整体で元気

さっき以前のブログから移転中の日記を点検していたら一昨年の《健康ページ》の『整体初体験』が出てきた。おととし2014年の3月なのでもう少しで2年になるが、毎週欠かさずに行って治療してもらっている。

あのときは姉がお風呂から出られなくなって常備している救急センターのベル(心臓が弱いのでいつも手の届くところに置いている)を押したのだった。すぐに救急車がやってきたが入院するほどのことがなかった。近所の人たちが集まってきて、その夜の付添にわたしが呼ばれた。一泊しただけだったけど寒い夜で冷えたらしく翌日帰ったが体調を崩した。

きっと整体が効くはずとネットで探したらすぐ近所に整体院があった。全然その存在を知らんかったからびっくり。
初めての整体はめっちゃ気持ちがよくて、それから週に一度通っている。体調はよくなってそのぶん読書やパソコンに向かってしまうので、結局は目が疲れ肩が凝っている。気持ちがいつも走っているので、もう少しのんびりしたいとは思っとります(笑)。

いつまでも夜起きていて朝はいつまでも寝ている。それでも目と肩と膝以外は大丈夫だからこれでいいのだと思っているものだから早寝早起き生活は無理。
朝ごはん抜き、昼と夜は糖質制限ダイエットである。晩ご飯後はコーヒーとナッツぐらいでなにも食べない。43キロまであと3キロ体重を減らして膝の負担を減らしたい。

ダイエットは続くどこまでも

お菓子を食べないでもいけるもので、今日もおやつはコーヒーとピーナツをつまんだだけ。ご飯の最後に薄切りのバケットにクリームチーズを塗って食べたけど、これはデザートでなくて食事の一品(笑)。

先週の木曜日、姉のところの昼ごはんに寿司折を買って行った。それに野菜の惣菜あれこれ。ご飯を残せばいいのにこのくらいええやろときれいに食べた。食糧難の時代の子だから出されたものは残さない。とか言って、買って行ったのは自分なのである。今後は買い物を考えなくては。姉は巻き寿司を晩御飯として皿に残しているのに。3時のおやつはカステラとコーヒーだった。これも素直に食べた(笑)。
おかげで当日の朝46キロだった体重が46.8キロに増えた。それから6日して今日46.2キロまで戻ってやれやれ。45キロになりたいなと思うが46キロに定着すらしていないのだからまだまだだ。

43キロくらいになってあの時こんなこと書いてたんやなんて笑えたらいいな。今の夢(笑)。

1日2食でおやつなし

午後から美容室シュリットに行って白髪が目立ってきた髪を染めてカットしてもらった。
暮れに美容室へ行きそびれて正月は根元が白い不細工なアタマを毛糸の帽子で隠していた。姪夫婦になんで家の中でまで帽子をかぶってるのと聞かれて「ほーれ」と見せて納得してもらった(笑)。

お店に入るとすぐに一声「痩せはったんと違う?」「ほんまに痩せて見える?」「ほんま、ほっぺたがすっきりしてますよ」という会話ではじまり、「暮れから糖質制限ダイエットしはじめてん」というと「あたしもしてる」と雑誌『ターザン』の糖質制限ダイエット特集を出してくれた。
いつもカットと染めがすんで待ち時間にコーヒーとお菓子が出るのだが、「今日はコーヒーだけでいいね」と普通のコーヒー、そしてなんやらいうダイエット本で読んだなんたらオイルと無塩バターを少々たらしたコーヒーが出た。コーヒーが体によいそうでよかった。

「1日2食にしたときは目に見えて痩せはったなあ」「ふん、あれからちょうど10年やねん、ずるずるとおやつを食べるようになってたから、これからまたひとがんばりして体重減らすわ」「あたしも頑張りますわ」
今日は最初から最後までダイエットが話題だった。

年の暮れに誓う

今年の春分の日に御堂筋で転倒してからなんとなく生き方が消極的になったように思う。その前(09年11月)にアップルストアの階段でド派手にこけたときは笑ってすませた。もひとつ前(06年9月)に家庭内転倒のときは膝を打って長いこと整骨院のお世話になったが、精神的にはダメージがなかった。
今回の転倒は尾を引いている。悪い右足をかばって歩いているうちに左足に無理がかかっていた。昨日は外を歩いている姿勢が悪いと相方に指摘された。
今日は整体院で丁寧に膝に触っていただいた。歩くときに足先が外側に向いているから転倒するんだって。意識してまっすぐ足を出して歩きなさいって言われた。
毎日ストレッチを忘れずに。そして体重を減らす。

昨夜は晩ご飯後になんだかだとしゃべっていて、1日2食にしてから減った体重がいまのところで落ち着いてしまったのはおやつの食べ過ぎだと反省。特に最近は姉のところに集まったお菓子をもらって食べることが多い。もったいないと残さず食べるから。
これからはおやつをやめようということになって、在庫のお菓子を捨てた。
2015年暮れの誓い「おやつは食べない」

食年表
2005年6月 1日2食をはじめる
2010年8月 菜食をはじめる(2015年9月まで)
2015年10月 糖質制限ダイエットに切り替える

快眠で快便

最近とみに思うのだが、快眠できて快便で、すごくありがたい。
若い友だちからのメールに、彼女たちのまわりでは「毎年健診を受けてたのに乳がんになってしまった」という話題で持ちきりだとあった。その言葉に刺激を受けて病気や健康や自分について思いをめぐらした。

晩ご飯を食べながら、相方が厄年に胃潰瘍になったことから、それまでの不摂生な生活、ヘビースモーカーだったこと、仕事が忙しく夜も眠らずに働き、その上で遊んだことを思い出してしゃべった。
悪いことばっかりやっていた。よく稼ぎはしたが、その分みんな使ってしもたというアホなわたしら。
そして大吐血のあとはタバコをやめて外食を減らした。仕事も減らしたので必然的に内食になった(笑)。
わたし自身もいまになって思うと神経性胃腸炎やった。長いこと毎週日曜日の夜になると下痢してた。翌日にはけろっとしてたから病気という実感はなかったけど、気持ちのよいものではない。

かなり長いこと元気だと実感。だってヴィク・ファン・クラブ作ってから毎月会報(9月号で通巻285号)を作って送り、VFCサイトを作ってから毎日(最初の2年は1日おきくらい)17年ブログを書いている。
よく眠りよく食べて快便。最近は寝つきが悪い日があるので運動不足に注意するべし。

歯科治療終了

昨年末に犬歯の歯茎が腫れたのからはじまって、40年前に治療した奥歯4本が虫歯になっているのを治療して、転んで亀裂が入ったために抜いた前歯の治療までがすべて完了。今日は口の中全体を検査して清潔にしてもらった。

歯の治療をしてもらうとき、口の中に器具が入れられるとゲーとなる癖があった。小さなときにジフテリアに罹って1カ月入院した。医者が口中に金属の板状のものを入れて咽喉の状態を診る。それがいやでいやで咽喉と歯の検査はいつも逃げたかった。
ここ20年くらいは歯医者の椅子のせいか、トシのせいかあまりゲーとならなくなってはいたがたまになる。今回は歯医者さんにまかせている安心感があったせいか、全然ならなかった。口中のレントゲンも大丈夫だった。

姉の夫が亡くなって6年経った。この6年の姉の暮らしを見ていると年齢を重ねるのは新しい体験をしていくことだとつくづく感じる。徐々に体が弱っていく。血圧をはじめとして体の状態がにぶくなる。足をはじめとして節々が弱る。記憶力が落ちているしすぐに物忘れする。それでも一人暮らしなので日常生活をきちんとやっている。
人生の先輩を眺めているわけだ。わたしはああはならへんようにしよと思っていることがあり、そうもいかんやろなとも思う。まあ乙女心は失わずに(笑)。

今年の春のお彼岸の日に、周囲の人たちと同じようにうきうきと御堂筋を歩いていて歩道の石の隙間に靴の先がつまづいてこけた。ばたんと手を伸ばしてべたっとこけたので、周りの人たちがびっくり。目の前の男子2人が助け起こしてくれた。以前のわたしならこけただけですんだが、今回は歯をぶつけて唇から血が出た。前歯がぐらついているいやな感じ。

ちょうど翌々の月曜日に歯科の予約がしてあった。歯医者さんにこの歯は諦めるしかないよと言われてショック。応急処置をしてもらって、歯肉が落ち着くまで他の歯の治療をして、それからどうするか考えましょうとのこと。
長いことかかったが他の歯が片付き、気がかりだった前歯の治療も終わった。見た目には全然義歯だとはわからない。

「80歳で20本を目標に歯を磨きましょう」とかいうけれど、いうは易しだよね。わたしはクリアできるわと思っていたけど、こうして1本減ったんだし。まあ、気持ちだけは若く持って、歩くのはゆっくりと落ち着いて。

「きょういく」と「きょうよう」

明日からずっと雨降りらしいので、天気の良い今日姉の家に行くことにした。4月の長雨ということで菜種梅雨という言葉が浮かんできたが、天気予報では梅雨時の気温になるとか言ってたから2カ月先取りなのかも。
買い物して姉の家に行って猫の相手をしてお弁当を食べてといつもと同じだが、今日は近所の公園に花見に行った。飲み物も持たずに行ってベンチに座って花を見ながらしゃべっていただけだが、知り合いにたくさん会ったしお花見気分満喫した。みんな明日から雨で見にこられないから今日出てきたと言っていた。

帰ったら横浜の妹からケーキが届いていた。自閉症者の施設で作っているケーキやクッキーだが、バウンドケーキは桜の花がのっている季節物。
姉がディサービスに行きだして元気になったことなど話していたら、妹の周りでは「きょういく」と「きょうよう」という言葉が流通しているんだって。
・きょういく=今日行く=今日行くところがあるから元気
・きょうよう=今日用=今日用事があるから元気
歳をとると外へ出ることで元気になるし、用事があることは元気の素だって。
ネットも入ると思うがあいにく妹の周りはネットをやっている人がいないそうだ。
はーい、カレンダーに予定の書き込みしておこう。月曜日は歯医者の日だけではあかんな。

新聞紙とツイッター

新聞をとるのをやめてからかなり経っている。その後にテレビをやめた。ラジオニュースは用事をしながら聞くようにしているが、うちの主な情報源はネットである。お金を払っている情報もあり無料のニュースもあり。ツイッターはすごく役に立っている。

ふだんそれで暮らしていて何の支障もないけど困っていることが一つある。新聞紙だ!
葉物野菜を買ってきたら新聞紙にくるんでカゴに立てておくのだが、毎日のことだから足りなくなって使い回ししてたりして(笑)。
姉のところへ行ったら帰りに「新聞紙をちょっとちょうだい」ともらってくる。興味のあることがあったときはコンビニで新聞を買ってくる。

ツイッターはすごく役にたっている。
昨日、口臭がするぞと相方に注意されたんだけど、なんでかなと思っていたら、今日偶然ツイッターで知り合いがぴったりの記事を紹介していた。1年くらい前の雑誌の〈相手の顔ひきつってない?恋愛や出世を阻む「口臭」の原因7つ〉という記事。
それを読んだら、いまのわたしの口臭は先日の転倒でやられた治療中の歯のあたりの歯磨きがずさんだからとわかった。対策は、しょっちゅうイソジンや塩水でうがいして、水をたくさん飲んで、ご飯後には歯間ブラシで清掃する、ことのようだ。

御堂筋でこけた

暖かくて気分の良いお彼岸の中日。ちょっと散歩と買い物に心斎橋に出て御堂筋を歩いていてこけた。歩道にちょっと空いているところがあって、そこでつまづき、つつつと前のめりになってばたんとこけた。派手だから道行く人たちがみんな見ている。目の前にいた男子2人が「大丈夫ですか」と声をかけてくれ、唇に血がついてますよとティッシュをくれた。ありがたく頂戴し、ついでに手を引っ張ってもらって立ち上がったら、街路樹の横の石のところへ連れてって座らせてくれた。厚くお礼を言ったがほんまに優しい子たちだったな。前歯がちょっと欠けてそこが唇にあたって血がにじみ出ている。
立ち上がって買い物だけはすまそうとハンズに行って買い物して帰った。鏡を見たら唇が腫れていて、前歯の歯肉が少々痛いが我慢ができないということはないのでほっとした。明日の朝になったらどうかな。

膝が悪いから歩くときに足があまり上がっていない。それでちょっとしたところでけつまずく。妹に電話したら彼女はいつのまにか膝が曲がりにくくなっていたことがあり、整形の医師の話では歳をとると足首が弱って足が上がらないからと足首を強くする運動を薦められたという。もっともな話なのでやり方を聞いた。

久しぶりにこけたなあ。6年前にアップルストアの階段の最後のところですってんころりと転んで以来だ。
まあ足や腕の骨がなんともなくてよかった。
それにしても気をつけなくては。

ツイッターにちょこっと書いたらすぐにフォロワーさん計1人からお見舞いツイートとDMがあった。ミクシィで2人。ありがたし。

こころとからだのメンテナンス

元旦からの風邪引きが去っていってやる気はまんまんなれど、そこまでの元気がない。昨夜のように3時間をこえる映画DVDを見たら疲れるはず。長いだけではなく内容がハードだからよけいに疲れて当たりまえだ。
その上に読書しなければ本がたまる一方である。ディケンズ「大いなる遺産 上下」いつ読めるんだろう。P・D・ジェイムズも再読すべき本が2冊まだ残っている。その他いろいろが積み重なっている。

いま読んでいるのはサラ・パレツキー「セプテンバー・ラプソディ」(ハヤカワ文庫)、これが分厚くて内容が濃い。
昨日見た映画「ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム 完全版」の女性主人公は天才ハッカーで、Macの画面が絶えず出ていたが、「セプテンバー・ラプソディ」で私立探偵ヴィクが捜す青年マーティンも最先端IT企業で働いていて注目されている。

そういう映画や本だから目が疲れアタマが疲れる(笑)。
でもって、火曜日は整体に行って体をほぐしてもらい、水曜日は美容院で髪をいじってもらって、おしゃべりでアタマの洗濯。今日は歯科に行って糸切り歯が虫歯になっているので手入れ。
からだのメンテナンスができたのでちょっとやれやれ。