アンドリュー・アダムソン監督『ナルニア国物語 第一章:ライオンと魔女』

なんにもしないのに気ぜわしい師走である。その上にたいそう寒い。
晩ご飯を食べて片付けをして、本も読みたいし映画も見たい。11時になったらユーストも見たい。メールの返信もしなくては・・・と気持ちが先走る。
だが、とりあえず映画を見ようとなった。
おとといみたいにしんどいマイケル・ ウィンターボトム監督の映画は今日はいらんねということで、確実に楽しめる「ナルニア国物語 第一章:ライオンと魔女」(2005)を見ることにした。

児童書の「ナルニア国物語」は大好きで全部70年代に読んだはずだ。あとのほうは忘れてしまったが、第一巻「ライオンと魔女」は何度も読んだしいまだによく覚えている。特に洋服ダンスからナルニア国へ行くシーンが好きだった。服がぎっしりつまった洋服ダンスって想像力を誘う。わが家が空襲で焼け出されて文化住宅にようやく入居したとき、どこかでもらった古い洋服ダンスには両親と姉兄たちの服がひしめいていた。かけられた服をたぐると向こうに別世界があるような感覚があった。向こう側にナルニア国があるとは思えなかったのは、狭い家と小さなタンスのせいだ(笑)。

映画はお話のとおりに進んでおもしろかった。大掛かりな戦闘シーンもありのままのように思えるくらい(笑)。白い魔女はアンデルセンの雪の女王を思い出させて、さすがのティルダ・スウィントンだった。ルーシーがとても可愛くてよかったな。
原作を読んだときには気がつかなかったが、ピーターは長男そのもので財産相続人として権力と責任とを持つ人間として育っていっているのがわかった。

マイケル・ ウィンターボトム監督『バタフライ・キス』

マイケル・ ウィンターボトム監督の映画をT氏のおかげでかなり見ることができ、なんとなくわかったような気になっていたのだが・・・。第二弾としてまた数本を貸していただいて、そのうちの1本「バタフライ・キス」(1995)をタイトルがいいからとなにげなく見たら、すげえ映画なのであった。

白い服の美しい女性が穏やかに語っているシーンからはじまる。ミリアム(サスキア・リーヴス)であることが見ているうちにわかってくる。
北イングランドのランカシャー。ユーニス(アマンダ・プラマー)はガソリンスタンドの売店で愛の歌を探していて声をかけた店番の女性にジュディスかと聞く。彼女はジュディスではなかった。ユーニスはなんということもなくその女性を殺す。
ミリアムが店番をしているガソリンスタンドにも来て同じように聞く。店から出て道ばたに座って話すふたりのシーンがよい。どきっとするユーニスからのキスシーン。ミリアムはユーニスを一晩泊めることにして家へ連れて帰る。その家でも勝手気ままなユーニス。病気の母親を狭いベッドに押し込め、母親のベッドでユーニスはミリアムを誘う。ユーニスの体は入れ墨が入り鎖が巻かれ肌は焼かれたように変色している。
母親をほったらかしてふたりの旅がはじまる。
旅の途中で関わった人間たちを殺し、その人間の車でまた旅を続ける。なぜか死体はすべて見つからないし、不審者として車を止められることもない。こんなロードムービーははじめてだ。
ミリアムの無垢の愛はユーノスが死を求めると死を与えるところまでいく。

キリスト教をわかっていたり旧約聖書を読んでいたらと思ったが、考えているうちにそうでもないような気がしてきた。いまの時代を生きる人間を描いた映画だ。

リチャード・カーティス監督『ラブ・アクチュアリー 』

今夜は楽しい映画を見たいということで、これは間違いなしのラブコメディと選んだのが「ラブ・アクチュアリー 」(2003)。偶然だが時期がいまの季節にぴったり。クリスマスまであと何週間というところからはじまる。クリスマスに関わる映画はたくさんあるけれど「恋に落ちて」が好きで、映画館で見てからレーザーディスクを買って何度も見た。「ラブ・アクチュアリー 」もこれから何度も見ると思う。

「ブリジット・ジョーンズの日記」「フォー・ウェディング」「ノッティング・ヒルの恋人」の脚本家リチャード・カーティスが監督した映画のもう1本の映画「パイレーツ・ロック」を先日見たところ。北海に浮かぶ船から海賊放送する話でDJや関係者の群像がよく描かれていた。「ラブ・アクチュアリー 」はなんと19人のロンドンで暮らす人たちの愛を描いている。

好きな俳優がたくさん出ているのも魅力。コリン・ファースでしょ、ヒュー・グラントでしょ、リーアム・ニーソンでしょ、それに、ローワン・アトキンソンが二度も出てきて笑わせてくれる。
女性のほうはエマ・トンプソンが会社経営者アラン・リックマンの奥さん役で夫の浮気を知る。キーラ・ナイトレイは結婚式シーンがあって、それをビデオに撮った彼は彼女の顔やしぐさばかり撮っていた。エマ・トンプソンの夫にちょっかいをかける女性社員ハイケ・マカッシュとミステリ作家役コリン・ファースと恋に落ちるルシア・モニスがいい感じ。

ヒュー・グラントの首相はたよりなげなのだが、アメリカ大統領をやりこめる挨拶をしたところにイギリスらしいユーモアがあった。ヒューもコリン・ファースもトクな役を楽しげに演じていた。リーアム・ニーソンの息子がめちゃくちゃ可愛くて幼い恋をがんばる。
9つの恋の物語がクリスマスに向かって熱を帯びてきて、ついにクリスマスがやってきた。

キース・フルトン &ルイス・ペペ監督『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』

映画をよく見ていると自負していたのはいつのことだったやら。いまDVDを貸していただいている映画の大部分はタイトルも知らなくて情けない。
今回の「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」(2005)を見る前にT氏からの解説を読んだ。
【原作は「地球の長い午後」で知られる、英国SF界の奇才ブライアン・オールディズ。ロックと映画、英国が誇る現代カルチャーの鮮やかな結合です。】
まず、ブライアン・オールディズを知らんがな、と言ったら相方がSFの棚から「地球の長い午後」を出してくれた。これもショック。なんか良さげなのでいま読んでる本をすませたら読む。

ドキュメンタリー映画ではないと承知して見はじめたのに、見ているうちにそのままドキュメンタリーとして見てた。
結合性双生児の兄弟として生まれたトム(ハリー・トレッダウェイ)とバリー(ルーク・トレッダウェイ)は、父と姉とともに島で育ち暮らしていた。島にぽつんとある建物がすごく雰囲気があって、海岸で遊ぶこども時代のふたりの姿が楽しげだけど孤独ですごい。
1975年、青年になった彼らを音楽で売り出そうとする人たちが、バンド名をザ・バンバンとして練習をはじめる。美しい結合性双生児を演じるのは美形の双子の兄弟ハリーとルークで実際に11歳からバンドをやっていたというから迫真力あり。
練習が進むにつれ妖しい美しさを発揮し出すふたり。グラムロックの美しさとパンクの激しさを合わせたような彼らの音楽と危うい姿にクラブの客もノリノリになる。

ブライアン・オールディズとケン・ラッセルの本人が出演している。それでますますドキュメンタリーを見ているように錯覚するのか。
よかった、よかった、すごく気に入った。異形の美形に魅せられた。

マイケル・ウィンターボトム監督『マイティ・ハート/愛と絆』

「マイティ・ハート/愛と絆」(2006)というタイトルでは内容がわからず、マイケル・ウィンターボトム監督だからと見はじめたら、なんと9.11の翌日にパキスタンに着いた特派記者夫妻を描いた作品だった。製作がブラッド・ピットで彼のパートナーであるアンジェリーナ・ジョリーが妻を演じている。原作はマリアンヌ・パールの「マイティ・ハート 新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死」。

ダニエル(ダン・ファターマン)とマリアンヌ(アンジェリーナ・ジョリー)はふたりともジャーナリストでマリアンヌは妊娠5カ月である。
ダニエルはウォール・ストリート・ジャーナルの特派員でアルカイダに関係のある人物と接触しようとしている。この取材がすんだらふたりで帰国するはずだったが、ダニエルはもどらず電話もつながらない。夫妻の友人アスラはイスラム系のインド人女性ジャーナリストで、マリアンヌを助けていつも側にいる。
マリアンヌはアメリカ領事館の担当者、パキスタンのテロ対策組織の責任者、新聞社の上司に連絡すると彼らは続々とマリアンヌの家に集まる。FBI捜査官も加わった。
ダニエルをスパイとする現地の新聞記事が出たあとに拘束された姿のダニエルの写真がメールで送られてきた。
ダニエルの足取りを追っていくとパキスタンのテロ組織が浮かんできた。ダニエルはこの組織に誘拐されて処刑され、ナイフでの処刑シーンのビデオが送られてきた。

ところどころに、ふたりが知り合ったころや結婚式のシーンが入り、ダニエルがユダヤ人としてのアイデンティティを主張するところも入る。
凛としたマリアンヌは夫が処刑されたと知って慟哭するが、テレビのインタビューでは冷静に応対する。処刑ビデオを見たかとインタビュアーに聞かれて、あなたは人間か(こう言ったように記憶)と聞き返すところが圧巻。

マイケル・ウィンターボトム監督『CODE46』

マイケル・ウィンターボトム監督の映画を何本か見て多彩さに驚いている。今日見た「CODE46」(2003)は近未来SFだというので期待して見はじめた。最近とみに〈近未来SF〉はすぐに来る未来のように思えて気持ちがざわつく。とはいえ、超高層ビルが林立する都会の風景や荒れ果てた工場地帯や砂漠化した土地の画面がすごく好き。この映画は上海とドバイで撮影された。

「CODE46」というのは、近未来になると人工授精が当たり前になるだろうという前提で、同じDNA保持者どうしの接近を阻むための規則。妊娠の可能性のある男女は必ずテストを受け二人のDNAが出産に何の問題もないことを証明しなければならない。もし二人がテストをしないまま性交し妊娠した場合は〈CODE46〉が適用され処分される。

調査員ウィリアムス(ティム・ロビンス)はシアトルから上海の工場へ調査にやってきた。飛行場から迎えの車に乗って工場へ入るときは「パペル」というチケットを使う。偶然出会ったマリア(サマンサ・モートン)は「パペル」を製造する工場で働いていて、チケットを正規に手に入れられない人に横流しした。
ウィリアムとマリアは上海の街で食事をしクラブで遊んでマリアの部屋で愛し合う。
バンクーバーの家に帰ったウィリアムは妻と男の子がいる楽しい家庭にもどったが、マリアが横流しした「パペル」を持った人のことで再度調査に行くように命じられる。
再会したマリアとウィリアムは街の外へ出て泊まる。翌朝、持っているものをみんな出して車を手に入れるがスピードを出し過ぎて事故を起こす。
ウィリアムは助けられ記憶を消されて帰国すると妻と子が待っている。なにごとも起こらなかったように文化生活へ。
マリアは記憶を残されたまま「外の世界」に追放され、愛の思い出を胸に砂漠をさまよい続ける。

ティム・ロビンスを久しぶりに見たが大きくて立派な体格なのに童顔なところが好き。サマンサ・モートンを抱きしめるシーンではこどもとおとなくらいの高低差があるのに似合っていた。

ケン・ローチ監督『ブレッド&ローズ』

ケン・ローチ監督の映画は今年の7月に「やさしくキスをして」を見たのがはじめてだ。映画紹介のサイトなどで名前は知っていてレンタルDVDを借りたのだが、手触りが柔らかく芯がしっかりとした映画だった。
もっと見たいと思っているときにDVDを貸していただけることになり、なにが見たいのか聞かれてケン・ローチをとお願いした。イギリス映画を中心に選んでくださったのだが、ケン・ローチの6本をまだ全然見ていなかった。実はあまりにも真面目そうで敬遠してた(笑)。

いま「ブレッド&ローズ」(2000)を見たところ。ケン・ローチがはじめてハリウッドで撮った映画で、筋の通った労働者階級側の視点をもった映画である。
マヤ(ピラール・パディージャ)はメキシコから不法入国したが、お金が不足で車から降ろしてもらえない。男たちにおもちゃにされるところを、ホテルの風呂に閉じ込め男のブーツを抱えて逃げ出す。最初から度胸が据わっている。

マヤは姉の紹介でロスアンゼルスでビルの清掃員の職に就く。仕事をしているときに労働組合活動家のサムと出会う。清掃員に対する管理職の横暴に怒りマヤはサムに電話する。
サムはマヤの姉の家に来て、夫が糖尿病であることを知り、健康保険、低賃金、劣悪な労働条件を改善するために会社と闘うように言う。しかしあきらめきった姉は相手にしない。
会合を重ねて清掃員たちは立ち上がる。だが裏切った者がいるのがわかっった。
マヤは姉に「裏切り者」と叫び、対する姉はいままで言わなかったことをすべて叫ぶ。こどものときからからだしか売るものがなかったと。
清掃員たちはデモに踏み切り全員でビルに入る。警官隊が外から襲いかかる。今回は会社側が譲歩し清掃員たちの闘争は勝利した。しかし、マヤは・・・

デモのシーンは横断幕やプラカードが掲げられ、太鼓の音が鳴り響きシュプレヒコールが響きわたる。脱被曝のデモといっしょだ。この映画をいま見てよかった。

「ブレッド&ローズ」は、1912年にマサチューセッツ州で約1万人の移民労働者が立ち上がったときの「We want bread but roses too.」というスローガンからきているそうだ。「パンと薔薇」という言葉がいいな。

アルフォンソ・キュアロン監督『トゥモロー・ワールド』続き

セオ(クライヴ・オーウェン )が働いているロンドンの風景から映画ははじまった。赤い二階建てバスは薄汚れているが走っている。だが、通行証を頼みにいった相手がいる政府のオフィスは機能的で美しい。
18歳で亡くなった青年を悼んで花を捧げるひとたちの姿は、ダイアナ妃を悼んで花を捧げたひとたちと似ていた。死に逝くひとばかりで構成されている世界は退廃している。

ロンドンを出た車は農村地帯をひた走る。美しいイギリスの田舎が薄汚れている。そこに隠れ住むジャスパー(マイケル・ケイン)とコミュニケーションのできない座ったままのかつて美しかった妻。ジャスパーは大麻のようなものを栽培し闇で売って金をかせいでいる。

官憲から危うく逃れて瓦礫の街の荒れ果てた建物の中で出産したキー(クレア=ホープ・アシティー )と助けたセオが銃撃戦の中を赤ん坊を抱いて歩くと畏敬に満ちて戦士たちは立ち止まる。

マーク・ハーマン監督『シーズン・チケット』

「シーズン・チケット」(2000)はマーク・ハーマン監督の「リトル・ヴォイス」の次の作品。サッカーのシーズン・チケットがテーマのほんわかした映画かと思って見たら、すごくシビアな映画だった。

イングランド北東部の都市ニューカッスルは19世紀の末ごろは世界最大の造船所があったが、1970年代には衰退し炭坑も閉山され、失業者が増え治安が悪化している。その町の貧しい人たちが住む地域の少年ジェリー(クリス・ベアッティ)とスーエル(グレッグ・マクレーン)はサッカーを見に行きたくてしょうがない。ニューカッスル・ユナイテッドFCの本拠地セント・ジェイムズ・パークのシーズン・チケット席で熱い紅茶にミルクと砂糖をたっぷり入れたカップを持って応援するのが夢である。チケットを買うために二人は禁煙し屑拾いやかっぱらいや万引きをしてお金を貯める。
ジェリーは母と姉と姉の赤ちゃんと暮らしている。もう一人の姉は父の暴行で家を出ている。父親が暴力をふるうのでソーシャルワーカーがついて何度も転居しているが、また見つけられ母もジェリーも暴行され怪我をする。ジェリーは学校へ行く気がないがソーシャルワーカーが2週間学校へ行ったらサッカーのチケットをあげるというので学校へ行く。結果は敵のチームのチケットであった。

ニューカッスル・ユナイテッドFCのスター選手アラン・シアラーが本人の役で出演しているとあとで読んで知った。いい感じ。
最後に紅茶を持って特等席(?)で試合を見るところがよかった。

マーク・ハーマン監督『リトル・ヴォイス』

1998年のイギリス映画で、マーク・ハーマン監督は「ブラス!」を撮った人だ。見出してからすぐに「これ見た」とわかった。感想を書いているはずだがと検索したが見当たらない。どうやらテレビで見っぱなしだったみたい。

あれこれ検索してわかったのだが、伝説の歌手のモノマネを完璧にこなせる歌い手、ジェイン・ホロックスのためにジム・カートライトが書いた戯曲で、そのミュージカルはイギリスで大ヒットした。その舞台を見たマーク・ハーマン監督が映画化した。

LVと呼ばれている少女は父の死んだあと自分の殻に閉じこもって母親(ブレンダ・ブレシン)と会話がない。父の集めていたレコードだけが彼女の宝物で、いつも2階の自分の部屋で主にヴォーカルのレコードを聞いて、レコードの歌を完璧に歌える。
電話工事に来た伝書鳩に夢中な孤独な青年ビリー(ユアン・マクレガー)はLVに惹かれる。
母の遊び友だちで落ちぶれた芸能プロモーターのセイ(マイケル・ケイン)はふとしたことからLVの声を聞き、これは売り出せると思う。
いやがるLVを一回だけと口説き落として町のクラブの舞台に立たせると、いやいや出てきたLVは客席に父の幻を見て歌い出す。無口な少女が突然変異の伝法な歌いぶりに客席はのりのり。歌い終わると父は消え彼女は倒れる。翌日も歌うように急かされるが彼女は動かない。

現場労働者で仕事が終わると厚化粧して遊び歩く母親の存在感が半端でない。
最後はしみじみとしてよかった。
このあとの「シーズン・チケット」も良さそう。