよう。

体重を減らす

若いときは45キロ、それから47キロくらいが長かった。当時の写真を見るとほんまにすっきりしている。それが堺筋本町にある会社に転職して職場の近くに有名なスイーツの店があったのがいけなかった。毎日午後に夏はアイスクリーム、涼しくなったらコーヒーとシュークリーム。おいしいかったのは確かだが、サボりたかったのが真実(笑)。
その会社を半年後に辞めたのだが、それから少しの間主婦業をしているうちに50キロをオーバーした。なんせ背が低いので45〜47キロが順当なところを52キロで30年間くらい過ごしてきた。
膝を悪くしたとき、体重を減らしたほうがいいと思ったが、思うだけでは1キロだって減りはしない。とにかく食べるのが好きなんで。

それが一日二食にしたらたちまち50キロを切って49キロに。美容院でほっぺたの贅肉がなくなったと褒められてうれしかった。お腹の肉はとれないけど、腰のまわりにずっしりついていた肉はとれた。菜食にしてまた痩せて48キロに。今年になってから47キロ台である。昨夜みたいに食べ過ぎると47.6になり、夜食をしないと47.2にさがる。
目標は45キロなのでまだだいぶかかりそうだが楽しみだ。

午後は歯科で気分よく、夜はSUBで楽しんだ

10日くらい前だが晩ご飯を食べていたら口の中でじゃりっと歯が欠けた。いちばん奥の下の歯だ。何十年も前に虫歯治療してちょこっと詰め物してあった。
去年の夏にいったのにまたかといやな気分になったがしかたない。美容院で教えてもらった新しい歯医者さんに行くことにした。
ビルの1階の診療所は受付も診療室も明るくて親切丁寧な応対で気持ちよかった。レントゲン撮るのも新式でラクだった。心配していた歯は簡単に治療できるようでやれやれ。今日型を取って1週間後にもう一度行けば済むみたい。
先生はレントゲン写真を見ながら、しっかりした歯だと感心してくれた。歯茎なんか30代40代と言ってもとおるって。
ということで、機嫌良く帰ってきた。

晩ご飯を食べて、地下鉄でSUBへ。
今夜は竹田一彦さんのギター、宮上啓仁さんのベース、最後のほうでイクノさんのボーカルが2曲。イクノさんはニューヨークで20年暮らして一昨年帰ってきたそうだ。
竹田さんと宮上さんはとても息が合う最強のデュオだ。あっという間に時間が過ぎる。もう終わりの時間かといつも思う。
お客が多かったのでカウンターに席を替わり隣の人とおしゃべり。何年も竹田さんのときに一人で来られているが、話したのははじめてだった。そのあと反対側のイクノさんにニューヨークと日本の違いなど聞いた。20年前と比較して若者が草食系になっていると感じたそうな。

CT初体験

咳こむことが少なくなって夜も熟睡できていい案配になった。でもまったく抜け出したわけでない。なんとなくしんどい。この数日の状態を医師の友人にメールしたら、その症状は高齢者にとって「マイコプラズマ肺炎」のおそれがあり、集中力の低下やしんどいのは危険信号だから、一度診療所で診てもらったほうがいいとのこと。
最初に返信をもらった土曜日に相方が行きつけの医者に行き血液検査をしてもらい、検査結果はまだ出なくてもと薬をもらってきた。
わたしはぐずぐずして今日になった。最後に内科に行ったのはいつのことだろう。20年くらい前にインフルエンザにかかったとき以来かな。ブログ以前のことはわからんので困る。

近所の診療所に行ってみた。おしゃれな機能的な感じのする診療所で、まず保険証を渡したら体温を測るように言われた。36.5度。2日休みだったせいで患者さんいっぱい待ち。本を読みながら1時間半くらい待って全部で2時間かな。
知り合いに「マイコプラズマ肺炎」のおそれがあると聞いて来たと言うと、中年の男性医師が聴診器をあてながらそれはあるとのこと。レントゲンを撮ってみましょうという。レントゲンの結果は肺に陰があるからと、次にCT(コンピュータ断層撮影)を撮ることに。あれよあれよと縄文人から現代人へ一足飛びであった。
CTの結果はのちほど出るそうで、薬をもらって帰った。今日は医者疲れしたので早寝じゃ。

七草がゆ

正月の準備などしないので、元旦と2日は在庫野菜で簡素に昼は洋食、夜は和食ですました。3日は姉の家の宴会で肉と魚と揚げ物をたっぷり食べた。4〜6日は残り物をもらって帰った肉系でこれはいかんと言いながらビールを飲んだりした。甘いものもよう食べた。
だから今日は胃袋を正常にもどさなあかん。幸いにしてお腹の調子はよい。
昔の人はよう考えたもので、ここで七草がゆとした。いままで好きなときにお粥を食べるがなと言っていたが、風邪を考えて今日はやっぱり七草がゆ(笑)。
七草には少ないがセリなど緑の葉と大根やニンジンなどを入れたお粥はうまかった。うちのオリジナルでお餅も入れた。

さて、おとといからの風邪引きだが、いっこうにようなりません。どちらかの咳で夜中に目が覚めるので昼間はぼやっとしている。横になったら2時間寝てしまった。あげくが筋肉痛がひどい。
今夜はお風呂で温もって湯たんぽもってベッドに入ることにしよう。
本はいただいたドロシー・ギルマンのコージーなありえない物語のクライマックスをつぎつぎに読んでいる。うまいこと書いてるわ。

風邪引いた&本がいっぱい

数日前から相方が咳をするので風邪やからおとなしくするべしと言うたんやけど。妻の暖かくもこうるさい言葉もなんのその、年末年始の夜遊びで風邪をこじらせ、その上にわたしまで風邪気味とあいなった。
今シーズンは風邪を引かないなぁと喜んでいたのになんたること。咳が出て鼻水が出て大変です。足元を冷やさないようにレッグウォーマーをはめて、肩にはサロンパスと背中にカイロ貼った。ふとん乾燥機でおふとんを温めて寝よう。
今日はうだうだして過ごし昼寝もしたし夜は熱いうどんを食べて温もった。明日ものんびり過ごしたらきっと治るでしょう。

ミクシィで知り合ったJさんが引っ越すので本を譲りたいとつぶやいておられたので、他の方がもらわないならと数日待ってから申し込んだ。先に一人おられた方は本のタイトルで選ばれたので、わたしは残ったのを全部引き受けた。文庫本57冊、ハードカバー2冊の大荷物をどさっと受け取った。読んでない本がほとんどである。今年中に読み切れるかな。友人にもまわしてみんな読み終ったら貸本店へ持って行くから本が長生きする。

歯の治療がすんですっきり

7月の20日ごろのことだが、ご飯を食べていたら小臼歯にかぶせてあった金属と中の歯がぽろりと折れた。歯医者さんに前回も笑われたけど、今回も40年前の治療のあとが残っているのを見て感心しておられた。その歯の根を調べてもらったら差し歯ができるということでやれやれ。反対側の1本を前回治療してもらったのがいま全然違和感なしなのでゆうゆうとしたもの。
7/24、7/31、8/8、8/21、9/3、9/11の6日間。わりと日にちが空いているのは、歯医者さんの予約が詰まっていたから。
最後に歯が元々丈夫なのとふだんの手入れがいいから気持ちよく治療できたと褒めてくださった。

歯が悪いと肩が凝るし腰にもくるような気がする。左右のバランスが崩れていると思うので、腕振り体操をすることにした。昔は単純なことはしたくないみたいな気持ちで続かなかったが、今回は朝500回と夜200回を続けている。

肩こりがいっぱい

せめてタイトルだけでもおもしろくして楽しげにしようという作戦(笑)。
先々週の金曜日の夜から肩が凝っている。30日深夜の「大飯原発再稼働反対」のIWJのユーストを朝まで見ていて、翌7月1日も午後から見ていてご飯支度を忘れた(笑)。1日の夜はデモ隊が引き上げるところまで見ていた。目が疲れて肩が凝って当然だよな。耳にはいまだに「再稼働反対」がひっついているような気がする。

年を取るということはほんまに新しい体験で、いままで平気でやってたことが平気でできなくなる。無理してやるとできなくはないが、あとで疲れが出たり肩が凝ったり足が痛んだりする。雨の日にデモに行けば膝に堪える。本はおもしろいから必死で読むのでますます老眼がすすむ。

ずっと通っていた整骨院が閉じてしまい、新しいところをまだ探していない。マッサージチェアを借りられるのでそれで間に合わせている。月曜日は借りることにしよう。
今日はサロンパスを貼ったら、剥がしたあとが痒くてたまらん。これをアップしたら切り札の半身浴で和むことにしよう。

今日は花屋で見かけた昔ながらの鶏頭の花を3本買ってガラス瓶にいれている。眺めているだけで気持ちが落ち着く。こういうのがいまの流行になりつつあるんやな。百日草とか鳳仙花とか千日紅とか松葉牡丹とか大好き。