わたしの大阪地図 千鳥橋

昨日「木下黄太講演会 7月17日 此花」があって、千鳥橋の此花区民ホールへ行った。千鳥橋へ行ったのは何十年ぶりになるかしら。西区に越してきた当時、散歩で足が伸び、気がついたら千鳥橋の駅のそばだったことがある。方向オンチの散歩は思っていなかったところへ着地する(笑)。それだって30年も前のことだ。そこから尼崎まで電車に乗って梅田行きに乗り換えて、千船で降りてみた記憶がある。長い散歩だった。
そのころの駅はまだ古いままだったからすぐにわかった。いまは高架になって駅前は知らない町にきたようだ。

ずっと昔、西淀川区で働いていたとき仕事でよく千鳥橋まで行った。通勤は梅田から阪神電車に乗り千船で降りた。会社から用事で千鳥橋に行くときは出来島駅から車両数の少ない線に乗った。あれは何線と言ってたかしら。伝法線? 検索したらアタリ! 千鳥橋には労働基準監督署と職業安定所があったように記憶している。阪神本線と同じ神崎川と淀川を越えるのだが、ずっと川下のほうになる。いまは千鳥橋から難波まで線路ができて、奈良や松阪まで行く電車を昨日見てびっくりした。いま路線図を見たら伝法(でんぽう)、福(ふく)、出来島(できじま)、大物(だいもつ)と懐かしい駅名が並ぶ。

職業安定所では友人が求人係をしていたので用事をつくって行ったものだ。世話好きな彼女のいうなりに横にちょこんと座って職の世話もしてもらった。結局は転職しなかったが。彼女は学者の卵と結婚したが若くして亡くなった。

今度は時間をたっぷりとってセンチメンタルジャーニーしようと思うが、いつも思うばかり。

大阪駅とnu茶屋町観光

横浜在住の妹が自閉症者の次男と里帰り(里はすでにないが)。おとといは姪の夫の一周忌に出席し、昨日は大阪在住の長男を誘って出かけて姉の家にも行き、大阪駅のホテルに泊まって快適な三連休を過ごしたようだ。三日目の今日は夕方の新幹線までわたしが接待することになった。姪たちにどこへ行ったらいいか聞いたら、大阪駅観光がいいって。時空(とき)の広場で待ち合わせしろって。そこへ行くのにどう行くのかわからんので早めに行った(笑)。
エスカレーターで上へ上へと昇るとレストラン街がある。どこもかしこも店の外に人の列が続いている。ちょうどいた店員さんに聞いたら1時間半待ちだそうだ。これはあかんわと景色を見るのもそこそこに降りて地上に。

梅田はシャーロック・ホームズ以外に食べるところに行かない。あいにく今日は月曜日で定休日である。阪急の食堂街に行こうかと思ったが、ガード下に食べ物屋さんばかりぎっしりあるやんと行ってみた。あったあった、和食屋さんが。そこでいちばん高いセットを頼んで落ち着いた。

夕方までかなり時間がある。茶屋町でも行くかと歩き出したが、暑い〜 顔や首筋に照りつけるお陽さんがすさまじい。nu茶屋町(ヌーちゃやまち)って初めて行った。昔ロフトに行くのに通った小さな家やお店がみんななくなってビルになっている。涼を求めてカフェに入ってパフェ。外を眺めると本屋みたいなので行ってみた。求めていた本がなく、しゃあないなと大阪駅へもどって、喫茶店でコーヒー。とにかく暑くてしんどいので座りたい。大丸で息子の職場へのお土産を買うのを手伝い改札口まで見送った。

そのまま帰るのも中途半端な感じがして堂島のジュンク堂へ。翻訳ミステリ読書会用の本と先日読んでおもしろかった「特捜部Q 檻の中の女」の2作目「特捜部Q キジ殺し」を買った。これは山田真さんが褒めてはったので早く読みたい。
帰ったらおとといの深夜にアマゾンの中古本で注文したルース・レンデル「ハートストーン」が届いていた。
ヴィク・ファン・クラブ会報を早く仕上げて読書したい。この3日間全然手を付けてないのでいつできるやら。

センチメンタルジャーニーと方向オンチ

この3年足らずのあいだに何度か葬儀があってその後の法要もある。今日は姪の連れ合いの一周忌に行った。阪急電車の三国駅から歩いて15分ほどの葬儀場にある別室で法要とあとの食事をするとのこと。三国は昔住んでいたところに近いなじみの場所。友だちもたくさん住んでいたしなじみのお店もいろいろあった。だけど40年くらい行ってない。いまどうなっているか見たくなって早めに出かけた。前回はいそいでいて三国駅から国道に出てしまったので思い出もなにもなかった。

今回は古い道を通ろう。駅から出るとロータリーになっていてタクシーが並んでいる。昔の狭い汚い風景が全然ない。うろうろして三国橋を探した。駅の位置が変わっていたのだ。橋のたもとに「三国の渡し」の解説の石碑が建っていた。落語「池田の猪買い」で「三国の渡しを渡って、十三の渡しを渡って・・・」の三国の渡し船があったところだ。昔は堤防があったのか覚えていないが、いまはきれいな散歩道になっているようだ。
橋を渡ると、びっくりするくらい変わっていない。新しい家もあるがたいていは古いままでお店も電気が暗くて、ほんまに昔みたい。たしかこのへんとアタリをつけて曲がったのが間違いの元で道に迷った。方向オンチなんだから時間が決まっているときは寄り道禁止にしないとね。まあぎりぎりでセーフということで。

長い読経と冷房の寒さをガマンしてようやく昼食になった。食べても汗をかかないのはいいけど。いつも暑いところに慣れているのでほんまに困る。
横浜から妹親子が来たので、姪の家までいっしょにつきあった。亡姉のミステリ本が大きな本棚いっぱいに入っているのから数冊もらって帰った。その話は明日。

肩こりがいっぱい

せめてタイトルだけでもおもしろくして楽しげにしようという作戦(笑)。
先々週の金曜日の夜から肩が凝っている。30日深夜の「大飯原発再稼働反対」のIWJのユーストを朝まで見ていて、翌7月1日も午後から見ていてご飯支度を忘れた(笑)。1日の夜はデモ隊が引き上げるところまで見ていた。目が疲れて肩が凝って当然だよな。耳にはいまだに「再稼働反対」がひっついているような気がする。

年を取るということはほんまに新しい体験で、いままで平気でやってたことが平気でできなくなる。無理してやるとできなくはないが、あとで疲れが出たり肩が凝ったり足が痛んだりする。雨の日にデモに行けば膝に堪える。本はおもしろいから必死で読むのでますます老眼がすすむ。

ずっと通っていた整骨院が閉じてしまい、新しいところをまだ探していない。マッサージチェアを借りられるのでそれで間に合わせている。月曜日は借りることにしよう。
今日はサロンパスを貼ったら、剥がしたあとが痒くてたまらん。これをアップしたら切り札の半身浴で和むことにしよう。

今日は花屋で見かけた昔ながらの鶏頭の花を3本買ってガラス瓶にいれている。眺めているだけで気持ちが落ち着く。こういうのがいまの流行になりつつあるんやな。百日草とか鳳仙花とか千日紅とか松葉牡丹とか大好き。

きくらげの天ぷらは〈さの半〉だった

おとといの「カンタン菜食ご飯」を書いてからツイッターに「大根おろしの食べ方をなにか考えよう」とツイートしたら、「なめこおろし」を教えてくれたひとが二人いた。〈ミクシィのつぶやき〉では「天ぷらに大根おろし」と教えてくれたひとがいたので、紅生姜の天ぷらを買ってくると返信。続いて「きくらげの天ぷら軽く焼いて大根おろし^^美味しいですよ〜^^*」とあった。
わが家は最近天ぷらと無縁なので「きくらげの天ぷら」と言われてもぴんとこなかった。キクラゲを揚げたらうまいのかな、なんてナンセンスな反応をした(笑)。いまは魚とキノコを食べないので、天ぷら(薩摩揚げのことを大阪では天ぷらという)といわれても、普通の天ぷらのことかと(笑)。

そこで思い出したのが〈さの半〉の天ぷら「キクラゲ入り」である。〈さの半〉は道頓堀にあって、池波正太郎がうまいとほめていたお店である。道頓堀までわざわざ買いにいく値打ちのある味だった。キクラゲ入りもゴボテンもおいしかった。かまぼこもおいしかった。鱧の皮もここのはものがいいからキュウリもみがうまかった。
閉店して5年以上経っている。あの味を知っているひともだんだん減っていく。

極私的な話と大飯原発の動画

姉の家に行って帰ってからIWJ_FUKUI1の映像をずっと見ながらメールやツイッター読んでいる。姉とは1カ月ぶりだったのでおしゃべりざんまい。相方が鉢植えの植え替えをしていたら雨が降り出したので、切り上げてお風呂に入りテレビで阪神-ヤクルトの試合後半を観戦。年に一度か二度見るだけだから阪神が勝ってよかった。神宮球場なのに阪神ファンが多いのでおどろいた。平野選手は大人になったなあなんて。鳥谷選手の貫禄を見よ、なんちゃって(笑)。独居の姉の慰問なんだけど、自分が楽しんでいる。ご飯のあとには「八丁堀の七人」も見て大好きな村上弘明を楽しんだ。

ああ、こんなこと書いているうちに、実力行使がはじまっていた。深夜なのにIWJ_OITA1と合わせて8000人を超える視聴者がいてどんどん増えている。外国語のツイートもある。関電側の暴挙が明らかになっていくのがわかる。女性が「原発止めてほしいだけやねん」と何度も言っている。「原発止めてくれたらすぐに帰ります」という男性の声もする。市民側はみんな冷静で女性たちは警官たちを言い負かしている。年配の男性の説得力のある話が続き、若い警官たちのまばたきが増えている。
311以来、いろんな場面ですごい人が出てくるのにおどろいているが、今夜もこの方が突出した力量を見せてくれた。
それにしても、関電幹部や政府のえらいさんがのうのうと眠っているときに、若い警官たちと止むに止まれず自腹を切ってここに来た人たちが向かいあっているのはおかしいと思う。年配の方は説得力ある会話を続けている。女性たちは寒そうにフードを立ててにこやかである。雨が降っているようだ。

酒井隆史『通天閣 新・日本資本主義発達史』を読み出した

図書館から半月以上借りていて最初の章だけ読んだまま置いてあった。実生活が遊びもネットも含めていそがし過ぎ。25日返却なのでいそいで読まなくちゃ。さいわい読みやすいのでいけそうだが、とにかく厚い本で734ページもある。いま210ページ。

序に小野十三郎の詩「秋冷の空に」が引用されている。そこには通天閣が〈大阪の灯台よ〉とうたわれている。わたしは20代のときに小野十三郎の詩集「大阪」を愛読していた。働いていた西淀川区の地名が出ていて、わたしはその道を詩にそって自転車で海へ向かって走ったことがあった。「姫島や千船ではあらゆる道は海に向かってはしっている」といまはうろ覚えだが、通勤時に神崎川の堤防を歩きながらつぶやいていたこともあった。川が海にそそぐところに立っている夢をいまも見るくらいだ。
小野十三郎というひとをそれきりしか知らなかったが、本書で生い立ちや生き方を知っておどろいた。もっていたイメージと違う。まず大きな勉強をした。

第一章が「ジャンジャン町パサージュ論」で新世界を語っている。わたしは新世界やジャンジャン横町と縁があると自分で思っている。こどものときは浅草育ちの父親があのあたりが好きでよく連れて行ってくれた。難波へ出て日本橋の古本屋をめぐって新世界へと歩いた。70年代には旭町のジャズ喫茶マントヒヒの常連になっていて、夜中に店を出て映画を見たり飲んだりした。
本書では新世界の歴史を細かく語ることで、大阪の資本主義初期のころのうごめきを語っている。いまわたしはスリリングな読書体験をしている。
(青土社 3600円+税)

台風4号

大阪直撃とのことで、昨夜からしょっちゅうネットの台風情報を見てラジオを聞いていた。うちは西と北に面して窓があるので風が怖い。ここへ引っ越してから大きな台風がないのがありがたかったが、ついに来るのかと覚悟した(大げさ)。
大阪通過は昨夜の予想は今日の夜、今日になったらもう少し早い時間になっていた。いつものようにベランダの洗濯干しなどを片付けたが、どうやら大阪をそれているらしい。

午後から相方がベランダの掃除をはじめた。こんなときでないとできないからということで、ベランダの隅まで洗って不用なものは捨てた。うんときれいになったから明日はベランダでご飯を食べようかな。洗濯物を干してたらあかんけどね(笑)。

雨も午前中はよく降ったが午後はそれほどでもなく夜は平和なものだ。大阪は地震も大雨も台風も逃れている。
姉に電話したら「テレビで台風がくるとさわいでたけど、けえへんかったやん、なんでやのん」と元気だった。午前中に雨が降る中を家の前に置いてある植木鉢の棚を片付けたそうだ。猫が台風通過を察してか様子がおかしかったって。

ツイッターを読んだら東京方面が大変そう。これから福島方面に向かいそうなので心配だ。

女子デート

Sちゃんと先月うつぼ公園デートしてカフェまわりをして、また来月もと約束していたのが今日だった。今回は堀江公園で待ち合わせて先日覚えたパンカフェ フィセルに行ったら定休日。それではチャルカにとなったのだが、日常的な場所にもかかわらずなにわ筋の東と西を間違えてうろうろした。(フィセル;月曜定休、チャルカ:火曜定休)
チャルカでお茶とおいしいドリアのランチを食べてゆったりしてから、四ツ橋筋を歩いてカフェ&雑貨のアンズへ。5年ぶりくらいにきたが、今年の11月で閉店するとのこと。お茶を飲みながらすごく聞き上手な店主と共通する遊び場だったところの話など。「携帯電話がなかったときの待ち合わせで梅田や天王寺に〈伝言板〉ってあったよね」「そうそう8時まで待った、帰る、なんて書いたことあるわ」とか、パームスで朝まで過ごしたこと(これはわたし)。ディスコや初期クラブの話は彼女。
店の壁にかかっている自然色の編み袋が気になり帰りに買った。この夏はこればっかりになりそう。ここはお気に入りの雑貨店だったが、足を怪我してから階段を敬遠して行ってなかった。11月までにまた行こう。

金環日食、寝てました

今朝は熟睡していて金環日食を見なかった。関心があれば日食メガネを買ってるだろうし早くから起きてるよね。地球が暗くなるとこはちょっと見たかったかも。そんなことでネット検索でいまごろ読んでいるわけだが。

午前中にミクシィを開いたら、金環日食を見たという感動の書き込みがいくつかあったので「イイネ」をつけた。早くもkazunさんがブログに写真を載せている。ツイッターのタイムラインを読んだのは午後遅くなってからなので、すでに日食のツイートは少なかったけど、さすがに凝った写真があった。

こどものときに山梨のおばあちゃんに「あんた、木の葉が舞ってもおかしいづら。おらぁ、たたみが舞ってもおかしかないだよ」と言われたのを思い出す。いまやその心境かも(笑)。
夜の月ならなんぼでも見ているのに・・・と負け惜しみ。

そういえば、月食の時間あたりに夢を見ていた。目の前に海が広がっているのを海岸のホテルの庭から見ていた。海の向こうに太陽がほの暗く見えていたのは、昨夜寝る前に明日は日食やねと言ってたからかな。