酒井隆史『通天閣 新・日本資本主義発達史』読了

ふうふういいながら734ページを読み終った。暑さの中を読むだけで大変やったなあというのが感想である。

最後に心に残ったところを引用する。
逸見直造は訴訟をよく起こす人で、しつこい乱れ打ちの訴訟を行っている。
【問われるのは、主要には法廷での勝ち負けではない。玉川しんめいは、逸見直造の好む表現として「裁判に負けても負けへん」というものをあげている。裁判は、みずからの介入する力のゲームの結節点の一つに過ぎず、たとえそこで負けたとしても、ゲーム全体では勝利していることもある。逸見直造が身をもって表現する哲学とはこれだ。】

借家人運動のしたたかさ。
【帰国後の長屋経営失敗の経験から、〈払えぬものは払わなくてよい〉という「店子の思想」を編み出した逸見直造は、水崎町の家を借りるや、即座に悪徳家主との闘争を開始した。その家は「借家戦試練の家」と名付けられる。まさに占拠という直接行動を通して、身をもって借家人の権利はかくあるもので、かくして克ちとらねばならぬことを示そうというのである。】
こういう逸見直造の〈アメリカ/大阪横断的急進プラグマティズム〉がすごい。

大阪でのデモについても詳しい。
1920年(大正9年)に行われた「大阪史上初の大型デモ」といわれた府選要求大行進のデモコースは、中之島公園を出発して長堀通りで西に折れ四ツ橋筋を北上して梅田阪神電車前へと進んで梅田新道を通って中之島公園にもどったとある。

日本労働総同盟大阪連合会の別働隊と自ら名乗る野武士組の活発な活動、そして女給同盟についても知らなかったので勉強になった。
【女性とサービス業との問題を労働運動において先駆的に提出した女給同盟であるが、道は険しかった。】と結んでいる。

知らなかったことがばんばん出てくる。そしてそれは歴史の勉強ではなく、いまのデモをどう考えるか、女性問題をどう考えるかに繋がってくる。
最後のほうで釜ヶ崎を描いた文学作品と映画の話がまた出てきて、そのどちらも知らないことが多い。それらをこれから読んだり見たりは時間がないから本書で読んで知ったことで満足しておこう。
(青土社 3600円+税)

酒井隆史『通天閣 新・日本資本主義発達史』図書館貸出三回目

最初に手にしたのが6月の終わりで感想は「読み出した」と「読書は佳境に入っているが」を書いた。それから最後まで読んだんだけど、落ち着いて感想を書けないまま、二度目を借りて、また三度目を借りた。今度はちゃんと感想を書いて返したい。

小野十三郎からはじまって、文学、映画、将棋などで具体的に大阪の資本主義発展の様子がわかるように導いてきた長い導入部だった。いまようやく第四章「無政府的新世界」に入り、最初のタイトルが「借家人同盟、あらわる」である。
【〈大正十年二月十四日中ノ島中央公會堂に於ケル住宅問題演説会ニ際シテ暴漢ニ襲撃サレタル逸見直造〉の写真がある。この写真はあえて傷ついたみずからの姿をさらすことで、暴力に屈しない姿勢をアピールしているのだ。】
写真を掲載しているのは「借家人の戦術—借家法と借地法」という小冊子。逸見直造という傑出した人物が大阪で活動し、来阪していた大杉栄とも行動をともにしていたという。
1918年(大正7年)に起こった米騒動は今宮町(釜ヶ崎付近)天王寺公園(天王寺公会堂)を発火点として燃え盛った。人々は公会堂を埋め尽くし聴衆はみずから弁士となって演説を繰り広げた。竹槍部隊があらわれて米屋に放火したり火消しのホースを日本刀で切断したとある。ほんまにこんなことが大阪であったんや。

逸見直造の次男の吉三(当時16歳)は大杉栄の米騒動時の行動について語っている。このように大杉栄は運動の中にいたのだが、運動史に現れるのはここからあとである。
【事実の詳細は謎である。しかし、次のことは確認できる。すでに大杉栄は、それが悪夢であれ幸福な夢であれ、騒然性の時代にあって、生きたまま夢みられる人であったということだ。】

次の章では逸見直造について詳しく書いてあって、その合理主義が母親の考えで小学校を出たらすぐにアメリカへ渡ったせいだとわかる。彼は1899年に渡米し各地を転々としさまざまな職業につき1908年に帰国した。

紹介など簡単にできるものではないが、一種の熱気を持って読んだことだけでも伝えられたらいいな。
(青土社 3600円+税)

「8/4 ナツダツゲンパツ2012」に行った

今日のデモは【超巨大脱原発イベント+デモ「ナツダツゲンパツ2012」2012年8月4日(土)14時から大阪・西梅田公園!!!  レベル7の原発事故から僅か1年で再稼働。この暗闇で触れた手に、私たちは互いを発見し、太陽の下に溢れ出す。新しい関係、新しい習慣。今、踊れ!声をあげろ!ナツダツゲンパツ! 音は集まりデモになる。】なのであるが、歩かずに見送っただけやけど一応参加と数えて15回目。

午後2時から6時までイベントがありそれからデモ(元町中公園まで5キロコース)に出発の予定と聞いてそれは無理と思った。年寄りの冷や水はやめとこということで、4時から6時までイベントに参加して、デモを見送る。

公園にいた2時間はいろんな人と出会って楽しかった。近所の親子、久しぶりの友だち、デモで顔見知りになった人、去年関東へ引っ越したけどもどってきたアーティスト。
そして前回「6.24 イノチアクション@大阪」の主催者のお二人と会えたのもすごくうれしかった(わたしは缶バッジを買っただけだが、相方はデモの写真を提供した)。あのデモはユニークだった。次は大阪で10月に「アートデモ イノチアクション反原発・脱原発デモパレード in 大阪」をやるそうである。
フリーマーケットをやっていたので、また缶バッジを買い、みずみずしい野菜(トマト、キュウリ、オクラ)を買った。
ステージではずっとライブが続いている。東京からの松本さんの挨拶を聞きたかったのだが逃してしまった。最後のバンドの女性ボーカルが威勢がよくてよかった。「りんご追分」で踊る人が多数いて、わたしも手拍子、楽しかった。

そうこうしているうちに6時、東京からも参加しているドラム隊が調子を合わし出す。この心の底からわき起こってくる怒りと祈りのリズムがすごい。そして出発。

サウンドカーのDJ kihiraさんとmaikoさんの音を聞きながら歩きたい気持ちはあったんやけど、そこは抑えて・・・予定通り最後まで見送って西梅田へ出てシャーロック・ホームズでギネス! うまかった! ふだんは家で近隣野菜を食べるように頑張っているので、たまの外食がうまい(笑)。

関電前抗議集会をIWJ中継で

午後から雷雨があるようなことをラジオの天気予報で言っていたので洗濯は控えた。このところ毎日してるからまあええやん。午後に図書館と買い物に行ったが帰りにぼつぼつ降ってきてやがて雷も聞こえてきた。今日は関電前抗議集会の日である。わたしはヴィク・ファン・クラブの会報作りに追われているので欠勤。梅雨に入ってから疲れがたまっていてあんまり行ってないがIWJのユーストを見ていると現地にいるよりも情報通に(笑)。

ユーストをつけたままあれこれやっていたら7時半になった。裏口方面のコールが7時半に終わると帰る人が多いが、正面で行われている抗議集会はまだまだこれから。入れ替わり立ち替わりマイクを持って自分の意見や経験談を話す。女性も高齢者も若者も堂々としたものだ。おっと相方がしゃべってるやんか。もう7〜8回目になるから話すのも慣れてきたみたい。そのあともどんどん話す人がいて話しながら感極まって泣いている女性もいた。
最後にもじもじさんが「明日がある」を歌ってお開き。おっと、早くご飯を炊かなきゃ。

「木下黄太講演会 7月17日 此花」に参加した

ツイッターで知らせてくれたfukamiさんは「此花区民必聴です。 大阪市民も。 瓦礫戦うには、下準備やら、知識やら 必要やから、共に、勉強しましょう! 」と書いておられた。わたしは反対と思っているだけで、なんの活動もしていない。関電前抗議集会と脱原発デモにときどき参加して、自分の行動と思いを当ブログに書いているだけである。

瓦礫問題には当然関心を持っていて、去年の暮れに「【大阪】放射能燃やしていいのか 住民説明会」に行った。行ったのも記録しておいたこともよかった。これがあるから今日の話についていけた。ただ、説明会に行ったはいいが、あとはなんにもしていない。
「いま、大阪の橋下市長はがれきの受け入れを表明している。がれきは大阪湾の人口島 舞洲(まいしま )にある此花区の焼却場で焼却し、濃縮されたセシウムや有毒化学物質をを含む焼却灰は舞洲処分場に埋められる。 舞洲のある大阪湾は瀬戸内海に通じている。」ということをチラシをもらって知った。そして、今日の講演会の世話役をされている方々の活動も知りたいと思った。

木下黄太さんのことはずっと前からツイッターで知っていた。ただツイートを読むだけだからどういう人とか知らなかったし気にしていなかった。ところが最近彼を批判するツイートが目立ち、わたしとしてはかえってよく見えているのにと不審に思って、彼の講演を動画で見たり、検索してみたりした。そしたらいっそうステキな人に思えてきた(笑)。というわけで相方とふたりがそれぞれ予約して行った。

木下さんは伝えておきたいということがたくさんある人だった。
まず名張と伊賀の状況を話された。北九州市の話もあった。

「この問題を認識したら、つぎは動け」の言葉にどきっとした。

大阪のことになって、実際にはがれきがないこと、近畿で瓦礫受け入れに手を挙げているのは大阪市だけになったこと。
そして橋本市長について、本質がないテレビタレントであること。彼が言ってるのではなくテレビが彼に言わせているなど。

放射性物質についての説明で、いちばん怖いのが白血病であり、煙が漂っていたあたりに白血病が多いとのこと。また、がれきのせいで鼻血が出ても証明できないからといって、因果関係さえ判明しなければやってもいいというのが彼らの言い分であること。

東京のさまざまな状況を話された。
質問の時間になって、東京から避難されている人たちからの話もあった。

大阪は奇跡的に安全な場所である。なのに大阪ではスーパーなどに関東地方の安い食料品が出回っており、大阪の女性がなにも考えずに買っている。それは京都や四国よりも遅れている。このゆるい大阪を変えていかねばいけない。
此花区でずっと反対運動をされている年配の女性ふたりの言葉が重かった。

講演と質問の時間が終わって、あと9時半まで話そうということになり、椅子を丸く並べて話が続いた。
がれきを出すほうの岩手県知事に、出さないようにとハガキやファックスを送ろうという意見が出た。
年末の説明会に来ておられた下地さんが、大阪府下の自治体はどこもOKしていなくて、橋下市長ひとりであること、我々は勝つ直前にいると誠実に話された。
活動的でおしゃれな女性たちが早口で意見を言い合う姿にほれぼれした。
工夫を凝らしたチラシがいろいろと配られた。
とても、刺激的な3時間だった。

映画「第4の革命 – エネルギー・デモクラシー 」をユーストで

今日〈『第4の革命』無料Ust配信&上映会!山口から「エネルギー維新を!」本日7月10日17:30から〉というのがあるのを知って見ることにした。時間がないのでゲストトーク等は見ないで7時半からの映画だけ。

2010年ドイツで製作されたドキュメンタリー。監督はカール=A・フェヒナー。
検索したらこうあった。【本作は、ドイツを脱原発決定へ導き、再生可能なエネルギーへのシフトを決断させたドキュメンタリーで、2010年ドイツ全土で上映されると、その年のドキュメンタリー映画最高の13万人を動員し、2011年テレビで放映されたときには200万人が視聴した。】

大量の風力発電導入を促した1990年の“電力買い取り法”と、太陽光発電導入の起爆剤になった2000年の“再生可能エネルギー法”の2つの法律を制定させた中心人物ヘルマン・シェーアがナビゲーターになって「第4の革命 – エネルギー・デモクラシー 」について熱く語る。
太陽エネルギー、風力、水力、地熱エネルギーは誰でも平等に利用できる自然エネルギーであるとして、地球上のいろんな場所での太陽パネルや風力発電のシーンが紹介される。
アフリカの村には電気なしで暮らしている人がたくさんいる。お産をするのに懐中電灯を抱えて2晩過ごした話など、そして太陽パネルが取り付けられ、スイッチを押すと部屋が明るくなった。
ビアンカ・ジャガーが案内人と奥地に入っていく。ビアンカがこういう活動をしているのを読んでいたけど映像で見られてよかった。

見終わってから製作年をみたら2010年だった。やっぱりフクシマ以前の映画だ。ほのぼのと気持ちよい。いま製作したらフクシマについて語って悲惨な場面もいっぱい出てくるはずだ。
それにしてもフクシマの現状があるのに、原発再稼働に邁進する日本の政府と官僚と電気会社ってなんなんだろう。なんたる国に住んでいるんだろう、わたしら。考えさせられる映画だった。

「再稼働反対」と岩上安身さんのIWJ

昨夜は大飯原発の動画を見ているうちに外が明るくなってきた。あたまがぼやけてきて「再稼働反対」の繰り返しが耳にこびりついている。ぬるいお風呂に入って友人が送ってくれた絵本「エミリ・ディキンスン家のネズミ」を眺めてから寝た。おかげでぐっすりと昼まで寝られた。大飯では交代して仮眠しているくらいだろうに申し訳ない。

起きるなりIWJの中継を見始めて用事以外の間はずっと見ていた。男性の友人が叫んでいるところも女性の友人が踊っているところも見た。警察が介入する緊張感みなぎるときには視聴中の人は26,000人に達していた。これだけの人数が視聴しているのだから目の前でへんな介入はできないよね。デモ側は見事に非暴力を貫いていた。
深夜1時前に抗議行動は終了することになり、最後は一本締めの粋な〆。いま名残惜しくも片付け中。
これで終わるかと思いきや、また集まって「再稼働反対」を繰り返している。山本太郎さんから電話メッセージが入った。ちょっと違和感あり。現場にいる者とよそにいる者の差を感じた。まだまだ残った人たちがドラムと声を轟かせている。

ネットニュースによると「関西電力は今日1日、大飯原発3号機の再稼働に向け原子炉を起動した。関電側は陸路をあきらめ、作業員約500人と経済産業省原子力安全・保安院の検査官数人を船で原発内に送り込んだ。」そうである。ということで再稼働はされてしまった。

日本のマスコミには報道されなかったデモが、ドイツやイギリスの新聞やウェブサイトで紹介されているそうで、ツイッターから記事へリンクされている。

「IWJの中継を目撃してくださっている13万人を超える人へ。目撃した事実をどうかさらに多くの人にお伝えください。」と岩上安身さんが書いておられる。
合計視聴数が1時過ぎには40万人を超えた。
いまアップしようとしたら2時前。みんな片付けて去って行くところで中継が終わった。合計視聴者数は417,000を越えた。

極私的な話と大飯原発の動画

姉の家に行って帰ってからIWJ_FUKUI1の映像をずっと見ながらメールやツイッター読んでいる。姉とは1カ月ぶりだったのでおしゃべりざんまい。相方が鉢植えの植え替えをしていたら雨が降り出したので、切り上げてお風呂に入りテレビで阪神-ヤクルトの試合後半を観戦。年に一度か二度見るだけだから阪神が勝ってよかった。神宮球場なのに阪神ファンが多いのでおどろいた。平野選手は大人になったなあなんて。鳥谷選手の貫禄を見よ、なんちゃって(笑)。独居の姉の慰問なんだけど、自分が楽しんでいる。ご飯のあとには「八丁堀の七人」も見て大好きな村上弘明を楽しんだ。

ああ、こんなこと書いているうちに、実力行使がはじまっていた。深夜なのにIWJ_OITA1と合わせて8000人を超える視聴者がいてどんどん増えている。外国語のツイートもある。関電側の暴挙が明らかになっていくのがわかる。女性が「原発止めてほしいだけやねん」と何度も言っている。「原発止めてくれたらすぐに帰ります」という男性の声もする。市民側はみんな冷静で女性たちは警官たちを言い負かしている。年配の男性の説得力のある話が続き、若い警官たちのまばたきが増えている。
311以来、いろんな場面ですごい人が出てくるのにおどろいているが、今夜もこの方が突出した力量を見せてくれた。
それにしても、関電幹部や政府のえらいさんがのうのうと眠っているときに、若い警官たちと止むに止まれず自腹を切ってここに来た人たちが向かいあっているのはおかしいと思う。年配の方は説得力ある会話を続けている。女性たちは寒そうにフードを立ててにこやかである。雨が降っているようだ。

関電本社前の再稼働反対大規模抗議行動に参加

4月にはじめたときは20人くらいだったそうだが、先週は1500人で今夜は2200人が集まった。関電前は狭いし横の道も狭くてすぐに食べ物屋さんなどの店舗が並んでいる。ビルの二辺を取り囲む敷地にこれだけの人数が乗っているのだからすごい。

相方は最初からその場にいたいと自転車で先に出かけているので、わたしは少しあとから出発。今日はバスで行ってみようと大阪駅前行きのバスに乗った。堂島大橋で降りて国際会議場のほうへ渡ってまっすぐに行くとロイヤルホテルである。すっごい清潔で広々とたすっきりした道だ。どんどん歩いていったら国際美術館が見えて、叫ぶ声が響いてきた。
足を速めて行くと玄関前あたりにもたくさん集まっている。いつもはこの角を曲がった通用口があるほうにいて、7時半になって拡声器使用をやめた時点で玄関前方向に移る。それが今日は敷地いっぱいの人出である。

みんな「再稼働反対」「再稼働反対」と叫んで叫んで飽きることがない。いっしょに叫びながら移動して前のほうに行ったが、立っているのがしんどくて後方へもどった。植え込みの縁の石に腰掛けて休憩していると、前にいた赤い服を着た女子がトラメガなしの生声でコーラーをやりはじめた。すごい元気な声にこれ幸いと和して叫ぶ。
どんどん人が増えてくる。知り合いが前を通っていく。また立って前のほうに行きかけるとあちこちで笑顔が呼び止めてくれた。友だちの友だちは岡山から来たんだって。和歌山から来た友だちはここから仲間とともに大飯へ行く。福岡へ母子疎開されている一家も来ていて明日は大飯に息子を連れて行くという。

7時半で抗議行動は終了。あちこちで会話の輪が広がる。玄関前ではまだ叫びが続いているのでそちらへ移動。30分ほどいて帰ってきた。
帰ってからはツイッターで東京の情報などを読む。官邸前に15万人集まったそうだ。すごいなぁ。広瀬さん岩上さんたちのヘリからの映像は明日見よう。

大阪・関電本社前の再稼働反対の大規模抗議行動

いままで相方が関電前抗議行動に参加し、わたしは反原発デモに参加となぜか役割分担してた。お互いに両方参加の元気がないからだが、ふたりともしゃべりなので情報を共有できていた。でも、たまにはそっちにも行ってみよう。

毎週金曜日に行われている関電本社前の抗議行動は夕方の6時から8時まで行う。6時から7時半まではマイクを使って社員が帰っていく通用口で、その後はマイクなしで正門前でと決めてある。
わたしが今日行ったのは、大飯原発再稼働が刻々と迫っていること、北九州市の瓦礫受け入れ問題に対しても意思表示をしなくてはと思ったからだ。

地下鉄の四つ橋線の肥後橋下車、北口を出て左折して歩くと数分で到着。このあたりのビル群は資本主義の牙城という感じ。でかくて高いビルが林立しているが、特に威圧的にでかいのが関電ビルだ。
その前に数十人の人が立っているところに参加。デモで顔見知りのFさんがいたので横に立つ。相方は自転車で先に来ていた。交代でマイクを持って意見を述べる。その合間にシュプレヒコール。相方は最初は紙に書いたのを読んでいたが、慣れてきたので原稿なしでしゃべっている。話が切れたらわたしもしゃべってみようかなと思ってたが若い人たちがたくさん語られた。どんどん人が増えていく。あとで知ったが、毎日放送が取材に来ていて「NEWS 23」で放送されたようだ。

社員が広い通用口から帰って行かれる。みなさんなぜか前を向いて早歩きである。警備員がこっちを向いて3人立っていて、職員らしき3・4人も少し離れて立っている。

徒手空拳のわれらは声だけしかなくて、その声を張り上げて「ゲンパツ反対」を叫んでいる。本社前に場所を移して、見上げると細い三日月が見えた。30分間をマイクなしで叫ぶ。人間の声って強くて美しい。

帰りは歩くことにして、土佐堀からうつぼ公園を通った。バラ園は花盛りでうるわしい香りが漂っていた。ベンチでひと休みして立ち上がったら横の道から近所のFさんご夫妻が子ども連れで通りかかった。彼らも関電前の帰りだった。内部被曝のことなど立ち話した。

晩ご飯はスパゲッティやら野菜料理を食べてビールを飲んだら眠気がおそってきて4時間の爆睡。起きてお風呂に入ってこれを書いた。