マドンナ 作 ガナディ・スピリン 絵『ヤコブと七人の悪党』

図書館で最初に借りたのは英語版だった。まず絵が素晴らしいのに引き込まれて、眺めているうちにこの絵の意味はなんやろと思った。子ども向けとはいえ文章が多くて、こりゃ読むのは無理だなと思っていたところ、図書館に日本語版があったので読むことができた。

カバーの裏側にマドンナの言葉「この本は、18世紀のウクライナに実在した偉大な師、バール・シェム・トヴの話をもとに書かれました。(中略)どうか、影の後ろには光があるということをけっして忘れないでください。」がある。

中世の感じの建物と道を行く馬車の美しい景色を見ながら靴職人のヤコブが働いている。彼には妻と息子ミハイルがいるが、息子は病気で医者から見放されている。ヤコブは村はずれに住む賢者に最後の手段として息子の命を助けてくれるように頼みにいく。
賢者の祈りだけでは助けることができず、賢者は町の悪人どもを連れて来て祈るように導き、ミハイルの命を救う。

絵だけを見ていたときは悪人どもがわからなかったし、そのうちの一人ボリスが裸足で、最後に靴を手に持っているのがわからなかった。賢人は自分の息子バベルのためにヤコブに靴をつくってもらう。脱いだバベルの靴をボリスが盗むのだが、反省して返しにもどってくる。その靴は君にあげるとバベルは言い、生まれてはじめて「ありがとう」とボリスは言った。

このストーリーさえわかっていれば英語版のほうがずっといい。タイトルの絵と文字の組み合わせが良すぎる。物語は教訓的だが絵が素晴らしい。
(角田光代訳 集英社 1900円+税)

ヴィク・ファン・クラブ例会日、その前に細野ビルヂング

マイケル・コックス「夜の信義を」をおおかた読んだのだが、今夜はまだ感想が書けそうもない。ツイッターの読み過ぎだが、いまいちばん興味のあるところだからしゃあない。原発事故について勉強中。勝間和代って最初から好かんかったがほんまに好かんわ。上野千鶴子とどっこいどっこいに好かん。

今日はヴィク・ファン・クラブの例会日なので、ジュンク堂へ寄ろうと思って早めに出たら、細野ビルの近くで細野さんとばったり出会った。ちょうどいいところで会った、話があるからお茶を一杯と言われてビル内へ。話というのは、今日細野ビルでやるはずだった大阪市西区の催し「魅力伝道師による音楽のある写真展覧会」が地震のために中止になったことだった。ここんとこ細野ビルにはご無沙汰していたので知らなかった。
午前11時から午後5時までの写真展示と音楽演奏(リコーダーと鍵盤ハーモニカ)という静かなものなのだが、自粛することになったのだという。急なことで展示者と出演者には知らせたが、肝心のお客さんには知らせることができなかったため、来た人に謝って帰ってもらうしかない。一人一人にビルを案内するにも、入場者が重なってしまうとできない。区役所からはだれも来ないので、細野さんは昼ご飯を食べずに朝から夕方まで一人で対処していたという。
そのパンフと中止と書いてある紙を「細野ビルヂング情報サイト」に載せてもらいたいというのがわたしへの依頼だった。オーケーしてあわてて梅田へ。

ジュンク堂滞在時間は30分になったが、目的のサラ・パレツキー「レイクサイド・ストーリー」「センチメンタル・シカゴ」をまず買った。サラ・パレツキーとVFC普及のために、貸本屋「アンポポ」に置いてもらう。本にはVFCの名前とわたしのメールアドレスを貼っておく。
もう1冊、ピーター・トレメイン「死をもちて赦されん」を買った。修道女フィデルマのシリーズの最初の作品がようやく訳された。7世紀アイルランドの物語なので、読みやすいのが最初に訳されていた。ちょっとお店で読み出したら、若きエイダルフが出てきた。おっ、フィデルマと初対面のシーンがこれからあるのね。興味しんしん。

例会のほうはいっぱい食べておしゃべりふっとう。フィッシュ&チップス、ソーセージ炒め、サンドイッチ、すじ肉のワイン煮、そしてギネスとアイリッシュコーヒー、今宵は肉食可で胃袋がびっくり満足、おしゃべりで気分も満足。

ミステリマガジン4月号はジョー・ゴアズ追悼特集

明日25日は5月号の発売日なので書いておこう。ツイッターで売り切れ書店続出というツイートを読んで、慌ててジュンク堂へ行ったのは3月のはじめごろだったか。特集がふたつあって、わたしの読みたいのはジョー・ゴアズ追悼特集なんだけど、売りは「高橋葉介の夢幻世界」なのだ。たった1冊しかなかったのには驚いた。だからツイッターにもわざわざ「ジョー・ゴアズ追悼特集」だから買ったと念押し(?)ツイートしといた(笑)。

特集にはゴアズの短編小説がひとつと、追悼エッセイがふたつある。木村二郎さんの「ハメットを追いかけた男」と小鷹信光氏の「ビッグ・ジョーの思い出のひとかけら」。ゴアズという素晴らしい作家を亡くしたさびしい思いが伝わってくる。
わたしはゴアズのファンで作品はわりと読んでいるほうだと思う。机のそばに「スペード&アーチャー探偵事務所」を置いてあってときどき読む。「ダン・カーニー探偵事務所」ものも大好きだ。ここに出てくる女性たち、キャシー・オノダやジゼル・マークがとてもいいのだ。このシリーズは出版社が違ったりしているがずっと読んできた。

ここに紹介されている短編「黄金のティキ像」(木村二郎訳)は、都会派とゴアズを思っていたから驚いた。フランス領タヒチ島パペエテ港でフェロは「きょうの冒険の問題は、冒険がないことだ」と言う。背が高くて胸板の厚い純血タヒチ人のマチュアがにやっと笑って答えかけたのをさえぎって、大男が声をかけた。船を貸し切りにし黄金のテイキ像を海中で探す仕事を大金を払うからと持ちかけられて、二人は応じる。思いがけない場所の設定だが、ゴアズらしい骨太の作品。〈冒険児フェロシリーズ〉だって。
(ミステリマガジン2011年4月号 800円+税)

久しぶりに昼夜の外出

ここんとこ昼間に出かけるのはスーパーと郵便局くらいだったが、今日は四ツ橋のみずほ銀行へ行った帰り堀江のチャルカへ寄って、おいしいシフォンケーキと紅茶、そしてお店のHさんと言葉を交わして、好みの紙類を買った。雑貨店に行くのは久しぶりで楽しかった。
7時からユーストで広瀬隆さんと広河隆一さんの原発事故の話を聞いた。具体的でよくわかるだけに恐ろしさがつのる。
晩ご飯をさらっと食べて10時ごろ、ひとりでパノラマへ出かけた。今日はパノラマ手芸部の2周年になる。たくさんの女子がにこやかに迎えてくれた。なんやかやと言葉を交わす人がたくさんいるっていいもんだ。
アベチカさんからのバースデーケーキのプレゼントをみんなでよばれた。いつものように音楽が響く中でマッサージをしてもらった。おしゃべりをたくさんして12時過ぎにご機嫌良く帰ってきた。

朝起きてからツイッターを開きっぱなしで原発事故についての書き込みを読んでいて、暗くなっていたから、とてもいい気晴らしになった。帰ってからまたすぐにパソコンをにらんでいるけど、若い人たちと楽しい時間を共有できてよかった。

笑顔でいこう

今日ちょっと会った若い人に「kumikoさんの笑顔を見るとほっとする」とほめてもらった。「顔を見たらほっとする」とか「安心する」と最近よく言われる。明日は先日そう言ってくれた女子がいるところに顔を見せに行くつもり。

震災後に妹から電話があったが「長電話するよ」とさきに言ってから延々と長電話。わたしと話をするとホッとするんだって。姉はそんなことは言わないが、姉の家に行っている6時間しゃべりづめである。わたしが間の手を打つのがうまいからだが、にっこり笑顔も効いていると思う。妹にはげらげら笑いが効いているみたいだ。

わたしだって不安がいっぱい。特に姉と妹と比べたら経済的にとんでもない生活である。自分でもこの楽観性はどこからくるのかと思うくらいだけど、「なんとかなるさ」と開き直っている。若い人に、ああいう生き方もあるんだなと思っていただければ、こういう生き方をしている者としてはうれしいことだ。
困難な時代だけど笑顔でいきましょう。

昔の西部劇『赤い河』のモンゴメリー・クリフト

この映画を40回くらい見たと言ったら呆れられるやろなぁ。うんと昔のビデオがない時代、上映されていると知ると遠い映画館でも出かけて見た。その後はテレビの洋画劇場みたいなので見たし、輸入版のレーザーディスクを買って何度も見て、いまはDVDで見ている。
最近は映画のDVDそのものを見ることもなかった。今日はTSUTAYAでなにか借りてこようと言いつつ行く元気がなくて、在庫をあさってこれに到達。

「赤い河」(1948)が好きの理由のトップはモンゴメリー・クリフトが出ていること。次は馬と牛がいっぱい。その次は、ジョン・ウェインとウォルター・ブレナンが出ていること。わたしはハワード・ホークス監督のファンでもある。
モンゴメリー・クリフトの映画の中でいちばん好き。細いウェストにベルトと拳銃のベルトが重たげ。静かだけど意志が強くて射撃の名手。ユーモアもある役どころを演じている。
見ながら次はこうなるんやでとかしゃべりつつ見ているとゴクラク。長い旅から牛の売買の契約のために事務所に入って天井を見つめる。「長いこと屋根のないところにいたからというで」と言ったらそのとおり(笑)。

寒い夜、SUBで心暖まる

満月(20日)まであと4日の月を見ながら地下鉄へ。久しぶりのSUBは西山 満 QUARTET[西山 満(cell) 歳森 彰(P) 財 盛紘(B) 弦牧 潔(D) ] と月に一度同じメンバーの演奏である。えーっ! 毎月休まず聴きにきて26回目だ! なんかね、もうものすごくアンサンブルがいいっていうのか、心地よいのだ。音に体をゆだねているとあっという間に時間が過ぎて、8時半にはじまったのに2ステージ終わると10時半である。
去年パノラマで知り合った女友だちのはしもっちゃんが来た。今年はじめて会ったねと言ったら、だから会いに来たと言ってくれて、くみこ感激(笑)。

西山さんがドラムの叩き方(シングル ストローク ロール)について説明されて、アート・ブレイキーやエルヴィン・ジョーンズがやっていたのを日本ではジョージ川口ができた。いまは弦巻が少しできるということでオレオを演奏。今日の弦巻さんはいつもより力いっぱい叩いていたような印象。
ぐんと大人になった財さん、流麗なピアノの歳森さん、ジャズでセロをやる日本人はおらんというセロの西山さんから元気とユーモアをもらった。
演奏曲名を弦巻さんに教えてもらったので書いておく。
1st
1Mood Indigo
2Autmn Leavs
3Oleo
4Blues
2nd
1プレリュードトゥアキッス
2The In Cloud
3Cotton Tail
4Comin’ Home Baby

ジュディ・バレット/文 ロン・バレット/画『マクドナルドさんのやさいアパート』

おもろい絵本だ。カバー折り返しに〈ナンセンスの名作「どうぶつに ふくを きせてはいけません」「くもり ときどき ミートボール」のコンビがおくる、びっくりぎょうてん絵本〉とある。

マクドナルドさんは奥さんと古いアパートに住んで管理人をしている。持ち主はレンタルさん。マクドナルドさんの仕事は掃除や暖房を入れること。彼が住んでいる部屋は1階の薄暗い隅っこの部屋。窓はすっかり生け垣に覆われて部屋に光が入らず、奥さんの大切なトマトの鉢植えがしおれてしまった。思い切って生け垣を取り払うとトマトが元気になったので、生け垣のあとに地植えする。ある日、3階の人が引っ越していった。がらんとした部屋でマクドナルドさんは野菜を植える。その下の階の部屋の天井からサツマイモがにょきにょきぶら下がる。キュウリやジャガイモやニンジンや・・・あきれて次々に住人が引っ越していき、アパートはだんだん農場になっていく。牛や鶏も飼って4階建てアパートは4階建て農場に。レンタルさんはアパートの前に小屋を建てて野菜売り場とする。
「やさいは ますます げんきに そだち、マクドナルドさんたちは みんな しあわせにくらしましたとさ」
(ふしみ みさを訳 さくほく社 1300円+税)

『東京に原発を』の広瀬隆さんを思い出して

昨日は大地震と大津波のニュースから目を離せなかったが、今日は福島第一原発の爆発事故のニュースに釘づけだった。
避難勧告が出たから避難しようとした人たちが1号機の爆発で被爆した。こんな理不尽なことがあっていいのか。あんまりだ。
避難勧告の出た地区の地図を見たら半分が海にかかっている。広瀬隆さんの著書「東京に原発を」を思い出した。安全でないとわかっているから人口の少ない海に近いところを選んでいる。安全やったら東京に原発をつくったらええやんか。

80年代だったと思うが、アメリカ村のサンホールで広瀬隆さんの講演を聴いたことがある。若い人が企画したものでホール全体が興奮した若者であふれたいた。広瀬さんは時間いっぱい原発の危険を訴えておられた。
だけど原発はなくならなかった。いまも中部電力による上関原発計画がある。

東北地方太平洋沖地震

午後のひととき、そろそろお茶にしようかと思いつつパソコンに向かっていたら、揺れた。いつもの地震のときのようにストーブを消しガスレンジの元栓を切ってドアを開けた。またゆらゆら揺れた。テレビをつけたらもう地震速報が出ている。見ているとまた天井から吊った電灯の笠が揺れている。東北の地震なのに大阪も揺れている。
一応、緊急用リュックとパーカを出して暖かいセーターに着替えた。

それからはテレビを見てはツイッターを読み続けていた。関東地方もとわかって横浜の妹に連絡したいが電話がつながらない。ツイッターをやっててくれたらいいのだが。

数年前のお正月に、ニューギニア島の西パプア州の津波情報を日本のテレビは放送しなかったのでBBCやABCのニュースを見続けていた。そのときは日本でも起こる可能性があると思ったのだが・・・いま、大津波の映像を見ている。