エリス・ピーターズ『聖女の遺骨求む』修道士カドフェルシリーズ第1作

あまりにも有名な修道士カドフェルのシリーズ。阪神大震災のころ、ミステリファンでない知り合いでさえ読んでいるのを横目で見ていた。最近でこそクラシックミステリもコージーものも読むけど、そのころはハードボイルドミステリ一筋だったから、勧められたら反対にヴィクシリーズを読むようにと勧めたものだ(笑)。

ヴィク・ファン・クラブ ニュース4月号の「ミステリ散歩道」 33回目で紹介されたのが11作目の「秘跡」だった。いまの社会状況のなかで疲れた心に寄り添ってくれる本と書かれてあった。それでこのシリーズには目をつむりっぱなしだったのに気づき買いに行った次第だ。お勧めの「秘跡」がなかったのでシリーズ第1作を買った。

予備知識なしで読み出したので大津波悦子さんの解説が役に立った。
エリス・ピーターズはイギリスの女性作家で1913年生まれで95年に亡くなった。カドフェル・シリーズは長編20作と短編集が1冊ある。カドフェルは12世紀イギリスのベネディクト会シュルーズベリ大修道院に所属する修道士で57歳。若い頃は十字軍に所属して戦ったことがあり、また沿岸警備船の船長もしていたこともある。いまは修道院付属の薬草園でさまざまなハーブを育てている。
イングランドとウェールズが併合されたのは1284年なので、本書の時代は併合前のことになる。シュルーズベリはイングランドのウェールズに近いところで、登場人物のカドフェルも修道院副院長ロバートもイングランドとウェールズの血を引いている。

シュルーズベリ大修道院では有力な聖人の遺骨を守護聖人に祀ろうとしていた。よその修道院には聖人の遺骨が祀られているのに、この修道院に聖人の遺骨がないという屈辱から遺骨探しに奔走するがなかなか見つからない。あるとき神経質な修道士コロンバヌスが発作を起こしたとき、夜中にそばについていたジェロームがすごいものを見たと報告にくる。美しい乙女がベッドのかたわらでコロンバヌスをウェールズの聖なる泉で水浴させるよう語ったというのだ。そこには聖ウィニフレッドの遺骨がある。それを手に入れよう。

聖ウィニフレッドを求めてロバートを中心に代表団の修道士たちは出発する。カドフェルも通訳として同行する。ウェールズに着いた彼らは当地の有力者リシャートに会うが、遺骨を渡さないと大反対され、まずいことにロバートはお金で解決しようとしてよけいに反発を買う。
(大出 健訳 光文社文庫 552円+税)

久しぶりの「辛いもんやギロチン船場店」は開店2周年

もう数年前になるが、この日記を読んでくれていたHさんがミクシィでマイミクになり、それから堀江のカフェで働くようになったと連絡をくれた。そのカフェではじめて会って、それからは行くたびに顔を見るのが楽しみになっていたのだが、3月末にそのカフェを退職するということで、辞めたら食事しておしゃべりしようと約束していた。その約束日が今日。すでに次の職場で働いているというのには驚いた。

辛いもんやへ行こうとなって四ツ橋から歩きながら場所の説明をしていたら「あのへんにアンズがありましたよね」「そうそう、アンズは2階で、ギロチンは1階」、話しながら到着。なんだかすごく客が多い。店長のみほちゃんに声をかけたら今日は船場店の2周年パーティだって。だから平常メニューはなくてパーティ料理をおよばれした。払ったのは飲み物代だけというラッキーなことで、また来なきゃね。

みほちゃん開店2周年おめでとう。2周年バッジありがとう。

賑やかな店を出て四ツ橋筋を南へ歩きスターバックスへ。コーヒーとスコーンでおしゃべりは続き2時間ばかり。歩いて帰るという彼女に送ってもらった感じで帰宅。

ナンシー・アサートン『ディミティおばさま幽霊屋敷に行く』

「優しい幽霊シリーズ」の5作目、気持ちよく手慣れた感じですすんでいくストーリーが気持ちよい。前作4作品で語られているように、イギリスはコッツウォールドで双子の男の子を産んで育てるようになったシカゴ育ちのロリ。毎日双子の世話に追われて慌ただしく暮らしているところへ恩師から電話があり、ノーサンバーランドの古い屋敷にある古書の鑑定に行くように頼まれる。夫のビルが留守番はまかせておけと言ったので出かけるが、もう少しというところで山道から車ごと落ちるところを必死で飛び降りる。気を失ったロリを近くに住む作家アダムが助ける。ロリとアダムの間になんともいえない空気がただよう。おいおいロリ、あんたにはビルがいるでしょうが、と言いたくなる(笑)。

ノーサンバーランドはイングランドとスコットランドの戦場だったそうで、数世紀にわたって奪い合われた土地だという。いまも古い城や屋敷があり開発が進んでいないところ。メル・ギブソンの「ブレイブハート」のような戦いが繰り広げられた場所なのだろう。いまは相手が違うけれどイギリス軍が不審者が侵入しないように見張っている。担当のマニング大尉がロリを屋敷に送りこの土地について話してくれた。

お屋敷に着くと風変わりな主人と妻の若い美女ニコールが迎える。幽霊が出そうな部屋に案内されるが、実際に幽霊が出てくるのである。主人は用事があるので1週間は帰らないと出て行く。ロリはニコールと執事夫妻と広大な屋敷に残され、図書室で本を調べ始める。ニコールは孤独でロリがいることを喜ぶ。

ロリは古い絵本を見つけて惹きつけられる。昔ここで暮らしていたニコールの大叔母にあたる少女クレアのものだった。そしてクレアにはエドワードという恋人がいたこともわかっていく。
古い部屋から絵本やドールハウスやテディベアや人形が出てくるところは、「抱擁」で古い屋敷で探し物をするシーンを思い出させてくれた。
(朝月千晶訳 RHブックス+プラス 820円+税)

「ミステリーズ!」4月号に木村二郎さんの私立探偵小説『タイガー・タトゥーの女』

去年の12月号の「ミステリーズ!」で「永遠の恋人」を読んで懐かしさを感じたのだが、今回も懐かしさにひたって読んだ。木村さんはネオハードボイルドといわれている私立探偵小説の翻訳をたくさんされていて、わたしはそのほとんどを読んでいる。木村さんの文体でアメリカの私立探偵の気分を感じてきた。今回も「タイガー・タトゥーの女」を読みつつ、あの時代の翻訳小説を読むときの甘酸っぱさを味わった。

ジョー・ヴェニスはニューヨークに住む私立探偵で、恋人のグウェンと暮らしている。話はいまから15年前の1995年のこと。知り合いの警官から電話がかかった。ジョーが以前つきあっていたミサ・ナガタという女性が自殺したという知らせだった。ジョーがミサを知ったのはその1年半前のことだった。グウェンがボストンへ行ってしまったときでジョーとミサは親しくなる。ミサは肩に虎のタトゥーがあった。
つきあいだして数ヵ月後に突然ミサから東京から恋人がくるので別れたいと電話がかかる。ジョーは自分でも驚くくらい冷静に別れを告げたが、その後もどってきたグウェンには話していなかった。いまミサのことはグウェンに話しておいたほうがいいだろうとジョーは思う。

わたしは1995年を阪神大震災の年として記憶している。だからあの頃のニューヨークかと思いがいく。あの当時のグウェンがアップルのコンピュータを使って、ユードラでメール、ネットスケープがブラウザとジョーに教えて新聞や雑誌が読めるという。ジョーは地下鉄の中にコンピュータを持ち込んで新聞を読むのは厄介だなというが、いまや地下鉄でiPadということをふまえたユーモアでしょう。
(「ミステリーズ!」2011年4月号 東京創元社 1200円+税)

腰痛だがiPad2発売近しのウワサにわくわく

先週末からどうも腰がだるくていけない。足は悪いが腰痛になったことがないのがジマンだったが、今回は腰痛になってしもた。会報のコピーしたやつをテーブルに置いて1枚ずつとって綴じていくのに中腰になる。その次にシャーロック・ホームズで本に熱中して同じ姿勢だった。日にちはおいているが2回分がキタと思う。座って立ったときがいけない。ほんまに気は若いつもりでも体はどんどん老化していくんやなぁ。今日は整骨院で診てもらったがそんなに悪くはなかったみたいで安心した。

ツイッターに28日iPad2発売のウワサがあった。納得できるいろんな理由をあげてあるのでそうかなと思う。今回は服や靴を犠牲にして買う!と決めている。さて、いつごろ手に入るだろう。「Mac People」の付録「iPad2スタートアップガイド」を読みながらうきうきわくわく。

ひとりごはんで読書

夕方から西梅田へ出てジュンク堂へ。おしゃれで広いという茶屋町のジュンク堂へ行ってみたいのだが、西梅田の駅から地下街を通っていける大阪本店が便利で気心がしれているという感じ。
木村二郎さんの私立探偵ジョー・ヴェニスものが掲載されている「ミステリーズ!」4月号、「週刊金曜日」、去年買い忘れていた修道女フィデルマ・シリーズの短編集「フィデルマの洞察」(ピーター・トレメイン)、ヴィク・ファン・クラブの会報で紹介のあった修道士カドフェルのシリーズの第1作「聖女の遺骨求む」(エリス・ピータース、会報で紹介された「秘跡 」がなかったのでシリーズ最初の作品にした)を買った。有名な修道士カドフェルのシリーズを読んだことがなかったのでちょっとためらったが(笑)。もしよかったらどないしょう。21册もあるから困るわ。

それからシャーロック・ホームズへ行ってのんびりとギネスとサンドイッチとソーセージ料理、そしてナッツとコーヒーでひとりごはん。昨日から読み出したメアリ・バログ「婚礼は別れのために」をのんびり読みながら。家で2時間も連続で本を読むことはないからすごく読書した気分になった。1冊をほとんど読み終わって帰宅した。

「夜の真義を」のタイトルを間違えてた件

3.11以後はどうにも落ち着きがなくていけない。ツイッターの書き込みが多い上に、記事やブログへの引用が多いしユースト等へのリンクも多い。いままで読んでいない週刊誌も買っている。東北へ思いをはせたり、原発の知識も得たいしと、ピンク色の脳細胞は大忙しである。
前置きをながながと書いたけど、こんな失敗してしまった言い訳です。

3月の30日、31日、4月1日の3日にわたって、マイケル・コックス「夜の真義を」の感想を書いた。数日前にふと気がついたのだが、みんな「夜の信義を」になっていたぁぁぁぁ
本のタイトルを間違えてしまったらいかん。慌てて直してほっとしたのだが、その数日後にこの本を翻訳された越前敏弥さんがツイッターで、「真義」を間違っている人が多いと書いておられた。いろんな「しんぎ」があるが、ブログに「夜の信義を」と書いた人がいるとあった。こりゃわたしのことだ!と「すみません、すでに直してあります」とRTした。そしたらちゃんと返事をツイートしてくださった。最後には「この作品の魅力をたっぷり伝えてくださって感謝します。」と書いてくださりリンクもしてくださって感激。

ほんまに気をつけなあかんと思ったのであった。ところが昨日も誤変換してた。ドラムの弦牧さんを最初は「鶴巻」としてすぐに直したはいいが「弦巻」に。そしてようやく「弦牧」に。ああ、カッコわるぅ。ごめんね。

ダイアン・デヴィッドソン『クッキング・ママのダイエット』

「ゴルディ・シュルツ・ケイタリング」を経営するゴルディを主人公としたシリーズ(日本語翻訳では「クッキング・ママ」シリーズ)の15冊目で2010年10月発行。Sさんに貸していただいた。今回もいらいらしながら読んで、読み終わってほっとした。

息子のアーチは大きくなって友だちが泊まりにきたり、また友だちのところへ行ったりと頼もしい少年になっている。刑事である夫のトムとはとても仲良く暮らしている。
ゴルディのゴッドファーザーである弁護士のジャックがすぐ近くに引っ越してきて仲良く暮らしていきた。ジャックはゴルディの最初の結婚での苦労を知ると、離婚してケータリング業をはじめるようにと大金を送ってくれたことがある。元の夫にDVで苦しめられたが、ゴルディが別れてから元夫の妻となりすぐに別れたマーラはずっと親友である。今回も重要な役わり。

ゴルディは結婚式のケータリングを頼まれるが、花嫁のビリーがわがまま放題に育った金持ち娘で、すぐに気分が変わる。献立の変更はあるわ、直前に人数を増やすわ、場所の変更はあるわで、最後に〈ダイエット道場〉のスパに決定。ゴルディのいらいらはつのるばかり。

医師のドク・フィンが謎の死をとげる。彼は死ぬ前にスパを調査していた。ビリーの結婚相手は医師のクレイグで金持ち娘のビリーに引っぱりまわされている。
その間に結婚式の料理をどうするかの話がある。ジュリアンを助手に頼んで手順も確認する。大型冷凍庫と広いウォーキング(?)冷蔵庫にいろいろ入っていて、なんでもできてしまう。仕事で料理するからといって普段の料理を手抜きということにはならない。夫のトムの料理の腕前もたいしたもの。

料理とドク・フィンの死因と、いやらしいスパの経営者との確執と、読者にゴルディのいらいらがうつってきたところへ、ジャックの死が。遺された証拠品からゴルディは謎を解こうとし、危険な目に遭う。
今回はレシピが多い。わたしに作れそうなものはあるかしら。
(加藤洋子訳 集英社文庫 819円+税)

SABで贅沢なひととき

月に一度の西山 満 QUARTET[西山 満(cell) 歳森 彰(P) 財 盛紘(B) 弦牧 潔(D) ] の夜。
今夜も西山さんのチェロの響きが美しい。歳森さんのピアノは独特のスイングで、弦牧さんと財さんの真面目な演奏のアンサンブルが楽しい。仕事を終えて駆けつけたHさんとともに楽しんだ。

すぐに忘れてしまうので、いつもメモしておこうと思うのだが、今夜もステキな曲があったのにタイトルを忘れてしまった(弦巻さんが教えてくれたので翌21日に入れました)。ミルト・ジャクソンが西山さんに贈った曲「Soul Mates」。長いこと演奏していなかったと西山さんはおっしゃっていたが、ステキな曲だった。そしてブルースはいつの演奏でも素晴らしい。ビリー・ホリディ(西山さんはビリー・ハラデーと発音)の曲「I Cover The Waterfront」もよかった。

演奏が終わってからの雑談も楽しかった。おしゃれなHさんがいると場の雰囲気が変わっていい感じになる。

「ミルト・ジャクソンのはSoul Matesで、ビリー・ハラデーのはI Cover The Waterfrontですよ。」と弦牧さんが教えてくださったので入れました。弦牧さん、いつもありがとうございます。

PRHYTHM EXPERIMENT

3年ほど前に細野ビルヂングでYOSHITAKEさんのギターライブを聴いてからファンになった。先月アメリカ村のアイヌ・ダブのライブに出演されたとき、17日はぜひ聴いてほしいと言われていたので楽しみにしていた。玄米ご飯つきのライブである。フライヤーのタイトル「PRHYTHM EXPERIMENT」を見てもイメージがつかめないのだけれど、きっといいに違いない(笑)。6時からなので大慌てで出かけた。

バーカウンターですぐに玄米ご飯のカレーにありつけた。うまかった。
わたしはCOMPUFUNKの奥の部屋に入るのははじめてだがちょうどいい広さの空間で、今夜は真空管アンプがセットされていてすごく神秘的な感じになっている。

ライブの前後にDJ ya△maさんのプレイがあったのだが、ライブ前はYOSHITAKEさんの音に合った重厚さのある音で、ya△maさんのいつもと違う(というほど聴いてないけど)一面を知った。YOSHITAKEさんは6カ月になる男の子を抱いて「○太朗は今夜が初クラブ」だと言う。愛想のよい子でうれしそうに顔を長いこと見てくれた。

演奏の技術的なことは全然わからないけれど、実験的なことをしているのはよくわかった。音がうなって重なって聴き手を引っ張ってどこまでもいく感じ。波に乗っているような快感に包まれた。いつまでも聴いていられるが、すっと終わった。すぐにya△maさんのDJに切り替わって、今度は軽めの音になった。

今夜は昨日のデモの疲れが残っているのと、明け方までの夜更かしがたたって、体調は悪くはないがだるい。足も疲れているので早めに引き上げた。帰り道は満月に照らされていた。